技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

自動車内装加飾のトレンドと技術展望

自動車内装加飾のトレンドと技術展望

~求められる機能性と意匠性の両立 / 最近の展示会情報やCMFデザインの採用動向から今後のトレンドを占う~
東京都 開催 会場 開催

概要

本セミナーでは、自動車内装に求められる質感、触感を評価・表現する方法、材料の質感、内装の触り心地・ソフト感、シートの座り心地・快適性の定量化、開発事例について詳解いたします。

開催日

  • 2020年4月9日(木) 10時00分 17時00分

プログラム

第1部 最近の欧州自動車展示会から読み解くサーフェスデザイン最前線2020

(2020年4月9日 10:00〜11:30)

 プレスとして欧州モーターショーやインテリア、家電見本市を取材し、内装素材のディテール画像を中心にあとで読み返せる資料としてレポートを紹介

  1. ジュネーブモーターショー2020質感動向
    • CMFデザイン動向
      • 金属
      • 皮革
      • 繊維
      • 樹脂動向
    • HMIデザイン動向
      • インターフェース
      • ディスプレイ
      • 機能部品動向
  2. 過去の変遷から読み解くサーフェスデザイン動向分析
    • 2015年フランクフルトからの定点観測による質感動向分析
  3. 異なる分野から読み解く近未来サーフェスデザイン動向予測
    • CES2020レポート&分析
    • 近未来のサーフェスデザイン動向予測
    • 質疑応答

第2部 自動車分野のデザイン動向、求められるCMF

(2020年4月9日 12:10〜13:40)

  1. CMFを軸に見た変遷
  2. 軽自動車に対するCMFデザインの取り組み方
  3. 近年のCMFデザイン事例
  4. 特別仕様車の存在意義
  5. 今後の展望~CMFがカギを握る時代に向けて~
    • 質疑応答

第3部 自動車における表面加飾技術と今後の展望 高級感、機能を生み出す IMD/IML技術

(2020年4月9日 13:50〜15:20)

 自動車プラスチック部品はその表面質感を向上させる目的で、従来から様々な加飾技術が開発、適用されてきた。特に近年、高い質感が得られるフィルム加飾技術の開発が進んでいる。今後は自動運転や電動化の進展にともなう内装/外装の変化に対応するため、加飾と機能の融合が求められている。今回講演では、主な加飾技術の概要、特徴、用途についての解説および今後の加飾技術動向について展望する。

  1. 自動車加飾技術進化の歴史
  2. 主な加飾技術の概要と特徴
    1. フィルム系加飾技術
    2. フィルムレス加飾 (原着) 技術
    3. フィルムレス2次加飾技術
  3. 加飾工法選定の進め方
  4. 今後の加飾技術の展望
    1. 注目される新加飾技術
    2. 市場動向 (自動運転/電動化/カーシェア) と加飾
    3. 高付加価値化に求められる加飾技術
    • 質疑応答

第4部 ポリプロピレン加飾シートによる表面加飾と高機能化

(2020年4月9日 15:30〜17:00)

 自動車内装、外装で多く使用されているポリプロピレンは、安価で軽量、物性に優れる反面、材料着色時の発色性や塗装性に劣り、意匠表現が限定される材料である。本講演では、ポリプロピレン加飾シートを用いた自動車ポリプロピレン部品の意匠性と機能性向上による商品価値向上と環境負荷低減について紹介する。

  1. 弊社概要
  2. 自動車の塗装、めっきから加飾への変更による環境負荷低減
  3. 加飾成形工法詳細
  4. ポリプロピレン加飾シートピュアサーモによる表面加飾と高機能化
  5. 加飾成形で発生する不良減少と弊社の取り組み
    • 質疑応答

講師

  • 山本 義政
    株式会社ピクセルエー
    代表取締役
  • 宮澤 貴司
    スズキ株式会社 四輪商品原価企画本部 四輪デザイン部 エクステリア課
  • 伊藤 達朗
    D plus F Lab
    代表
  • 近藤 要
    出光ユニテック株式会社 商品開発センター 加飾開発プロジェクト
    プロジェクトリーダー

会場

株式会社 技術情報協会
東京都 品川区 西五反田2-29-5 日幸五反田ビル8F
株式会社 技術情報協会の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 60,000円 (税別) / 66,000円 (税込)
複数名
: 55,000円 (税別) / 60,500円 (税込)

複数名同時受講割引について

  • 2名様以上でお申込みの場合、
    1名あたり 55,000円(税別) / 60,500円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 60,000円(税別) / 66,000円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 110,000円(税別) / 121,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 165,000円(税別) / 181,500円(税込)
  • 同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 他の割引は併用できません。

アカデミック割引

  • 1名様あたり 30,000円(税別) / 33,000円(税込)

学校教育法にて規定された国、地方公共団体、および学校法人格を有する大学、大学院の教員、学生に限ります。

本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2022/7/6 感性計測・評価技術と製品の快適さ・心地よさ向上への応用 東京都 会場・オンライン
2022/7/6 色彩・質感の測定と評価 オンライン
2022/7/8 自動車騒音の発生メカニズム、(フェーズ3などの) 規制強化の動き、遮音・防音対策 オンライン
2022/7/11 車載用プラスチックの基礎と最新動向 オンライン
2022/7/18 感性計測・評価技術と製品の快適さ・心地よさ向上への応用 オンライン
2022/7/19 ドライバ状態モニタリング/センシング技術と統計処理・機械学習の活用 オンライン
2022/7/20 ヒトの質感評価、美醜・感性判断メカニズムと計測・分析および制御法 オンライン
2022/7/21 自動運転用センサフュージョン技術と動向 オンライン
2022/7/22 自動車用パワーエレクトロニクスの基礎と技術動向 東京都 会場
2022/7/26 国内外メーカーのEVシフトと超小型EVの現状と今後の展望 オンライン
2022/7/28 自動車の自動運転におけるセンシング技術と移動物追跡技術 オンライン
2022/7/28 パワーエレクトロニクスの基礎とインバータ・コンバータおよび周辺技術 オンライン
2022/7/28 車載インテリアセンサーのグローバル市場動向とビジネスチャンス - 台頭する統合型アプローチ オンライン
2022/7/29 便利で豊かな社会づくりを支える生体・ヒューマンセンシングおよび情報処理技術とその市場展開・展望 (自動車・感情・生体認証) オンライン
2022/8/2 「感性・感情・印象」の評価・定量化・モデル化手法と技術開発への可能性 オンライン
2022/8/2 カーボンニュートラルと自動車用材料 オンライン
2022/8/2 激動の自動車産業の近未来2022 オンライン
2022/8/2 欧州における車載樹脂のリサイクル技術の動向 オンライン
2022/8/19 振動・騒音を低減する材料技術とその予測技術 オンライン
2022/8/23 自動車排ガス浄化触媒材料の評価・解析と開発動向 オンライン

関連する出版物

発行年月
2022/5/6 EV、PHEV、HEVと燃料電池車の環境・走行性能分析 (書籍版)
2022/5/6 EV、PHEV、HEVと燃料電池車の環境・走行性能分析 (書籍+PDF版)
2022/4/15 2022年版 スマートモビリティ市場の実態と将来展望
2022/2/4 世界のxEV、車載用LIB・LIB材料 最新業界レポート
2021/11/30 ヒトの感性に寄り添った製品開発とその計測、評価技術
2021/9/30 自動車室内の静粛性向上と、防音・防振技術、材料の開発
2021/4/13 GAFA+Mの自動運転車開発最前線
2021/2/26 高級感を表現する要素技術と評価法
2021/1/31 次世代EV/HEV用モータの高出力化と関連材料の開発
2020/12/25 次世代自動車の熱マネジメント
2020/1/17 最新プラスチック加飾技術の動向と今後の展望
2019/12/13 2020年版 次世代自動車市場・技術の実態と将来展望
2019/1/31 センサフュージョン技術の開発と応用事例
2018/12/14 2019年版 次世代自動車市場・技術の実態と将来展望
2018/11/30 EV・HEV向け電子部品、電装品開発とその最新事例
2018/6/30 ヒトの感性に訴える製品開発とその評価
2018/4/12 自動車用プラスチック部品の開発・採用の最新動向 2018
2017/11/17 2018年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2017/5/31 車載センシング技術の開発とADAS、自動運転システムへの応用
2016/12/16 2017年版 次世代エコカー市場・技術の実態と将来展望