技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

スパッタリング薄膜における応力発生メカニズムと付着力の評価

付着力、応力発生の仕組みと残留応力の評価手法をじっくり学ぶ

スパッタリング薄膜における応力発生メカニズムと付着力の評価

東京都 開催

概要

本セミナーは、スパッタリングプロセスの基礎から解説し、現場において遭遇する様々なトラブルに対応する力を身に付けることを目標としております。

開催日

  • 2019年4月23日(火) 10時00分 17時00分

受講対象者

  • スパッタリング・成膜に関連する技術者
    • エネルギー分野
      • 反射防止膜保護膜
      • 透過膜太陽電池
    • 光学分野
      • 増透膜
      • 反射防止膜
      • 偏光膜
      • 保護膜
      • 赤外透過膜
      • 赤外線フィルター
      • 紫外線フィルター
    • ディスプレイ
      • 絶縁膜
      • 透明電極
      • 発光膜
    • 表面処理
      • 表面硬化膜
      • 固体潤滑膜 など
  • スパッタリング・成膜で課題を抱えている方

修得知識

  • スパッタリング法の基礎
  • スパッタリング薄膜の内部応力
  • スパッタリングプロセスにおける異物発生と抑制

プログラム

 スパッタリング法は、工業的に広く使われている薄膜作製法である。
 スパッタリング法の特徴として、基板温度を上げることなく、物性に優れた薄膜が得られるということが挙げられる。これは、スパッタリング法においてターゲットから発生した粒子が大きなエネルギーを持つためである。しかしながら、同時にこのスパッタ粒子の高いエネルギーが、薄膜に大きな応力を残留させるという短所をも生じさせることになる。スパッタリング法により堆積された薄膜において問題となる剥離の多くはこの残留応力によるものである。
 応力の残留と、それにともなう薄膜の基板からの剥離はプロセスやデバイスの信頼性を保証する上での大きな問題であり、スパッタリング生産において必ず遭遇する問題であるともいえる。
 本講演では、スパッタリング法の技術基盤において、薄膜堆積機構と応力残留および付着力の向上との関連を理解した上で、 生産あるいは技術開発の現場において遭遇する応力残留および薄膜の剥離を中心とするトラブルに対応する力を身につけていくことを目標とし、スパッタリングプロセスの特徴とスパッタリングプロセスにより得られる薄膜物性の特徴を解説する。 生産あるいは技術開発の現場で活躍するエンジニアに必須の講義である。

  1. スパッタリング法基盤技術において 応力発生・付着力に影響を与える要因
    1. 真空と入射粒子束、平均自由行程
    2. プロセスプラズマの基礎と粒子エネルギー
    3. 薄膜成長機構の基礎
  2. スパッタリング法の基礎技術において 応力発生・付着力に影響を与える要因
    1. スパッタリングとは
    2. スパッタリング率とスパッタリングされた粒子の持つエネルギー
    3. 基本的なスパッタリング法
    4. 種々のスパッタリング方法における粒子エネルギーとその役割
  3. スパッタリング法により作製された薄膜の特徴
    1. スパッタリングされた粒子の持つエネルギーの膜構造への影響
    2. 基板温度・放電圧力の膜構造への影響
  4. スパッタリング薄膜の内部応力
    1. 内部応力とは
    2. 内部応力の発生メカニズム
    3. 内部応力の評価方法
    4. 薄膜の構造と内部応力
    5. スパッタリング薄膜と内部応力の実例
    6. 応力の抑制手法
  5. スパッタリング薄膜における付着と内部応力
    1. 薄膜の付着力とは
    2. 付着のメカニズム
    3. 力がかからなければ薄膜ははがれない
    4. 付着力と応力
  6. スパッタリング薄膜における付着力の評価と向上
    1. 薄膜の付着力の評価方法
    2. 付着力の定量的評価方法
    3. 付着力の向上手法
    4. 基板硬さと付着力の関係
    5. 付着力向上への指針
  7. まとめ
    1. スパッタリングプロセスにおける粒子エネルギー、応力、および付着力
    2. 参考となる書籍紹介
    • 質疑応答

講師

  • 草野 英二
    金沢工業大学 バイオ・化学部応用化学科 兼 高度材料科学研究開発センター
    教授

会場

株式会社 技術情報協会
東京都 品川区 西五反田2-29-5 日幸五反田ビル8F
株式会社 技術情報協会の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 50,000円 (税別) / 54,000円 (税込)
複数名
: 45,000円 (税別) / 48,600円 (税込)

複数名同時受講割引について

  • 2名様以上でお申込みの場合、
    1名あたり 45,000円(税別) / 48,600円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 50,000円(税別) / 54,000円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 90,000円(税別) / 97,200円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 135,000円(税別) / 145,800円(税込)
  • 同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 他の割引は併用できません。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2020/3/6 超撥水・撥油/超親水/高滑液性表面創製技術 東京都
2020/3/10 金属の表面処理技術と化成皮膜の評価 東京都
2020/3/10 金属3Dプリンタによる造形技術とその評価および応用展開 東京都
2020/3/13 塗布膜乾燥の基本とプロセス・現象・本質の理解&最適化と欠陥・トラブル対策 東京都
2020/3/18 ドライエッチング技術の基礎とプラズマ・表面反応制御 / 最新動向とプラズマダメージ、アトミックレイヤーエッチング (2日間) 東京都
2020/3/18 ドライエッチング技術の基礎とプラズマ・表面反応の制御 東京都
2020/3/19 ドライエッチングの最新技術動向とプラズマダメージ およびアトミックレイヤーエッチング(ALE) 東京都
2020/3/24 ポリマーブラシの基礎と応用に向けた技術的課題と展望 東京都
2020/3/25 フッ素の構造、物性、各種応用とPFOA規制への対応 東京都
2020/3/27 無機ナノ粒子の表面処理技術と分散技術、その機能および応用展開 東京都
2020/3/30 ALD (原子層堆積法) の基礎と高品質膜化および最新動向 東京都
2020/3/30 固体表面における濡れ性制御と動的濡れ性の評価、解釈 東京都
2020/3/30 機能性コーティング塗膜の基礎と応用 東京都
2020/3/31 薄膜分析・評価の基礎知識とナノテクノロジーへの応用 東京都
2020/3/31 スロットダイ製膜設備と塗工の品質安定化 東京都
2020/4/3 ギラツキ防止・反射防止フィルムの材料設計と定量評価 東京都
2020/4/8 ハードコート材料の基礎・応用から今後の展開 愛知県
2020/4/9 プラスチックへのめっき技術とその応用 東京都
2020/4/9 機械設計技術者のための設計力強化講座 愛知県
2020/4/9 フッ素樹脂コーティングの基礎 東京都