技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

色素増感太陽電池の信頼性向上に向けた電解質固体化技術

色素増感太陽電池の信頼性向上に向けた電解質固体化技術

東京都 開催

開催日

  • 2015年10月19日(月) 12時30分 16時15分

プログラム

1. 室内光発電のエネルギーハーベスティング応用とその動向

(2015年10月19日 12:30〜14:30)

色素増感太陽電池は次世代太陽電池として開発が進められてきているが、その発電特性を活かしたアプリケーションの一つとして、エネルギーハーベスティングへの要用が期待されている。本講座ではこれらの技術開発動向について述べる。

  1. はじめに
  2. 次世代ソーラー技術と色素増感太陽電池
  3. 発電のメカニズム
  4. 特徴
  5. デバイス構造
  6. モジュール化技術
  7. 高効率化のアプローチ
  8. アプリケーション
  9. エネルギーハーベスティングとは
  10. 各種ハーベスタとそのエネルギー源
  11. エネルギーハーベスティングの構成要素
  12. 室内照明の活用
  13. 発電特性.
  14. 実用化に向けた取り組み動向
  15. まとめ
    • 質疑応答・個別質問・名刺交換

2. 色素増感太陽電池の電解質における固体化技術と性能評価

(2015年10月19日 14:45〜16:15)

色素増感太陽電池の信頼性向上の鍵となる電解質の固体化技術について、全固体化と擬固体化の2通りを比較しながら概説する。また電解液のヨウ素フリー化の話題や最新のペロブスカイト型太陽電池の開発動向についても御紹介する。
  1. はじめに
  2. 全固体型色素増感太陽電池
    1. p-typesemiconductor (CuInS2)
    2. Holeconductor (Lowmolecule,spiro-OMeTAD)
    3. Conductivepolymer (P3HT)
    4. Conductivepolymer (PEDOT)
    5. Non-conductivepolymer (Epoxy)
    6. ペロブスカイト型太陽電池 (CH3NH3PbI3)
  3. 擬固体型色素増感太陽電池
    1. Clay (Smectite)
    2. Clay (Hydrotalcite)
  4. 色素増感太陽電池の性能評価
    • 質疑応答・個別質問・名刺交換

講師

  • 渡辺 実
    ラピスセミコンダクタ(株) デバイス開発部
  • 内田 聡
    東京大学 教養学部附属教養教育高度化機構
    特任教授

会場

株式会社 技術情報協会
東京都 品川区 西五反田2-29-5 日幸五反田ビル8F
株式会社 技術情報協会の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 50,000円 (税別) / 54,000円 (税込)
複数名
: 45,000円 (税別) / 48,600円 (税込)

複数名同時受講割引について

  • 2名様以上でお申込みの場合、
    1名あたり 45,000円(税別) / 48,600円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 50,000円(税別) / 54,000円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 90,000円(税別) / 97,200円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 135,000円(税別) / 145,800円(税込)
  • 同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 他の割引は併用できません。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2019/5/27 次世代蓄電池向け活物質・電解液の開発と安全、劣化対策 東京都
2019/5/28 中高温用潜熱蓄熱技術の基礎と応用 東京都
2019/5/28 結晶性を利用した有機系固体電解質材料の開発、特性向上と全固体電池への応用 東京都
2019/5/29 全固体電池の電解質/電極の界面現象理解と制御による高出力化 東京都
2019/6/6 全固体電池における高出力化、電極-電解質界面の内部抵抗低減、その製造技術 東京都
2019/6/6 全固体リチウム電池の基礎と最近の研究動向 東京都
2019/6/17 EV用リチウムイオン電池の世界情勢とビジネス戦略 東京都
2019/6/18 全固体リチウム二次電池の開発状況と展望 東京都
2019/6/21 リチウムイオン電池および全固体電池の高出力化、安全性向上技術、その試験分析や信頼性評価の実際 東京都
2019/6/24 燃焼の化学反応と高効率化・低環境負荷技術 東京都
2019/6/28 リチウムイオン電池・電気二重層キャパシタのバッテリマネジメントとセルバランス 東京都
2019/7/24 インピーダンス測定の基礎とリチウムイオン電池解析への活用 東京都
2019/7/25 全固体電池・固体電解質の開発動向と界面現象への取り組み 東京都
2019/7/25 EVをはじめとした次世代自動車の最新動向とリチウムイオン電池原料の今後 東京都
2019/7/30 導電性高分子の基礎と高導電化 東京都

関連する出版物

発行年月
2019/1/31 マテリアルズ・インフォマティクスによる材料開発と活用集
2018/8/1 全固体リチウムイオン電池の展望
2018/7/31 全固体電池の基礎理論と開発最前線
2018/3/30 熱利用技術の基礎と最新動向
2018/2/28 全固体電池のイオン伝導性向上技術と材料、製造プロセスの開発
2018/2/26 再生可能エネルギーと大型蓄電システムの技術と市場
2018/2/23 2018年版 二次電池市場・技術の実態と将来展望
2017/11/17 2018年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2017/9/29 触媒からみるメタン戦略・二酸化炭素戦略
2017/9/22 2017年版 スマートグリッド市場の実態と将来展望
2017/8/25 2017年版 リチウムイオン電池市場の実態と将来展望
2017/7/21 2017年版 スマートコミュニティ市場の実態と将来展望
2017/5/26 2017年版 HEMS市場・関連機器の実態と将来展望
2017/3/24 2017年版 スマートエネルギー市場の実態と将来展望
2017/2/24 2017年版 二次電池市場・技術の実態と将来展望
2017/1/27 2017年版 太陽光発電市場・技術の実態と将来展望
2016/11/16 2017年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2016/9/23 2016年版 スマートハウス市場の実態と将来展望
2016/8/26 2016年版 リチウムイオン電池市場の実態と将来展望
2016/7/22 2016年版 スマートグリッド市場の実態と将来展望