技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

自動車センサフュージョン技術の最新動向と自動運転への必要技術・適応

自動車センサフュージョン技術の最新動向と自動運転への必要技術・適応

~カルマンフィルタを用いた移動物体の追跡と推定~
東京都 開催

概要

本セミナーでは、移動物体の状態を推定しながら追跡を行う技術を丁寧に解説いたします。

開催日

  • 2017年10月24日(火) 10時30分 16時30分

受講対象者

  • センサに関連する技術者、開発者
  • 画像処理・物体認識に関連する技術者、研究者
  • 自動車の自動運転に関連する技術者、開発者

修得知識

  • センサ情報処理に関する基礎理論
  • カルマンフィルタと状態推定
  • 複数物体追跡の基礎
  • 自動車の運転支援・自動運転におけるセンサフュージョンの技術動向

プログラム

 自動運転には多種多様な技術が必要となります。このうちLIDARをはじめとしたオンボードセンサによるセンシング技術は現在の自動運転自動車において最重要技術の1つとなっております。一方、LIDARを中心とするオンボードセンサは多くのノイズが含まれており、これを考慮した状態推定技術が必要となります。
 本講座ではセンサフュージョン技術の1つとしてカルマンフィルタを取り上げ、移動物体の状態を推定しながら追跡を行う技術について解説します。また、金沢大学が国内の大学で初の試みとして実施中の自動運転自動車の市街地における公道走行試験の現状課題についても紹介します。

  1. 自動車の自動運転に関する研究動向と必要技術
    1. 研究動向と必要技術
    2. LIDARをはじめとしたオンボードセンサの実例
    3. 自動車における状態推定アルゴリズムの実例
  2. カルマンフィルタと状態推定
    1. 誤差統計量の表現方法
    2. 最小分散推定とマルチセンサフュージョン
    3. カルマンフィルタによる状態推定
  3. 移動物体の追跡と運動推定
    1. カルマンフィルタとデータアソシエーション
    2. マルチターゲットトラッキング
  4. 自動車の自動運転への適応
    1. 金沢大学の自動運転システムの概要説明
    2. 公道走行実証実験から得られた成果と課題
    • 質疑応答・名刺交換

講師

  • 菅沼 直樹
    金沢大学 新学術創成研究機構 未来社会創造研究コア 自動運転ユニット
    ユニットリーダー / 准教授

会場

品川区立総合区民会館 きゅりあん

4F 第1グループ活動室

東京都 品川区 東大井5丁目18-1
品川区立総合区民会館 きゅりあんの地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 42,750円 (税別) / 46,170円 (税込)
複数名
: 22,500円 (税別) / 24,300円 (税込)

複数名同時受講の割引特典について

  • 2名様以上でお申込みの場合、
    1名あたり 22,500円(税別) / 24,300円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 42,750円(税別) / 46,170円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 45,000円(税別) / 48,600円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 67,500円(税別) / 72,900円(税込)
  • 受講者全員が会員登録をしていただいた場合に限ります。
  • 同一法人内(グループ会社でも可)による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。
    申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」と記入ください。
  • 他の割引は併用できません。
本セミナーは終了いたしました。
講演順序・プログラムは変更となる場合がございます。予めご了承ください。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2018/7/23 自動車の振動・騒音の原因と対策事例およびシミュレーションの基礎 東京都
2018/7/26 2017~2018年の最新機器の分解から見る新たな技術、マーケットトレンド 東京都
2018/7/28 触覚フィードバック技術とその応用事例 東京都
2018/7/30 医療・ヘルスケア・感性計測用センサの小型化・高機能化と応用展開 東京都
2018/7/30 これからの自動車の形態はどうなるのか? EVが主流? 内燃機関が生き残る? 対応すべきKey技術は? 東京都
2018/7/31 自動車排ガス浄化触媒材料の評価・解析と高機能化 東京都
2018/8/2 ドライバの眠気検知と覚醒維持手法 東京都
2018/8/3 ドライバーの情報処理特性とそれに対応したHMI、コックピットの設計 東京都
2018/8/7 スマートテキスタイルの要素技術と国内外の最新動向・今後の展望 東京都
2018/8/9 CFRTPの成形技術と自動車部品への応用 東京都
2018/8/21 トポロジー最適化の自動車分野への応用 東京都
2018/8/22 自動車用電子機器の封止保護、信頼性・耐久性評価 東京都
2018/8/24 自動車における遮音・吸音 / 断熱材料技術 東京都
2018/8/24 自動運転のための画像処理を中心としたセンサフュージョン技術 東京都
2018/8/24 次世代モビリティ研究の最新動向と今後の展望 東京都
2018/8/27 Pythonを使った時系列データ分析 東京都
2018/8/27 機械学習による実験計画法 東京都
2018/8/28 自動運転のヒューマンファクターと自動/手動の切り替え、法整備動向 東京都
2018/8/28 機械学習とウェアラブルセンサを用いたココロの可視化 東京都
2018/8/28 IMU (慣性装置) の基礎と応用 東京都

関連する出版物

発行年月
2017/11/17 2018年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2017/6/30 生体情報センシングとヘルスケアへの最新応用
2017/5/31 車載センシング技術の開発とADAS、自動運転システムへの応用
2016/12/16 2017年版 次世代エコカー市場・技術の実態と将来展望
2016/11/16 2017年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2016/2/26 2016年版 車載用・産業用蓄電池市場の実態と将来展望
2016/2/20 自動車用プラスチック部品・材料の新展開 2016
2015/11/20 2016年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2015/9/18 2015年版 次世代自動車市場・技術の実態と将来展望
2015/2/27 2015年版 車載用・産業用蓄電池市場の実態と将来展望
2014/9/26 2014年版 次世代自動車市場・技術の実態と将来展望
2014/8/10 過給機(ターボチャージャ、スーパーチャージャ) 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/8/10 過給機(ターボチャージャ、スーパーチャージャ) 技術開発実態分析調査報告書
2014/6/30 マイクロセンサ 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/5/10 生体信号処理技術(脳波) 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/5/10 生体信号処理技術(脳波) 技術開発実態分析調査報告書
2014/4/15 自動車向け燃料電池〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/4/15 自動車向け燃料電池〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/1/15 電動パワーステアリング 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/1/15 電動パワーステアリング 技術開発実態分析調査報告書