技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

燃料電池金属セパレータの導電性向上とその評価

燃料電池金属セパレータの導電性向上とその評価

東京都 開催

概要

本セミナーでは、燃料電池金属セパレータの導電性、耐食性向上とその評価について詳解いたします。

開催日

  • 2015年10月23日(金) 10時30分 16時00分

プログラム

1. 燃料電池の基本構造,自動車利用における課題、金属多孔体セパレータによる発電性能向上

(2015年10月23日 10:30〜12:00)

自動車などに燃料電池を使用するためには、発電出力密度の向上が求められる。発電出力密度の向上は燃料電池の小型化を可能とするため、コスト低減の点でも有効である。本講では、金属多孔体を燃料電池のセパレータ流路に採用することで発電出力密度を増加させる手法などについて紹介する。

  1. 自動車の燃料として水素を利用することの意義
    1. 自然エネルギーの利用と水素
    2. 二次電池と水素のエネルギー密度
  2. 燃料電池の基本構造と自動車利用に向けた課題
    1. 燃料電池の基本構造
    2. 燃料電池の自動車利用に向けた課題
    3. 出力密度の向上
    4. エネルギー密度の向上
    5. 自然エネルギーのキャリアとしてのメタノール
  3. 金属多孔体セパレータによる燃料電池の発電出力向上
    1. 多孔体セパレータによる有効電極面積の増加
    2. 様々な金属多孔体材料を用いたセパレータ
    3. 発電出力向上と交流インピーダンス解析
    4. セパレータと電極の間の接触抵抗
    5. セパレータ流路の圧力損失
    • 質疑応答

2. 無電解ニッケルめっきプロセスを用いた燃料電池セパレータの開発と特性評価

(2015年10月23日 12:45〜14:15)

固体高分子形燃料電池の電池特性は、パーツ材料それぞれの性質により変化する。そこで、固体高分子膜やセパレータの特性を電気化学的に評価し、電池の劣化や電池特性の変化に関与する材料評価を行い、燃料電池の信頼性について講演する。また、無電解めっきを利用した新しいセパレータ材料についても紹介する。

  • 質疑応答

3. 燃料電池におけるステンレス鋼セパレータの腐食評価および接触抵抗対策

(2015年10月23日 14:30〜16:00)

腐食と接触抵抗の問題を述べる。また演者らが腐食研究のために開発したセパレータの仕様や窒化物を介在させるステンレス鋼の表面処理法について紹介する。窒化物を利用する方法として、TiNとSBRとの複合体を泳動電着する方法と、硝酸溶液中でステンレス鋼をカソード処理 (電気化学的窒化) する方法とを紹介する。

  1. 固体高分子形燃料電池の構成
  2. セパレータの構造と役割
  3. ステンレス鋼の耐食性評価
    1. 模擬環境下における分極挙動
    2. 模擬環境下で生成する不動態皮膜のXPS解析
    3. 発電試験による耐食性評価
    4. 発電試験で生成する不動態皮膜のXPS解析
  4. カーボンガス拡散層との接触抵抗評価
  5. TiN-SBR処理したセパレータの特性
  6. 電気化学的窒化処理したステンレス鋼製セパレータの特性
    • 質疑応答

講師

  • 首藤 登志夫
    首都大学東京 大学院 理工学研究科 機械工学専攻
    教授
  • 野田 和彦
    芝浦工業大学 工学部 材料工学科
    教授
  • 八代 仁
    岩手大学 工学部 応用化学・生命工学科
    副学長

会場

株式会社 技術情報協会
東京都 品川区 西五反田2-29-5 日幸五反田ビル8F
株式会社 技術情報協会の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 55,000円 (税別) / 59,400円 (税込)
複数名
: 50,000円 (税別) / 54,000円 (税込)

複数名同時受講割引について

  • 2名様以上でお申込みの場合、
    1名あたり 50,000円(税別) / 54,000円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 55,000円(税別) / 59,400円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 100,000円(税別) / 108,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 150,000円(税別) / 162,000円(税込)
  • 同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 他の割引は併用できません。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2018/9/21 リチウム電池用ニッケル系正極の開発と電極適用技術 東京都
2018/9/25 イオン液体の基礎科学と活かし方 東京都
2018/10/5 シリコン系負極のサイクル特性改善方法 東京都
2018/10/5 リチウムイオン電池の急速充放電特性の向上と、電極材料の開発 東京都
2018/10/5 EVシフトの先を見据えたFCV・水素エネルギービジネスの最新動向 東京都
2018/10/15 固体高分子電解質 (SPE) の基礎、材料特性および最新の研究開発動向 東京都
2018/10/17 全固体電池の開発動向と実用化への道のり 東京都
2018/10/24 EV用リチウムイオン電池の世界情勢とビジネス戦略 東京都
2018/10/25 水素輸送・貯蔵技術と材料開発の最新動向・課題・将来展望 東京都
2018/10/29 リチウムイオン電池の基礎・性能評価と電極作製技術の勘どころ 東京都
2018/10/29 固体イオニクス入門 東京都
2018/10/29 EVシフトに伴う自動車および電池業界の動向と課題 東京都
2018/10/29 有機系フレキシブル熱電変換材料/デバイスの基礎・課題と最新技術動向 東京都
2018/11/5 エクセルギーの基礎、計算手法と産業分野での利用方法 東京都
2018/11/6 電子機器、回路基板における防錆、防食、防水防湿技術とその応用 東京都
2018/11/7 車載用LIBの急速充電性能・耐久性とBMS技術 東京都
2018/11/9 リチウム電池用セパレータの開発と耐熱、安全性向上 東京都
2018/11/13 リチウム二次電池のリアルタイム計測と評価ノウハウ 東京都
2018/11/22 基礎からわかる全固体二次電池 東京都
2018/11/26 技術・特許情報、環境規制から読み解くEVシフト・モビリティ化動向とこれからの知財戦略の在り方 東京都

関連する出版物

発行年月
2018/2/28 全固体電池のイオン伝導性向上技術と材料、製造プロセスの開発
2018/2/23 2018年版 二次電池市場・技術の実態と将来展望
2017/11/30 次世代電池用電極材料の高エネルギー密度、高出力化
2017/11/17 2018年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2017/9/29 触媒からみるメタン戦略・二酸化炭素戦略
2017/9/22 2017年版 スマートグリッド市場の実態と将来展望
2017/8/25 2017年版 リチウムイオン電池市場の実態と将来展望
2017/7/21 2017年版 スマートコミュニティ市場の実態と将来展望
2017/5/26 2017年版 HEMS市場・関連機器の実態と将来展望
2017/5/25 EVに最適なバッテリーマネジメント技術と市場
2017/4/21 2017年版 蓄電池・キャパシタ市場の実態と将来展望
2017/3/24 2017年版 スマートエネルギー市場の実態と将来展望
2017/2/24 2017年版 二次電池市場・技術の実態と将来展望
2017/1/27 2017年版 太陽光発電市場・技術の実態と将来展望
2016/11/16 2017年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2016/9/23 2016年版 スマートハウス市場の実態と将来展望
2016/8/26 2016年版 リチウムイオン電池市場の実態と将来展望
2016/7/22 2016年版 スマートグリッド市場の実態と将来展望
2016/5/27 2016年版 スマートコミュニティ市場の実態と将来展望
2016/2/26 2016年版 車載用・産業用蓄電池市場の実態と将来展望