技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

熱電発電システム技術 技術開発実態分析調査報告書

特許情報分析(パテントマップ)から見た

熱電発電システム技術 技術開発実態分析調査報告書

~注目技術別動向予測シリーズ~
熱電発電システム技術 技術開発実態分析調査報告書の画像

概要

本調査報告書は、「熱電発電システム技術」に関するパテントマップ、パテントチャートを作成し、技術開発動向、最近の注目技術など具体的なデータを提供しております。
熱電発電システム技術 技術開発実態分析調査報告書のCD-ROM版 もご用意しております。

ご案内

1. 調査目的

「熱電発電システム技術」に関する公開件数、出願人(共同出願人)、発明者、特許分類、キーワードなどに対し、ランキング、時系列推移、技術分布図など様々な観点から分析したパテントマップおよび、パテントチャートを作成し、
  • (1). どの熱電発電システム技術関連企業にどのような技術の公開があるか、
  • (2). 各企業の技術開発動向はどのように推移しているか、
  • (3). 最近10年余における関連技術の消長はどのようになっているか、
  • (4). 各企業間の連携状況はどのようになっているか、
  • (5). 直近2年間における企業及び技術の注目すべき動向は何か、
  • (6). この分野に強い弁理士(特許事務所)と企業の利用状況はどうか
    等を明確にして、知財の現状に付き具体的データを提供し、今後の開発の指針決定に役立てようとするものである。

2. 特許情報の収集方法

本調査報告書は、「熱電発電システム技術」に関する過去10年余(国内公開日:2004年1月1日~2014年5月31日)に及ぶ公開特許について、検索、収集した。また、報告書作成には、パテントマップ作成支援ソフト「パテントマップEXZ」(インパテック(株)製)を使用した。 特許情報公報の総数は1,480件 である。

3. 報告書の構成

本報告書は、以下の3つの部分から構成されている。
  • 1. パテントマップ編
    • A. 全般分析
    • B. 上位20出願人比較分析
    • C. 上位5出願人個別分析
    • D. 特定2社比較分析(1位トヨタ自動車G、2位東芝G)
    • E. 上位20特許分類分析
    • F. 特定特許分類分析
    • G. キーワード分析 ※キーワード(発明の名称、要約、請求の範囲から抽出)においては、下記1グループの観点から分析を行った。 (1)目的・効果系キーワード(容易・簡単、絶縁性など9個)
    • H. 直近2年間の動向分析(2012年6月~2014年5月)
    • I. 弁理士(特許事務所)の動向分析
  • 2. パテントチャート編
  • 3. 総括コメント

4. 本報告書の特徴

  • 「熱電発電システム技術」に関する最近10年余り、さらには直近2年間(最新月まで)の技術動向が分かりやすく把握できる
  • 本技術分野に関係する弁理士(特許事務所)の動静が読み取れる
  • パテントマップおよびパテントチャートで視覚的に理解しやすい

パテントマップ実例、および本文中の実際のページ例


目次

はじめに

調査分析結果

1. パテントマップ編
  • A. 全般分析
    • A-1. 全体の技術開発ライフサイクル
    • A-2. 公開件数の推移(年次と累計)
    • A-3. 出願人数の推移(年次と累計)
    • A-4. 新規発明者数の推移(年次と累計)
    • A-5. 新規FIメイングループ分類数の推移(年次と累計)
    • A-6. 新規FIサブグループ分類数の推移(年次と累計)
    • A-7. 新規Fターム分類数の推移(年次と累計)
    • A-8. 出願人別公開件数ランキング(上位100)
    • A-9. 発明者別公開件数ランキング(上位50)
    • A-10. FIメイングループ分類別公開件数ランキング(上位50)
    • A-11. FIサブグループ分類別公開件数ランキング(上位100)
    • A-12. Fタームテーマコード分類別公開件数ランキング(上位50)
    • A-13. Fターム分類別公開件数ランキング(上位100)
    • A-14. 1位Fタームテーマコード5F136の技術分類別件数(観点×数字)
    • A-15. 2位Fタームテーマコード5G503の技術分類別件数(観点×数字)
    • A-16. 出願人別参入・撤退状況(最近40、公開件数5件以上)
    • A-17. FIメイングループ分類別出現・消失状況(最近40、公開件数5件以上)
    • A-18. FIサブグループ分類別出現・消失状況(最近40、公開件数5件以上)
    • A-19. Fターム分類別出現・消失状況(最近40、公開件数5件以上)
    • A-20. 出願人別公開件数伸長率(件数差5件以上)
    • A-21. 発明者別公開件数伸長率(件数差10件以上)
    • A-22. FIメイングループ分類別公開件数伸長率(上位50、件数差3件以上)
    • A-23. FIサブグループ分類別公開件数伸長率(上位50、件数差3件以上)
    • A-24. Fターム分類別公開件数伸長率(上位50、件数差4件以上)
    • A-25. FIメイングループ分類別発明者数伸長率(上位50、発明者数差7名以上)
    • A-26. FIサブグループ分類別発明者数伸長率(上位50、発明者数差9名以上)
    • A-27. Fターム分類別発明者数伸長率(上位50、発明者数差10名以上)
  • B. 上位20出願人比較分析
    • B-1. 公開件数比較(2004年~2008年 VS 2009年~2013年)
    • B-2. 公開件数の推移(累計)
    • B-3. 共同出願人数の推移(累計)
    • B-4. 新規発明者数の推移(累計)
    • B-5. 新規FIメイングループ分類数の推移(累計)
    • B-6. 新規FIサブグループ分類数の推移(累計)
    • B-7. 新規Fターム分類数の推移(累計)
    • B-8. 新規キーワード数の推移(累計)
    • B-9. 上位20FIメイングループ分類との公開件数相関
    • B-10. 上位20FIサブグループ分類との公開件数相関
    • B-11. 上位20Fターム分類との公開件数相関
    • B-12. 上位2Fタームテーマコード分類における公開件数比較
    • B-13. 目的・効果系キーワードとの公開件数相関
    • B-14. 目的・効果系キーワードとの発明者数相関
    • B-15. 公開件数占有率
    • B-16. 審査・権利状況
    • B-17. 公開件数の伸びと1位Fターム分類5F136JA03に関する構成率比較
    • B-18. 発明者数*FIサブグループ分類数の比較
  • C. 上位5出願人個別分析
    • C-1-1. 【トヨタ自動車G】FIサブグループ分類別公開件数ランキング(上位50)
    • C-1-2. 【東芝G】FIサブグループ分類別公開件数ランキング(上位50)
    • C-1-3. 【パナソニックG】FIサブグループ分類別公開件数ランキング(上位50)
    • C-1-4. 【ヤマハ】FIサブグループ分類別公開件数ランキング
    • C-1-5. 【デンソー】FIサブグループ分類別公開件数ランキング
    • C-2-1. 【トヨタ自動車G】Fターム分類別公開件数ランキング(上位50)
    • C-2-2. 【東芝G】Fターム分類別公開件数ランキング(上位50)
    • C-2-3. 【パナソニックG】Fターム分類別公開件数ランキング(上位50)
    • C-2-4. 【ヤマハ】Fターム分類別公開件数ランキング(上位50)
    • C-2-5. 【デンソー】Fターム分類別公開件数ランキング(上位50)
    • C-3-1. 【トヨタ自動車G】FIサブグループ分類別公開件数の推移(上位20、累計)
    • C-3-2. 【東芝G】FIサブグループ分類別公開件数の推移(上位20、累計)
    • C-3-3. 【パナソニックG】FIサブグループ分類別公開件数の推移(上位20、累計)
    • C-3-4. 【ヤマハ】FIサブグループ分類別公開件数の推移(上位20、累計)
    • C-3-5. 【デンソー】FIサブグループ分類別公開件数の推移(上位20、累計)
    • C-4-1. 【トヨタ自動車G】Fターム分類別公開件数の推移(上位20、累計)
    • C-4-2. 【東芝G】Fターム分類別公開件数の推移(上位20、累計)
    • C-4-3. 【パナソニックG】Fターム分類別公開件数の推移(上位20、累計)
    • C-4-4. 【ヤマハ】Fターム分類別公開件数の推移(上位20、累計)
    • C-4-5. 【デンソー】Fターム分類別公開件数の推移(上位20、累計)
    • C-5-1. 【トヨタ自動車G】FIサブグループ分類別出現・消失状況(最近40)
    • C-5-2. 【東芝G】FIサブグループ分類別出現・消失状況(最近40)
    • C-5-3. 【パナソニックG】FIサブグループ分類別出現・消失状況(最近40)
    • C-5-4. 【ヤマハ】FIサブグループ分類別出現・消失状況(最近36)
    • C-5-5. 【デンソー】FIサブグループ分類別出現・消失状況(最近40)
    • C-6-1. 【トヨタ自動車G】キーワード別出現・消失状況(最近40、公開件数5件以上)
    • C-6-2. 【東芝G】キーワード別出現・消失状況(最近40、公開件数5件以上)
    • C-6-3. 【パナソニックG】キーワード別出現・消失状況(最近40、公開件数5件以上)
    • C-6-4. 【ヤマハ】キーワード別出現・消失状況(最近40、公開件数5件以上)
    • C-6-5. 【デンソー】キーワード別出現・消失状況(最近40、公開件数5件以上)
    • C-7-1. 【トヨタ自動車G】独自FIサブグループ分類別公開件数ランキング(上位50)
    • C-7-2. 【東芝G】独自FIサブグループ分類別公開件数ランキング
    • C-7-3. 【パナソニックG】独自FIサブグループ分類別公開件数ランキング
    • C-7-4. 【ヤマハ】独自FIサブグループ分類別公開件数ランキング
    • C-7-5. 【デンソー】独自FIサブグループ分類別公開件数ランキング
    • C-8-1. 【トヨタ自動車G】独自キーワード別公開件数ランキング(上位50)
    • C-8-2. 【東芝G】独自キーワード別公開件数ランキング(上位50)
    • C-8-3. 【パナソニックG】独自キーワード別公開件数ランキング(上位50)
    • C-8-4. 【ヤマハ】独自キーワード別公開件数ランキング(上位50)
    • C-8-5. 【デンソー】独自キーワード別公開件数ランキング(上位50)
    • C-9-1. 【トヨタ自動車G】共同出願人との連携
    • C-9-2. 【東芝G】共同出願人との連携
    • C-9-3. 【パナソニックG】共同出願人との連携
    • C-9-4. 【ヤマハ】共同出願人との連携
    • C-9-5. 【デンソー】共同出願人との連携
  • D. 特定2社比較分析(1位トヨタ自動車G、2位東芝G)
    • D-1. 2社の上位10FIサブグループ分類別公開件数の推移(年次)
    • D-2. 2社のトヨタ自動車G上位10FIサブグループ分類別公開件数比較
    • D-3. 2社の東芝G上位10FIサブグループ分類別公開件数比較
    • D-4. 2社のFIサブグループ分類別出現・消失状況(公開件数上位20)
    • D-5. 2社のFターム分類別出現・消失状況(公開件数上位20)
    • D-6. トヨタ自動車Gの公開件数伸び変遷
    • D-7. 東芝Gの公開件数伸び変遷
    • D-8. 2社とFターム分類(上位20)との公開件数相関
    • D-9. Fターム分類別公開件数グロスランキング(上位10)
  • E. 上位20特許分類分析
    • E-1. FIメイングループ分類別公開件数比較(上位20)(2004年~2008年VS 2009年~2013年)
    • E-2. FIサブグループ分類別公開件数比較(上位20)(2004年~2008年VS 2009年~2013年)
    • E-3. Fターム分類別公開件数比較(上位20)(2004年~2008年VS 2009年~2013年)
    • E-4. FIメイングループ分類別公開件数の推移(上位20、累計)
    • E-5. FIサブグループ分類別公開件数の推移(上位20、累計)
    • E-6. Fターム分類別公開件数の推移(上位20、累計)
    • E-7. FIメイングループ分類別出願人数の推移(上位20、年次)
    • E-8. FIサブグループ分類別出願人数の推移(上位20、年次)
    • E-9. Fターム分類別出願人数の推移(上位20、年次)
    • E-10. FIメイングループ分類別発明者数の推移(上位20、年次)
    • E-11. FIサブグループ分類別発明者数の推移(上位20、年次)
    • E-12. Fターム分類別発明者数の推移(上位20、年次)
    • E-13. FIメイングループ分類別公開件数占有率(公開件数上位20)
    • E-14. FIサブグループ分類別公開件数占有率(公開件数上位20)
    • E-15. Fターム分類別公開件数占有率(公開件数上位20)
  • F. 特定特許分類分析
    • F-1. 特定FIサブグループ分類の公開件数の推移(年次)
    • F-2. 特定FIサブグループ分類の上位20出願人別公開件数の推移(年次)
    • F-3. 特定FI分類の公開件数の推移(年次)
    • F-4. 特定FI分類の上位20出願人別公開件数の推移(年次)
    • F-5. 特定FIサブグループ分類の新規出願人数の推移(年次)
    • F-6. 特定FI分類の新規出願人数の推移(年次)
    • F-7. 特定FIサブグループ分類の新規発明者数の推移(累計)
    • F-8. 特定FI分類の新規発明者数の推移(累計)
    • F-9. 特定FIサブグループ分類H02N11/00の公開件数伸長率変遷
    • F-10. 特定FIサブグループ分類H01L35/30の公開件数伸長率変遷
    • F-11. 特定FIサブグループ分類H01L35/32の公開件数伸長率変遷
    • F-12. 特定FI分類H02N11/00Aの公開件数伸長率変遷
    • F-13. 特定FI分類H01L35/32Aの公開件数伸長率変遷
    • F-14. 特定FIサブグループ分類H02N11/00の出願人別公開件数ランキング(上位50)
    • F-15. 特定FIサブグループ分類H01L35/30の出願人別公開件数ランキング(上位50)
    • F-16. 特定FIサブグループ分類H01L35/32の出願人別公開件数ランキング(上位50)
    • F-17. 特定FI分類H02N11/00Aの出願人別公開件数ランキング(上位50)
    • F-18. 特定FI分類H01L35/32Aの出願人別公開件数ランキング(上位50)
  • G. キーワード分析
    • G-1. キーワード別公開件数ランキング(上位100)
    • G-2. キーワード別出現・消失状況(最近80、公開件数10件以上)
    • G-3. キーワード別公開件数の伸長率(上位50、件数差10件以上)
    • G-4. 目的・効果系キーワードの公開件数の推移(年次)と比率
    • G-5. 目的・効果系キーワードの出願人数の推移(累計)
    • G-6. 目的・効果系キーワードの新規発明者数の推移(累計)
    • G-7. 目的・効果系キーワードの公開件数の伸びと構成率比較
  • H. 直近2年間の動向分析(2012年6月~2014年5月)
    • H-1. 出願人別公開件数ランキング(上位20)
    • H-2. 出願人別公開件数占有率(上位20)
    • H-3. FIサブグループ分類別公開件数ランキング(上位20)
    • H-4. FIサブグループ分類1位H02N11/00と他分類との相関(上位20)
    • H-5. Fターム分類別公開件数ランキング(上位20)
    • H-6. Fターム分類1位2F101DJ02と他分類との相関(上位20)
    • H-7. 上位20出願人と上位20FIサブグループ分類との公開件数相関
    • H-8. 上位20出願人と上位20Fターム分類との公開件数相関
  • I. 弁理士(特許事務所)の動向分析
    • I-1. 弁理士(特許事務所)別公開件数ランキング(上位40)
    • I-2. 弁理士(特許事務所)別公開件数の推移(上位40、年次)
    • I-3. 上位40弁理士(特許事務所)と上位20FIメイングループ分類との公開件数相関
    • I-4. 上位40弁理士(特許事務所)と上位40出願人との公開件数相関
2. パテントチャート編
  • (1). ダイキン工業の時系列チャート分析(2004年~2014年5月)
  • (2). リコーの時系列チャート分析(2004年~2014年5月)
  • (3). ダイキン工業の上位3FIメイングループ分類と上位3発明者のマトリクスチャート分析(2004年~2014年5月)
  • (4). リコーの上位3FIメイングループ分類と上位3発明者のマトリクスチャート分析(2004年~2014年5月)
  • (5). (リコー)のFタームテーマコード2H033の技術分類マトリクスチャート
  • (6). 飯島喜彦(リコー)の公報3件のサイテーションマップ
3. 総括コメント

参考資料

  • 資料1 : 出願人統合リスト
  • 資料2 : 出願人グループ化リスト
  • 資料3 : トヨタ自動車Gの2004年~2014年5月における全公報218件の審査権利状況リスト
  • 資料4 : パテントマップ・パテントチャートの種別と見方

出版社

お支払い方法、返品の可否は、必ず注文前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本出版物に関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(出版社への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

体裁・ページ数

A4判 簡易製本 (Viewerソフトウェア、パテントマップ・チャート添付) 215ページ

ISBNコード

978-4-86483-384-4

発行年月

2014年6月

販売元

tech-seminar.jp

価格

51,055円 (税別) / 56,161円 (税込)

同時購入割引

書籍版・CD-ROM版 の同時購入で 86,160円(税込) (通常価格 112,320円 税込) でご購入いただけます。

関連する出版物

発行年月
2017/9/29 触媒からみるメタン戦略・二酸化炭素戦略
2017/9/22 2017年版 スマートグリッド市場の実態と将来展望
2017/8/25 2017年版 リチウムイオン電池市場の実態と将来展望
2017/7/21 2017年版 スマートコミュニティ市場の実態と将来展望
2017/5/26 2017年版 HEMS市場・関連機器の実態と将来展望
2017/3/24 2017年版 スマートエネルギー市場の実態と将来展望
2017/2/24 2017年版 二次電池市場・技術の実態と将来展望
2017/1/27 2017年版 太陽光発電市場・技術の実態と将来展望
2016/11/16 2017年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2016/9/23 2016年版 スマートハウス市場の実態と将来展望
2016/8/26 2016年版 リチウムイオン電池市場の実態と将来展望
2016/7/22 2016年版 スマートグリッド市場の実態と将来展望
2016/5/27 2016年版 スマートコミュニティ市場の実態と将来展望
2016/2/26 2016年版 車載用・産業用蓄電池市場の実態と将来展望
2016/1/29 2016年版 太陽光発電市場・技術の実態と将来展望
2015/12/18 2015年〜2016年版 電力自由化市場総覧 (2016年 新春号)
2015/12/8 2016年版 二次電池市場・技術の実態と将来展望
2015/11/20 2016年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2015/10/30 2015年〜2016年版 電力自由化市場総覧 (2015年 秋号)
2015/8/21 2015年版 リチウムイオン電池市場の実態と将来展望