技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

高分子の粘弾性挙動と時間-温度換算則の活用事例

高分子の粘弾性挙動と時間-温度換算則の活用事例

~粘弾性挙動の解釈 / マスターカーブの作成方法 / 残留応力の経時変化予測~
東京都 開催

概要

本セミナーでは、高分子の粘弾性と時間-温度換算則の基礎から、劣化度・寿命予測への活かし方まで解説いたします。

開催日

  • 2018年9月6日(木) 10時30分 16時30分

受講対象者

  • プラスチック製品の設計担当者
  • プラスチック製品の品質保証担当者
  • プラスチック関連の技術開発者

修得知識

  • プラスチックの基本特性である粘弾性挙動
  • 成形不良の要因となる粘弾性挙動の影響
  • 粘弾性挙動の時間-温度換算則の基礎
  • 粘弾性挙動のマスター曲線の作成
  • マスター曲線の各種事象への適用方法

プログラム

 高分子材料の力と変形の比例定数である材料定数は、時間と温度依存性を有し緩和弾性係数や貯蔵弾性係数と呼ばれ、著しい粘弾性挙動を示す。プラスチックの成形過程で生ずる残留応力の発生要因やこれが時間や温度に伴って変化するつまり経時的な事象は、この粘弾性挙動に起因するところが大である。
 ここでは、残留応力の発生メカニズムを素材の粘弾性挙動と関連付けて説明します。そして、残留応力の経時変化を予測できる時間-温度換算則の概念を説明します。最後に、時間-温度換算則の他事象 (例えば繊維強化複合材料の力学的挙動) への活用方法について説明します。

  1. 第1部 粘弾性挙動の基礎とその解釈
    1. 粘弾性挙動とは
    2. 粘弾性挙動の解釈法と利用方法
    3. 粘弾性に伴う特異現象
      • クリープ挙動
      • 緩和挙動
  2. 第2部 粘弾性挙動による残留応力
    1. 高分子材料の応力とひずみ
    2. 冷却過程で生ずる残留応力の発生メカニズム
  3. 第3部 時間 – 温度換算則とその解釈
    1. 時間 – 温度換算則の基礎概念
    2. 粘弾性挙動のマスター曲線の作成方法
    3. 時間 – 温度移動因子
      • アーレニュウス型
      • WLF型
  4. 第4部 粘弾性挙動のマスター曲線の活用方法
    1. マスター曲線を用いた残留応力開放に伴う変形の長期予測法
    2. マスター曲線を用いたCFRPのひずみ・応力の経時的変化の予測方法
    • 質疑応答

講師

会場

株式会社 技術情報協会
東京都 品川区 西五反田2-29-5 日幸五反田ビル8F
株式会社 技術情報協会の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 50,000円 (税別) / 54,000円 (税込)
複数名
: 45,000円 (税別) / 48,600円 (税込)

複数名同時受講割引について

  • 2名様以上でお申込みの場合、
    1名あたり 45,000円(税別) / 48,600円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 50,000円(税別) / 54,000円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 90,000円(税別) / 97,200円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 135,000円(税別) / 145,800円(税込)
  • 同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 他の割引は併用できません。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2018/9/21 人工・合成皮革の触感向上と自動車内装表皮への応用 東京都
2018/9/21 コーティングプロセスにおけるレオロジー&ぬれ性解析 東京都
2018/9/25 プラスチック・ゴム製品の破壊メカニズム・破面解析・破損対策・寿命予測 東京都
2018/9/25 濃厚系・非水系・多成分系における微粒子・ナノ粒子の分散・凝集制御技術 東京都
2018/9/25 ダイコーティングの基礎理論とトラブル対策 東京都
2018/9/25 振動・騒音対策のための材料技術と評価・設計手法 東京都
2018/9/25 ゴム材料の劣化機構とその対策および耐久性の評価方法 東京都
2018/9/25 原子間力顕微鏡 (AFM) の基礎とポリマー材のナノスケール力学物性評価 東京都
2018/9/26 樹脂/繊維複合材料の成形加工と繊維配向、衝撃解析 東京都
2018/9/26 高分子材料における偏光・屈折率・複屈折の基礎と光学特性制御 東京都
2018/9/27 鮮度保持包材の構造、機能発現メカニズムと開発事例 東京都
2018/9/27 高屈折率材料の設計と薄膜形成技術 東京都
2018/9/27 懸濁重合法によるポリマー粒子・ハイブリッド型微粒子の合成とプロセス最適化ノウハウ 東京都
2018/9/27 流動場での高分子結晶化挙動の基礎と成形プロセス中の結晶化解析事例 東京都
2018/9/27 機能性UV硬化樹脂設計の勘どころ 東京都
2018/9/28 ポリマーおよび添加剤の赤外吸収スペクトルの読み方 (2日間) 東京都
2018/9/28 プラスチックおよびエラストマーの赤外スペクトルの読み方 東京都
2018/9/28 UV硬化の基礎と設計およびトラブル対策 東京都
2018/10/2 エポキシ樹脂の硬化剤選定と速硬化対応 東京都
2018/10/4 実用分散系でのトラブル解決即戦講座 東京都

関連する出版物

発行年月
2018/7/31 高耐熱樹脂の開発事例集
2017/7/31 機能性モノマーの選び方・使い方 事例集
2017/7/31 プラスチック成形品における残留ひずみの発生メカニズムおよび対策とアニール処理技術
2017/6/19 ゴム・エラストマー分析の基礎と応用
2017/2/27 プラスチックの破損・破壊メカニズムと耐衝撃性向上技術
2017/1/31 放熱・高耐熱材料の特性向上と熱対策技術
2014/11/30 繊維強化プラスチック(FRP)〔2015年版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/6/15 射出成形機〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/6/15 射出成形機〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2013/9/2 機能性エラストマー市場の徹底分析
2013/7/25 正しい分散剤の選定・使用方法と、分散体の塗布性を上げる添加剤技術
2013/6/24 車載用主機モータの絶縁技術
2013/5/20 ドラッグデリバリーシステム 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/5/20 ドラッグデリバリーシステム 技術開発実態分析調査報告書
2013/4/25 目からウロコの導電性組成物 設計指南
2013/4/5 高分子の延伸による構造と配向の発現およびそれらの制御法を利用した材料開発
2013/2/28 吸水性樹脂 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/2/28 吸水性樹脂 技術開発実態分析調査報告書
2012/11/1 高分子の結晶化メカニズムと解析ノウハウ
2012/9/27 熱膨張・収縮の低減化とトラブル対策