技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

イソシアネートを用いない新しいポリウレタン材料の合成と応用

イソシアネートを用いない新しいポリウレタン材料の合成と応用

~五員環カーボネートとアミンの反応を利用したポリウレタンの合成法~
東京都 開催

概要

本セミナーでは、有毒で不安定なイソシアネートを用いないポリウレタンの合成について、一般的な合成と比較してわかりやすく解説いたします。

開催日

  • 2019年5月28日(火) 12時30分 16時30分

プログラム

 有毒で不安定なイソシアネートを用いない手法である、五員環カーボネートとアミンの反応を利用したポリウレタンの合成法および得られるポリウレタンの機能と応用について、一般的なポリウレタンとの比較も含めて紹介する。五員環カーボネートは、エポキシと二酸化炭素の反応により得られることから、多様な汎用エポキシを原料として合成することができる。二官能性五員環カーボネートとジアミンの反応では、側鎖に水酸基を持つポリウレタン (ポリヒドロキシウレタン) がえられる。この水酸基はさまざまな反応により変換可能である。また、エチレンカーボネートとジアミンの反応ではウレタンジオールが得られ、この脱エチレングリコール重縮合により、脂肪族ポリウレタンを得ることもできる。これらの合成法を講演者の研究を中心に述べるとともに、様々な応用についても述べる。

  1. ポリウレタンの合成と性質
    1. ポリウレタンの合成
    2. ポリウレタンの性質
  2. 五員環カーボネートとアミンとの反応を利用するポリヒドロキシウレタンの合成、反応、及び性質
    1. エポキシと二酸化炭素の反応による五員環カーボネートの合成
    2. 五員環カーボネートとアミンの反応によるポリヒドロキシウレタンの合成
    3. ポリヒドロキシウレタンの反応
    4. ポリヒドロキシウレタンの性質
  3. 五員環カーボネートとアミンの反応を利用する脂肪族ポリウレタンの合成
    1. エチレンカーボネートとジアミンの反応を利用する脂肪族ポリウレタンの合成
    2. 得られた両末端反応性ポリウレタンの応用
  4. さまざまなポリヒドロキシウレタンの合成と応用
    1. ポリヒドロキシウレタンの複合材料への応用
    2. ポリヒドロキシウレタンのフォームへの応用
    3. その他のポリヒドロキシウレタンの応用
    • 質疑応答

会場

江東区文化センター

3F 第1研修室

東京都 江東区 東陽四丁目11-3
江東区文化センターの地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 46,278円 (税別) / 49,980円 (税込)

案内割引・複数名同時申込割引について

R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。
複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 23,139円(税別) / 24,990円(税込) で受講いただけます。

  • R&D支援センターからの案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 43,750円(税別) / 47,250円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 46,278円(税別) / 49,980円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 69,417円(税別) / 74,970円(税込)
  • R&D支援センターからの案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 46,278円(税別) / 49,980円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 92,556円(税別) / 99,960円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 138,833円(税別) / 149,940円(税込)
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2019/8/23 UV硬化の基礎と設計およびトラブル対策 東京都
2019/8/23 バイオプラスチックの社会状況・現状・課題と物性改善・分解性制御および今後の展望 東京都
2019/8/23 シリカ微粒子の分散・凝集性と表面改質方法 東京都
2019/8/26 ポリマーアロイにおける相溶性の基礎と構造・物性制御 東京都
2019/8/26 ポリイミドを活用するための総合知識 東京都
2019/8/27 技術者のためのUV/EB硬化技術 入門 東京都
2019/8/27 高分子の結晶化メカニズムと解析ノウハウ 東京都
2019/8/28 ポリイミドの構造、物性、 高機能化、(5Gなどの) 最新応用技術 東京都
2019/8/28 粘着・剥離の現象解明と可視化・モデリング 東京都
2019/8/29 プラスチックの表面改質によるぬれ性向上 東京都
2019/8/29 高分子制振材料の設計と評価および開発・応用事例 東京都
2019/8/30 UV硬化樹脂における光重合開始剤の選定、硬化不良対策 東京都
2019/8/30 高分子材料の誘電率制御/低誘電率化技術 東京都
2019/8/30 CO2を原料とした樹脂材料の研究開発動向 東京都
2019/9/2 ポリイミドの合成と分子設計・材料設計および複合化 大阪府
2019/9/3 海洋プラスチック汚染問題の正しい理解と生分解性プラスチックの基礎と設計 大阪府
2019/9/3 セルロースナノファイバーの基本特性と樹脂複合化による実用化展開 大阪府
2019/9/4 フィルム製膜・延伸過程での応力発生メカニズムと低減対策 東京都
2019/9/5 高分子の劣化・安定化の基礎知識と外観不良の原因・対策および成形加工時の劣化対策 大阪府
2019/9/5 粘着・剥離のメカニズムとその制御 大阪府

関連する出版物

発行年月
2019/1/31 マテリアルズ・インフォマティクスによる材料開発と活用集
2018/11/30 エポキシ樹脂の高機能化と上手な使い方
2018/11/30 複雑高分子材料のレオロジー挙動とその解釈
2018/7/31 高耐熱樹脂の開発事例集
2018/4/12 自動車用プラスチック部品の開発・採用の最新動向 2018
2017/7/31 機能性モノマーの選び方・使い方 事例集
2017/7/31 プラスチック成形品における残留ひずみの発生メカニズムおよび対策とアニール処理技術
2017/6/19 ゴム・エラストマー分析の基礎と応用
2017/2/27 プラスチックの破損・破壊メカニズムと耐衝撃性向上技術
2017/1/31 放熱・高耐熱材料の特性向上と熱対策技術
2014/11/30 繊維強化プラスチック(FRP)〔2015年版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/6/15 射出成形機〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/6/15 射出成形機〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2013/9/2 機能性エラストマー市場の徹底分析
2013/5/20 ドラッグデリバリーシステム 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/5/20 ドラッグデリバリーシステム 技術開発実態分析調査報告書
2013/4/5 高分子の延伸による構造と配向の発現およびそれらの制御法を利用した材料開発
2013/2/28 吸水性樹脂 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/2/28 吸水性樹脂 技術開発実態分析調査報告書
2012/11/1 高分子の結晶化メカニズムと解析ノウハウ