技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

シリカの分散・凝集制御とフィラーとして使いこなす活用術

シリカの分散・凝集制御とフィラーとして使いこなす活用術

~無機/高分子系コンポジットの創製と新機能の発現を目指して~
東京都 開催

概要

本セミナーでは、シリカ微粒子の分散・凝集を制御するために必要なシリカの基本特性と表面評価法、シリカの表面改質法、分散系の評価と調製について解説いたします。
また、実務に活用頂けるようなナノコンポジットのフィラーとしてのシリカの活用事例やノウハウ、優れた特性の発現に対する役割・効果についても解説いたします。

開催日

  • 2019年5月24日(金) 12時30分 16時30分

修得知識

  • フィラーとしてのシリカの基礎知識
  • 表面疎水化処理を施すことなくシリカナノフィラーを高分子材料中に高分散させる技術・ノウハウ
  • 今後のナノコンポジット系の設計指針の一助となるフィラー/高分子母相界面の性状がコンポジットの材料特性に及ぼす影響

プログラム

 シリカは高分子材料と複合化し、ポリマーの特性を大きく向上させたり、新たな機能を付与するための安価な添加剤 (フィラー) として利用され、とりわけナノ寸法までサイズダウンさせたシリカナノフィラーを均一に高分子材料中に分散させたナノコンポジットは、力学特性はじめ優れた特性の発現が期待される複合材料として注目されています。ただし、望まれる特性を発現するナノコンポジットを得るためには、フィラーとしてのシリカそのものの十分な理解と適切な材料選択が必要となるほか、ポリマーの種類に合わせた分散性の均質化や複合界面の設計のためのフィラー分散制御、ポリマーとの混合・混練技術といった多岐にわたる知見が必要となります。これらの技術により、一部コンポジット系では実用化されていますが、経験則で検討が進められる側面もあり、製品の安定的な製造や信頼性の高いコンポジット品質の確保に苦慮されておられる技術者の方もいるのではないでしょうか?
 本セミナーでは、大学でこの分野の基礎研究を推進している数少ない教員の経験に基づいて、上記の技術を系統的かつ学術的に理論づけした内容を解説します。また、実務に活用頂けるようなナノコンポジットのフィラーとしてのシリカの活用事例やノウハウ、優れた特性の発現に対する役割・効果についても解説します。

  1. フィラーとしてのシリカ材料
    1. シリカの構造
    2. シリカの分類
    3. シリカの基本物性
    4. シリカの製法
  2. シリカの分散・凝集制御
    1. 水中でのシリカ微粒子の分散安定性
    2. シリカの表面改質
    3. シリカ/高分子系ナノコンポジット調製法
  3. シリカの表面改質処理を用いないシリカ/高分子系ナノコンポジット簡易調製法
    1. ナノサイズの親水性シリカフィラーの高分子材料中への分散戦略
    2. 本調製法におけるシリカフィラーの特性
    3. 各種高分子材料中への分散事例
    4. 異種粒子とのハイブリッドフィラーとしての応用
    5. 高分子母材中でのシリカの分布位置の制御まで志向した高分子系ナノコンポジット膜
  4. 親水性シリカの分散が高分子系ナノコンポジットの諸特性に及ぼす効果
    1. 力学特性
    2. 熱物性
    3. 光学特性
    • 質疑応答

会場

江東区文化センター

4F 第1会議室

東京都 江東区 東陽四丁目11-3
江東区文化センターの地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 46,278円 (税別) / 49,980円 (税込)

案内割引・複数名同時申込割引について

R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。
複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 23,139円(税別) / 24,990円(税込) で受講いただけます。

  • R&D支援センターからの案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 43,750円(税別) / 47,250円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 46,278円(税別) / 49,980円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 69,417円(税別) / 74,970円(税込)
  • R&D支援センターからの案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 46,278円(税別) / 49,980円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 92,556円(税別) / 99,960円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 138,833円(税別) / 149,940円(税込)
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2019/7/22 ゾル-ゲル法の基礎と多孔材料の合成および応用 東京都
2019/7/23 紫外線・熱線遮蔽材料の 設計、工業的利用、その評価 東京都
2019/7/24 粉体・微粒子における帯電・付着力とコントロールおよびその評価 東京都
2019/7/26 スパッタ・真空蒸着と膜質改善技術の徹底解説 東京都
2019/7/29 粉体の固結の機構・因子・評価・対策 東京都
2019/7/30 粉体の物性測定と付着・凝集性および流動性評価 東京都
2019/7/31 導電性カーボンブラックの使用テクニック 東京都
2019/7/31 表面化学修飾技術の基礎と最新動向 東京都
2019/7/31 DLC (ダイヤモンドライクカーボン) 被覆およびその複合処理による金属材料の耐久性向上 東京都
2019/8/6 分子間力や表面張力の考え方、 そのコントロールと測定法 東京都
2019/8/9 ゼータ電位の理解と活用 東京都
2019/8/20 シランカップリング剤を実務で活かす上手な使い方 東京都
2019/8/22 ゴム・金属の加硫接着技術の基礎と表面処理技術 東京都
2019/8/23 粉体を扱うための技術入門 東京都
2019/8/23 プラスチック複合材料におけるフィラーの活用技術 東京都
2019/8/23 シリカ微粒子の分散・凝集性と表面改質方法 東京都
2019/8/26 塗布膜乾燥のメカニズムの理解と品質保持、最適化、トラブル対策のコツと勘どころ 東京都
2019/8/28 カーボン材料の分散制御技術と評価法 東京都
2019/8/29 アルミニウムの物性、製造、腐食劣化対策や接着性向上のための表面処理 東京都
2019/8/29 プラスチックの表面改質によるぬれ性向上 東京都

関連する出版物