技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

機械学習とウェアラブルセンサを用いたココロの可視化

機械学習とウェアラブルセンサを用いたココロの可視化

~耳朶脈波・動作による感情・ストレスの推定およびその活用の留意点~
東京都 開催

概要

 本セミナーでは、まずウェアラブルセンサと機械学習によるココロの予測・推定の有用性と必要性について触れ、これらを導入し、活用するための留意点について解説するとともに、質疑応答を通して理解を深めます。その上で、ストレス負荷時の生体信号の変化や認知的負荷時の動作の変化について解説し、動作と生体信号、ストレス、認知的負荷の関係についての理解を深めます.また実例を交えて、機械学習を解説し、理解を深めます。
 本セミナーを受講することで、ウェアラブルバイタルセンサやモーションセンサを用いたココロの可視化や機械学習を活用したインテリジェント製品の開発に役立ちます。

開催日

  • 2018年12月4日(火) 11時00分 17時00分

プログラム

 本セミナーでは、まずウェアラブルセンサと機械学習によるココロの予測・推定の有用性と必要性について触れ、これらを導入し、活用するための留意点について解説するとともに、質疑応答を通して理解を深めます。その上で、ストレス負荷時の生体信号の変化や認知的負荷時の動作の変化について解説し、動作と生体信号、ストレス、認知的負荷の関係についての理解を深めます。また実例を交えて、機械学習を解説し、理解を深めます。
 本セミナーを受講することで、ウェアラブルバイタルセンサやモーションセンサを用いたココロの可視化や機械学習を活用したインテリジェント製品の開発に役立ちます。

  1. ストレスと感情の測定方法
    1. ストレスとココロの関係
    2. アンケート、生体信号、行動からココロを推定
    3. 脈波に表れるココロの状態
  2. 行動に表れる認知負荷
    1. ダイナミックな意思決定における状況認識
    2. ワーキングメモリと注意
    3. 自動的処理と統制的処理
  3. 機械学習によるパターン分類
    1. 観測信号の取得とノイズ除去
    2. 特徴ベクトルの導出と要素の集約・選択
    3. 機械学習によるモデルの構築
      1. 単純パーセプトロン
      2. 多層パーセプトロン
    4. モデルの選択・評価
    5. 精度向上のためのテクニック
      1. 不均等なサンプルサイズ
      2. スパースなデータ
      3. 欠損値の取り扱い
  4. ウェアラブルバイタルセンサと機械学習の応用事例
    1. 性格特性を考慮した感情の推定
      1. 感情推定の汎化能力の向上に向けて
      2. BIG – FIVEに基づく性格特性
      3. 性格に基づいたクラスタリング
      4. 性格特性を考慮した感情の推定と結果
    2. 生体信号と気象データを用いた近未来の快気分の予測
      1. ステップワイズ法による変数選択と回帰モデル
      2. 気象データと快・不快気分の関係
      3. 近未来の気分予測結果と予測因子
      4. 気分の分布と遷移
    3. 遊園地アトラクション体験時の脈拍変動の類似性に基づく友情の推定
      1. 共感と動作と脈拍の関係
      2. 脈拍変動の類似性と親密度の関係
      3. 脈拍変動の類似性に基づく友情の推定
  5. モーションセンサと機械学習の応用事例
    1. 深層学習を活用したヒューマンエラー予兆の検知
      1. Working Rhythmの導出
      2. 安全度による人工知能と作業者の協同
      3. ヒューマンエラー予兆の検知結果
    2. 腰の動きに基づいた認知負荷の推定
      1. 歩行の乱れの導出
      2. 歩行の乱れと認知負荷の関係
      3. 歩行者の認知負荷の推定精度

講師

  • 梶原 祐輔
    公立小松大学 生産システム科学部 生産システム科学科
    准教授

会場

ちよだプラットフォームスクウェア
東京都 千代田区 神田錦町3-21
ちよだプラットフォームスクウェアの地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 47,000円 (税別) / 50,760円 (税込)
1口
: 57,000円 (税別) / 61,560円 (税込) (3名まで受講可)
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2019/4/23 人工知能を使ったヒューマンエラー対策 東京都
2019/4/24 においの姿とその見える化 東京都
2019/4/25 工場でのディープラーニングの活用とデータ処理の仕方 東京都
2019/4/25 多用なバイオセンサ・ウェアラブルセンサ技術と応用展開 東京都
2019/5/9 マテリアルズ・インフォマティクスの基礎と記述子設計技術 東京都
2019/5/15 認知ロボティクス 東京都
2019/5/16 システム同定によるモデリングの基礎 東京都
2019/5/20 IMUの基礎・最新動向とその応用 東京都
2019/5/21 自動運転向けLiDARの小型、軽量化技術と高精度センシング 東京都
2019/5/21 「少ないデータ」を用いた高効率機械学習と業務への導入の仕方 東京都
2019/5/22 次世代知的信号処理のための基礎講座 東京都
2019/5/22 実習 TensorFlowで始める深層学習 東京都
2019/5/22 呼気センシング技術の開発と今後の展望 東京都
2019/5/22 基礎から学ぶビームフォーミング技術 東京都
2019/5/23 基礎から学ぶディープラーニング実践講座 東京都
2019/5/24 IoT時代に向けた機械学習超入門と実践事例 東京都
2019/5/27 Pythonによる機械学習と異常検知への応用 東京都
2019/5/27 知識・経験ゼロから始める "機械学習" 実践講座 東京都
2019/5/27 押さえておくべき多変量解析の基本概念と実例によるExcel演習 東京都
2019/5/29 3次元点群処理の産業応用 東京都

関連する出版物

発行年月
2019/1/31 センサフュージョン技術の開発と応用事例
2018/6/30 ヒトの感性に訴える製品開発とその評価
2018/5/31 最先端医療機器の病院への普及展望と今後の製品開発
2018/5/31 “人工知能”の導入による生産性、効率性の向上、新製品開発への活用
2017/6/30 生体情報センシングとヘルスケアへの最新応用
2017/5/31 車載センシング技術の開発とADAS、自動運転システムへの応用
2016/4/28 ドライバ状態の検出、推定技術と自動運転、運転支援システムへの応用
2014/6/30 マイクロセンサ 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/5/10 生体信号処理技術(脳波) 技術開発実態分析調査報告書
2014/5/10 生体信号処理技術(脳波) 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2013/9/15 カプセル内視鏡 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/9/15 カプセル内視鏡 技術開発実態分析調査報告書
2013/6/21 機械学習によるパターン識別と画像認識への応用
2013/1/30 圧力センサ 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/1/30 圧力センサ 技術開発実態分析調査報告書
2011/9/2 '12 HDD・関連市場の将来展望
2010/6/3 実戦 ディジタル信号処理
2009/4/22 MEMSデバイス総論 【新装版】
2007/11/29 圧電材料の高性能化と先端応用技術
2007/5/28 車載カメラ/セキュリティカメラ・システム