技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

スマートメータシステム

スマートメータシステム

スマートメータシステムの画像

目次

第1章 スマートメータの特性とその選び方・使い方

  • 1 スマートメータの開発動向と特性
    • 1.1 “スマート“とは?
    • 1.2 環境効率
    • 1.3 エネルギーの計測・制御と省エネ対策の考え方
    • 1.4 エネルギーの計測データ活用と予測制御
    • 1.5 各種スマートメータの特性
    • 1.6 視える化技術の事例 (愛知万博日本館における事例)
    • 1.7 データを活用したCO2削減の流れ (ローソンにおける事例)
  • 2 スマートメータの利活用とその課題
    • 2.1 スマートメータ選定の留意点
    • 2.2 スマートメータの価格動向のチェックのポイント
    • 2.3 スマートメータ導入の考え方
    • 2.4 エネルギー需要の制御
    • 2.5 スマートメータのエネルギーシステムへの組み込み方
  • 3 その他スマートメータの活用事例
    • 3.1 愛知万博政府館における導入事例
    • 3.2 ローソンにおる導入事例
      • 3.2.1 ローソンにおける主な成果 (2008年時点)
      • 3.2.2 ローソンにおける事例の結論
    • 3.3 ハウステンボスにおける導入事例
  • 4 今後の課題・展望

第2章 スマートメータの応用事例

  • 1 総合庁舎の事例 (横浜市)
    • 1.1 スマートメータの配置の考え方
    • 1.2 計測データの活用方法
      • 1.2.1 電力デマンドのマネージメント
      • 1.2.2 熱源運転効率
      • 1.2.3 CO2制御
  • 2 大規模複合施設の事例
    • 2.1 メータ配置とエネルギー消費の全体傾向把握
    • 2.2 データの取り扱い
  • 3 給水・給湯消費量へのスマートメータの活用
  • 4 ビル用マルチエアコンへのスマートメータの活用

第3章 スマートメータを活用したウォーター・マネージメント

  • 1 IBMのエネルギー分野における取り組みと水資源管理への進出
    • 1.1 環境・エネルギー分野における取り組み
    • 1.2 水資源管理への進出
  • 2 IBMの水資源管理
    • 2.1 コンセプト-Global Innovation Outlookからの考察
    • 2.2 ビジネスエリア
  • 3 スマートメータを活用したウォーター・マネジメント
    • 3.1 スマートグリッド/スマートメータ分野におけるIBMの取り組み
    • 3.2 スマートグリッド/スマートメータとウォーター・マネジメントの関連性
  • 4 事例紹介
    • 4.1 オースティン市 Pecan Street Project
    • 4.2 マルタ島 Smart Meter Project

第4章 スマートメータの通信方式と標準化の動向

  • 1 SUNの概要
  • 2 IEEE 802におけるSUN標準化動向
    • 2.1 関連タスクグループの位置づけ
    • 2.2 IEEE 802標準化プロセスの概要
  • 3 IEEE 802.15.4gタスクグループの動向
    • 3.1 タスクグループの概要
    • 3.2 物理層規格詳細
      • 3.2.1 MR-FSK仕様
      • 3.2.2 MR-OFDM仕様
      • 3.2.3 MR-O-QPSK仕様
      • 3.2.4 MPM機構とCSM
      • 3.2.5 Generic PHY機構
      • 3.2.6 Mode switching機構
  • 4 IEEE 802.15.4eタスクグループの動向
    • 4.1 タスクグループの概要
    • 4.2 MAC層規格詳細
  • 5 IEEE 802.15.4g/e 試験機による実証試験
    • 5.1 NICTにおけるロングライフ無線機の研究開発
    • 5.2 実証試験

第5章 スマートメータ対応ZigBee無線ネットワークシステム

  • 1 はじめに
    • 1.1 ワイヤレスセンサネット
    • 1.2 ZigBee無線
  • 2 スマートグリッド・スマートメータの動向
    • 2.1 スマートメータの海外動向
    • 2.2 スマートメータの国内動向
  • 3 「ZigBee無線」のスマートメータへの適用
    • 3.1 Smart Energy Profile
    • 3.2 日立AirSense
  • 4 スマートメータ開発事例
    • 4.1 スマートハウス
    • 4.2 社会インフラスマートメータ
    • 4.3 予防保全とエネマネ
  • 5 今後の課題

第6章 920MHzの標準化動向とスマートメータへの応用

  • 1 920MHz帯の概要
    • 1.1 920MHz帯の特徴
    • 1.2 920MHz帯の電波伝搬特性
      • 1.2.1 見通し環境での距離特性
      • 1.2.2 見通し外環境での回りこみ特性
      • 1.2.3 その他の特性
  • 2 920MHz帯の電波法
    • 2.1 総務省における制度化動向
    • 2.2 電波法における技術的条件とARIBスタンダード
      • 2.2.1 アクティブ系小電力無線システムの主な技術的条件
      • 2.2.2 ARIB STD-T96の運用の手引き
  • 3 920MHz帯関連の国際標準化動向
    • 3.1 日本向けPAN規格IEEE802.15.4d
      • 3.1.1 IEEE802.15.4dの詳細
    • 3.2 スマートメータ間ネットワーク向け規格IEEE802.15.4g
    • 3.3 その他の標準
  • 4 920MHz帯のスマートメータへの応用と技術課題
    • 4.1 スマートメータ応用に向けた技術課題

第7章 スマートメータ用の水晶デバイスの現状と動向

  • 1 水晶デバイスについて
    • 1.1 水晶振動子とは
    • 1.2 水晶発振回路とその役割
  • 2 スマートメータにおける水晶デバイスの役割
    • 2.1 スマートメータの水晶デバイス使用例
    • 2.2 計量機能用の水晶デバイス
    • 2.3 通信機能用の水晶デバイス
  • 3 スマートメーター用水晶デバイスの現状と動向
    • 3.1 計量機能用の水晶デバイスの現状と動向
    • 3.2 通信機能用の水晶デバイスの現状と動向
  • 4 まとめ

執筆者

  • 第1章 執筆者:
    • 東京大学 生産技術研究所 野城研究室 特任研究員・産学官連携研究員
      馬郡 文平
  • 第2章 執筆者:
    • 株式会社エービル 成長知能本部 上席エンジニア
      迫 博司
  • 第3章 執筆者:
    • 日本アイ・ビー・エム株式会社 公共IBDT Energy&Utility担当
      長田 英知
  • 第4章 執筆者:
    • 独立行政法人情報通信研究機構 新世代ワイヤレス研究センター ユビキタスモバイルグループ 主任研究員
      児島 史秀
    • 独立行政法人情報通信研究機構 新世代ワイヤレス研究センター ユビキタスモバイルグループ グループリーダー
      原田 博司
  • 第5章 執筆者:
    • 株式会社日立製作所 情報・通信システム社 ワイヤレスインフォ統括本部 本部長
      木下 泰三
  • 第6章 執筆者:
    • 沖電気工業株式会社 研究開発センタ ネットワークシステムラボラトリ ラボラトリ マネージャー
      福永 茂
  • 第7章 執筆者:
    • 日本電波工業株式会社 営業企画室 営業技術グループ 係長
      佐藤 克之

出版社

お支払い方法、返品の可否は、必ず注文前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本出版物に関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(出版社への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

体裁・ページ数

B5判 96ページ

ISBNコード

ISBN978-4-88657-657-6

発行年月

2011年4月

販売元

tech-seminar.jp

価格

28,000円 (税別) / 30,800円 (税込)

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2021/1/25 FCV・水素エネルギービジネスの最新動向 オンライン
2021/1/26 5G & beyond 関連通信デバイスの分解・分析 オンライン
2021/1/27 蓄電池材料の電気化学インピーダンス測定 入門 オンライン
2021/1/27 無線通信用RF-SAWデバイスの設計と開発技術 オンライン
2021/1/29 5G、beyond5Gに向けた通信デバイス技術の開発 オンライン
2021/1/29 5GおよびBeyond 5Gで求められる部品・材料の技術動向と応用展開 オンライン
2021/1/29 バイナリー発電による排熱利用技術の基礎と最新動向 オンライン
2021/2/3 蓄熱・蓄冷技術と熱エネルギー搬送技術の基礎および研究開発の現状と新展開 オンライン
2021/2/3 入門 ウェアラブルセンシング技術 オンライン
2021/2/5 バッテリーマネジメント用リチウムイオン電池のインピーダンス測定の考え方 オンライン
2021/2/8 非接触生体センシングの計測手法とノイズ対策、除去技術 オンライン
2021/2/9 PCB (基板) アンテナの基礎技術 東京都 会場
2021/2/9 5GおよびBeyond 5Gで求められる部品・材料の技術動向と応用展開 オンライン
2021/2/9 洋上風力発電、陸上風力発電の最新動向と今後のビジネスチャンス オンライン
2021/2/18 通信の高速化に向けたMIMOアンテナの評価・設計のポイント オンライン
2021/2/18 排熱利用技術とバイナリー発電技術 オンライン
2021/2/22 5G・ローカル5Gの最新動向と6Gに向けた新技術、今後の展望 オンライン
2021/2/25 5G向け半導体技術動向 オンライン
2021/2/25 成長が期待される「卒FIT」関連ビジネスモデルと市場予測、国内再エネ市場の長期展望について オンライン
2021/3/1 経済産業省:「燃料アンモニア導入官民協議会」発足を踏まえた燃料アンモニアバリューチェーン構築に向けた官民連携の取組み 東京都 会場・オンライン

関連する出版物

発行年月
2020/11/13 2021年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2020/9/18 2020年版 スマートグリッド市場の実態と将来展望
2020/7/8 5G基地局分解による5G対応のキーポイントとビジネスチャンス 分解結果のデータDVD
2020/6/11 5GおよびBeyond 5Gに向けた高速化システムおよびその構成部材
2020/5/22 2020年版 スマートエネルギー市場の実態と将来展望
2020/3/19 2020年版 スマート住宅市場・技術の実態と将来展望
2020/1/24 2020年版 太陽光発電市場・技術の実態と将来展望
2019/11/15 2020年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2019/9/20 2019年版 スマートグリッド市場の実態と将来展望
2019/4/19 2019年版 スマートエネルギー市場の実態と将来展望
2019/1/29 高周波対応部材の開発動向と5G、ミリ波レーダーへの応用
2019/1/25 2019年版 太陽光発電市場・技術の実態と将来展望
2018/11/16 2019年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2018/3/30 熱利用技術の基礎と最新動向
2018/2/26 再生可能エネルギーと大型蓄電システムの技術と市場
2018/2/23 2018年版 二次電池市場・技術の実態と将来展望
2017/11/17 2018年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2017/9/29 触媒からみるメタン戦略・二酸化炭素戦略
2017/9/22 2017年版 スマートグリッド市場の実態と将来展望
2017/8/25 2017年版 リチウムイオン電池市場の実態と将来展望