技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

世界の充電インフラ 最新業界レポート

世界の充電インフラ 最新業界レポート

~停車中・走行中給電、電化道路、バッテリー交換 / Charging Infrastructure~
世界の充電インフラ 最新業界レポートの画像

ご案内

 世界では100kWh級の大容量バッテリーを搭載した車両が増えたことで、充電器の出力も200kW、350kWと「大出力化」がトレンドになっている。
 日本でも、出力200kW超の充電器も一定の安全性は確保できると判断し、50kW超と同じ扱いにする方向で規制を緩和する方向である。
 近年、バス・トラックなどの商用車のEV比率が増加傾向である。
 EVバス市場を牽引する中国勢は自国だけでなく、欧州、米国、韓国、さらには日本市場にまで席巻している。欧州市場では、2022年には宇通客車が欧州で売り上げ首位になっている。
 EVトラックでは、輸送を行う小売り、倉庫、物流事業者がEV車両の開発に加わるプロジェクトが盛んである。欧州と中国が中心に市場を牽引しており、補助金などの普及促進策を受けて販売台数を伸ばしている。
 その中国では、電池交換方式のEVとそのサービスの激しい競争が起こっている。バッテリー交換ステーションの仕様は少なくとも10種類以上あり、乱立している。中国政府の後押しにより、2025年までにNIO、Aulton、Geelyで合わせて1万9,000のバッテリー交換ステーションが設置される計画である。
 また、ワイヤレスEV給電の分野では、WiTricity、Electreon、Hevo、IPT Technology、Momentum Dynamicsなど、数多くの企業が覇権を争っている。近年では、世界各地で、バス・トラック向けのワイヤレス給電のプロジェクトが実施され、実際に公道を走行してデータを取得し分析されている。さらに、送受電間距離を広げ、将来期待されている自動運転型にも、より実装しやすい装置に改良するような磁界結合方式の装置の研究開発が進んでいる。
 一方、電化道路 (接触/非接触) は、現状では、世界各地でいくつかの異なる技術が開発され、実用可能かどうかの検討がされている。社会インフラへの実装を視野に入れ、安全性や経済性などが検証されている。
 本レポートは、充電インフラという観点で停車中・走行中給電、電化道路、バッテリー交換などの世界各地の開発状況をメインに調査した。今後の展開を見据えたうえでの次世代ビジネスにつながるレポートになっている。

目次

第1章 普通・急速充電器

  • 1 概要
  • 2 業界分析
  • 3 ChaoJi
  • 4 ケーブル
    • 4.1 概要
    • 4.2 企業動向
      • 1 ITT Cannon
      • 2 3M
      • 3 フジクラ
      • 4 Aptiv
      • 5 Leoni
      • 6 LS電線
      • 7 Keysight Technologies
      • 8 Purdue University

第2章 バッテリー交換ステーション

  • 1 概要
  • 2 バッテリー交換の種類
  • 3 中国
    • 3.1 概要
    • 3.2 中国政府の動向
    • 3.3 充電時間
    • 3.4 コスト
  • 4 動向分析
  • 5 企業動向
    • 1 蔚来汽車 (NIO)
    • 2 奥動新能源 (Aulton)
    • 3 浙江吉利控股集団 (Zhejiang Geely Holding Group)
    • 4 叡藍汽車 (Livan Automotive)
    • 5 CATL
    • 6 時代電服 (CAES)
    • 7 上海建能智電新能源 (Shanghai Jieneng Zhidian New Energy Technology)
    • 8 広汽埃安 (GAC Aion)
    • 9 BYD
    • 10 小鵬汽車
    • 11 Gogoro
    • 12 光陽工業 (KYMCO)
    • 13 Amara Raja Batteries
    • 14 Ample
    • 15 ENEOS
    • 16 Robert Bosch、Blue Park Smart Energy Technology、三菱商事
    • 17 Royal Dutch Shell
    • 18 British Petroleum
    • 19 Sun Mobility
    • 20 Numocity
    • 21 Tesla
    • 22 いすゞ 自動車、JFE エンジニアリング、ファミリーマ ート、HKS、伊藤忠商事
    • 23 FOMM

第3章 ワイヤレス給電

  • 1 概要
  • 2 ワイヤレス給電の各種方式
  • 3 各社のワイヤレス給電技術の特徴、方式、提携先、効率など
  • 4 業界分析
  • 5 企業動向
    • 1 WiTricity
    • 2 Electreon
    • 3 Momentum Dynamics
    • 4 HEVO Power
    • 5 Vedecom
    • 6 Lumen Freedom
    • 7 Powermat Technologies
    • 8 Easelink
    • 9 Wi-Charge
    • 10 中興通信 (ZTE)
    • 11 Continental
    • 12 ダイヘン
    • 13 東芝
    • 14 東京大学、デンソー、ブリヂストン、日本精工、ローム
    • 15 Bombardier
    • 16 IPT Technology
    • 17 INTIS
    • 18 パワーウェーブ
    • 19 アイシン
    • 20 豊田合成
    • 21 Ossia
    • 22 Space Power Technologies
    • 23 Evatran Group
    • 24 Plugless Power
    • 25 万安科技 (VIE Science and Technolog)
    • 26 Oak Ridge National Laboratory (ORNL)
    • 27 Stellantis
    • 28 Volvo Cars
    • 29 ルノー・日産・三菱自動車連合
    • 30 Mahle
    • 31 McLaren Automotive
    • 32 トヨタ自動車
    • 33 ホンダ
    • 34 日産自動車工業
    • 35 新電元工業
    • 36 Siemens
    • 37 Mojo Mobility
    • 38 起亜自動車 (Kia Motors)
    • 39 ELIX Wireless
    • 40 Anjie Technology (安洁科技)
    • 41 智己汽車 (IM Motors)
    • 42 Google
    • 43 TDK
    • 44 Cornell University
    • 45 Meredot

第4章 停車中・走行中給電

  • 1 概要
  • 2 停車中給電
  • 3 走行中給電
  • 4 業界分析・市場規模
  • 5 コイル
    • 5.1 概要
    • 5.2 ワイヤレス給電用コイルの種類
    • 5.3 技術的課題
  • 6 漏洩磁界の低減技術
    • 6.1 概要
    • 6.2 業界分析
  • 7 リッツ線
    • 7.1 概要
    • 7.2 業界分析
  • 8 企業動向
    • 1 New England Wire Technologies (NEWT)
    • 2 DNP
    • 3 トーキン
    • 4 キョウデン
    • 5 協和電線

第5章 電化道路

  • 1 概要
  • 2 各国の主な電化道路 (接触式) プロジェクト
  • 3 各国の主な電化道路 (非接触) プロジェクト
  • 4 企業動向
    • 1 Magment
    • 2 大林組
    • 3 大成建設、豊橋技 術科学大学、大成ロテック
    • 4 Elonroad、Norsk Hydro
    • 5 関西電力、ダイヘン、大林組
    • 6 大林組、関西電力、大阪市高速電気軌道、ダイヘン、東日本高速道路
    • 7 富士ウェーブ
    • 8 Tesla

第6章 太陽光発電舗装

  • 1 概要
  • 2 業界分析
  • 3 Wattway
  • 4 中国・済南市の「太陽光発電道路」
  • 5 SolaRoad
  • 6 企業動向
    • 1 Colas
    • 2 Solar Roadways
    • 3 東亜道路工業
    • 4 大林道路、早水電機、宮吉硝子
    • 5 MIRAI-LABO
    • 6 NIPPO
    • 7 大成建設グループ
    • 8 東京理科大学
    • 9 日本道路、F-WAVE

第7章 EVバス

  • 1 概要
    • 1.1 EVバスの充電方法
  • 2 業界分析
  • 3 企業動向
    • 1 BYD
    • 2 Proterra
    • 3 宇通客車 (YuTong Bus)
    • 4 Siemens
    • 5 Linkker
    • 6 ABB
    • 7 ABB E-mobility
    • 8 日立エナジー
    • 9 日立製作所
    • 10 Edison Motors
    • 11 宇進産電 (Woojin)
    • 12 Custom Denning
    • 13 東風汽車 (Dongfeng Motor)
    • 14 Schunk Group
    • 15 KAIST
    • 16 Mercedes-Benz Group
    • 17 ChargePoint
    • 18 EVモーターズ・ジャパン
    • 19 Bombardier Transportation
    • 20 GreenPower Motor
    • 21 Iveco Group

第8章 EVトラック

  • 1 概要
  • 2 業界分析
  • 3 企業動向
    • 1 MAN Truck & Bus (MAN) 、ABB E-mobility
    • 2 MAN Truck & Bus
    • 3 Proterra
    • 4 Nikola
    • 5 BYD North America
    • 6 Traton Group、Daimler Truck、Volvo Group
    • 7 Scania
    • 8 Daimler Truck
    • 9 Volvo Trucks
    • 10 Iveco Group
    • 11 Einride
    • 12 A.P.Moller-Maersk
    • 13 三一集団 (SANY Group)
    • 14 遠程汽車 (Farizon Auto)
    • 15 東風汽車 (Dongfeng)
    • 16 一汽解放 (FAW Jiefang)
    • 17 福田汽車 (Foton Motor)
    • 18 三菱ふそうトラック・バス

第9章 石油メジャー

  • 1 概要
  • 2 企業動向
    • 1 Shell
    • 2 Total Energies
    • 3 BP
    • 4 Chevron

第10章 自動車メーカー

  • 1 Volkswagen Group
  • 2 Mercedes-Benz
  • 3 BMW
  • 4 GM
  • 5 Ford Motor
  • 6 BYD
  • 7 現代自動車
  • 8 三菱自動車工業
  • 9 VinFast
  • 10 スズキ

第11章 各国の動向分析

  • 1 中国
    • 1.1 概要
    • 1.2 中国政府の政策
    • 1.3 充電用インフラ設備の動向
      • 1.3.1 上海市
      • 1.3.2 重慶市
      • 1.3.3 広東省
    • 1.4 EVバスの自動運転実証試験 (深圳)
    • 1.5 EVバスの自動運転実証試験 (広州)
    • 1.6 動向分析 (ワイヤレス給電)
    • 1.7 企業動向
      • 1 巨湾技研 (Greater Bay Technology)
      • 2 国電南瑞科技 (NARI Technology)
      • 3 星星充電 (Star Charge)
      • 4 蔚来汽車 (NIO)
      • 5 特来電 (TELD)
      • 6 雲快充 (Yukai Chong)
      • 7 国家電網 (State Grid)
      • 8 依威能源 (EV Power)
      • 9 藍鯉能源 (Lanli Energy)
      • 10 世紀雲安 (Century Yunan)
      • 11 中国中車 (CRRC)
      • 12 小鵬汽車 (Xiaopeng Motors)
      • 13 東風汽車 (Dongfeng)
      • 14 特鋭徳 (TGOOD)
      • 15 遠景科技集団 (Envision Group)
      • 16 WiTricity
      • 17 宇通客車 (Yutong Bus)
      • 18 BP
      • 19 滴滴出行 (DiDi)
      • 20 電享信息科技 (Power Share)
      • 21 Hubject
      • 23 CATL Integrated Intelligent Chassis (CIIC)
      • 24 智己汽車 (IM Motors)
  • 2 ドイツ
    • 2.1 概要
    • 2.2 ドイツ政府の政策
    • 2.3 動向分析
    • 2.4 eHighway システム
    • 2.5 EHighway プロジェクト
      • 2.5.1 Elisa
      • 2.5.2 FESH
      • 2.5.3 eWayBW
    • 2.6 ワイヤレス給電プロジェクト
      • 2.6.1 Karlsruhe
      • 2.6.2 eCharge
      • 2.6.3 E|MPOWER
    • 2.7 企業動向
      • 1 IONITY
      • 2 E.ON、Volkswagen
      • 3 Hubject
  • 3 米国
    • 3.1 概要
    • 3.2 米国政府の政策
    • 3.3 バイ・アメリカン
    • 3.4 動向分析
    • 3.5 インディアナ州
    • 3.6 ユタ州
    • 3.7 ミシガン州
    • 3.8 アリゾナ州
    • 3.9 eHighway (ロサンゼルス)
    • 3.10 カリフォルニア州ランカスター実証実験
    • 3.11 企業動向
      • 1 ABB E-mobilty
      • 2 BYD North America
      • 3 Kempower
      • 4 BMW
      • 5 Electrify America
      • 6 GM、EVgo、Pilot
      • 7 SK Signet
      • 8 Mercedes-Benz、MN8、ChargePoint
      • 9 Volvo Trucks
      • 10 Hertz Global Holdings
      • 11 EVCS
      • 12 ChargePoint
      • 13 Volta Charging
      • 14 Phillips 66
      • 15 FreeWire Technologies
      • 16 Blink Charging
      • 17 EVgo
      • 18 Einride
      • 19 VinFast
      • 20 Electreon
      • 21 Toyota Motor North America (TMNA)
      • 22 Leoni
      • 23 StoreDot
      • 24 村田製作所
  • 4 英国
    • 4.1 概要
    • 4.2 On-Street Residential Inductive Charge
    • 4.3 Electric Road System
    • 4.4 WiCET (Wireless Charging of Electric Taxis)
  • 5 フランス
    • 5.1 概要
    • 5.2 INCIT-EV
    • 5.3 企業動向
      • 1 Schneider Electric
      • 2 Gulplug
  • 6 イタリア
    • 6.1 概要
    • 6.2 Arena of the Future
    • 6.3 企業動向
      • 1 Eni
      • 2 ABB E-mobility
      • 3 Ewiva
      • 4 Free2Move eSolutions
      • 5 BorgWarner
  • 7 スウェーデン
    • 7.1 概要
    • 7.2 スウェーデンの電化道路プロジェクト
    • 7.3 Elväg Gävle
    • 7.4 eRoadArlanda
    • 7.5 EVolution Road
    • 7.6 SmartRoad Gotland
    • 7.7 Gothenburg Green City Zone
    • 7.8 電化道路 E20 (Hallsberg–Örebro)
  • 8 ノルウェー
    • 8.1 概要
    • 8.2 ElectriCity
    • 8.3 企業動向
      • 1 蔚来汽車 (NIO)
      • 2 ABB
  • 9 スペイン
    • 9.1 概要
    • 9.2 企業動向
      • 1 Iberdrola
      • 2 Zunder
      • 3 BMW
      • 4 Wallbox
  • 10 韓国
    • 10.1 概要
    • 10.2 韓国政府の政策
    • 10.3 動向分析 (EV バス)
    • 10.4 動向分析 (ワイヤレス給電)
    • 10.5 企業動向
      • 1 韓国科学技術院 (KAIST)
      • 2 現代自動車
      • 3 Green Power
      • 4 LOTTE Group
      • 5 SK Signet
  • 11 台湾
    • 11.1 概要
    • 11.2 台湾政府の動向
    • 11.3 動向分析
    • 11.4 企業動向
      • 1 睿能創意 (Gogoro)
      • 2 光陽工業 (KYMCO)
      • 3 充壩技術服務 (Gocha bar)
  • 12 インドネシア
    • 12.1 概要
    • 12.2 インドネシア政府の政策
    • 12.3 企業動向
      • 1 上汽通用五菱汽車 (SAIC-GM-Wuling)
      • 2 奇瑞汽車 (Chery Automobile)
      • 3 東風小康汽車 (DFSK Motor)
      • 4 QMB New Energy Materials
      • 5 Nickel Industries
      • 6 現代自動車
      • 7 Bluebird
      • 8 鴻海精密工業、睿能創意
      • 9 トヨタ
      • 10 HPP Energy Indonesia
  • 13 ベトナム
    • 13.1 概要
    • 13.2 動向分析
    • 13.3 企業動向
      • 1 Vinfast
      • 2 VinBus
      • 3 VinES Energy Solutions、国軒高科
      • 4 Mercedes-Benz Vietnam
      • 5 Cavico
      • 6 Truong Hai Auto (THACO)
  • 14 マレーシア
    • 14.1 概要
    • 14.2 企業動向
      • 1 Royal Dutch Shell
      • 2 MARii、PEKEMA
      • 3 Sime Darby Motors、Tenaga Nasional
      • 4 Mercedes-Benz Malaysia
      • 5 スマートドライブ
      • 6 chargEV
      • 7 Yinson Holdings
      • 8 BMW Malaysia
      • 9 SK Group
      • 10 Proton
  • 15 日本
    • 15.1 概要
    • 15.2 日本政府の政策
    • 15.3 企業動向
      • 1 ENEOS ホールディングス
      • 2 コスモエネル ギーグループ
      • 3 出光興産
      • 4 デンソー
      • 5 日立製作所
      • 6 日立 Astemo
      • 7 パナソニック
      • 8 パナソニック、中部電力
      • 9 パナソニックエレクトリックワークス
      • 10 椿本チエイン
      • 11 e-Mobility Power
      • 12 オムロン ソーシアルソリューションズ、双日、エヌジーシー
      • 13 DeNA SOMPO Mobility、テラモーターズ
      • 14 テラモーターズ
      • 15 プラゴ
      • 16 ブイキューブ
      • 17 パワーエックス
      • 18 新電元工業
      • 19 ENECHANGE
      • 20 東光高岳
      • 21 ニチコン
      • 22 アークエルテクノロジーズ
      • 23 三菱商事、Kaluza、中部電力ミライズ
      • 24 ABB
      • 25 ポルシェジャパン、アウディジャパン
      • 26 Audi
      • 27 BMW
      • 28 Stellantis
      • 29 BYD
      • 30 Karsan

出版社

お支払い方法、返品の可否は、必ず注文前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本出版物に関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(出版社への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

体裁・ページ数

A4判 並製本 224ページ

ISBNコード

978-4-910581-39-2

発行年月

2023年5月

販売元

tech-seminar.jp

価格

180,000円 (税別) / 198,000円 (税込)

案内割引について

シーエムシーリサーチからの案内をご希望の方は、割引特典を受けられます。

  • Eメール案内を希望する方 :
    • 冊子版: 162,000円(税別) / 178,200円(10%税込)
    • 冊子版 + PDF版 (CD) セット: 216,000円(税別) / 237,600円(10%税込)
  • Eメール案内を希望しない方 :
    • 冊子版: 180,000円(税別) / 198,000円(10%税込)
    • 冊子版 + PDF版 (CD) セット: 240,000円(税別) / 264,000円(10%税込)

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2024/4/24 電気自動車用インバータの現状・課題とパワーモジュールの高出力密度化・高耐熱化・高耐圧化 オンライン
2024/5/8 ソニー・ホンダモビリティ、Tesla、BYDのEV開発戦略 東京都 オンライン
2024/5/14 SRモータの基礎とEV実用化への最新動向 オンライン
2024/5/14 EV×グリッド活用と今後のビジネスチャンス 東京都 会場・オンライン
2024/5/17 電気自動車 (EV) 用ワイヤレス給電の基礎と実用化への課題・今後の動向 オンライン
2024/5/21 xEVのPCU (パワーコントロールユニット) と自動車用パワーエレクトロニクスの技術動向 東京都 会場
2024/5/27 EVの最新技術動向と将来展望 オンライン
2024/5/30 EV用モータの技術トレンド 東京都 会場・オンライン
2024/5/30 EVを始めとした次世代自動車の普及展望とリチウム、コバルトなどLiB用金属資源の今後 オンライン
2024/6/4 欧州のxEV及び電池業界動向 東京都 オンライン
2024/6/5 光無線給電技術の基礎・技術動向・展望 オンライン
2024/6/11 光無線給電技術の基礎・技術動向・展望 オンライン
2024/6/12 EV用リチウムイオン電池および全固体電池のリサイクル オンライン
2024/6/19 電気自動車におけるバッテリーマネジメントの基礎知識 オンライン
2024/6/27 光無線給電技術の基礎と技術動向 オンライン
2024/6/28 5G / ワイヤレス電力伝送 (WPT) における電波吸収体技術の最前線 オンライン

関連する出版物

発行年月
2023/11/30 EV用電池の安全性向上、高容量化と劣化抑制技術
2023/11/14 x/zEV用電池の拡大 (目標、現状とグローバルな態勢) [書籍 + PDF版]
2023/11/14 x/zEV用電池の拡大 (目標、現状とグローバルな態勢)
2023/7/6 x/zEVへの転換2023 (各国の現状、目標と課題) [書籍 + PDF版]
2023/7/6 x/zEVへの転換2023 (各国の現状、目標と課題)
2022/5/6 EV、PHEV、HEVと燃料電池車の環境・走行性能分析 (書籍+PDF版)
2022/5/6 EV、PHEV、HEVと燃料電池車の環境・走行性能分析 (書籍版)
2022/4/15 2022年版 スマートモビリティ市場の実態と将来展望
2022/3/9 EV用リチウムイオン電池と原材料・部材のサプライチェーン (書籍版)
2022/3/9 EV用リチウムイオン電池と原材料・部材のサプライチェーン (書籍 + PDF版)
2022/2/4 世界のxEV、車載用LIB・LIB材料 最新業界レポート
2022/1/20 脱炭素へ、EVの役割と電池・原材料の安定供給 2030/35年モデルと諸問題の検証
2021/6/22 EV用リチウムイオン電池のリユース・リサイクル2021
2021/3/19 2021年版 モビリティ市場・技術の実態と将来展望
2021/1/31 次世代EV/HEV用モータの高出力化と関連材料の開発
2020/3/19 低炭素社会とバッテリーアグリゲーション
2019/12/13 2020年版 次世代自動車市場・技術の実態と将来展望
2019/4/1 車載用LIBの急速充電性能・耐久性と市場
2018/12/14 2019年版 次世代自動車市場・技術の実態と将来展望
2018/11/30 EV・HEV向け電子部品、電装品開発とその最新事例