技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

次世代二次電池に向けた電解質技術

次世代二次電池に向けた電解質技術

~固体電解質の設計 / イオン液体の高分子化~
東京都 開催

開催日

  • 2016年3月8日(火) 10時00分 17時00分

修得知識

  • 全固体二次電池の電極-電解質界面制御とシミュレーション
  • 硫化物固体電解質の作製と全固体電池への応用
  • イオン液体の基礎知識、基本的特徴、電気化学的特性、電池用電解質の研究事例など

プログラム

1. 全固体二次電池の電極 – 電解質界面制御とそのシミュレーション

(2016年3月8日 10:00〜12:00)

  1. 全固体電池開発の歴史
    1. 全固体電池の特徴
    2. 全固体電池の課題と解決への取り組み
    3. リチウムイオン電池の課題
  2. リチウムイオン電池の全固体化
    1. 全固体化の利点
    2. 全固体化における課題
    3. 正極/硫化物固体電解質界面
    4. ナノイオニクスに基づく高出力界面設計
  3. 高出力界面の構築
    1. 高イオン伝導性緩衝層材料
    2. ナノシート
    3. 自己形成コア-シェル構造
  4. 第一原理計算によるシミュレーション
    1. 正極/硫化物固体電解質界面
    2. リチウムイオンの挙動
    • 質疑応答

2. 硫化物固体電解質の作製とその全固体電池への応用

(2016年3月8日 12:45〜14:45)

  1. 硫化物固体電解質
    1. 導電率
    2. 電気化学的安定性
  2. 硫化物ガラス系電解質を用いた全固体リチウム二次電池
  3. 電極活物質/硫化物電解質の界面制御
    • 質疑応答

3. イオン液体の電気化学特性と電解質としての応用

(2016年3月8日 15:00〜17:00)

 イオン液体が活躍する分野はイオニクスデバイスからバイオサイエンスと多岐にわたる。本講演では、イオン液体の電池用電解質用途としての応用に着目し、研究事例を交えつつ解説する。

  1. イオン液体とは
    1. 定義
    2. 合成方法
    3. 物理化学特性
    4. 電気化学特性
  2. イオニクスデバイスへの応用
    1. 電気二重層キャパシタ
    2. リチウムイオン電池
    3. 色素増感太陽電池
    4. 燃料電池
    5. アクチュエータ
    6. その他デバイス
  3. イオン液体の高分子化
    1. イオンゲル
    2. 双性イオン型イオン液体
    3. ポリカチオン型イオン液体
    4. ポリアニオン型イオン液体
  4. 中間相を活用した電解質の分子設計
    1. 液晶性イオン液体
    2. イオン性柔粘性結晶
    • 質疑応答

講師

  • 高田 和典
    国立研究開発法人 物質・材料研究機構 エネルギー環境材料研究拠点
    副拠点長
  • 松田 厚範
    豊橋技術科学大学 大学院 工学研究科 電気・電子情報工学系
    教授
  • 藤田 正博
    上智大学 理工学部 物質生命理工学科
    准教授

会場

株式会社 技術情報協会
東京都 品川区 西五反田2-29-5 日幸五反田ビル8F
株式会社 技術情報協会の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 60,000円 (税別) / 64,800円 (税込)
複数名
: 55,000円 (税別) / 59,400円 (税込)

複数名同時受講割引について

  • 2名様以上でお申込みの場合、
    1名あたり 55,000円(税別) / 59,400円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 60,000円(税別) / 64,800円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 110,000円(税別) / 118,800円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 165,000円(税別) / 178,200円(税込)
  • 同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 他の割引は併用できません。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2018/7/24 エクセルギー解析法 東京都
2018/7/24 基礎から国内外の解析例までエクセルギー 2日間セミナー 東京都
2018/7/25 EV技術の動向とビジネスチャンス 東京都
2018/7/27 インピーダンス測定・解析 東京都
2018/7/30 グラフェン系負極の開発と高容量化技術 東京都
2018/7/31 フォノンエンジニアリングの基礎と材料開発・デバイスへの応用 東京都
2018/8/1 EV用リチウムイオン電池の世界情勢とビジネス戦略 東京都
2018/8/6 イオン伝導特性に優れる新規固体高分子電解質の開発 東京都
2018/8/8 フォノンエンジニアリングによる熱伝導制御と熱電変換材料への応用 東京都
2018/8/9 水素社会と燃料電池の最新動向と今後のビジネス・チャンス 東京都
2018/8/23 全固体電池の電解質/電極界面制御とイオン電導特性 東京都
2018/8/24 バッテリマネジメントとセルバランス技術 東京都
2018/8/27 実用化に向けた熱電変換材料/デバイスの高効率化・低コスト化と最新動向・展望 東京都
2018/8/28 リチウム電池用バインダーの高機能化設計と適用技術 東京都
2018/8/30 リチウムイオン電池の安全性確保と国内外の関連規制動向 東京都
2018/8/30 全固体二次電池の基礎と最新動向 東京都
2018/9/4 EVシフトに伴う自動車業界、電池業界の動向と今後の展望 東京都
2018/9/7 全固体電池における電極材料の高容量化と高電圧対応化 東京都
2018/9/10 イオン伝導性ナノファイバーの電解質特性と全固体型二次電池用電解質の開発 東京都
2018/9/11 リチウムイオン2次電池・次世代電池の課題を解決する新規な電池理論 東京都

関連する出版物

発行年月
2018/2/23 2018年版 二次電池市場・技術の実態と将来展望
2017/11/17 2018年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2017/9/29 触媒からみるメタン戦略・二酸化炭素戦略
2017/9/22 2017年版 スマートグリッド市場の実態と将来展望
2017/8/25 2017年版 リチウムイオン電池市場の実態と将来展望
2017/7/21 2017年版 スマートコミュニティ市場の実態と将来展望
2017/5/26 2017年版 HEMS市場・関連機器の実態と将来展望
2017/5/25 EVに最適なバッテリーマネジメント技術と市場
2017/4/21 2017年版 蓄電池・キャパシタ市場の実態と将来展望
2017/3/24 2017年版 スマートエネルギー市場の実態と将来展望
2017/2/24 2017年版 二次電池市場・技術の実態と将来展望
2017/1/27 2017年版 太陽光発電市場・技術の実態と将来展望
2016/11/16 2017年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2016/9/23 2016年版 スマートハウス市場の実態と将来展望
2016/8/26 2016年版 リチウムイオン電池市場の実態と将来展望
2016/7/22 2016年版 スマートグリッド市場の実態と将来展望
2016/5/27 2016年版 スマートコミュニティ市場の実態と将来展望
2016/2/26 2016年版 車載用・産業用蓄電池市場の実態と将来展望
2016/1/29 2016年版 太陽光発電市場・技術の実態と将来展望
2015/12/18 2015年〜2016年版 電力自由化市場総覧 (2016年 新春号)