技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

全固体電池の基礎と最新の研究動向

全固体電池の基礎と最新の研究動向

~酸化物系固体電解質材料の開発指針、特性評価手法など~
東京都 開催

開催日

  • 2019年10月18日(金) 12時30分 16時30分

受講対象者

  • 全固体電池材料の最近の動向を把握したい方
  • 全固体電池の材料開発を新たに始めようとお考えで、取り掛かりの情報収集をしたい方
  • 会社独自の合成技術・材料をお持ちで、電池への応用をお考えの企業の方
  • 本テーマにご興味のある方でしたら、どなたでも受講可能です。
  • 電池材料酸化物、特に固体電解質の研究開発業務にたずさわって2~3年の若手技術者や新人の方。

修得知識

  • 全固体電池全般に関する基礎知識
  • 固体電解質開発の最近の研究動向
  • 現在知られている固体電解質の材料系毎の特色
  • 固体電解質開発の新たなコンセプト
  • 酸化物系固体電解質材料の開発指針、特性評価手法

プログラム

第1部 全固体リチウム電池の最近の研究動向

~固体電解質開発の新たな切り口~

(2019年10月18日 12:30〜14:30)

 各国の自動車産業では、ガソリン車から電気自動車へのシフトが急速に進められています。電気自動車ではエンジンに代わり、電池特性が自動車の性能や市場価格に直結します。例えば電池のエネルギー密度は自動車の航続距離を左右し、充電器ステーションでの急速充電は電池の高出力特性がカギとなります。他にも安全性を含め、全ての面で優れた蓄電池の開発が急務となっています。最も有望な蓄電池のひとつが全固体リチウム電池です。全固体電池では、高い安全性・信頼性だけでなく、固体電解質を用いることで初めて発現する、従来の電池では得られなかった様々な特性が期待されます。
 本講演では、現在知られている固体電解質材料をいくつかご紹介いたします。更に、固体電解質材料の新たな設計指針など、私が現在取り組んでいる研究内容についても簡単にご紹介いたします。

  1. はじめに ~なぜ全固体電池なのか?~
    1. 現行のリチウムイオン電池の特長と課題
    2. 電池の全固体化によるメリット
    3. 最近の研究動向、産業界の動向も併せて
  2. 代表的なセラミックス固体電解質、材料系毎に
    1. ハロゲン化物系 ~世界で始めて実用化された固体電解質~
    2. 酸化物系 ~究極の全固体電池の構築~
    3. 硫化物系 ~最も高いLi+イオン伝導度が発現~
    4. 水素化物系 ~最近発見された新たな材料系~
  3. 従来と異なるタイプの新型固体電解質開発の現状
    1. KI、NaIをベースとした固体電解質開発
    2. アルカリハライド中のLi+伝導機構
    3. 新型固体電解質を用いた全固体電池の試作状況
    4. 更なる伝導度向上に向けて

第2部 酸化物系固体電解質材料の基礎と最新動向

(2019年10月18日 14:40〜16:30)

 固体電解質を活用した全固体電池の研究開発が進められている。特に、化学的な安定性が良好なことから、高い安全性を有する酸化物系固体電解質を用いた全固体電池の実現が期待されている。しかしながら、硫化物系材料と比較すると、導電率の更なる向上が必要と考えられ、電解質材料の研究開発が重要である。
 このような観点から、本講演では、酸化物系固体電解質材料の研究開発の歴史から最近の研究動向までを概説する。

  1. 次世代リチウム二次電池
    1. リチウム二次電池の現状と課題
    2. 全固体電池の期待と課題
    3. 固体電解質材料の現状と課題
  2. 酸化物系固体電解質材料
    1. 酸化物系固体電解質材料の基礎
    2. 酸化物系固体電解質材料の最近の研究動向
  3. ガーネット型固体電解質材料
    1. ガーネット型固体電解質材料の歴史
    2. ガーネット型固体電解質材料の基礎
    3. ガーネット型固体電解質材料の最近の研究動向
  4. 酸化物系全固体電池の最近の研究開発動向
  5. 酸化物系全固体電池の今後の課題

会場

亀戸文化センター カメリアプラザ

9F 第2研修室

東京都 江東区 亀戸2-19-1
亀戸文化センター カメリアプラザの地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 45,000円 (税別) / 49,500円 (税込)
複数名
: 22,500円 (税別) / 24,750円 (税込)

案内割引・複数名同時申込割引について

R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。
複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 22,500円(税別) / 24,750円(税込) で受講いただけます。

  • R&D支援センターからの案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 42,000円(税別) / 46,200円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 67,500円(税別) / 74,250円(税込)
  • R&D支援センターからの案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 90,000円(税別) / 99,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 135,000円(税別) / 148,500円(税込)
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2019/10/25 微生物燃料電池の基礎と応用展開および微生物電気分解・電気合成の最新動向 東京都
2019/10/25 EVにおける超急速充電の課題と対応 東京都
2019/10/28 バッテリマネジメントとセルバランス技術 東京都
2019/10/29 柔粘性結晶の基礎と新奇固体電解質材料としてのポテンシャル 東京都
2019/10/30 フレキシブル全固体電池の部材開発と製造技術 東京都
2019/11/6 全固体リチウム二次電池の開発状況と展望 東京都
2019/11/15 リチウム二次電池、全固体電池の市場・技術動向と今後の課題 東京都
2019/11/18 水系電極の開発、特性評価とリチウムイオン電池での適用 東京都
2019/11/21 蓄電池の資源循環技術と国内外の法規制 東京都
2019/12/4 リチウムイオン電池の劣化診断技術 東京都
2019/12/5 リチウムイオン2次電池・次世代電池の課題を解決する新規な電池理論 東京都
2019/12/9 リチウムイオン電池における材料シミュレーションによる電池材料の機能解析とマテリアルズ・インフォマティクスへの展開 愛知県
2019/12/10 リチウムイオン電池のリスク&ハザード回避と安全性試験規格 東京都
2019/12/11 全固体電池の開発動向と実用化への道のり 東京都
2020/1/27 バッテリマネジメント及びセルバランス技術の基礎と応用 東京都
2020/1/29 鉛蓄電池の劣化メカニズムとバッテリマネジメント 東京都

関連する出版物

発行年月
2018/11/30 EV・HEV向け電子部品、電装品開発とその最新事例
2018/10/31 リチウムイオン電池における高容量化・高電圧化技術と安全対策
2018/8/1 全固体リチウムイオン電池の展望
2018/7/31 全固体電池の基礎理論と開発最前線
2018/2/28 全固体電池のイオン伝導性向上技術と材料、製造プロセスの開発
2018/2/26 再生可能エネルギーと大型蓄電システムの技術と市場
2018/2/23 2018年版 二次電池市場・技術の実態と将来展望
2017/11/30 次世代電池用電極材料の高エネルギー密度、高出力化
2017/8/25 2017年版 リチウムイオン電池市場の実態と将来展望
2017/5/25 EVに最適なバッテリーマネジメント技術と市場
2017/4/21 2017年版 蓄電池・キャパシタ市場の実態と将来展望
2017/2/24 2017年版 二次電池市場・技術の実態と将来展望
2016/8/26 2016年版 リチウムイオン電池市場の実態と将来展望
2016/2/26 2016年版 車載用・産業用蓄電池市場の実態と将来展望
2015/8/17 バッテリー関連技術〔2015年版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2015/8/17 バッテリー関連技術〔2015年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2015/6/30 導電性フィラー、導電助剤の分散性向上、評価、応用
2015/6/26 2015年版 蓄電池・キャパシタ市場の実態と将来展望
2015/6/26 2015年版 民生機器用蓄電池市場の実態と将来展望
2015/5/29 2015年版 水素燃料市場・関連技術の実態と将来展望