技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

スパースアレーによる拡張アレー信号処理

スパースアレーによる拡張アレー信号処理

~アレーアンテナの基礎からスパースアレーとその性質まで~
オンライン 開催

概要

本セミナーでは、アレーアンテナの基礎から始めて、スパースアレーとその性質について解説いたします。
さらに、拡張アレー処理を併用することで、高分解能なビームフォーミングおよび到来方向推定が可能となることを解説いたします。

開催日

  • 2023年9月27日(水) 10時30分 16時30分

プログラム

 2020年3月にサービス提供が始まった5G (第5世代移動体通信) では、送受信アンテナに等間隔矩形アレーアンテナを用いたMIMO通信システムが主として用いられている。これに対して、アンテナ素子を不等間隔かつ部分的に広い間隔で並べたスパースアレーが注目を集めている。拡張アレー処理を併用することで広い開口長の仮想アレーを構成し、高分解能な信号処理を可能にする手法として、今後の移動体通信への応用が期待されている。
 本セミナーでは、アレーアンテナの基礎から始めて、スパースアレーとその性質について解説する。さらに、拡張アレー処理を併用することで、高分解能なビームフォーミングおよび到来方向推定が可能となることを示す。

  1. アレー信号処理の基礎
    1. 信号モデル
    2. 古典的手法
    3. 部分空間法
    4. 最尤推定法
    5. 圧縮センシングに基づいた手法
    6. 相関抑圧と相互結合補償
  2. スパースアレー
    1. スパースアレーとは
    2. 差分アレー、差分・加算アレー
    3. 最小冗長アレー
    4. コプライムアレー
    5. ネストアレー・スーパーネストアレー
    6. 2次元スパースアレー
  3. スパースアレーによる拡張アレー信号処理
    1. カトリ・ラオ積拡張
    2. 核ノルム最小化
    3. 対角ローディング
    4. ビームフォーミング応用
    5. 到来方向推定応用
    6. MIMOレーダへの応用および今後の展望

講師

  • 市毛 弘一
    横浜国立大学 大学院 工学研究院 知的構造の創生部門
    教授

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 49,000円 (税別) / 53,900円 (税込)
1口
: 60,000円 (税別) / 66,000円 (税込) (3名まで受講可)

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2024/7/23 カルマンフィルタの実践 オンライン
2024/7/25 カルマンフィルタの基礎理論 (原理と計算法) と実問題への応用 オンライン
2024/7/29 小型アンテナの必須基礎知識と設計・開発のポイント 東京都 会場
2024/8/20 入門ウェーブレット解析 オンライン
2024/8/21 ウェーブレット変換の基礎と応用 オンライン
2024/8/26 振動の基礎と正しい測定・分析方法と低減技術 東京都 会場
2024/8/26 時系列データの分析の基礎と応用 オンライン
2024/8/28 ウェーブレット変換の基礎と応用 オンライン
2024/8/29 光インターコネクション・光電融合デバイス進展に貢献する樹脂材料の設計・開発および応用技術 オンライン
2024/8/29 脳波計測・解析の基礎と応用および、脳波データのビジネス展開の可能性 オンライン
2024/8/30 メタマテリアル・メタサーフェスの基礎からテラヘルツ波の制御技術・応用展開 オンライン
2024/9/2 音による故障検知および故障予知 オンライン
2024/9/5 空間伝送型ワイヤレス給電に向けた要素技術の解説と応用展望 オンライン
2024/9/9 脳波計測・解析の基礎と応用および、脳波データのビジネス展開の可能性 オンライン
2024/9/19 Transformerニューラルネットの原理と産業現場応用への研究 オンライン
2024/10/4 6Gに向けた新たな伝送技術と国内外の研究動向 オンライン

関連する出版物

発行年月
2023/6/30 生産プロセスにおけるIoT、ローカル5Gの活用
2023/5/24 6G/7Gのキーデバイス
2022/11/30 次世代高速通信に対応する光回路実装、デバイスの開発
2021/2/26 高速・高周波対応部材の最新開発動向
2020/7/31 生体情報センシングと人の状態推定への応用
2020/6/11 5GおよびBeyond 5Gに向けた高速化システムおよびその構成部材
2020/4/30 生体情報計測による感情の可視化技術
2019/1/29 高周波対応部材の開発動向と5G、ミリ波レーダーへの応用
2016/4/28 ドライバ状態の検出、推定技術と自動運転、運転支援システムへの応用
2014/5/10 東芝 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/5/10 東芝 技術開発実態分析調査報告書
2014/5/10 生体信号処理技術(脳波) 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/5/10 生体信号処理技術(脳波) 技術開発実態分析調査報告書
2014/4/25 2014年版 スマートコミュニティの実態と将来展望
2012/11/5 三星電子(サムスン電子) 技術開発実態分析調査報告書
2012/11/5 三星電子(サムスン電子) 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2011/12/27 携帯機器用小形アンテナの高密度実装設計
2011/11/30 NTTグループ8社 (NTTを除く) 技術開発実態分析調査報告書
2011/10/15 通信機器大手3社 技術開発実態分析調査報告書
2011/9/2 '12 HDD・関連市場の将来展望