技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

研究開発部門が真に価値ある成果を生み出すために実行しなければならない日々のマーケティング活動

研究開発部門が真に価値ある成果を生み出すために実行しなければならない日々のマーケティング活動

オンライン 開催

関連するセミナーとの同時申し込みはこちらから承ります。

開催日

  • 2024年5月21日(火) 10時30分 16時30分

受講対象者

  • 研究開発部門の企画担当者・管理者
  • 実際に研究開発に携わる担当者・管理者
  • 新規事業企画・経営企画担当者・管理者

修得知識

  • 研究開発部門が担うべきマーケティング活動の全体像 (マーケティング・サイクル)
  • 研究開発部門が日々行うべきマーケティング具体的活動

プログラム

 研究開発部門の最終的な目的・存在意義は、革新的な製品や事業を創出することです。革新的な製品とは、大きな『顧客』価値を創出する製品であると定義することができます。この大きな『顧客』価値を創出する上で、研究開発部門は社内で最も大きな責務を負っています。しかし、現状の研究開発部門は心理的にも、経営プロセス・組織的にも顧客や市場から遠いところに位置しており、『顧客』価値を創出するには大きな問題を抱えています。この問題を解決する方法が、研究開発部門をマーケティング志向に変えることです。今やマーケティングは、研究開発部門が備えておかなければならないというレベルの能力ではなく、『企業存続のための必須』の能力です。
 本研修においては、研究開発部門が担わなければならないマーケティングについて、その活動を研究開発全体の活動の中で、どのように位置付けるか、またそれを前提に日々研究開発部門においてどうマーケティング活動を実践していくかについて、「研究開発のマーケティング・サイクル」という概念を導入し、包括的かつ具体的に学んでいただきます。
 例えば、潜在顧客と面会のアポイントメントをどうとるか?また、面談は具体的にどう進めるかといった点や、日々の活動で収集した情報をテンプレートを利用してどうまとめるかといった点に言及します。またテーマ・マネジメントのプロセスであるステージゲート・プロセスとの関係についても議論します。
 本研修においては、マーケティングの一般論ではなく、明確に研究開発部門の日々の活動に焦点を当てて、講義を行っていきます。

  1. はじめに
    1. 「研究所は人間の気持ちを研究するところであって、技術を研究するところではない」 (本田宗一郎)
    2. 研究開発におけるマーケティングとは?:ホンダの例
  2. 研究開発におけるマーケティングの必要性
    1. 企業にとっての革新的テーマの定義
    2. 新結合 (スパーク) のための3つの原料の一つしての市場の知識の重要性
      • 新結合 (スパーク) のための3つの原料とは
      • 市場知識
      • 技術知識
      • 自社の強み
  3. 研究開発におけるマーケティング活動の全体像:研究開発のマーケティング・サイクル
    1. 研究開発のマーケティング・サイクルとは?
    2. 研究開発のマーケティング・サイクル構築の前提
      1. 前提1. 研究開発のマーケティングの3つの目的の存在
      2. 前提2. 市場の複雑性と不確実性への対処としての仮説と検証の必要性
      3. 前提3. 仮説があれば進化する
      4. 前提4. 顧客との面会のための提案・情報発信の必要性
    3. 研究開発のマーケティング・サイクルとステージゲート・プロセスとの関係
  4. 市場情報まとめ
    1. 「市場情報まとめ」とは
    2. よく言われるSWOTとの関係
    3. 顧客 (Customers)
      1. 市場ニーズ
        • マクロ環境に基づく市場ニーズの想定
        • 顧客ライフサイクル全体コスト構造と課題
        • 「顧客の顧客」ニーズ
        • 市場ニーズまとめ
      2. 市場規模推移
        • 市場規模・推移は必ず自分達で算定する
    4. 競合 (Competition)
      1. 競合製品比較分析
      2. 競合企業比較分析
        • KSFに基づく各社の比較
      3. ファイブ・フォーシーズ分析
    5. 自社 (Company)
      1. 自社製品強み・弱み
      2. 自社能力強み・弱み
  5. 製品・事業アイデア創出・定義・修正
    1. 製品・事業アイデア創出
      • 製品・事業アイデア創出のための9つのタスク
      • 重要視点
      • 良いテーマの定義の明確化
      • 発散と収束を明確に分け、発散・収束を繰り返す
      • 「隣接可能性」の活用
      • ブレーンストーミングにおける工夫
      • 情報が無い中での効果的な評価・選択法
    2. 製品・事業アイデア定義・修正
      • 製品・事業の定義の構成項目
      • 事業の定義のテンプレート例
  6. 商業化・事業化計画/商業化・事業化計画実行
    • 商業化・事業化計画
    • 商業化・事業化計画実行の内容
  7. 製品・事業アイデア評価資料
    1. 「製品・事業アイデア評価資料」の位置付け
    2. 評価項目の全体像
    3. 市場の魅力度
    4. 自社の適合度
    5. 財務目標の達成度
    6. リスクと対応策
  8. 評価
    1. 「評価」の位置付けとタイミング (ステージゲート・プロセスにおいて)
    2. 「評価」と承認・中止の意思決定の3つのステップ
    3. 各ゲート (評価の関門) における評価の視点
  9. 仮想カタログ/提案書/サンプル
    1. 「仮想カタログ/提案書/サンプル」の目的
    2. 仮想カタログのイメージ (電気メーカーの例)
    3. 「仮想カタログ/提案書/サンプル」の作成
  10. その他情報の発信
    1. 自社技術・周辺技術知識蓄積・拡大モデル:『BIRDS』
    2. 情報発信向けのコンテンツとしての「自社のコア技術」 (フイルムの例)
    3. 様々な情報発信活動
  11. 顧客との面会アポイントメント
    1. 面会アポイントメント取りは難しくない
    2. 顧客との面会のアポイントメントをとるための3つのタスク
      1. 企業リストの作成 (B2Bの場合)
      2. 面会対象者リストの作成
      3. 面会アポイントメントとり
  12. 顧客との面会と情報入手
    1. 顧客との面談に必要とされる活動
      1. 面談参加者の人選
      2. 面談準備
      3. 面談実施
        • 面談実施の5つの重要ポイント
      4. 面談実施後の作業
    2. 知財管理について
  13. 面会個票 (情報蓄積フォーマット例)
  14. その他情報の収集・分析
    1. 9つの情報源
    2. 競合他社が行わない様々な市場を知る活動
    3. 情報収集における重要なポイント
      1. 仮説・検証・進化の重要性
      2. 自身の思考による補完 (フェルミ推定)
  15. 最後に
    • 研究開発のマーケティングサイクルの運営により;
      • 蓄積された市場情報は競合他社との差別化能力
      • 仮説と検証の繰返しで研究者の仮説構築能力が大きく向上
    • 質疑応答

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 45,000円 (税別) / 49,500円 (税込)
複数名
: 22,500円 (税別) / 24,750円 (税込) (案内をご希望の場合に限ります)

案内割引・複数名同時申込割引について

R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。

「案内の希望」をご選択いただいた場合、1名様 40,000円(税別) / 44,000円(税込) で受講いただけます。
複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 22,500円(税別) / 24,750円(税込) で受講いただけます。

  • R&D支援センターからの案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 40,000円(税別) / 44,000円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 67,500円(税別) / 74,250円(税込)
  • R&D支援センターからの案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 90,000円(税別) / 99,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 135,000円(税別) / 148,500円(税込)

2日間コースのお申込み

割引対象セミナー

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • セミナー資料は、PDFファイルをダウンロードいただきます。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2024/5/23 自社保有技術の棚卸しと新規事業テーマの創出 オンライン
2024/5/23 研究開発部門による3つの重要要素に基づいた「良い事業戦略」の構築と策定 オンライン
2024/5/23 技術者・研究者のための競合情報・市場情報の収集方法 オンライン
2024/5/24 シナリオプランニングをとりいれた市場・製品・事業・技術ロードマップの策定と実行手法 オンライン
2024/5/24 研究開発のための技術ロードマップの作成・活用法と策定事例 オンライン
2024/5/27 医療・ヘルスケア分野参入に向けた新規事業・研究開発テーマ企画応援 全2日間セミナー オンライン
2024/5/27 新規事業・研究開発テーマ企画の心得と戦略 オンライン
2024/5/27 研究開発・技術部門が行う特許情報調査の基本とすすめ方、調査精度を高めるポイント オンライン
2024/5/28 R&D部門の研究・実験データのExcelにおける効果的な蓄積・分析技術 オンライン
2024/5/29 技術者、研究者のための実践的なタイムマネジメント (時間管理) オンライン
2024/5/30 未来予測による新規研究開発テーマ創出の仕方 オンライン
2024/6/4 ものづくり・問題解決のための機器分析の考え方と進め方 オンライン
2024/6/4 希少疾患におけるアンメットニーズ: ペイシェントジャーニーによる掘り起こしと分析、マーケティングや事業性評価への活用 オンライン
2024/6/5 生成AIと自社データの連携によるアイデア創出と研究プロセスの変革 オンライン
2024/6/5 研究開発部門を対象とした情報収集のテクニック オンライン
2024/6/5 研究開発のための技術ロードマップの作成・活用法と策定事例 オンライン
2024/6/6 自社の強みを活かした開発マーケティング実践講座 オンライン
2024/6/7 研究開発・技術部門が行う特許情報調査の基本とすすめ方、調査精度を高めるポイント オンライン
2024/6/7 シナリオプランニングをとりいれた市場・製品・事業・技術ロードマップの策定と実行手法 オンライン
2024/6/10 薬機法、景品表示法、健康増進法に違反しない健康関連食品に関する広告マーケティング戦略とコピーライティング 2024 オンライン