技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

樹脂/繊維複合材料の界面接着性試験

樹脂/繊維複合材料の界面接着性試験

オンライン 開催

概要

本セミナーでは、複合材料の界面接着性試験を取り上げ、界面剪断強度、繊維破断挙動の評価法、試料作製、試験条件を詳説いたします。

開催日

  • 2023年7月7日(金) 10時00分 16時50分

受講対象者

  • 複合材料、CFRP の応用製品に関連する技術者、開発者
    • 自動車
    • 航空機、ヘリコプター
    • 船舶
    • ロケット、航空宇宙機、人工衛星
    • 軍用機
    • リニアモーターカーの車体、内装
    • 太陽電池パネル
    • 風力発電
    • プラント
    • 機械部品
    • 電池部材
    • 電子電気部品
    • 医療機器
    • 住宅・土木・建築材料
    • スポーツ用品 (自転車、釣具、ゴルフ、ラケットなど)
  • 複合材料、CFRP に関連する技術者

修得知識

  • 複合材料に関する基礎知識
  • 材料力学・破壊力学の基礎的な考え方
  • 複合材料の破壊に関する一般的な知識
    • 引張破壊
    • 圧縮破壊
    • 層間破壊 等
  • 界面力学の理解に基づく試験結果
  • 実験データの扱い方

プログラム

第1部 繊維強化複合材料の力学的特性と損傷・破壊

(2023年7月7日 10:00〜11:30)

 繊維強化複合材料の力学的挙動は、損傷・破壊を含めて、複雑で理解・推量不可能に見える。しかし、不均質性や界面の影響を考えてきちんと整理すれば、思った以上に力学的現象を把握・推測が可能になる。ところで、自然界の生物材料 (木材、竹、骨等) は複合材料に分類できるが、これらの材料に関しては経験を生かして (難しい数学を使うことなく) いろいろな分野に便利に・上手に応用している。製造現場では、「材料力学や構造力学といった難しい理論など使わない」という人もいる。また最近ではコンピュータによるシミュレーションで実現象を再現したり、AIを設計に生かすなどコンピュータサイエンス技術の発展も著しい。この方面からも材料力学や応用力学といった基礎学問は必要なくなるという声も聞く。しかし、実際の構造物や部材の開発・設計において、材料に関する知識とそれを理解し生かす理論が必須となり、その全体を正しく把握できる人材が組織のキーとなる。
 本講義では、複合材料の損傷や破壊現象を紹介し、現象を理解するのに有効な材料力学や破壊力学の基礎を概説し、学問の目を通して破壊現象を推論することを試みる。複合材料に関する知識を応用する方法を学んで、これからの研究・開発に自信を持って取り組めるようになってもらうことが本講義の目標である。

  1. 繊維複合材料とは
    1. 複合材料は何故軽くて強いのか
    2. 複合材料の弱点
    3. 複合材料の力学的評価のための準備
  2. 複合材料の力学の基礎
    1. 複合材料の弾性特性
    2. 複合材料の強度と強度則
    3. 不均質性に起因する応力
  3. 複合材料の損傷と破壊の例
    1. 引張強度
    2. 圧縮強度
    3. 層間剥離
    4. ボルト結合部の破壊
  4. まとめ
    • 質疑応答

第2部 ピンホール式引き抜き試験による樹脂/繊維の界面剪断特性評価

(2023年7月7日 12:20〜13:20)

 複合材料における繊維/樹脂界面の挙動は一見複雑に思われる傾向がありますが、メカニズムを分解して一つ一つ調べていけば、単純に見えることがあります。分解することが可能な試験法と、そのための「視点」の一端をご紹介したいと思います。

  1. ピンホール式引き抜き試験とは
    1. 樹脂/繊維の界面接着特性の重要性
    2. 様々な界面試験法とピンホール式引き抜き試験法の特長
    3. 評価試験機の開発
    4. 試験機の特長
  2. 界面の力学
    1. 剥離か塑性か?
    2. シアラグ理論による理解
    3. 本当の界面強度とは?
    4. 有限要素法による考察
  3. 複合材料設計における界面特性評価
    1. 試験片製作における樹脂特性の影響
    2. 繊維周りのひずみ速度の影響
    3. 繊維束における界面挙動
    4. 繰り返し負荷による界面強度
  4. まとめと今後の展望
    • 質疑応答

第3部 フラグメンテーション試験による樹脂/繊維界面特性評価

(2023年7月7日 13:30〜14:30)

  1. マトリクス樹脂の力学的特性評価
  2. 樹脂物性に着目した一方向材の引張強度予測
    1. フラグメンテーション法による繊維破断挙動の評価
    2. 強度予測結果と実験結果の比較
    • 質疑応答

第4部 マイクロドロップレット試験による樹脂/繊維の界面強度評価

(2023年7月7日 14:40〜15:40)

  1. 樹脂/繊維複合界面の強度評価手順
  2. マイクロドロップレット試験
    1. 試験片の作製
    2. 試験法
  3. 結果とその解析
    1. 解析モデル
    2. 熱応力解析
    3. 損傷解析
  4. おわりに
    • 質疑応答

第5部 プッシュアウト試験、マイクロドロップレット試験による 樹脂/繊維の界面特性評価

(2023年7月7日 15:50〜16:50)

  1. マイクロドロップレット試験による繊維/樹脂の界面剪断強度測定
    1. 概要
    2. 測定事例
  2. プッシュアウト試験による繊維/樹脂の界面特性評価
    1. 概要
    2. 試験装置;ナノインデンター
    3. 測定事例
  3. マイクロドロップレット試験とプッシュアウト試験の比較
    1. 炭素繊維/エポキシ樹脂の比較事例
    2. 炭素繊維/ポリアミド樹脂の比較事例
    • 質疑応答

講師

  • 末益 博志
    上智大学
    名誉教授
  • 松尾 剛
    国立研究開発法人 海上・港湾・航空技術研究所
    グループ長
  • 山本 剛
    東北大学 大学院 工学研究科 航空宇宙工学専攻
    准教授
  • 佐藤 光桜
    国立研究開発法人 宇宙航空研究開発機構 航空技術部門
    研究開発員
  • 堀口 高英
    株式会社 UBE科学分析センター 高分子材料分析研究室
    主席研究員

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 60,000円 (税別) / 66,000円 (税込)
複数名
: 55,000円 (税別) / 60,500円 (税込)

複数名同時受講割引について

  • 2名様以上でお申込みの場合、1名あたり 55,000円(税別) / 60,500円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 60,000円(税別) / 66,000円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 110,000円(税別) / 121,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 165,000円(税別) / 181,500円(税込)
  • 同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 他の割引は併用できません。

アカデミック割引

  • 1名様あたり 30,000円(税別) / 33,000円(税込)

日本国内に所在しており、以下に該当する方は、アカデミック割引が適用いただけます。

  • 学校教育法にて規定された国、地方公共団体、および学校法人格を有する大学、大学院、短期大学、附属病院、高等専門学校および各種学校の教員、生徒
  • 病院などの医療機関・医療関連機関に勤務する医療従事者
  • 文部科学省、経済産業省が設置した独立行政法人に勤務する研究者。理化学研究所、産業技術総合研究所など
  • 公設試験研究機関。地方公共団体に置かれる試験所、研究センター、技術センターなどの機関で、試験研究および企業支援に関する業務に従事する方
  • 支払名義が企業の場合は対象外とさせていただきます。
  • 企業に属し、大学、公的機関に派遣または出向されている方は対象外とさせていただきます。

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2024/6/25 界面・表面、応力影響、剥離・破壊の基本知識と密着性の改善技術と評価方法 東京都 会場・オンライン
2024/6/27 プラスチックの力学特性と評価方法および複合化による改善手法 オンライン
2024/7/23 炭素繊維強化プラスチック (CFRP) オンライン
2024/7/23 プラスチック廃棄物が抱える問題と高分子複合材料メカニカルリサイクル技術 オンライン
2024/7/24 プラスチック成形品の劣化・破壊メカニズムと破面の特徴 オンライン
2024/7/29 CFRP向けマトリックス樹脂の設計・開発と炭素繊維複合材料の技術及び市場動向の全貌と最新トピックス オンライン
2024/7/29 プラスチック成形品の劣化・破壊メカニズムと破面の特徴 オンライン
2024/7/30 次世代モビリティまでも俯瞰した車載用プラスチックの現状と動向 オンライン
2024/8/6 ガラスの破壊と強度 オンライン
2024/8/9 CFRP向けマトリックス樹脂の設計・開発と炭素繊維複合材料の技術及び市場動向の全貌と最新トピックス オンライン
2024/8/27 衝撃現象・破壊の基礎と高速材料試験・構造要素強度評価方法 オンライン
2024/8/30 ゴム・プラスチック材料のトラブル解決 (2日間) 東京都 会場
2024/8/30 ゴム・プラスチック材料の破損、破壊原因とその解析法 東京都 会場
2024/9/24 高分子材料の劣化・不具合分析および寿命評価と対策事例 東京都 会場

関連する出版物

発行年月
2023/7/14 リサイクル材・バイオマス複合プラスチックの技術と仕組
2022/6/28 GFRP & CFRPのリサイクル技術の動向・課題と回収材の用途開発
2022/5/31 自動車マルチマテリアルに向けた樹脂複合材料の開発
2022/5/31 樹脂/フィラー複合材料の界面制御と評価
2021/12/24 動的粘弾性測定とそのデータ解釈事例
2021/8/2 CFRP (炭素繊維強化プラスチック) 〔2021年版〕 (CD-ROM版)
2021/8/2 CFRP (炭素繊維強化プラスチック) 〔2021年版〕
2021/6/4 CFRPの用途別動向とビジネス戦略の再構築
2021/1/29 高分子材料の絶縁破壊・劣化メカニズムとその対策
2020/12/25 CFRP/CFRTPの界面制御、成形加工技術と部材応用
2018/11/19 炭素繊維・炭素繊維複合材料の未来
2016/11/1 世界の炭素繊維・応用製品の市場実態と展望 2017
2016/2/20 自動車用プラスチック部品・材料の新展開 2016
2015/8/25 金属材料の破断面解析技術の基礎と解析事例
2014/11/30 繊維強化プラスチック(FRP)〔2015年版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/11/30 繊維強化プラスチック(FRP)〔2015年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/11/5 金属・ガラス・セラミックス・プラスチックの破面観察・破損解析手法とその事例
2013/8/1 ガラスの破壊メカニズムと高強度化
2013/6/3 プラスチックのタフニングと強度設計
2013/1/25 炭素繊維 技術開発実態分析調査報告書