技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

ペプチド医薬品の合成・製造技術とスケールアップ

ペプチド医薬品の合成・製造技術とスケールアップ

~原薬の化学合成 / マイクロ波による製造 / マイクロフロー合成~
東京都 開催

開催日

  • 2018年10月23日(火) 10時00分 17時00分

プログラム

第1部. ペプチド原薬の化学合成技術とスケールアップ

(2018年10月23日 10:00〜12:00)

 ペプチド医薬品の開発は古くから行われてきており既に多数の医薬品が上市されております。最近では特殊アミノ酸や化学修飾を行ったペプチドでの新規ペプチド医薬品の開発が盛んにおこなわれており、ペプチド合成の注目度が高まっております。 しかしながら、ペプチド原薬の製造は液相法、固相法、リコンビナント法などの様々な製造方法が用いられており、それぞれの手法において想定される不純物や製造管理が異なっています。また、低分子医薬品のようにガイドラインが十分に整備されていると言えない状況であるため、製造方法の検討において低分子医薬品とは異なる観点での製造方法の開発も必要であると考えられます。 本講演ではペプチド原薬製造方法の検討について化学合成に焦点を当てて紹介し、スケールアップや工程分析などの課題とその対応について解説させて頂きます。

  1. ペプチドとは
  2. ペプチド合成方法
    1. 液相合成
    2. 固相合成
    3. Molecular Hiving (疎水性タグを用いた合成)
  3. ペプチド分析方法
  4. ペプチド精製方法
  5. ペプチド合成のスケールアップ時の留意点
  6. トピックス
    • 質疑応答

第2部. マイクロ波によるペプチド製造技術と化学プラント展開

(2018年10月23日 12:45〜14:45)

 第3のエネルギー伝達方法MTT (マイクロ波伝送技術) により化学プラントのデザインを革新させる。 1980年代からマイクロ波の化学プロセスへの優位性が謳われ続けてきたが、2016年現在、未だ産業化されていない。著者グループは、ベンチャーを興し、研究開発から、実証、事業化までを一気通貫で行うことにより、マイクロ波プロセスの産業化を目指しているので、紹介する。

  1. マイクロ波事業化への歩み
  2. 会社紹介
  3. プラットフォーム技術
    1. 反応系構築
    2. ハイブリッド触媒
    3. 反応器デザイン
    4. 制御システム
  4. 知財戦略
  5. マイクロ波応用事例
    • 質疑応答

第3部. フローマイクロリアクターによるペプチド合成

(2018年10月23日 15:00〜17:00)

 ペプチドは抗体医薬品と低分子医薬品の双方の長所をもつと考えられていることから、脚光を浴びており、その低コスト生産法の開発が強く求められている。一方、旧来のペプチド合成は高価な縮合剤を過剰量用い、夾雑物の分離に労力を要する点が問題となっている。本セミナーでは演者が開発してきた、微小な流路を反応場とするマイクロフロー合成法により厳密な反応時間・温度制御を実現し、ペプチドを高効率的に合成する手法について紹介する予定である。

  1. ペプチド医薬品の現状
    1. 承認医薬品数
    2. 対象疾患
    3. 構成アミノ酸数
    4. 生産方法
    5. アミド化の問題点
  2. バッチ合成法の限界とマイクロフロー合成法の利点
    1. 混合速度
    2. 温度制御
    3. 光反応
    4. 危険な化合物を扱う反応
  3. 第一世代マイクロフローアミド結合形成法の開発
  4. 第一世代マイクロフローアミド結合形成法を駆使するフェグリマイシンの全合成
  5. 環状ペプチドの合成法開発
  6. 第二世代マイクロフローアミド結合形成法の開発
    • 質疑応答

講師

  • 山崎 貴史
    JITSUBO株式会社 研究開発部
    部長
  • 塚原 保徳
    マイクロ波化学 株式会社
    取締役CSO
  • 布施 新一郎
    東京工業大学 科学技術創成研究院 化学生命科学研究所
    准教授

会場

株式会社 技術情報協会
東京都 品川区 西五反田2-29-5 日幸五反田ビル8F
株式会社 技術情報協会の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 60,000円 (税別) / 64,800円 (税込)
複数名
: 55,000円 (税別) / 59,400円 (税込)

複数名同時受講割引について

  • 2名様以上でお申込みの場合、
    1名あたり 55,000円(税別) / 59,400円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 60,000円(税別) / 64,800円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 110,000円(税別) / 118,800円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 165,000円(税別) / 178,200円(税込)
  • 同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 他の割引は併用できません。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2019/4/23 新薬の売上予測と説得力のあるデータ収集の仕方 東京都
2019/4/23 製造業に必要なマネジメントレビューのための品質マニュアルなど主要文書・記録と新設される品質保証部門の責務に関わる必須事項 (概要) 東京都
2019/4/23 コンピュータバリデーション 東京都
2019/4/23 コンピュータバリデーション & ER/ES指針セミナー (2日間) 東京都
2019/4/23 医療ビッグデータとリアルワールドデータ (RWD) の活用と実践 東京都
2019/4/23 分析法バリデーションの統計解析 入門 & 専門 2日間コース 東京都
2019/4/23 分析法バリデーションの統計解析 専門コース 東京都
2019/4/23 GMP入門講座 (経口固形製剤を中心として) 東京都
2019/4/24 ICH E6 (R2) にて要求されるQMSにおけるRBM (リスクベースドモニタリング) の考え方 東京都
2019/4/24 体外診断用医薬品の保険申請戦略と申請書の書き方 東京都
2019/4/24 ヘアケア商品開発のための毛髪ダメージの評価法 東京都
2019/4/25 医学統計入門講座 東京都
2019/4/25 核酸医薬品承認取得にむけた安全性/品質評価、製造・臨床の実際と低分子創薬の実現化 東京都
2019/4/25 医薬品におけるTPPも明確でない/不確実性が高い段階の開発初期品での事業性検討/予測ノウハウ 東京都
2019/4/25 eTMFのマッピング作業とeTMFシステムのCSV対応 東京都
2019/4/26 医薬品の試験検査室/製造工程におけるOOS/OOT事例考察とデータインテグリティの強化 東京都
2019/4/26 非GLP試験での信頼性基準試験におけるリスクベースドアプローチを用いた信頼性保証 東京都
2019/4/26 原薬製造のためのプロセスバリデーション (PV) 実施のポイント 東京都
2019/4/26 体外診断用医薬品申請における臨床研究実施のための留意点 東京都
2019/5/10 GDPに対応する温度・文書管理・バリデーションと輸送業者の管理 東京都

関連する出版物

発行年月
2018/11/30 希少疾患用医薬品の適応拡大と事業性評価
2018/9/28 腸内細菌叢を標的にした医薬品と保健機能食品の開発
2018/8/31 がん治療で起こる副作用・合併症の治療法と薬剤開発
2018/7/31 医薬品・医療機器・再生医療開発におけるオープンイノベーションの取り組み 事例集
2018/6/29 医薬品グローバル開発に必要な英語実務集
2018/5/18 創薬のための細胞利用技術の最新動向と市場
2018/4/25 統計学的アプローチを活用した分析法バリデーションの評価及び妥当性
2018/1/30 バイオ医薬品のCTD-Q作成 - 妥当性の根拠とまとめ方 -
2017/9/29 疾患・病態検査・診断法の開発
2017/8/31 きのこの生理機能と応用開発の展望
2017/6/21 体外診断用医薬品開発ノウハウ
2017/5/15 マイクロ波加熱の基礎と産業応用
2014/11/15 医薬品メーカ20社〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/11/15 医薬品メーカ20社〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/6/10 コンタクトレンズ用装着点眼剤 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/6/10 コンタクトレンズ用装着点眼剤 技術開発実態分析調査報告書
2013/11/5 電子レンジ 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/11/5 電子レンジ 技術開発実態分析調査報告書
2013/9/2 原薬・中間体製造プロセスにおける課題と対策
2013/6/1 画像診断機器(放射線) 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)