技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

医療・ヘルスケア・感性計測用センサの小型化・高機能化と応用展開

医療・ヘルスケア・感性計測用センサの小型化・高機能化と応用展開

東京都 開催

概要

本セミナーでは、センサの検出原理や基礎技術から解説し、MEMS技術を用いた小型化、高性能化のための最新の事例について詳解いたします。

開催日

  • 2018年7月30日(月) 10時30分 16時30分

プログラム

 超少子高齢化の進展により、我が国では医療や福祉分野での課題が山積しています。医療費の増加を抑制するためには、身体の状態を日常的にモニタリングし、病気に陥る前の段階で予防医療措置により、健康寿命を増進することがカギとなります。また、過疎化の中で限られた医療資源を活かすためには、遠隔地からの医師による診断や相談、治療の発展や、ロボットによる介護・日常生活支援等が望まれます。これらの実現のためには、健康に関する様々な情報の収集や、人間の感覚に近い感性的な計測が可能なセンシング技術が不可欠です。
 そこで、本セミナーでは、このような用途に向けたセンサの検出原理や基礎技術について紹介するとともに、MEMS技術を用いた小型化、高性能化のための最新の事例について解説します。

  1. 医療・ヘルスケア・感性センサが求められる背景
    1. 超少子高齢化社会におけるヘルスケアの役割
    2. IoTとスマートヘルスケア・感性計測
    3. 医療・ヘルスケア・感性価値市場の現状と未来
  2. センシングデバイスの基礎
    1. センサとは
    2. 人間の五感とセンサ
    3. センシング技術の基礎
    4. 光センサとイメージセンシング
    5. マイクロフォンと聴覚センシング
    6. 温度センサ
    7. 磁気センサ
    8. 動き・力のセンシング
    9. 力、圧力センサ
    10. 変位・位置センサ
    11. 速度・加速度センサ
    12. 化学量センサと味覚・嗅覚
  3. 医療・ヘルスケアセンサにおける生体計測技術
    1. 生体情報の計測と実例
    2. 医療・福祉現場における計測
    3. 手術ロボットとセンサ
    4. 介護・介助ロボットにおけるセンシング
    5. 見守りセンサ
    6. 感性計測
    7. 人間の五感とその特徴
    8. 五感センサの現状と展望
    9. より高次な感覚とその情報化
  4. MEMSによる医療・ヘルスケアセンサの小型化・高機能化
    1. MEMSとは
    2. 身の回りのMEMSデバイス
    3. MEMS構造の作製
    4. MEMSを用いたヘルスケアセンサの小型化・高機能化事例
    5. 光・ひずみ複合MEMSセンサによる近接・接触計測
    6. MEMSセンサを用いた質感の定量化の試み
    7. 微細加工QCMを用いた呼気成分計測
    8. 静電容量型非接触液体電気特性計測センサ
    9. マイクロカンチレバーを用いた生体タンパク質検知バイオセンサ
    10. Ti微細加工による高生体適合性MEMSデバイス
    • 質疑応答

会場

商工情報センター カメリアプラザ

9F 会議室

東京都 江東区 亀戸2-19-1 カメリアプラザ 9F
商工情報センター カメリアプラザの地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 46,278円 (税別) / 49,980円 (税込)

案内割引・複数名同時申込割引について

R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。
複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 23,139円(税別) / 24,990円(税込) で受講いただけます。

  • R&D支援センターからの案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 43,750円(税別) / 47,250円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 46,278円(税別) / 49,980円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 69,417円(税別) / 74,970円(税込)
  • R&D支援センターからの案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 46,278円(税別) / 49,980円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 92,556円(税別) / 99,960円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 138,833円(税別) / 149,940円(税込)
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2018/12/17 癒着防止材 (スプレー・フィルム式) の選択と使用感 東京都
2018/12/18 2030年のヘルスケアトレンドを見据えた日系中堅製薬企業の戦略的トランスフォーメーションの進め方 東京都
2018/12/19 医療機器ソフトウェア開発のポイントとSRSを始めとする関連文書のまとめ方 東京都
2018/12/21 安全管理業務におけるGVP自己点検の手順理解と事例の紹介 東京都
2018/12/25 医療機器QMS省令改正における要求事項の解釈と実施のポイント 東京都
2019/1/16 触覚フィードバック技術 東京都
2019/1/17 嗅覚センサの開発動向、高感度センシング技術とその応用 東京都
2019/1/17 医療機器の保険適用・申請業務・交渉の実例 東京都
2019/1/17 センサフュージョン技術入門 東京都
2019/1/18 医療機器における生物学的安全性試験の実施と申請/評価の進め方 東京都
2019/1/18 バイオ・ヘルスケアビジネス事業化の基本とリアル 東京都
2019/1/21 非臨床試験の信頼性確保の為の生データ・実験ノートの取扱いとQC / QA実施 東京都
2019/1/24 医療機器・体外診断薬 (IVD) の欧州申請とテクニカルファイル作成の留意点 東京都
2019/1/25 力覚・触覚センサの原理・特性・メカニズムとその信号処理技術・応用技術動向 東京都
2019/1/30 医療機器の設計・開発時のサンプルサイズ設定と設定根拠 東京都
2019/1/30 生体信号計測、生体センサ技術の基礎と応用 東京都
2019/1/31 アジア主要国の薬事制度・知的財産の実際と日本との相違点 東京都
2019/1/31 共同研究契約等の契約実務の基礎とトラブル防止策 東京都
2019/1/31 薬事承認・保険適用・診療報酬改定に関する理解とそれらを総合した保険収載戦略の必要性とその要点 東京都
2019/2/4 再生医療製品の国内薬事規制とPMDA対応ポイント 大阪府

関連する出版物

発行年月
2018/7/31 医薬品・医療機器・再生医療開発におけるオープンイノベーションの取り組み 事例集
2018/5/31 最先端医療機器の病院への普及展望と今後の製品開発
2017/8/31 きのこの生理機能と応用開発の展望
2017/7/27 ウェアラブル機器の開発とマーケット・アプリケーション・法規制動向
2017/6/30 生体情報センシングとヘルスケアへの最新応用
2016/12/16 バイオ・医療への3Dプリンティング技術の開発最前線
2014/9/10 生理用ナプキン 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/9/10 生理用ナプキン 技術開発実態分析調査報告書
2014/6/30 マイクロセンサ 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/5/30 コンタクトレンズ〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/5/30 コンタクトレンズ用洗浄・殺菌消毒剤 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/5/30 コンタクトレンズ用洗浄・殺菌消毒剤 技術開発実態分析調査報告書
2014/5/30 コンタクトレンズ〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/4/1 メディカルバイオニクス(人工臓器) 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/4/1 メディカルバイオニクス(人工臓器) 技術開発実態分析調査報告書
2014/3/25 先端癌治療機器 技術開発実態分析調査報告書
2014/3/25 先端癌治療機器 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/3/10 人工透析装置 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/3/10 人工透析装置 技術開発実態分析調査報告書
2014/2/25 入浴剤 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)