技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

R&Dの源流にスポットをあてたデザインレビュー (DR) の本質と実践

R&Dの源流にスポットをあてたデザインレビュー (DR) の本質と実践

~新規製品開発で有効な・失敗しないDRの本質 / 異業種のDRもベンチマーキング / DRの間違い・勘違いを理解し自社の仕組みを改革~
愛知県 開催

開催日

  • 2018年9月12日(水) 10時30分 16時30分

プログラム

 多くの企業でDRやFMEAを活用しているが、十分な成果が得られていないとの声を聞きます。特に新規製品開発での有効なDR法を模索されているようです。失敗しないDRの本質は、源流にスポットを当てることです。つまり、企画段階のDRに注力して適切な手法を駆使したディスカッションに時間をかけるべきなのです。いままでのセミナーと何処が違うのか?ポイントは次の通り。

  • 30年以上にわたる複数企業での新製品開発の提案者、決裁者、アドバイザー経験から蓄積したノウハウとなっています。
  • 企業の身の丈にあった研究、製品開発、生産技術等の開発プロセスを網羅しています。
  1. はじめに (研修の狙い)
  2. DRの基本と進め方
    1. DRとは
    2. DRの仕組みと機能
    3. DRの効果
    4. DRの種類
    5. DRの審査基準
    6. 開発プロセスとDRの体系
    7. フェーズごとの準備資料
    8. DRの問題点
    9. 課題・問題点の対応策
  3. DRの抜け漏れ防止ツール
    1. 企画書の構成と手法/チャート
    2. 顧客要求・要素技術表
    3. WBS (機能系統図)
    4. LRC (責任権限表)
    5. DA (システム選択ツール)
    6. 評価基準と定量的評価指標
    7. ROIシミュレーター (投資評価ツール)
    8. 開発テーマの進捗管理法
    9. 効率的報告書 (SRストーリー)
    10. エキスパートリスト
      • Q&A
  4. DRプロセス事例
    1. 研究開発プロセス
    2. 生産技術プロセス
  5. リスク分析のケーススタディ
    1. リスクとは
    2. リスク分析
    3. 重点管理項目とその選び方
    4. 変更点・分析ワークシート
  6. 品質トラブル未然防止ツール
    1. ユニバーサルデザイン
    2. フールプルーフ
    3. フェールセーフ
    4. FMEA
    5. FTA
    6. 3DCAD
    7. CAEシミュレーション
    8. タグチメソッド
      • Q&A
      • 演習 (視える化ツールSRストーリーを使ったケーススタディ)
      • ※DRのベンチマーキング事例
  7. DR演習・討議 (ケーススタディ)
  8. まとめ
    • ※プロセス改革ベンチマーキング事例
    • Q&A

講師

会場

愛知県産業労働センター ウインクあいち

12F 1210

愛知県 名古屋市中村区 名駅4丁目4-38
愛知県産業労働センター ウインクあいちの地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 42,750円 (税別) / 46,170円 (税込)
複数名
: 22,500円 (税別) / 24,300円 (税込)

複数名同時受講の割引特典について

  • 2名様以上でお申込みの場合、
    1名あたり 22,500円(税別) / 24,300円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 42,750円(税別) / 46,170円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 45,000円(税別) / 48,600円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 67,500円(税別) / 72,900円(税込)
  • 同一法人内 (グループ会社でも可) による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。
    申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」と記入ください。
  • 他の割引は併用できません。
本セミナーは終了いたしました。
講演順序・プログラムは変更となる場合がございます。予めご了承ください。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2018/11/19 『自社保有技術』の棚卸し&『コア技術』の明確な定義・設定プロセスと強化手法 東京都
2018/11/20 技術・商品・事業それぞれのロードマップの作り方とその活用法 東京都
2018/11/21 DRBFMによる設計品質不具合の未然防止 東京都
2018/11/22 データ分析で読み解く潜在ニーズと新事業テーマの立案、提案の仕方 東京都
2018/11/27 外資系企業に学ぶR&D部門の働き方改革とその進め方 東京都
2018/12/8 競合・異業種ベンチマーキングの基本と実践 京都府
2018/12/10 B to B 企業における潜在ニーズの発掘と研究開発テーマへの落とし込み方 東京都
2018/12/11 市場品質を予測し、最適な対応をするための信頼性解析 活用テクニック 東京都
2018/12/11 オープンイノベーションの全体像の正しい理解とそれを踏まえた具体的な取り組み策 東京都
2018/12/18 自社保有技術をベースとした筋の良いテーマ・製品アイデアの創出方法 東京都
2018/12/19 研究開発部門を対象とした情報収集のテクニック 東京都
2018/12/20 適正な知財コストの考え方と権利維持、放棄の決め方 東京都
2018/12/21 経営層の意思決定を助ける評価データの作り方、根拠の示し方 東京都
2018/12/25 組織力で継続的に革新的R&Dテーマを創出する体系的仕組みの構築 東京都
2019/1/16 研究開発・技術部門が行う情報収集とそのセオリー、ノウハウ 愛知県
2019/1/17 研究開発成果のスムーズな事業移管の仕組み作り 東京都
2019/1/21 技術者、研究者のための実践的な時間管理 東京都
2019/1/22 ステージゲート・プロセスを活用したR&Dテーマ評価・選定のマネジメント 東京都
2019/1/23 源流にフォーカスした製品開発技術者のDR実践 東京都
2019/1/24 「技術」を「事業」につなげる商品開発の進め方 東京都