技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

2020年版 スマートグリッド市場の実態と将来展望

新エネルギーと蓄電システム・仮想発電所・系統安定化

2020年版 スマートグリッド市場の実態と将来展望

~スマートエネルギー ~ Smart-grid編~

ご案内

 新型コロナの感染が拡大していますが、以前の北海道地震では、電気の遮断がドミノ倒しのように一斉に起き、すべての発電機が電気系統から離れて広域で停電する「ブラックアウト」(全系崩壊)が起きました。そのため、系統連系の制御や再生可能エネルギーの導入、省エネなどを実現するための送配電システムとしてスマートグリッドが期待されています。
 スマートグリッドは、東日本大震災による電力不足を機に、電力需要の平準化を実現する技術として注目を浴びてきました。スマートグリッドは、太陽光発電や風力発電のような自然条件で出力が変動する再生可能エネルギーの発電を、送電網に適切に受け入れることを可能として、環境エネルギーの導入を促進します。スマートグリッドの構成機器としては、電圧調整機器、系統制御機器、超電導ケーブル、インバータ、蓄電システム、スマートメーター、HEMS、電動車充電器などがあります。また、関連システムとしてはスマートハウスや、環境配慮型都市のスマートシティの実証実験が国内外で進められています。その一方で、分散型システムの必要性が従来以上に指摘されています。
 近年のIT技術と蓄電技術の進歩によって、電気は貯められるようになり、新エネ・蓄エネ機器を活用することで、よりクリーンな電気や、停電時にも電気を利用できるセキュリティの高い電気を、需要家自身が選択できるようになってきています。

目次

序章 SDGsとスマートシティの動向

  • 1. SDGsとスマートシティ構想へ
    • (1) SDGs未来都市・自治体SDGs事業の動向
    • (2) SDGs未来都市・自治体SDGsモデル事業
  • 2. 大型蓄電池の特徴と課題
    • (1) 大型蓄電池の特徴と特性比較
    • (2) 大型蓄電池世界市場推移・予測 (~2040年度)
      ※ 市場動向等により一部内容が変更される場合があります。

第Ⅰ章 スマートグリッド市場の動向と展望

  • 1. 仮想発電所 (VPP) の最新動向
  • 2. 仮想発電所関連企業の動向と展望
  • 3. 次世代スマートグリッドの動向と展望
  • 4. 世界スマートコミュニティの動向と展望 (~2040年度)
    • (1) スマートコミュニティ構想の概要
    • (2) 世界のスマートコミュニティ概要
      • スマートコミュニティ世界市場予測/関連市場構成比率
  • 5. 国内スマートコミュニティ関連動向と展望 (~2040年度)
    • スマートシティ国内市場予測/関連市場構成比率
  • 6. スマートグリッドの動向と展望
    • (1) スマートグリッド (次世代送配電網) の定義と市場
      (スマートグリッド世界・国内市場予測 (金額・拠点数) )
    • (2) スマートグリッドの目的と方法
    • (3) スマートグリッド構成市場の分類
  • 7. スマートグリッド国内市場の動向と展望
    • (1) スマートグリッド国内市場の業界構造
    • (2) スマートグリッド国内構成市場の概要
      • ① スマートグリッド国内構成市場予測 (~2040年度)
      • ② スマートグリッド構成市場構成比率 (グラフ)
    • (3) スマートグリッド国内構成市場別予測 (~2040年度)
      (スマートメーター/電力効率・制御/超伝導ケーブル/インバータ/蓄電池システム/電圧調整関連 各市場予測/シェア)
    • (4) 構成市場別主要メーカー出荷金額予測
      (スマートメーター/電力効率・制御機器/超伝導ケーブル/インバータ/蓄電池システム/電圧調整関連機器 各出荷金額)
  • 8. スマートグリッド海外市場の動向と展望
    • (1) 海外スマートグリッドの概要と動向
      • スマートグリッド地域別市場予測/構成比率
    • (2) 米国スマートグリッドの動向と展望
    • (3) 欧州スマートグリッドの動向と展望
    • (4) 中国スマートグリッドの動向と展望
    • (5) インドスマートグリッドの動向と展望
    • (6) 韓国スマートグリッドの動向と展望
    • (7) 台湾スマートグリッドの動向と展望
    • (8) マルタ共和国スマートグリッドの動向と展望
    • (9) その他地域のスマートグリッド動向と展望
    • (10) スマートグリッド海外構成市場の概要
      (スマートグリッド世界構成市場予測/構成比率)
    • (11) スマートグリッド世界構成市場別予測 (~2040年度)
      (スマートメーター/電力制御 (EMS) /超伝導ケーブル/インバータ関連/蓄電池システム/電圧調整機器 各市場予測)
  • 9. スマートグリッド各国の技術概要
  • 10. スマートグリッド国際標準化の動向

第Ⅱ章 スマートグリッド関連機器の動向と展望

  • 1. 制御・通信機器の市場概況と動向
  • 2. スマートグリッドの監視制御技術
  • 3. HEMS・BEMS・CEMS市場の動向と展望
    • (1) HEMS (Home Energy Management System) の概要と動向
    • (2) BEMS (Bullding Energy Management System) の概要と動向
    • (3) HEMS世界/国内市場推移予測・シェア
  • 4. スマートメーター市場概況と動向
    • (1) スマートメーターの概要と動向
    • (2) スマートメーター世界市場の概況 (市場推移予測・シェア)

第Ⅲ章 スマートグリッド構成市場の動向と展望

  • 1. 固定価格買い取り制度の改正について
  • 2. 発電・送電システムの概要と技術動向
  • 3. 持続可能エネルギー市場の動向と展望
    • (1) 太陽光発電の動向と市場概況
    • (2) 風力発電の動向と市場概況
    • (3) 燃料電池の動向と市場概況
    • (4) バイオマス発電の動向と市場概況
    • (5) 水素エネルギーの動向と市場概況
  • 4. パワーコンディショナー市場の動向と展望
  • 5. 電気自動車・充電器市場の動向と展望
  • 6. マイクログリッドの定義と動向
    • (1) マイクログリッドの導入例 (国内)
    • (2) マイクログリッドの導入例 (米国)
    • (3) マイクログリッドの導入例 (欧州)
      ※ 各スマートグリッド構成市場世界市場推移・予測

第Ⅳ章 エネルギー自由化市場の動向と展望

  • 1. 電力自由化の背景と動向
    • (1) 電力自由化の理論的背景
  • 2. 電力自由化市場の概況と動向
    • (1) 電力自由化と発電事業
    • (2) 電力小売自由化の効果
      (新電力事業者数推移/電力量推移/販売電力量シェア)
  • 3. ガス小売り自由化とガス事業
    (都市ガス販売量推移表/都市ガス用途・地域別シェア)

第Ⅴ章 スマートグリッド関連企業の動向と展望

  • 個票: 製品出荷金額 (~2022年度) ・関連動向・全19社
    • 株式会社 IHI
    • エリーパワー 株式会社
    • 大崎電気工業 株式会社
    • 株式会社 GSユアサ
    • 清水建設 株式会社
    • 住友電気工業 株式会社
    • 株式会社 ダイヘン
    • 株式会社 東光高岳
    • 株式会社 東 芝
    • ニチコン 株式会社
    • 日本電気 株式会社
    • 日本ユニシス 株式会社
    • パナソニック 株式会社
    • 株式会社 日立製作所
    • 富士通 株式会社
    • 富士電機 株式会社
    • 古河電気工業 株式会社
    • 三菱電機 株式会社
    • 株式会社 明電舎
  • 参考: スマートグリッド関連企業の戦略 (表)

出版社

お支払い方法、返品の可否は、必ず注文前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本出版物に関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(出版社への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

体裁・ページ数

B5判 並製本 / A4判 並製本 210ページ

発行年月

2020年9月

販売元

tech-seminar.jp

価格

70,000円 (税別) / 77,000円 (税込)

媒体と価格

印刷版 70,000円(税別)
CD-ROM (PDF) 70,000円(税別)
プレミアムCD-ROM (PDF + Excel) 90,000円(税別)
印刷版 + CD-ROM (PDF) 90,000円(税別)
印刷版 + プレミアムCD-ROM (PDF + Excel) 110,000円(税別)

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2021/3/1 経済産業省:「燃料アンモニア導入官民協議会」発足を踏まえた燃料アンモニアバリューチェーン構築に向けた官民連携の取組み 東京都 会場・オンライン
2021/3/2 炭素循環 (カーボンリサイクル) 技術 オンライン
2021/3/3 再生可能エネルギーをめぐる昨今の法改正及び最新ビジネス動向と法務 東京都 会場・オンライン
2021/3/5 低温環境下で起こる物理・化学・生物現象の基礎と各種産業における低温利活用技術の現状・新展開 オンライン
2021/3/10 「第三者保有 (PPA) モデル」「V2B」「自己託送モデル」の最も得する取組み方 東京都 会場・オンライン
2021/3/11 わが国初「大規模潮流発電実証事業」の取組みと今後の潮流発電の実用化に向けた展望と課題について 東京都 会場・オンライン
2021/3/11 熱電変換の基礎、熱電材料の高性能化指針および最新の研究開発動向 オンライン
2021/3/12 水素エネルギーの動向と貯蔵材料の開発 オンライン
2021/3/12 水素・燃料電池とその最新動向 オンライン
2021/3/15 リチウムイオンバッテリーの長期安定利用に向けたバッテリーマネジメント・セルバランス技術 オンライン
2021/3/18 電力事業展開と電力データ活用における新サービス創出への取組みについて 東京都 会場・オンライン
2021/3/19 中部電力株式会社 における自動検針サービスの展開について 東京都 会場・オンライン
2021/3/23 日本郵船株式会社の低炭素・脱炭素化に向けた代替燃料、洋上風力への取組み 東京都 会場・オンライン
2021/3/23 小田原市: 公民連携による再生可能エネルギー利用促進の取組みと今後の施策の方向性 東京都 会場・オンライン
2021/3/25 リチウムイオン電池の安全性確保と関連する規制・規格と表示ルール オンライン
2021/3/31 再生可能エネルギーからの水素製造の低コスト化とビジネス構築 オンライン
2021/4/5 FCV・水素エネルギービジネスの最新動向 オンライン
2021/4/9 熱電変換材料の基礎と応用・最新注目技術 オンライン
2021/4/12 バッテリマネジメント、及びセルバランス技術の基礎と応用 オンライン
2021/4/14 ウェアラブル・インプランタブルデバイスの電源技術とエネルギーハーベスティング技術適用の研究開発動向 オンライン

関連する出版物

発行年月
2020/11/13 2021年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2020/5/22 2020年版 スマートエネルギー市場の実態と将来展望
2020/4/17 2020年版 蓄電池・キャパシタ市場の実態と将来展望
2020/3/19 2020年版 スマート住宅市場・技術の実態と将来展望
2020/1/24 2020年版 太陽光発電市場・技術の実態と将来展望
2019/11/15 2020年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2019/9/20 2019年版 スマートグリッド市場の実態と将来展望
2019/5/24 2019年版 蓄電池・キャパシタ市場の実態と将来展望
2019/4/19 2019年版 スマートエネルギー市場の実態と将来展望
2019/2/22 2019年版 車載用・産業用蓄電池市場の実態と将来展望
2019/1/25 2019年版 太陽光発電市場・技術の実態と将来展望
2018/11/16 2019年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2018/3/30 熱利用技術の基礎と最新動向
2018/2/26 再生可能エネルギーと大型蓄電システムの技術と市場
2018/2/23 2018年版 二次電池市場・技術の実態と将来展望
2017/11/17 2018年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2017/9/29 触媒からみるメタン戦略・二酸化炭素戦略
2017/9/22 2017年版 スマートグリッド市場の実態と将来展望
2017/8/25 2017年版 リチウムイオン電池市場の実態と将来展望
2017/7/21 2017年版 スマートコミュニティ市場の実態と将来展望