技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

高効率動画像符号化方式:H.265/HEVC (High Efficiency Video Coding)

高効率動画像符号化方式:H.265/HEVC (High Efficiency Video Coding)

~スーパーハイビジョン(8K, 4320p)、携帯端末向け映像配信への利用を睨む~

目次

第1章 H.265/HEVC標準化の経緯

第2章 H.265/HEVC符号化技術

  • 1 符号化方式概要
  • 2 ブロック構造
  • 3 イントラ予測符号化
    • 3.1 Angular Prediction
    • 3.2 Planar Prediction
    • 3.3 3 MPM (Most Probable Mode) によるモード符号化
    • 3.4 色差信号に対するイントラ予測処理
    • 3.5 Mode Dependent Intra Smoothing
    • 3.6 Boundary Value Smoothing
    • 3.7 Reference Sample Padding
    • 3.8 輪郭ノイズ対策
  • 4 インター予測符号化
    • 4.1 1/4画素精度動き補償処理 輝度信号に対する動き補償処理 / 色差信号に対する動き補償処理
    • 4.2 動き補償パーティション
    • 4.3 参照画像メモリの管理
    • 4.4 動きベクトルの符号化 Merge / AMVP
  • 5 直交変換・量子化
    • 5.1 直交変換行列
    • 5.2 scaling listの符号化
    • 5.3 sub-LCU-level dQP符号化
    • 5.4 色差信号に対する量子化
    • 5.5 Sign Data Hiding
    • 5.6 Transform Skip
  • 6 デブロックフィルタと適応オフセット処理
    • 6.1 デブロックフィルタ
    • 6.2 適応オフセット Edge Offset / Band Offset
  • 7 エントロピー符号化
  • 8 並列処理用Tool
    • 8.1 8.1 Slice
    • 8.2 Tile
    • 8.3 Wavefront Parallel Processing
  • 9 High Level Syntax
    • 9.1 NAL Unit
    • 9.2 ランダムアクセスのsupport
    • 9.3 Temporal Scalabilityのsupport
    • 9.4 Video Parameter Set
  • 10 Profile/Level
    • 10.1 Profile
    • 10.2 Level

第3章 H.265/HEVCのシンタクスとセマンティクス

  • 1 bitstreamの構造
  • 2 NAL Unit
    • 2.1 General NAL unit
    • 2.2 NAL unit header
  • 3 Raw byte sequence payloads, trailing bits, and byte alignment
    • 3.1 Video parameter set
    • 3.2 Sequence parameter set RBSP syntax
    • 3.3 Picture parameter set
    • 3.4 Supplemental enhancement information
    • 3.5 Access unit delimiter
    • 3.6 End of sequence RBSP
    • 3.7 End of bitstream RBSP
    • 3.8 Filler data RBSP
    • 3.9 Slice segment layer
    • 3.10 RBSP slice segment trailing bits
    • 3.11 RBSP trailing bits
    • 3.12 Byte alignmentr
  • 3 Raw byte seque
  • 4 Profile, tier and level
  • 5 Scaling list data
  • 6 Supplemental enhancement information message
  • 7 Slice segment header
    • 7.1 General slice segment header
    • 7.2 Reference picture list modification
    • 7.3 Weighted prediction parameters
  • 8 Short-term reference picture set
  • 9 Slice segment data
    • 9.1 General slice segment data
    • 9.2 Coding tree unit
    • 9.3 Sample adaptive offset
    • 9.4 Coding quadtree
    • 9.5 Coding unit
    • 9.6 Prediction unit
    • 9.7 PCM sample
    • 9.8 Transform tree
    • 9.9 Motion vector difference
    • 9.10 Transform unit
    • 9.11 Residual coding
  • 10 VUIとHRD
    • 10.1 VUI
    • 10.2 HRD parameters

第4章 H.265/HEVCの符号化性能と実装例

  • 1 符号化性能評価方法
  • 2 符号化性能

第5章 今後の展開

  • 1 Range Extension
  • 2 スケーラブル符号化

執筆者

三宮 四郎

動画像符号研究者

出版社

お支払い方法、返品の可否は、必ず注文前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本出版物に関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(出版社への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

体裁・ページ数

B5判 並製本 170ページ

発行年月

2013年10月

販売元

tech-seminar.jp

価格

47,200円 (税別) / 51,920円 (税込)

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2022/5/25 距離画像センサの測距原理と3Dセンサの応用 会場
2022/5/26 グラフニューラルネットワーク入門 オンライン
2022/5/30 テラヘルツ波の基礎と産業への応用 オンライン
2022/6/1 画像の品質 (画質) を高精度に評価する方法のノウハウ オンライン
2022/6/3 ディープラーニングによる異常検知の基礎と実用化のポイント オンライン
2022/6/3 車載用遠赤外線カメラシステムの効果と課題、及び遠赤外線カメラの将来性について オンライン
2022/6/7 新世代CMOSイメージング、センシングそしてビジョンコンピューティング オンライン
2022/6/9 説明可能AI (XAI:explainable AI) の作り方とAIの業務への導入方法 オンライン
2022/6/10 最新動画像符号化方式 VVC (Versatile Video Coding) 概要 オンライン
2022/6/17 Transformerの応用と最新技術動向 オンライン
2022/6/21 CMOSディジタルイメージングセンシング及びシステム技術 オンライン
2022/6/23 深層学習による画像認識とその判断根拠の可視化 (視覚的説明) オンライン
2022/6/28 機械学習を用いた画像認識技術の基礎・応用・今後の動向 オンライン
2022/6/29 AIのブラックボックス解析と社内への説明方法 オンライン
2022/6/29 グラフニューラルネットワーク (GNN) の基礎と応用 オンライン
2022/7/6 3次元点群処理とPCLプログラミングの基礎 オンライン
2022/7/11 ディープラーニングの推論パフォーマンスを改善するモデル軽量化技術の基礎と最新動向 オンライン
2022/7/14 小規模データに対する機械学習の効果的適用法 オンライン
2022/7/19 1日で分かるVisual SLAMの基礎 オンライン
2022/7/21 Pythonで始めるコンピュータビジョン (CV) 技術の超入門 オンライン