技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

大気圧プラズマの基礎と表面処理、殺菌、医療、環境への応用

大気圧プラズマの基礎と表面処理、殺菌、医療、環境への応用

東京都 開催

概要

本セミナーでは、プラズマの材料表面処理技術への応用を中心とした大気圧プラズマプロセスの事例、原理について基礎から分かり易く解説致します。

開催日

  • 2017年1月26日(木) 10時30分 16時30分

受講対象者

  • プラズマに関連する技術者
  • プラズマの応用に関連する技術者
    • プラズマ表面処理
    • プロセシング・新材料創成
    • 医療・バイオ分野
    • 殺菌・滅菌処理
    • 環境浄化
    • 微量元素分析 など

修得知識

  • プラズマ物理、化学の基礎
  • 各種プラズマ生成法の基礎
  • 大気圧プラズマの利用法と注意点
  • 大気圧プラズマ応用の最新情報
    • 表面親水化
    • 表面クリーニング
    • 接着性向上
    • 塗装性向上
    • 酸化膜還元
    • ハンダ接着性改善
    • 低温殺菌
    • 創傷治療
    • 有害ガス分解処理
    • プラズマの温度制御 など

プログラム

 大気圧プラズマは真空容器や排気設備を必要とせず、また高密度な活性種を生成できるため、産業応用には多くのメリットがあります。このため、材料表面の親水化処理、接着性の向上等の分野で急速に利用され始めています。
 学術的にも、IEEEの国際会議では2005年までは1%以下だった大気圧プラズマの発表件数が、現在では1/3程度までに増えています。しかし、プラズマの理解は容易ではなく、またプラズマの発生や利用法についてはブラックボックスな部分が多いため、装置利用への敷居が高いのも事実です。
 そこで本セミナーでは、大気圧プラズマの基礎をわかりやすく解説するとともに、最新の大気圧プラズマ装置と、表面処理、殺菌、医療、環境への応用例をご紹介します。

  1. 大気圧プラズマ
    1. なぜ大気圧プラズマ?
    2. 大気圧プラズマの生成法
  2. プラズマの基礎
    1. プラズマ中では何が起こっているか
    2. プラズマの基礎特性と計測
  3. 新しい大気圧高温プラズマと応用
    1. 大気圧高純度マルチガスプラズマ
    2. 地球温暖化ガスの分解
    3. 半導体プロセシング
  4. 新しい大気圧低温プラズマ
    1. さわれるプラズマ
    2. マルチガスプラズマジェット
    3. リニア型ダメージフリープラズマ
    4. 温度を自由に制御できるプラズマ
    5. 3Dプリンタを用いたプラズマ装置製作
  5. 大気圧低温プラズマの応用
    1. 高速親水化処理・クリーニング
    2. 表面コーティング
    3. 金属酸化膜の超高速還元
    4. 表面付着物分析
    5. 化学物質の分解処理
    6. 殺菌,医療分野への応用
    7. プラズマバブル水の製造法と利用法
  6. その他の新しい大気圧プラズマ装置
  7. 大気圧プラズマの近未来展望
    • 質疑応答

講師

  • 沖野 晃俊
    東京工業大学 科学技術創成研究院 未来産業技術研究所
    准教授

会場

品川区立総合区民会館 きゅりあん

5階 第1講習室

東京都 品川区 東大井5丁目18-1
品川区立総合区民会館 きゅりあんの地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 42,750円 (税別) / 46,170円 (税込)
複数名
: 22,500円 (税別) / 24,300円 (税込)

複数名同時受講の割引特典について

  • 2名様以上でお申込みの場合、
    1名あたり 22,500円(税別) / 24,300円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 42,750円(税別) / 46,170円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 45,000円(税別) / 48,600円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 67,500円(税別) / 72,900円(税込)
  • 受講者全員が会員登録をしていただいた場合に限ります。
  • 同一法人内(グループ会社でも可)による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。
    申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」と記入ください。
  • 他の割引は併用できません。
本セミナーは終了いたしました。
講演順序・プログラムは変更となる場合がございます。予めご了承ください。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2018/9/25 ダイコーティングの基礎理論とトラブル対策 東京都
2018/9/25 非劣性試験における試験デザイン・実施・評価と優越性試験との比較 東京都
2018/9/26 医療機器のFDA 510k申請記載事項と指摘事例にみるQSR査察とISO監査の違い 東京都
2018/9/28 薄膜の低温成膜技術とそのプロセス、膜質の制御 東京都
2018/9/28 ハードコート材料の開発、設計、特性評価、高機能化と応用開発 東京都
2018/9/28 3Dプリンターの医療への応用と3Dバイオプリンティングによる3次元組織づくり、臓器づくりの必須知識・応用 東京都
2018/9/28 金属の表面処理技術 東京都
2018/10/2 ダイコーティングの不良発生原因とその解決策 東京都
2018/10/2 生体センシング・バイオデバイス技術動向とヘルスインフォマティクスへの展開 東京都
2018/10/10 心拍・呼吸の非接触センシング技術とノイズ対策 東京都
2018/10/17 塗布膜乾燥のメカニズムと膜厚分布の制御 東京都
2018/10/18 表面分析・接着分析をしっかり学ぶ2日間講座 東京都
2018/10/18 表面・界面の考え方と分析の基礎と実践応用 東京都
2018/10/19 プラスチックフィルムの表面処理・改質と接着性の改善・評価技術 東京都
2018/10/22 医薬・医療機器のコンピュータ化システムバリデーション (CSV) 初級講座 東京都
2018/10/23 ISO 13485における医療機器プロセスバリデーションの進め方とサンプルサイズの設定根拠 東京都
2018/10/24 最適な滅菌法を選択するための医療機器滅菌バリデーションの基礎と実務 東京都
2018/10/24 超親水性表面を実現する材料・表面処理のしくみと技術 東京都
2018/10/24 大気圧プラズマによる樹脂・金属の表面処理技術 東京都
2018/10/25 自動車外装部材への加飾技術 東京都

関連する出版物

発行年月
2018/8/31 防汚・防水・防曇性向上のための材料とコーティング、評価・応用
2018/3/29 超親水・親油性表面の技術
2017/7/27 ウェアラブル機器の開発とマーケット・アプリケーション・法規制動向
2017/6/30 生体情報センシングとヘルスケアへの最新応用
2016/12/16 バイオ・医療への3Dプリンティング技術の開発最前線
2015/10/1 すぐ分かるラミネート加工技術と実際およびトラブル・シューティング
2014/5/30 コンタクトレンズ用洗浄・殺菌消毒剤 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/5/30 コンタクトレンズ用洗浄・殺菌消毒剤 技術開発実態分析調査報告書
2014/5/30 コンタクトレンズ〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/5/30 コンタクトレンズ〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/4/5 真空蒸着技術 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/4/5 真空蒸着技術 技術開発実態分析調査報告書
2014/4/1 メディカルバイオニクス(人工臓器) 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/4/1 メディカルバイオニクス(人工臓器) 技術開発実態分析調査報告書
2014/3/25 先端癌治療機器 技術開発実態分析調査報告書
2014/3/25 先端癌治療機器 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/3/10 人工透析装置 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/3/10 人工透析装置 技術開発実態分析調査報告書
2014/2/10 PET装置(診断) 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/2/10 PET装置(診断) 技術開発実態分析調査報告書