技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

車載ディスプレイの曲面化動向とそれに対応する部材・技術の開発

車載ディスプレイの曲面化動向とそれに対応する部材・技術の開発

東京都 開催

開催日

  • 2019年6月28日(金) 10時00分 17時00分

受講対象者

  • 車載ディスプレイに関連する技術者、研究者、開発者

プログラム

第1部 車載ディスプレイの曲面化の動向と求められる材料、部材の特性

(2019年6月28日 10:00〜12:00)

 車載用ディスプレイは民生用と何がどのように異なるのかを説明し、コックピット用とキャビンエンターテイメントの違いも明らかにする。車載用としての要求事項と対応するための構成部材の開発実用化動向を詳述する。
 本セミナーの主題である、曲面化に関して、最新の技術動向及び実用化例を紹介する。

  1. 車載ディスプレイ
    1. 車載用と民生用との違い
    2. コックピット用とキャビンエンターテイメント用の違い
    3. 車載用TFT – LCDの動向
    4. 車載用AMOLEDの動向
    5. 3D、曲面化対応
  2. 構成部材の実用化および開発動向
    1. 周囲光コントラスト比と低反射化技術
    2. カバーガラスおよびカバーフィルム
    3. タッチパネルの曲面化対応技術
  3. まとめ
    • 質疑応答

第2部 車載用プラスチックカバーに対応する光学粘着剤の開発

(2019年6月28日 13:00〜14:40)

 車載用途向けのOCAはスマホやタブレット用途よりも厳しい耐環境特性が要求される。当社はこれまで、車載用途向けOCAに特化した開発を行ってきた。 特に、高温・高湿環境における光学特性の制御技術やOCAの超厚膜化技術について紹介したい。

  1. 車載用ディスプレイの動向
  2. ダイレクトボンディングについて
  3. 超厚膜光学粘着フィルムのニーズについて
  4. 車載用OCAに求められる特性について
  5. 車載用OCA設計の考え方 (耐湿熱負荷)
  6. OCAの親水・疎水制御について
  7. 偏光板保護について
  8. Free CrystalRの特徴
  9. 超厚膜OCAの貼合方法について
  10. 超厚膜OCAのその他注意事項について
    • 質疑応答

第3部 車載ディスプレイ向け曲面貼り合わせ技術

(2019年6月28日 15:00〜17:00)

 車載ディスプレイ用のデバイス貼合工程において、異形状や曲面状の貼合装置の引き合いが急増している。貼合工程に関しては、部材の形状・特性に相性が良い粘・接着剤の選定とプロセス選定が重要である。粘・接着剤は、光学的な特性は勿論のこと、対候性や耐久性といった車載特有の品質を満たす評価・選定が重要であり、プロセスは、繰り返し再現性は勿論のこと、様々な形状・機種に対応出来る汎用性や機種切り替え性が重要である。
 本講演では、粘着剤特に光学粘着テープ (OCA) と平面・異形・曲面に対応する貼合技術を動画を交えながら詳細に解説する。

  1. 会社紹介
  2. 製品構造
    1. フラットモデル
    2. カーブドモデル
  3. OCA・OCR
    1. OCA
    2. OCR
    3. OCAとOCRの比較
  4. 平面貼りプロセス
    1. Soft to Hardラミ
    2. Hard to Hardラミ
  5. 曲面貼りプロセス
    1. 他社の曲面貼りプロセス
    2. 当社の曲面貼りプロセス
  6. 貼り合わせの注意点
    • 質疑応答

講師

  • 鵜飼 育弘
    Ukai Display Device Institute
    代表
  • 奥野 雄三
    バンドー化学 株式会社 高機能エラストマー製品事業部 技術部 機能フィルム開発グループ
    主事
  • 佐伯 和幸
    株式会社 SCREENラミナテック 営業推進部
    部長

会場

株式会社 技術情報協会
東京都 品川区 西五反田2-29-5 日幸五反田ビル8F
株式会社 技術情報協会の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 60,000円 (税別) / 64,800円 (税込)
複数名
: 55,000円 (税別) / 59,400円 (税込)

複数名同時受講割引について

  • 2名様以上でお申込みの場合、
    1名あたり 55,000円(税別) / 59,400円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 60,000円(税別) / 64,800円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 110,000円(税別) / 118,800円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 165,000円(税別) / 178,200円(税込)
  • 同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 他の割引は併用できません。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2019/10/28 レーザー照明・ディスプレイの技術と応用・市場展望 東京都
2019/10/29 ヘッドアップディスプレイの最適情報提示と視覚特性 東京都
2019/10/29 フレキシブルディスプレイの最新トレンドとALD (原子層堆積) 技術 東京都
2019/10/31 車載カメラ、ディスプレイの技術・市場動向 東京都
2019/11/13 イメージセンサ・カメラの自動運転、IoT端末に向けた市場、業界、技術展望 東京都
2019/11/15 次世代自動車における空調システム・熱マネジメントへの要求と改善 東京都
2019/11/18 AR/VR技術の基礎、現状、展望 東京都
2019/11/20 スマートウィンドウの基礎、動作・調光原理と構成材料および実用化の課題と展望 東京都
2019/11/20 激動する世界の車載用デバイス業界の市場とビジネスモデルの再構築 東京都
2019/11/22 最新ディスプレイ技術トレンド2019 東京都
2019/11/25 ヘッドマウントディスプレイ (HMD) の基礎、研究開発動向と今後の展望 東京都
2019/11/28 車載用イメージセンサ・カメラの業界・技術動向と用途展開 東京都
2019/12/4 車載・曲面・可撓性パネルに求められる素材と技術動向 東京都
2019/12/10 放熱材料の高熱伝導化と車載電子製品への応用 東京都
2019/12/10 個別半導体車載認定規格: AEC-Q101, AQG324, JEITA ED-4711を中心とした信頼性認定ガイドライン 東京都
2019/12/10 次世代自動車における熱マネジメント技術 東京都
2019/12/11 ディスプレイ向け光学フィルムの基礎と新ディスプレイへの応用 東京都
2019/12/13 ホログラム技術の基礎と車載用ヘッドアップディスプレイへの応用と課題 東京都
2019/12/18 Cdフリーとペロブスカイトの登場でQD再浮上 広色域論争で大画面TVの勢力図が激変! 東京都
2020/1/30 Mini/Micro LEDおよびOLEDの進展と部材の力で継続進化するLCD 東京都

関連する出版物