技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

医療・ヘルスケア・感性計測用センサの小型化・高機能化と応用展開

医療・ヘルスケア・感性計測用センサの小型化・高機能化と応用展開

東京都 開催

概要

本セミナーでは、センサの検出原理や基礎技術から解説し、MEMS技術を用いた小型化、高性能化のための最新の事例について詳解いたします。

開催日

  • 2018年7月30日(月) 10時30分 16時30分

プログラム

 超少子高齢化の進展により、我が国では医療や福祉分野での課題が山積しています。医療費の増加を抑制するためには、身体の状態を日常的にモニタリングし、病気に陥る前の段階で予防医療措置により、健康寿命を増進することがカギとなります。また、過疎化の中で限られた医療資源を活かすためには、遠隔地からの医師による診断や相談、治療の発展や、ロボットによる介護・日常生活支援等が望まれます。これらの実現のためには、健康に関する様々な情報の収集や、人間の感覚に近い感性的な計測が可能なセンシング技術が不可欠です。
 そこで、本セミナーでは、このような用途に向けたセンサの検出原理や基礎技術について紹介するとともに、MEMS技術を用いた小型化、高性能化のための最新の事例について解説します。

  1. 医療・ヘルスケア・感性センサが求められる背景
    1. 超少子高齢化社会におけるヘルスケアの役割
    2. IoTとスマートヘルスケア・感性計測
    3. 医療・ヘルスケア・感性価値市場の現状と未来
  2. センシングデバイスの基礎
    1. センサとは
    2. 人間の五感とセンサ
    3. センシング技術の基礎
    4. 光センサとイメージセンシング
    5. マイクロフォンと聴覚センシング
    6. 温度センサ
    7. 磁気センサ
    8. 動き・力のセンシング
    9. 力、圧力センサ
    10. 変位・位置センサ
    11. 速度・加速度センサ
    12. 化学量センサと味覚・嗅覚
  3. 医療・ヘルスケアセンサにおける生体計測技術
    1. 生体情報の計測と実例
    2. 医療・福祉現場における計測
    3. 手術ロボットとセンサ
    4. 介護・介助ロボットにおけるセンシング
    5. 見守りセンサ
    6. 感性計測
    7. 人間の五感とその特徴
    8. 五感センサの現状と展望
    9. より高次な感覚とその情報化
  4. MEMSによる医療・ヘルスケアセンサの小型化・高機能化
    1. MEMSとは
    2. 身の回りのMEMSデバイス
    3. MEMS構造の作製
    4. MEMSを用いたヘルスケアセンサの小型化・高機能化事例
    5. 光・ひずみ複合MEMSセンサによる近接・接触計測
    6. MEMSセンサを用いた質感の定量化の試み
    7. 微細加工QCMを用いた呼気成分計測
    8. 静電容量型非接触液体電気特性計測センサ
    9. マイクロカンチレバーを用いた生体タンパク質検知バイオセンサ
    10. Ti微細加工による高生体適合性MEMSデバイス
    • 質疑応答

会場

商工情報センター カメリアプラザ

9F 会議室

東京都 江東区 亀戸2-19-1 カメリアプラザ 9F
商工情報センター カメリアプラザの地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 46,278円 (税別) / 49,980円 (税込)

案内割引・複数名同時申込割引について

R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。
複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 23,139円(税別) / 24,990円(税込) で受講いただけます。

  • R&D支援センターからの案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 43,750円(税別) / 47,250円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 46,278円(税別) / 49,980円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 69,417円(税別) / 74,970円(税込)
  • R&D支援センターからの案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 46,278円(税別) / 49,980円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 92,556円(税別) / 99,960円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 138,833円(税別) / 149,940円(税込)
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2018/8/24 自動運転のための画像処理を中心としたセンサフュージョン技術 東京都
2018/8/28 シリンジ・注射剤容器材料選定と試験法およびプレフィルドシリンジの材料選定と品質基準 東京都
2018/8/28 機械学習とウェアラブルセンサを用いたココロの可視化 東京都
2018/8/28 IMU (慣性装置) の基礎と応用 東京都
2018/8/30 コンビネーションプロダクトの開発ステップと申請データ要件 東京都
2018/8/30 3Dセンシング技術の基礎と応用 東京都
2018/8/30 国際規格ISO14971に基づく医療機器リスクマネジメント 東京都
2018/9/3 医療機器ソフトウェア規制 (IEC-62304) への具体的な対応方法 東京都
2018/9/6 誘電エラストマの材料、アクチュエータ、センサ及び発電システム等の最新動向 東京都
2018/9/11 センサフュージョンのための状態推定アルゴリズム解説と自動車の自動運転への展開 東京都
2018/9/14 癒着防止材、止血材使用時のトラブルと製品ニーズ 東京都
2018/9/18 不確実性がある中での医薬品の売上予測実施ノウハウ 東京都
2018/9/18 生分解性高分子材料の滅菌と放射線架橋による高性能化 東京都
2018/9/21 医療機器の保険収載戦略策定と申請時の留意点 東京都
2018/9/25 非劣性試験における試験デザイン・実施・評価と優越性試験との比較 東京都
2018/9/26 医療機器のFDA 510k申請記載事項と指摘事例にみるQSR査察とISO監査の違い 東京都
2018/9/28 3Dプリンターの医療への応用と3Dバイオプリンティングによる3次元組織づくり、臓器づくりの必須知識・応用 東京都
2018/10/2 生体センシング・バイオデバイス技術動向とヘルスインフォマティクスへの展開 東京都
2018/10/10 心拍・呼吸の非接触センシング技術とノイズ対策 東京都
2018/10/25 QMS省令改正のポイントと対応方法 & 医療機器企業におけるCSV実践セミナー 2日間コース 東京都

関連する出版物

発行年月
2017/8/31 きのこの生理機能と応用開発の展望
2017/7/27 ウェアラブル機器の開発とマーケット・アプリケーション・法規制動向
2017/6/30 生体情報センシングとヘルスケアへの最新応用
2016/12/16 バイオ・医療への3Dプリンティング技術の開発最前線
2014/9/10 生理用ナプキン 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/9/10 生理用ナプキン 技術開発実態分析調査報告書
2014/6/30 マイクロセンサ 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/5/30 コンタクトレンズ用洗浄・殺菌消毒剤 技術開発実態分析調査報告書
2014/5/30 コンタクトレンズ〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/5/30 コンタクトレンズ〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/5/30 コンタクトレンズ用洗浄・殺菌消毒剤 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/4/1 メディカルバイオニクス(人工臓器) 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/4/1 メディカルバイオニクス(人工臓器) 技術開発実態分析調査報告書
2014/3/25 先端癌治療機器 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/3/25 先端癌治療機器 技術開発実態分析調査報告書
2014/3/10 人工透析装置 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/3/10 人工透析装置 技術開発実態分析調査報告書
2014/2/25 入浴剤 技術開発実態分析調査報告書
2014/2/25 入浴剤 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/2/15 3M〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)