技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

プラスチック、フィルムにおける「帯電防止」技術および表面の電気的特性やブリードのコントロール

プラスチック、フィルムにおける「帯電防止」技術および表面の電気的特性やブリードのコントロール

東京都 開催 会場 開催

開催日

  • 2019年9月10日(火) 10時00分 17時00分

受講対象者

  • 高分子製品の静電気・帯電で課題を抱えている方
  • 高分子製品に関連する技術者、品質担当者
    • 自動車材料
    • 複合材料
    • 電気・電子材料
    • 包装 など

プログラム

第1部 プラスチック・フィルムの電気的特性と 帯電防止技術の種類と概要

(2019年9月10日 9:50〜12:20)

 プラスチックの大半は誘電体であり、そのままでは簡単に帯電する。帯電現象については金属でその機構が解明されているが、半導体から絶縁体領域の材料について科学的な解明がなされていない。すなわち、帯電防止技術は、形式知が不十分な分野で経験知が活用されている技術領域である。帯電現象は一般に厄介者の扱いとなるが、一方で材料の帯電現象を機能性材料として活用してきた分野もある。例えばカラーレーザープリンターやカラー複写機には、中間転写ベルトというフィルム材料 (半導体ベルト) が使われていて、このフィルムを帯電させてYMCKの感光体ドラムに同じく静電気で付着しているトナーをフィルム上に集め、紙に転写する情報を一旦このフィルムに描いている。この機能性フィルムは帯電しやすく放電しやすいという二律背反の電気特性が必要で、経験知で設計されてきた。実は30年前に電気粘性流体のブームがあったときにもこの帯電しやすく放電しやすい材料が必要だった。講演者はいち早く傾斜機能材料を設計し実用的な電気粘性流体を開発しているが、この材料設計の時に経験知は無く、形式知から仮説を設定し問題解決している。すなわち、経験知に頼らなければいけない分野でも形式知をある程度活かして使える。
 本セミナーでは、経験知が求められる帯電防止技術について技術の解説にとどまらず、問題解決手法まで解説する。そして今通信分野の5Gで求められているフィルム設計の方向についても一部アイデアを提案する。

  1. 誘電体概論
    1. 誘電体とは
    2. 誘電体の電気的性質
  2. 帯電防止技術について
    1. 静電気の発生機構
    2. 帯電防止評価技術
    3. インピーダンス評価による帯電防止
    4. 帯電防止材料設計について
  3. パーコレーション転移について
    1. パーコレーション転移概説
    2. 簡便なシミュレーション技法
    3. 複合則との比較
    4. パーコレーション転移の電気特性
  4. 帯電防止剤
    1. 帯電現象と帯電防止剤
    2. ブリードアウトについて
  5. 事例
    1. 電気粘性流体
    2. 中間転写ベルト (Wパーコレーションの効果を解説します)
  6. まとめ
    1. まとめ
    2. 通信分野5Gへの展開
    • 質疑応答

第2部 帯電防止剤のブリードアウトおよび 脱落現象とその制御

(2019年9月10日 13:00〜14:00)

 帯電防止剤の特徴から生じるブリードアウトおよび脱落現象、それらのメカニズム、 分析方法、そして 対策について解説する。

  1. はじめに
    1. 静電気発生メカニズム
    2. 静電気によるトラブルと対策例
    3. プラスチックの帯電防止方法
  2. ブリードアウトと脱落因子について
    1. ブリードアウトおよび脱落現象とは
    2. ブリードアウトおよび脱落関与因子
    3. ブリードアウトおよび脱落現象分析法例
  3. 各種帯電防止剤のブリードアウトおよび脱落現象
    1. イオン伝導型帯電防止剤
      1. 界面活性剤
      2. 親水性高分子
    2. 電子伝導型帯電防止剤
      1. カーボンブラック
      2. ナノ炭素
      3. 導電性高分子
  4. ブリードアウトおよび脱落コントロール法
    1. 溶解度パラメーター (SP値) の観点から
    2. 拡散の観点から
    • 質疑応答

講師

  • 倉地 育夫
    株式会社 ケンシュー
    代表取締役
  • 小長谷 重次
    公益財団法人 名古屋産業科学研究所
    上席研究員

会場

株式会社 技術情報協会
東京都 品川区 西五反田2-29-5 日幸五反田ビル8F
株式会社 技術情報協会の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 50,000円 (税別) / 54,000円 (税込)
複数名
: 45,000円 (税別) / 48,600円 (税込)

複数名同時受講割引について

  • 2名様以上でお申込みの場合、
    1名あたり 45,000円(税別) / 48,600円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 50,000円(税別) / 54,000円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 90,000円(税別) / 97,200円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 135,000円(税別) / 145,800円(税込)
  • 同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 他の割引は併用できません。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2020/6/5 シランカップリング剤の反応メカニズムと被覆状態の評価 東京都
2020/6/5 ブリードアウト不良の原因と対策 オンライン
2020/6/8 プラスチック強度設計の基礎知識 大阪府
2020/6/9 樹脂やフィルムにおける透明性と耐熱性の両立と応用 東京都
2020/6/9 高分子結晶化の基礎と解析技術 大阪府
2020/6/11 二軸押出混練機のスクリュ設計と混練技術 オンライン
2020/6/11 プラスチック・ゴム・粘/接着製品の劣化メカニズムと寿命予測・劣化加速試験条件の設定手法 東京都
2020/6/11 プラスチックの衝撃破壊メカニズムと耐衝撃性向上 オンライン
2020/6/15 高分子材料の耐候性試験ノウハウ 東京都
2020/6/15 ポリマーブラシの基礎と応用に向けた技術的課題と展望 東京都
2020/6/16 絶縁破壊・劣化の基礎、測定・劣化診断と高分子絶縁材料の高機能化 東京都
2020/6/18 ウェブの物性の理解とウェブの搬送および巻取りにおけるトラブルの原因と対策 東京都
2020/6/19 新機能・新規応用の可能性が拡がるマイクロ・ナノカプセル 東京都
2020/6/19 高分子制振材料の設計と評価および開発・応用事例 東京都
2020/6/23 生分解性プラスチック入門講座 東京都
2020/6/23 セルロースナノファイバーの技術動向と複合化・成形、使用への考え方・活かし方 東京都
2020/6/25 自動車振動・騒音対策 / 自動車制振・防振材 (2日間) 東京都
2020/6/26 高分子材料の熱履歴解析と活用例 東京都
2020/6/26 ポリウレタン活用とトラブル対策のための充実入門 東京都
2020/6/26 二軸押出機スクリューの基本構造と混練事例 東京都

関連する出版物

発行年月
2020/1/31 添加剤の最適使用法
2020/1/17 最新プラスチック加飾技術の動向と今後の展望
2019/12/20 高分子の表面処理・改質と接着性向上
2019/10/31 UV硬化技術の基礎と硬化不良対策
2019/1/31 マテリアルズ・インフォマティクスによる材料開発と活用集
2018/11/30 エポキシ樹脂の高機能化と上手な使い方
2018/11/30 複雑高分子材料のレオロジー挙動とその解釈
2018/7/31 高耐熱樹脂の開発事例集
2018/4/12 自動車用プラスチック部品の開発・採用の最新動向 2018
2017/7/31 機能性モノマーの選び方・使い方 事例集
2017/7/31 プラスチック成形品における残留ひずみの発生メカニズムおよび対策とアニール処理技術
2017/6/19 ゴム・エラストマー分析の基礎と応用
2017/2/27 プラスチックの破損・破壊メカニズムと耐衝撃性向上技術
2017/1/31 放熱・高耐熱材料の特性向上と熱対策技術
2016/8/31 ポリマーアロイにおける相溶性の基礎と物性制御ノウハウ
2016/2/20 自動車用プラスチック部品・材料の新展開 2016
2014/11/30 繊維強化プラスチック(FRP)〔2015年版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/8/28 高分子の劣化・変色メカニズムとその対策および評価方法
2014/6/25 断熱フィルム 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/6/25 断熱フィルム 技術開発実態分析調査報告書