技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

セルロースナノファイバーの樹脂への均一分散性

セルロースナノファイバーの樹脂への均一分散性

東京都 開催

概要

本セミナーでは、セルロースナノファイバーの樹脂との複合化と分散性向上・物性コントロールについて詳解いたします。

開催日

  • 2018年12月13日(木) 10時30分 16時00分

受講対象者

  • セルロースナノファイバーの応用分野の技術者、研究者、開発者、企画担当者
    • 高分子複合材料
    • 医療材料
    • 食品素材
    • 化粧品素材
    • エネルギー関連材料
  • セルロースナノファイバーの技術者、研究者、開発者、企画担当者
  • これからセルロースナノファイバーに携わる方
  • セルロースナノファイバーで課題を抱えている方

修得知識

  • セルロースナノファイバーの特徴
  • セルロースナノファイバーを用いた複合体の構造制御の問題点
  • 高分子結晶での被覆によるセルロースナノファイバーの分散性向上効果と応用例

プログラム

第1部 ナノセルロース関連製品とナノセルロース樹脂複合体

(2018年12月13日 10:30〜12:00)

 ナノセルロースが新素材として世界から注目されています。資源量として圧倒的に豊富で、コストが安価になる可能性があり、リサイクル可能な生分解性を有する環境に良い材料として非常に魅力的な新素材です。
 本項ではナノセルロースの紹介と、弊社においてのナノセルロース樹脂複合体、特にナノセルロースと生分解性プラスチックを含めた関連製品を紹介します。

  1. ナノセルロースとは
  2. ナノセルロースの特徴
  3. ナノセルロースの応用例
  4. ナノセルロース関連製品
  5. ナノセルロースと各種樹脂複合体材料
  6. ナノセルロースと各種生分解性樹脂複合体材料
    • 質疑応答

第2部 高分子結晶での被覆によるセルロースナノファイバーの分散性向上と複合体への応用

(2018年12月13日 12:45〜14:15)

 セルロースナノファイバー (CNF) は、自己凝集性の強さから、乾燥時や貧溶媒中で凝集してしまう傾向にある。そのため複合体中にCNFを分散させることが困難であり、期待される補強効果を得ることが難しい。
 そこで我々はCNFを核材とした高分子の希薄溶液からの結晶化を利用して、CNF表面を高分子結晶で被覆したナノ複合繊維 (NCF) の作製方法を確立した。NCFはCNFのまわりを高分子結晶が覆い、CNFの自己凝集性の抑制や、表面の凹凸による添加効果増大が期待される。NCFの作製法や構造の特徴および作製したNCFを用いた複合体への応用についても論述する。

  1. セルロースナノファイバー (CNF) の特徴
    1. 作製法と形態、表面物性の関係
  2. CNFを核材とした高分子の結晶化
    1. CNF濃度と結晶化温度の関係
    2. 用いるCNF、高分子、溶媒と結晶化温度の関係
  3. CNF表面を高分子結晶で被覆したナノ複合繊維 (NCF)
    1. 形態の特徴
    2. 構造制御
    3. 分散性
  4. NCFをフィラーとして利用した複合体の作製と物性評価
    1. 作製法と構造、物性の特徴
  5. 種々の高分子結晶を用いたCNFの表面改質
  6. その他のナノセルロースへの応用
    • 質疑応答

第3部 水溶性ポリマーへのCNFの均一分散

(2018年12月13日 14:00〜16:00)

未変性CNFに焦点を当て、水溶性ポリマーとの均一分散・複合化に必要な技術的要素として、分散剤および特殊な分散装置を用いたオリジナルの分散技術を中心に講演いたします。CNF/水溶性ポリマー複合体の作製方法、評価技術から複合体の高機能化 (応用) 事例と有望用途に至るまで、当社の開発動向を紹介いたします。
  1. スターライト工業の紹介とCNFへの取組
  2. CNFの作製方法と未変性CNF
  3. 水溶性ポリマーの選定
  4. CNFの均一分散
  5. 水溶性ポリマーとCNFの複合化
  6. 応用事例と有望用途
    • 質疑応答

講師

  • 森 良平
    冨士色素株式会社
    代表取締役
  • 内田 哲也
    岡山大学 大学院 自然科学研究科 応用化学専攻
    准教授
  • 藤橋 政人
    スターライト工業 株式会社 進歩推進ユニット 先進材料開発グループ 第1チーム
    主事

会場

株式会社 技術情報協会
東京都 品川区 西五反田2-29-5 日幸五反田ビル8F
株式会社 技術情報協会の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 55,000円 (税別) / 59,400円 (税込)
複数名
: 50,000円 (税別) / 54,000円 (税込)

複数名同時受講割引について

  • 2名様以上でお申込みの場合、
    1名あたり 50,000円(税別) / 54,000円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 55,000円(税別) / 59,400円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 100,000円(税別) / 108,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 150,000円(税別) / 162,000円(税込)
  • 同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 他の割引は併用できません。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2019/8/23 CFRPの界面設計とその制御 東京都
2019/8/23 UV硬化の基礎と設計およびトラブル対策 東京都
2019/8/23 プラスチック複合材料におけるフィラーの活用技術 東京都
2019/8/23 バイオプラスチックの社会状況・現状・課題と物性改善・分解性制御および今後の展望 東京都
2019/8/23 シリカ微粒子の分散・凝集性と表面改質方法 東京都
2019/8/26 ポリマーアロイにおける相溶性の基礎と構造・物性制御 東京都
2019/8/26 ポリイミドを活用するための総合知識 東京都
2019/8/27 技術者のためのUV/EB硬化技術 入門 東京都
2019/8/27 抗菌・抗ウイルスの付与技術と性能評価、開発事例 東京都
2019/8/27 高分子の結晶化メカニズムと解析ノウハウ 東京都
2019/8/28 ポリイミドの構造、物性、 高機能化、(5Gなどの) 最新応用技術 東京都
2019/8/28 粘着・剥離の現象解明と可視化・モデリング 東京都
2019/8/29 プラスチックの表面改質によるぬれ性向上 東京都
2019/8/29 3Dプリンターの最新動向とその材料特性 (見学付き) 東京都
2019/8/29 高分子制振材料の設計と評価および開発・応用事例 東京都
2019/8/30 UV硬化樹脂における光重合開始剤の選定、硬化不良対策 東京都
2019/8/30 高分子材料の誘電率制御/低誘電率化技術 東京都
2019/8/30 繊維強化複合材料の力学特性と損傷・破壊 東京都
2019/8/30 CO2を原料とした樹脂材料の研究開発動向 東京都
2019/9/2 セルロースナノファイバーの表面改質、樹脂との複合化 東京都

関連する出版物

発行年月
2019/1/31 マテリアルズ・インフォマティクスによる材料開発と活用集
2018/11/30 エポキシ樹脂の高機能化と上手な使い方
2018/11/30 複雑高分子材料のレオロジー挙動とその解釈
2018/11/19 炭素繊維・炭素繊維複合材料の未来
2018/7/31 高耐熱樹脂の開発事例集
2018/4/12 自動車用プラスチック部品の開発・採用の最新動向 2018
2017/7/31 機能性モノマーの選び方・使い方 事例集
2017/7/31 プラスチック成形品における残留ひずみの発生メカニズムおよび対策とアニール処理技術
2017/6/19 ゴム・エラストマー分析の基礎と応用
2017/2/27 プラスチックの破損・破壊メカニズムと耐衝撃性向上技術
2017/1/31 放熱・高耐熱材料の特性向上と熱対策技術
2016/2/20 自動車用プラスチック部品・材料の新展開 2016
2014/11/30 繊維強化プラスチック(FRP)〔2015年版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/6/15 射出成形機〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/6/15 射出成形機〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2013/9/2 機能性エラストマー市場の徹底分析
2013/6/26 UV・EB硬化型コート材の基礎、各種機能向上技術
2013/5/20 ドラッグデリバリーシステム 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/5/20 ドラッグデリバリーシステム 技術開発実態分析調査報告書
2013/4/5 高分子の延伸による構造と配向の発現およびそれらの制御法を利用した材料開発