技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

高分子の難燃化技術の体系と最近の動向

高分子の難燃化技術の体系と最近の動向

~難燃剤をはじめ、技術、規制、評価試験法を体系的にわかりやすく解説~
東京都 開催

概要

本セミナーでは高分子材料の難燃化について取り上げ、難燃剤をはじめ、技術、規制、評価試験法を体系的にわかりやすく解説いたします。

開催日

  • 2020年1月23日(木) 10時30分 16時30分
  • 2020年1月24日(金) 10時00分 16時00分

受講対象者

  • 各種産業分野の技術者、研究者、開発者、営業担当者など
    • 電気電子機器
    • 建築
    • 自動車
    • 繊維
    • 高分子材料 等
  • 難燃剤、難燃化技術の基礎を学びたい担当者
  • 難燃剤、難燃化技術を学び直したい中堅担当者

修得知識

  • 加工性を損なわない難燃化処方
  • 新しい難燃剤の材料設計
  • 自動車・家電・建材などの規格基準の動き

プログラム

 炭素の三次元結晶であるダイヤモンドでも800℃以上の高温度で燃えるので、炭素を主鎖にもつ構造の高分子を不燃化するのは科学的に不可能である。しかし、各種産業製品の難燃規制が強化されており、「燃えにくい高分子」製品を技術開発しなければいけない。燃焼は急激に進行する酸化反応であるが、その現象理解から高分子を難燃化する方法まで、すべてを科学の形式知として理解することは難しい。
 例えば、難燃剤の添加量一つとっても教科書に書かれたグラフを再現しないことがある。材料開発の立場であれば、市場における偏差を考慮し難燃剤の添加量を多めに材料設計すればよいが、難燃性高分子材料のユーザーであればコンパウンドメーカーにクレームを発行することになる。この時コンパウンドメーカーから他のお客様では問題が起きていない、と告げられたならどうするか。
 自動車のEV化、樹脂化をはじめとする高分子材料製品の応用が広がるとともに難燃規格の強化も行われるだろう。難燃剤、難燃化技術に要求される課題は多くなると推定される。科学の形式知ですっきりと説明できにくい分野でも経験知とともに体系的に整理して身に着けておけば、将来の技術の発展においても困らない。
 本セミナーでは新しい動向と講演者の経験知もすべて公開し、高分子の難燃化技術について体系的に理解できる内容としているので、商品開発のすべての段階の担当者に役立つ。

  1. 火災と高分子
    1. 高分子の耐熱性
      1. 高分子の一次構造と耐熱性
      2. プロセシングと耐熱性
    2. 火災に晒された高分子
      1. 言葉の定義
  2. 難燃性の評価試験方法
    1. 高分子材料の用途と評価試験
    2. 極限酸素指数法 (LOI法)
    3. UL94
    4. コーンカロリーメーター
    5. その他の評価試験方法
  3. 高分子の難燃化手法
    1. 高分子の難燃化メカニズム
    2. 炭化促進型難燃剤
      1. 気相で働く難燃剤
      2. リン系難燃剤
      3. その他の難燃剤
      4. 組み合わせ効果
    3. ドリップ型難燃化手法
    4. 難燃化手法とプロセシング
    5. 事例
  4. 高分子の難燃化と規制
    1. 難燃規制
    2. 化学物質としての規制
    3. リスクトレードオフ
  5. 特許から解析する難燃化技術動向
    1. 国内外の技術動向
    2. 難燃機構からの考察
    3. 新規技術の可能性
    • 質疑応答

講師

会場

株式会社 技術情報協会
東京都 品川区 西五反田2-29-5 日幸五反田ビル8F
株式会社 技術情報協会の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 70,000円 (税別) / 77,000円 (税込)
複数名
: 65,000円 (税別) / 71,500円 (税込)

複数名同時受講割引について

  • 2名様以上でお申込みの場合、
    1名あたり 65,000円(税別) / 71,500円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 70,000円(税別) / 77,000円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 130,000円(税別) / 143,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 195,000円(税別) / 214,500円(税込)
  • 同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 他の割引は併用できません。

アカデミック割引

  • 1名様あたり 30,000円(税別) / 33,000円(税込)

学校教育法にて規定された国、地方公共団体、および学校法人格を有する大学、大学院の教員、学生に限ります。

本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2020/1/29 高分子の破壊メカニズムと破面解析テクニック 東京都
2020/1/29 生分解性プラスチック材料設計のための基礎講座 東京都
2020/1/30 自動車産業における樹脂材料・高分子複合材料の "これから" を考える 東京都
2020/1/30 高分子の結晶化と結晶高次構造の特徴 東京都
2020/2/3 CASEで伸びる自動車材料市場 東京都
2020/2/4 UV硬化樹脂の材料設計と暗部・深部硬化 東京都
2020/2/6 フォトポリマーの設計と高感度化 東京都
2020/2/6 フィルムの成形・成膜工程における加工・試験および評価方法 東京都
2020/2/7 圧電性高分子の開発とセンサへの応用 東京都
2020/2/7 樹脂の硬化反応におけるレオロジー解析 東京都
2020/2/10 高分子の粘弾性挙動とその測定、チャートの読み方、活かし方 東京都
2020/2/12 車載パワーモジュールの実装技術と高耐熱、高放熱材料技術 東京都
2020/2/13 ナノ繊維複合材料の界面状態、分散評価 東京都
2020/2/14 水溶性樹脂、水性架橋剤の構造、反応とその使い方 東京都
2020/2/14 押出加工技術とトラブル対策 東京都
2020/2/14 次世代情報通信5G市場に要求される材料技術 東京都
2020/2/17 レオロジーの必須基礎知識と測定実演付きセミナー 大阪府
2020/2/17 高分子材料・製品の寿命予測と劣化加速試験条件の設定方法 東京都
2020/2/17 プラスチック成形品の残留応力発生と緩和のメカニズム、および各種事象の予測法 東京都
2020/2/18 持続可能な開発目標 (SDGs) としての生分解性プラスチック 東京都

関連する出版物

発行年月
2020/1/31 添加剤の最適使用法
2019/12/20 高分子の表面処理・改質と接着性向上
2019/10/31 UV硬化技術の基礎と硬化不良対策
2019/1/31 マテリアルズ・インフォマティクスによる材料開発と活用集
2018/11/30 エポキシ樹脂の高機能化と上手な使い方
2018/11/30 複雑高分子材料のレオロジー挙動とその解釈
2018/7/31 高耐熱樹脂の開発事例集
2018/4/12 自動車用プラスチック部品の開発・採用の最新動向 2018
2017/7/31 機能性モノマーの選び方・使い方 事例集
2017/7/31 プラスチック成形品における残留ひずみの発生メカニズムおよび対策とアニール処理技術
2017/6/19 ゴム・エラストマー分析の基礎と応用
2017/2/27 プラスチックの破損・破壊メカニズムと耐衝撃性向上技術
2017/1/31 放熱・高耐熱材料の特性向上と熱対策技術
2016/8/31 ポリマーアロイにおける相溶性の基礎と物性制御ノウハウ
2014/11/30 繊維強化プラスチック(FRP)〔2015年版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/6/15 射出成形機〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/6/15 射出成形機〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2013/9/2 機能性エラストマー市場の徹底分析
2013/8/1 難燃化の最新技術と難燃剤の選定・使用法
2013/5/20 ドラッグデリバリーシステム 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)