技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

自動車電動化の各国メーカーの動きとパワーエレクトロニクス技術の動向

自動車電動化の各国メーカーの動きとパワーエレクトロニクス技術の動向

東京都 開催

開催日

  • 2018年12月11日(火) 10時30分 17時00分

プログラム

第1部 世界各国に見るパワートレインの電動化動向と日本企業の取るべき戦略

(2018年12月11日 10:30〜12:00)

 100年に一度とまでいわれる自動車業界において、パワートレイン電動化は急進的な普及論から批判的な議論まで、多様で極端な議論がなされている。過去の電動化の動きとの違いを踏まえ、どのような電動化の普及のドライバが存在するのか。それにより、現在のプレイヤーや産業構造がどのような影響を受けるのか。
 本講座では、アーサー・D・リトルによる主要メーカーの技術戦略/経営戦略支援でのグローバル知見をベースに、政策~技術開発への広範な影響を、社会背景・技術進化の双方の目線から議論する。

  1. パワートレイン電動化の過去の歴史
  2. 電動化を促進する世界各国の社会要請
    1. 普及を後押しする各国の規制
    2. TCOでのEV優位性のポテンシャル
    3. 各国の電動車潜在ユーザー
  3. 電動化を支える技術革新
    1. 電動パワートレインの主要技術の展望
    2. バッテリー技術進歩でコスト・容量の問題は解決するか
  4. EV市場拡大を踏まえた各国完成車・部品メーカーの動向
    1. 完成車メーカーの観点から見た普及シナリオ
    2. 電動化促進による自動車部品産業の変化
    3. 自動車部品産業の目指す方向性
    • 質疑応答

第2部 車載用パワーエレクトロニクスの技術動向と今後の方向性

(2018年12月11日 13:00〜17:00)

 パワーエレクトロニクスは、産業機器・家電・鉄道等、幅広い分野で利用され、エネルギー問題や環境問題に大きく貢献してきました。そして今、パワエレ技術は、EV、HEVはいうに及ばず、エンジン駆動の自動車においてもパワステをはじめとした様々な補機等にも使われ、自動車用パワーエレクトロニクスという特定分野を示す言葉も使われるようになってきました。自動車用パワーエレクトロニクスの使われ方を見てゆくと、自動車では、既存のパワエレ技術と異なる視点で開発されているように思われます。
 本講座では、駆動用モータなどの主機の技術だけでなく、充電器、電動パワステ、電動エアコンなどをはじめとする自動車用パワエレ技術の動向、今後の課題について、幅広く解説いたします。この機会にぜひご参加ください。

  1. パワーエレクトロニクスの概要
    1. パワーエレクトロニクスとは
    2. スイッチングによる電力変換
    3. インダクタンスとキャパシタンスの働き
  2. EV・HVのパワートレーン
    1. EV・HVの構成
    2. 各種のHV
  3. 最新のEV,HEVにみるパワーエレクトロニクステム
  4. 自動車用パワーエレクトロニクスの技術
    1. 自動車パワエレとは
    2. 自動車の接地環境
  5. EV,HEV用インバータの技術
    1. PCUとECU
    2. インバータの制御
    3. PCUへの適用技術
  6. モータ制御の技術
    1. トルク制御
    2. インバータによるモータ制御
  7. DCDCコンバータと充電装置
    1. DCDCコンバータの重要性
    2. 昇圧コンバータと双方向コンバータ
    3. 充電回路の技術
  8. パワーエレクトロニクスの冷却
    1. 損失
    2. 放熱設計
    3. PCUの冷却技術
  9. 自動車用パワーエレクトロニクスの今後の動向と将来の展望
    1. 48Vシステム
    2. 自動運転
    3. パワーデバイス
    • 質疑応答

講師

  • 濱田 研一
    アーサー・D・リトル・ジャパン株式会社
    マネジャー
  • 森本 雅之
    東海大学
    非常勤講師

会場

株式会社 技術情報協会
東京都 品川区 西五反田2-29-5 日幸五反田ビル8F
株式会社 技術情報協会の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 55,000円 (税別) / 59,400円 (税込)
複数名
: 50,000円 (税別) / 54,000円 (税込)

複数名同時受講割引について

  • 2名様以上でお申込みの場合、
    1名あたり 50,000円(税別) / 54,000円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 55,000円(税別) / 59,400円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 100,000円(税別) / 108,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 150,000円(税別) / 162,000円(税込)
  • 同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 他の割引は併用できません。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2019/2/22 自動運転のための画像処理を中心としたセンサフュージョン技術 東京都
2019/2/25 自動車用遮音・吸音材料の設計、適用方法と車室内の防音設計 東京都
2019/2/25 自動車用CFRP・CFRTPの最新動向と、CFRTPの自動車適用技術開発プロジェクト 東京都
2019/2/26 自動車用パワーエレクトロニクスの基礎と技術動向 東京都
2019/2/26 自動運転の現状および完全自動運転を可能にする技術動向と応用展開 東京都
2019/2/28 熱可塑性CFRPプリプレグの作製、成形加工と耐久性向上 東京都
2019/3/4 自動車分野における吸音・遮音のメカニズムと材料開発の指針 大阪府
2019/3/5 Si・SiC・GaNパワーデバイス技術ロードマップとアプリケーション展望 東京都
2019/3/6 コネクテッドカーの展望と求められるセキュリティ対策 東京都
2019/3/6 AEC-Q100やJEITA ED-4708を中心とした車載用半導体信頼性認定ガイドライン 東京都
2019/3/7 自動車触媒のナノ粒子材料と物性、評価法の基礎 東京都
2019/3/8 モータ駆動システムにおける磁性材料の要求特性と活用技術 東京都
2019/3/8 車載用パワー半導体のパッケージ技術 東京都
2019/3/12 車載用イメージセンサ・カメラの業界・技術動向と用途展開 東京都
2019/3/13 自動車室内の熱マネジメント技術と快適性向上 東京都
2019/3/14 車載用半導体の信頼性認定ガイドラインと要求品質、信頼性 東京都
2019/3/14 車載用DC-DCコンバータとインダクタ・トランスの設計 東京都
2019/3/19 誘導モータの技術と実用動向 東京都
2019/3/19 車載カメラを用いた画像認識技術及び制御技術 東京都
2019/3/19 車載カメラ、ディスプレイの技術・市場動向 東京都

関連する出版物

発行年月
2019/1/31 センサフュージョン技術の開発と応用事例
2018/11/30 EV・HEV向け電子部品、電装品開発とその最新事例
2018/4/12 自動車用プラスチック部品の開発・採用の最新動向 2018
2018/1/10 SiC/GaNパワーエレクトロニクス普及のポイント
2017/11/17 2018年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2017/9/22 2017年版 スマートグリッド市場の実態と将来展望
2017/5/31 車載センシング技術の開発とADAS、自動運転システムへの応用
2017/5/25 EVに最適なバッテリーマネジメント技術と市場
2017/4/27 実務対応・LiBの規格と安全性試験のEV対応 2017
2017/3/10 ZEV規制とEV電池テクノロジー
2016/12/16 2017年版 次世代エコカー市場・技術の実態と将来展望
2016/11/16 2017年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2016/7/22 2016年版 スマートグリッド市場の実態と将来展望
2016/2/26 2016年版 車載用・産業用蓄電池市場の実態と将来展望
2016/2/20 自動車用プラスチック部品・材料の新展開 2016
2015/11/20 2016年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2015/9/18 2015年版 次世代自動車市場・技術の実態と将来展望
2015/2/27 2015年版 車載用・産業用蓄電池市場の実態と将来展望
2014/9/26 2014年版 次世代自動車市場・技術の実態と将来展望
2014/8/15 ワイヤレス給電・充電技術(装置) 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)