技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

5G / ローカル5G、Beyond 5G / 6G最新動向

5G / ローカル5G、Beyond 5G / 6G最新動向

~ローカル5Gの新展開とBeyond 5G / 6Gの技術目標~
会場 開催

概要

本セミナーでは、5Gの概要と基本技術を述べた後、ローカル5Gの現状、今後の動向について解説いたします。
また、ローカル5Gについては、競合する無線LANの最新、今後の動向を述べ、ローカル5Gと無線LANを比較、評価いたします。

開催日

  • 2024年3月13日(水) 13時00分 16時00分

受講対象者

  • 無線通信に関連する技術者
    • スマートグリッド
    • ホームネットワーク
    • LTE
    • ZigBee
    • WiMAX
    • IEEE802.16m
    • IMT-Advanced
    • Wi-SUN など

プログラム

 2020年3月に国内でサービスが開始された5Gの人口カバー率は2023年末には98%に達し、普及期に突入した。一方、2019年12月に免許申請が開始されたローカル5Gは、250以上の企業や機関が免許を取得し、300以上の実証実験が報告されている。ローカル5Gは、低価格化に加えて、多くの製品やサービス、構築ツール、性能評価ツール等が提供され、2024年には利用が増加すると予想されている。また、2030年あるいはその先の実現を目指すBeyond 5G/6Gに関してはテラヘルツ波通信、人工知能 (AI) の活用、宇宙通信、量子暗号通信等を含めた議論が活発化し、技術開発が進められている。
 本講演では移動通信システムの標準化機関 (3GPP、ITU-R) について説明し、5Gの概要、目標、基本技術、今後の動向、課題等について述べる。次に、ローカル5Gについて、運用方法、利用イメージ、免許申請条件、アプリケーション等を示し、100以上のサービスや実証実験事例を紹介し、今後の動向、課題を述べる。さらに、ローカル5Gと競合しかつ動きが急速に活発化している無線LANの最新と今後の動向を述べ、ローカル5Gと比較、評価し、今後を展望する。Beyond 5G/6Gについては、2023年に明確になった6Gの技術目標とマイルストンを説明し、2022年に3GPPが立上げた5Gと6G間の中間的な5G-Advancedの計画についても述べる。さらに、将来のBeyond 5Gの実現に向けた国内、海外の研究機関や通信事業者、情報通信ベンダのホワイトペーパーの内容紹介も含め、Beyond 5G/6Gの最新動向、将来展望を述べる。

  1. 移動通信システムの標準化機関と動向
    1. 標準化機関 (3GPPとITU-R)
    2. 3GPPのリリースとドキュメント
    3. 移動通信システムの変遷
  2. 5G移動通信システム
    1. 5Gの概要
      1. 5Gのロードマップ
      2. 5Gの市場予測
      3. 5Gの3種類のサービスと利用シナリオ
        • eMBB
        • URLLC
        • mMTC
      4. 5Gの要求条件 (ITU-R)
      5. 5Gのサービスの性能差
    2. 5Gの技術
      1. 物理層 (5G NR) :主要諸元、高速化/大容量化、低遅延化
        • 広い周波数レンジへの対応 (3〜86GHz)
        • Massive MIMO
        • LDPCとPolar符号
        • Shot TTI
        • Fast HARQ-ACK
      2. 使用周波数 (ITU-R WRCにおける検討詳細と国内3.7, 4.5, 28GHz帯)
      3. RAN-CNアーキテクチャ (SAとNSA)
      4. システムアーキテクチャの技術要素:ネットワーク仮想化とネットワークスライシング、MEC
      5. 車 (C-V2X)
      6. IoTへの対応
      7. リリース16 (2020.3) に追加された主な機能
      8. リリース17 (2022.3) に追加された主な機能
    3. 5Gのまとめ
    4. 5Gの動向
    5. 5Gの課題
  3. ローカル5G
    1. ローカル5Gの背景
    2. ローカル5Gとは (準同期TDD)
    3. ローカル5Gの実証実験事例 (100以上)
    4. ローカル5Gのコスト面での実現性と課題
    5. ローカル5Gの運用方法
    6. ローカル5Gの利用イメージ
    7. ローカル5Gの免許申請条件
    8. ローカル5Gで実用化が期待されるアプリケーション
      1. 代表的アプリケーションと利用シーン例
      2. ローカル5Gの主なユースケースと適用5G技術
    9. ローカル5G vs. 無線LAN
      1. 5G / ローカル5G対無線LANの背景
      2. ローカル5Gと無線LANの競合 (無線LANは5Gの技術を多く導入し、急速に高性能化)
      3. IEEE 802.11ax (Wi-Fi 6)
      4. Wi-Fi 6をさらに高性能化 (Wi-Fi 6E)
      5. 次世代無線LAN IEEE 802.11be (Wi-Fi 7)
      6. 無線LAN の今後の展開
        • IEEE 802.11ay 60GHz無線LAN
        • IEEE 802.11az 誤差1m以内での位置測定
        • IEEE 802.11ba 超低消費電力
        • IEEE 802.11bc 放送型無線LAN
        • IEEE 802.11bf ネットワークセンシング
        • IEEE 802.11bb 光無線LAN Li-Fi
    10. ローカル5Gの導入シナリオ
    11. ローカル5Gの今後
    12. ローカル5GとIoTセンサネットワークLPWAの同時利用
  4. Beyond 5G / 6G移動通信システム
    1. Beyond 5G / 6Gの背景
    2. 6Gの技術目標
      1. テラヘルツを利用した5Gの10倍から100倍の超高速大容量
        • 100Gbps以上の通信速度
        • アクセス通信速度:5Gの10倍
        • コア通信速度:5Gの100倍
        • アップリンクの性能向上
      2. 5Gの1/10の超低遅延、低ジッタ
      3. 5Gの10倍の超多数同時接続
      4. 2022年現在の1/100の超低消費電力
      5. 超安全 (量子暗号等)
      6. 超高信頼 (5Gの1/100以下の誤り率)
      7. 超カバレッジ拡張
        • 地上に加え、非地上系NTNの海・空・宇宙での利用
        • 衛星通信LEO vs. HAPS
      8. 固定-移動通信融合
      9. AI/ML利用による自律的運用
        • ゼロタッチオペレーション
        • 自己最適化
      10. CPS (=デジタルツイン) の完全時刻同期の実現→遠隔高没入感メタバース
      11. 超高精度測位
        • 屋外誤差50cm以下
        • 屋内誤差1cm以下
      12. 補完ネットワークとの高度同期期
    3. 6Gのマイルストンと5G-Advanced (2024年に仕様策定)
    4. 海外動向
      1. 米国 (Next G Alliance等)
      2. 欧州
        • SNS JU
        • Horizon Europe
        • Hexa-X
        • Hexa-X II等
      3. 中国
      4. 韓国
    5. 国内動向:Beyond 5G / 6Gのイメージと開発技術
      1. NICT (情報通信研究機構) … ホワイトペーパー第3版 (2023.3)
      2. NTTドコモ … ホワイトペーパー第5版 (2022.11)
      3. KDDI … ホワイトペーパー第2.0.1版 (2021.10)
      4. ソフトバンク
      5. 楽天
      6. NEC
      7. 富士通

講師

会場

東京都千代田区内の会場を予定

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 47,000円 (税別) / 51,700円 (税込)
1口
: 60,000円 (税別) / 66,000円 (税込) (3名まで受講可)

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。
本セミナーは終了いたしました。

関連する出版物

発行年月
2023/6/30 生産プロセスにおけるIoT、ローカル5Gの活用
2022/11/30 次世代高速通信に対応する光回路実装、デバイスの開発
2021/2/26 高速・高周波対応部材の最新開発動向
2020/6/11 5GおよびBeyond 5Gに向けた高速化システムおよびその構成部材
2019/1/29 高周波対応部材の開発動向と5G、ミリ波レーダーへの応用
2014/5/10 東芝 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/5/10 東芝 技術開発実態分析調査報告書
2014/4/25 2014年版 スマートコミュニティの実態と将来展望
2012/11/5 三星電子(サムスン電子) 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2012/11/5 三星電子(サムスン電子) 技術開発実態分析調査報告書
2011/12/27 携帯機器用小形アンテナの高密度実装設計
2011/11/30 NTTグループ8社 (NTTを除く) 技術開発実態分析調査報告書
2011/10/15 通信機器大手3社 技術開発実態分析調査報告書
2011/4/11 スマートメータシステム
2009/11/25 中堅無線通信機10社 技術開発実態分析調査報告書
2009/7/1 NTTドコモとKDDIとソフトバンクモバイル分析 技術開発実態分析調査報告書 (PDF版)
2009/7/1 NTTドコモとKDDIとソフトバンクモバイル分析 技術開発実態分析調査報告書
2009/6/25 携帯端末 技術開発実態分析調査報告書 (PDF版)
2009/6/25 携帯端末 技術開発実態分析調査報告書
2009/6/15 NTT (日本電信電話) 分析 技術開発実態分析調査報告書