技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

プラズマエッチングのプロセス制御とプラズマダメージの発生機構、抑制

プラズマエッチングのプロセス制御とプラズマダメージの発生機構、抑制

東京都 開催

概要

本セミナーでは、エッチングの原理、装置、メカニズム、トラブル対策まで、経験豊富な講師が解説いたします。

開催日

  • 2019年9月10日(火) 10時00分 17時00分

受講対象者

  • プラズマエッチング・原子層エッチングに関連する技術者
    • 高誘電膜
    • 機能性膜
    • 電極
    • バリアメタル
    • 絶縁膜
    • 化合物半導体
    • リチウム電池 など

プログラム

第1部 プラズマエッチングの最新技術動向とプロセス制御

(2019年9月10日 10:00〜14:00)※途中、昼食休憩含む

 プラズマエッチングは、フィン型電界効果トランジスタなどの先端半導体デバイスを製造する上で、必要不可欠な技術である。モノのインターネット (IoT) の普及により、データ処理を担う半導体デバイスの更なる性能向上が求められており、デバイス構造の微細化と三次元化が進んでいる。これに伴ってプラズマエッチングには、原子層レベルの制御性が求められている。次世代の三次元デバイスでは、深さ方向の高制御加工に加え、横方向の高制御加工も必要となる。本講演では、プラズマエッチング技術について、エッチングの原理から、技術動向、装置、プロセス制御、そして最先端の原子層エッチング開発事例までを、メーカで各種デバイスのエッチングプロセス開発に携わってきた講師が、実経験を交えて分かり易く解説する。

  1. 半導体デバイスの動向、構造、および製造工程
    1. 半導体デバイスの技術動向
    2. 半導体デバイスの構造
    3. 半導体デバイスの製造工程
  2. プラズマエッチング技術の動向
    1. プラズマエッチングの種類
    2. プラズマエッチングの技術動向
    3. プラズマエッチングの先端課題
  3. プラズマエッチングの基礎及びプロセス制御
    1. プラズマエッチング装置
    2. プラズマエッチングの特徴
    3. プラズマエッチングの原理
    4. プラズマエッチングにおけるプロセス制御
    5. プラズマエッチング損傷
    6. 各種材料のプラズマエッチング技術
  4. 原子層エッチングの基礎と最新技術
    1. 原子層加工技術のトレンド
    2. 原子層エッチングの基礎
    3. 等方性原子層エッチング
    4. 異方性原子層エッチング
  5. 今後の課題
    • 質疑応答

第2部 プラズマエッチングにおけるプラズマダメージの発生機構と制御

(2019年9月10日 14:15〜17:00)

 企業などでプラズマエッチングに関する研究開発を始めた方、プロセス設計に従事されている方、デバイス信頼性評価に従事されている方などを対象とし、プラズマの基礎から、最先端プラズマプロセスにおける大きな課題「プラズマ誘起ダメージの発生機構」とその抑制についてお話します。大学で理系科目を習得していれば特に問題なく理解できると思います。また、講師の企業、大学での勤務経験をもとに、エンジニアとして何が大切か?どうすればいいのか?を伝えたいと思います。

  1. プラズマエッチングとは
    1. 現代社会におけるプラズマ技術の応用例
    2. プラズマを理解するためのパラメータ
    3. 超微細半導体デバイス製造におけるプラズマエッチングの役割
    4. プラズマエッチングの基礎 (反応表面の構造について)
  2. プラズマエッチングにおける技術課題について
    1. 加工形状異常に代表される課題例
    2. 新しい課題~プラズマ誘起ダメージ
  3. プラズマ誘起ダメージについて
    1. 3つのダメージ発生機構とプラズマ誘起ダメージの歴史
    2. イオン衝撃によるプラズマ誘起ダメージモデル
  4. 今後の展望
    1. 原子レベルでのプラズマ誘起ダメージの理解に向けて
    2. プラズマ誘起ダメージは今後どうなるのか?
    • 質疑応答

講師

  • 篠田 和典
    株式会社 日立製作所 研究開発グループ エレクトロニクスイノベーションセンタ ナノプロセス研究部
    主任研究員
  • 江利口 浩二
    京都大学 大学院 工学研究科 航空宇宙工学専攻
    ​教授

会場

株式会社 技術情報協会
東京都 品川区 西五反田2-29-5 日幸五反田ビル8F
株式会社 技術情報協会の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 55,000円 (税別) / 59,400円 (税込)
複数名
: 50,000円 (税別) / 54,000円 (税込)

複数名同時受講割引について

  • 2名様以上でお申込みの場合、
    1名あたり 50,000円(税別) / 54,000円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 55,000円(税別) / 59,400円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 100,000円(税別) / 108,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 150,000円(税別) / 162,000円(税込)
  • 同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 他の割引は併用できません。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2020/4/15 大気圧プラズマの基礎と樹脂・フィルムの接着・密着・接合性改善技術 愛知県
2020/4/17 トライボロジー (摩擦、摩耗、潤滑) の基礎 メカニズム・評価・解析および材料・表面技術を活用した摩耗対策、摩擦制御法 東京都
2020/4/17 大気圧プラズマによる樹脂の表面改質技術 東京都
2020/4/20 粉体の基礎と微粒子コーティング・表面改質技術 東京都
2020/4/20 金属への化成処理・各種化成皮膜の析出機構とその機能 東京都
2020/4/21 金属材料における熱処理技術の基礎と適切な熱処理方法の選択 東京都
2020/4/22 5Gスマートフォン向けBAW・SAWフィルタの新しい薄膜材料特性とウエハ評価法、新しい配向材料 東京都
2020/4/22 高機能化、高性能化のための表面処理法の基礎と表面分析法 東京都
2020/4/23 基礎から学ぶフィラー活用術 東京都
2020/4/24 塗膜の濡れ・付着・密着コントロールとトラブルへの対策 東京都
2020/5/11 粉粒体へのコーティングと表面改質技術 東京都
2020/5/15 Tダイ成形機の基礎とフィルム成形トラブル対策 東京都
2020/5/18 塗装劣化のメカニズムと評価および解析、トラブル対策の勘所 東京都
2020/5/20 溶射技術の基礎と応用 東京都
2020/5/25 厳しい塗料の環境規制に対応するための水性塗料の配合設計術 東京都
2020/5/25 機能性コーティング塗膜の基礎と応用 東京都
2020/5/28 スロットダイ製膜設備と塗工の品質安定化 東京都
2020/6/8 メタマテリアル・メタサーフェスの基礎と応用 東京都
2020/6/12 塗布膜乾燥の基本とプロセス・現象・本質の理解&最適化と欠陥・トラブル対策 東京都
2020/6/15 ポリマーブラシの基礎と応用に向けた技術的課題と展望 東京都