技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

振動発電技術、デバイスの開発動向とその応用展開

振動発電技術、デバイスの開発動向とその応用展開

東京都 開催 会場 開催

概要

本セミナーでは、振動発電について取り上げ、材料開発から素子作製技術、応用事例まで最新動向を詳解いたします。

開催日

  • 2020年3月23日(月) 10時00分 17時00分

受講対象者

  • 振動発電の応用が考えられる製品の技術者
    • 自動車
    • 電子機器
    • 機械
    • エネルギー
    • 電子部品
    • 携帯電話 など
  • 振動発電に関連する技術者
  • 振動発電で課題を抱えている方

修得知識

  • 振動発電技術の開発動向
  • 小型振動発電機器の開発と応用
  • 振動発電素子の概要・開発動向と応用例

プログラム

第1部 新しい高性能ポリマー・エレクトレット材料の開発と環境発電への応用

(2020年3月23日 10:00〜12:00)

 近年、エネルギーハーベスティング技術が着実に進化してきており、そのアプリケーションは機械・インフラの監視から電池レス・ウエアラブルデバイスの駆動へと広がりつつあります。
 本講演では、環境発電の応用先や環境振動発電の原理を概観するとともに、エレクトレットを用いた環境発電デバイスの開発、量子化学計算を援用した新しいエレクトレット材料の開発の最先端について解説します。エレクトレット材料、振動発電を用いたデバイス開発や研究開発に取り組まれている方々が、現状と将来展望を俯瞰できる絶好の機会ですので、どうぞご参加下さい。

  1. 環境発電
    1. IoTデバイスの電源としての環境発電
    2. 力学的エネルギーを用いた環境発電
    3. 機械振動・人の運動に伴う振動の特性
  2. 環境振動発電の原理
    1. 発電器の駆動形式
    2. 電磁誘導,圧電,静電誘導の理論発電密度
    3. エレクトレット発電の原理
  3. エレクトレットを用いた環境発電デバイス
    1. MEMS技術を用いた力学的環境発電器
    2. ウエアラブルデバイス向けの回転型発電機
  4. 新しいポリマー・エレクトレット材料の開発
    1. アモルファスフッ素樹脂を用いたエレクトレット
    2. 量子化学計算を援用した新しいエレクトレット材料の開発
  5. まとめ
    • 質疑応答

第2部 圧電薄膜を用いた振動発電素子の開発と応用技術

(2020年3月23日 12:45〜14:45)

  1. 圧電MEMSの概要と特徴
    1. 圧電薄膜を用いたMEMS応用デバイス
    2. 圧電薄膜技術の特徴
  2. 圧電材料および圧電特性
    1. 圧電効果と圧電材料
  3. 圧電材料の薄膜化
    1. ゾルゲル法とスパッタ法
  4. 圧電振動発電技術
    1. 圧電振動発電の特徴
    2. 素子構造と出力計算
  5. 金属箔上PZT薄膜を用いた振動発電素子
  6. まとめと課題
    • 質疑応答

第3部 カリウムイオンエレクトレット技術と振動発電素子への応用

(2020年3月23日 15:00〜17:00)

 様々な原理の振動発電素子が研究されていますが、静電型は内部インピーダンスが大きい (出力電圧は大きいが電流は少ない) という電源としては好ましくない性質があります。しかし、それゆえ人がほぼ感じないような微弱でランダムな振動からでも発電し、蓄電できる性能を持たせることができます。
 本講座では、線形静電型振動電素子の等価回路を導出し、そこから導かれる特性について詳細に解説します。また広帯域化を実現する非線形振動発電素子の設計法についても説明します。そして実際の環境インフラによる発電実験についても、我々の実験結果を紹介したいと思います。

  1. エレクトレット型静電素子の利点
  2. カリウムイオンエレクトレット膜の形成方法
  3. カリウムイオンエッレクトレットの静電型MEMS素子への応用
  4. 線形静電型振動発電素子の等価回路と発電特性
  5. 非線形静電型振動発電素子の作製と評価
  6. 低消費電流間欠動作無線システムの作製例
  7. 環境インフラ振動による発電特性
  8. 今後の展望
    • 質疑応答

講師

  • 鈴木 雄二
    東京大学 大学院 工学系研究科 機械工学専攻
    教授
  • 神野 伊策
    神戸大学 工学研究科 機械工学専攻
    教授
  • 橋口 原
    静岡大学 工学部 機械工学科
    教授

会場

株式会社 技術情報協会
東京都 品川区 西五反田2-29-5 日幸五反田ビル8F
株式会社 技術情報協会の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 60,000円 (税別) / 66,000円 (税込)
複数名
: 55,000円 (税別) / 60,500円 (税込)

複数名同時受講割引について

  • 2名様以上でお申込みの場合、
    1名あたり 55,000円(税別) / 60,500円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 60,000円(税別) / 66,000円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 110,000円(税別) / 121,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 165,000円(税別) / 181,500円(税込)
  • 同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 他の割引は併用できません。

アカデミック割引

  • 1名様あたり 30,000円(税別) / 33,000円(税込)

学校教育法にて規定された国、地方公共団体、および学校法人格を有する大学、大学院の教員、学生に限ります。

本セミナーは終了いたしました。

関連する出版物

発行年月
2020/1/24 2020年版 太陽光発電市場・技術の実態と将来展望
2019/11/15 2020年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2019/9/20 2019年版 スマートグリッド市場の実態と将来展望
2019/4/19 2019年版 スマートエネルギー市場の実態と将来展望
2019/1/25 2019年版 太陽光発電市場・技術の実態と将来展望
2018/11/16 2019年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2018/3/30 熱利用技術の基礎と最新動向
2018/2/26 再生可能エネルギーと大型蓄電システムの技術と市場
2018/2/23 2018年版 二次電池市場・技術の実態と将来展望
2017/11/17 2018年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2017/9/29 触媒からみるメタン戦略・二酸化炭素戦略
2017/9/22 2017年版 スマートグリッド市場の実態と将来展望
2017/8/25 2017年版 リチウムイオン電池市場の実態と将来展望
2017/7/27 ウェアラブル機器の開発とマーケット・アプリケーション・法規制動向
2017/7/21 2017年版 スマートコミュニティ市場の実態と将来展望
2017/6/30 生体情報センシングとヘルスケアへの最新応用
2017/5/26 2017年版 HEMS市場・関連機器の実態と将来展望
2017/3/24 2017年版 スマートエネルギー市場の実態と将来展望
2017/2/24 2017年版 二次電池市場・技術の実態と将来展望
2017/1/27 2017年版 太陽光発電市場・技術の実態と将来展望