技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

リチウムイオン電池&キャパシタ材料・デバイスの先端評価・解析技術

リチウムイオン電池&キャパシタ材料・デバイスの先端評価・解析技術

東京都 開催

概要

本セミナーでは、リチウムイオン電池、リチウムイオンキャパシタの基礎から解説し、抵抗評価、寿命評価、安全性評価技術について詳解いたします。

開催日

  • 2014年3月19日(水) 13時00分 16時30分

受講対象者

  • リチウムイオン電池・リチウムイオンキャパシタの応用製品に関連する技術者、研究者
  • リチウムイオン電池・リチウムイオンキャパシタに関連する技術者、研究者
  • 電池・キャパシタに関連する技術者、研究者

修得知識

  • リチウムイオン電池、キャパシタの基礎
  • リチウムイオン電池、キャパシタの抵抗評価
  • リチウムイオン電池、キャパシタの寿命評価
  • リチウムイオン電池、キャパシタの安全性評価

プログラム

 今後、期待される電池・キャパシタ巨大市場実現に向けた開発ポイントは、「コンパクト」と「コスト」の両立が必要である。明確な開発方向性を打ち出すためには、抵抗評価、寿命評価、安全性評価技術が重要となり、開発技術のデバイスにおける影響度を把握し、立ち位置を明確にすることが重要である。
 本講では、将来に向けた開発ポイント、及び、その開発において必要となる先端評価、解析技術を中心に紹介する。

  1. リチウムイオン電池、リチウムイオンキャパシタの開発経緯
  2. 大型リチウムイオン電池の開発方向性
    1. 大型リチウムイオン電池のコストの考え方
    2. 高エネルギー密度化と機能材料開発
  3. リチウムイオンキャパシタの開発方向性
    1. リチウムイオンキャパシタの特徴とは
    2. プリドープ技術
  4. リチウムイオン電池、キャパシタの評価技術
    1. 評価ピラミッド
    2. 評価電極の重要性
    3. 評価用セルの特徴
  5. 抵抗評価技術
    1. 直流内部抵抗と交流インピーダンス
    2. 求められる抵抗評価
    3. 電流休止法抵抗
    4. 電流休止法抵抗による入出力計算
    5. 電流休止法抵抗を用いた評価例紹介
    6. 抵抗分離手法
    7. 抵抗分離手法を用いた評価例紹介
  6. 寿命評価技術
    1. 劣化解析とは
    2. 容量劣化推移からの劣化メカニズム解析
    3. 二次劣化を考える
    4. 反応偏在
    5. 限界負荷特性
    6. ユーザー様が必要とする寿命とは
    7. 現地寿命予測
  7. 安全性評価技術
    1. リチウムイオン電池、キャパシタの安全性
    2. 安全性評価ステップ
    3. 内部短絡試験の考え方
    • 質疑応答・名刺交換

講師

  • 木下 肇
    株式会社 KRI エネルギー変換研究部
    取締役 常務執行役員 エネルギー変換研究部長

会場

芝エクセレントビル KCDホール
東京都 港区 浜松町二丁目1番13号 芝エクセレントビル
芝エクセレントビル KCDホールの地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 38,000円 (税別) / 39,900円 (税込)
複数名
: 31,000円 (税別) / 32,550円 (税込)

複数名同時受講の割引特典について

  • 2名で参加の場合、1名につき 7,000円(税別) / 7,350円(税込) 割引
  • 3名で参加の場合、1名につき 10,000円(税別) / 10,500円(税込) 割引 (同一法人に限ります)
本セミナーは終了いたしました。
講演順序・プログラムは変更となる場合がございます。予めご了承ください。
掲載している受講料は会員価格でございます。
お申し込み後はサイエンス&テクノロジーの会員登録をさせていただき、セミナー等のサービスのご案内を差し上げます。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2020/3/3 リチウムイオン電池の性能・劣化・寿命評価 東京都
2020/3/4 EVにおける超急速充電の課題と対応 東京都
2020/3/5 空気電池の高性能化に向けた材料開発、その展望 東京都
2020/3/10 (有機) 電解合成・電解反応のメカニズム、導電性材料や電池材料の開発、その応用 東京都
2020/3/13 EV用リチウムイオン電池の技術と世界市場動向 東京都
2020/3/19 全固体リチウム電池の基礎と最新動向 東京都
2020/3/19 FCV・水素エネルギービジネスの最新動向 東京都
2020/3/23 振動発電技術、デバイスの開発動向とその応用展開 東京都
2020/3/25 熱電変換の基礎、熱電材料の高性能化指針および最新の研究開発動向 東京都
2020/3/26 固体酸化物形燃料電池の基礎と最新動向および信頼性・耐久性向上への取り組み 東京都
2020/3/30 国内外における陸上・洋上風力発電の市場動向と今後の展望 東京都
2020/3/31 リチウムイオン電池産業分析 東京都
2020/4/14 有機系フレキシブル熱電変換材料/デバイスの基礎・課題と最新技術動向 東京都
2020/4/16 結晶性有機系固体電解質材料の開発、特性向上と全固体電池への応用 東京都
2020/4/21 xEV時代におけるLiBのリユース・リサイクル技術とビジネス展望 東京都
2020/4/23 未利用熱発電を目指した高効率熱電変換技術 東京都
2020/4/24 パワーデバイス パワーデバイスの基礎と活用技術 神奈川県
2020/4/28 バッテリマネジメント及びセルバランス技術の基礎と応用 東京都
2020/4/28 EV用リチウムイオン電池リユース・リサイクル技術 東京都
2020/6/19 測定技術 パワエレにおける評価項目と測定技術 神奈川県

関連する出版物

発行年月
2019/1/31 マテリアルズ・インフォマティクスによる材料開発と活用集
2018/11/30 EV・HEV向け電子部品、電装品開発とその最新事例
2018/10/31 リチウムイオン電池における高容量化・高電圧化技術と安全対策
2018/8/1 全固体リチウムイオン電池の展望
2018/7/31 全固体電池の基礎理論と開発最前線
2018/3/30 熱利用技術の基礎と最新動向
2018/2/28 全固体電池のイオン伝導性向上技術と材料、製造プロセスの開発
2018/2/26 再生可能エネルギーと大型蓄電システムの技術と市場
2018/2/23 2018年版 二次電池市場・技術の実態と将来展望
2017/11/30 次世代電池用電極材料の高エネルギー密度、高出力化
2017/11/17 2018年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2017/9/29 触媒からみるメタン戦略・二酸化炭素戦略
2017/9/22 2017年版 スマートグリッド市場の実態と将来展望
2017/8/25 2017年版 リチウムイオン電池市場の実態と将来展望
2017/7/21 2017年版 スマートコミュニティ市場の実態と将来展望
2017/5/26 2017年版 HEMS市場・関連機器の実態と将来展望
2017/5/25 EVに最適なバッテリーマネジメント技術と市場
2017/4/27 実務対応・LiBの規格と安全性試験のEV対応 2017
2017/4/21 2017年版 蓄電池・キャパシタ市場の実態と将来展望
2017/3/24 2017年版 スマートエネルギー市場の実態と将来展望