技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

CFRPの用途別動向とビジネス戦略の再構築

CFRPの用途別動向とビジネス戦略の再構築

~Trends in CFRP Market by End-Use Industry and Restructuring of Business Strategy~
CFRPの用途別動向とビジネス戦略の再構築の画像

ご案内

 CFRPは航空宇宙、自動車、風力発電、圧力容器分野を中心に市場拡大が進んできた。航空宇宙分野では、旅客機および貨物機の納入機数が2018年まで8年連続で増加してきたのに続き、今後約20年間で就航機数は倍増するとの期待が寄せられていた。これに伴い、CFRPは製造機数の増加に加え、燃費向上ニーズに対応してますますその採用が増えると期待されていた。しかし、COVID-19パンデミックにより環境は一変し、民間航空分野は危機的な状況に陥った。自動車、風力発電、圧力容器分野もCOVID-19の影響を大きく受けている。一方で、CFRPが採用されてきた理由でもある燃費向上・CO2削減ニーズの継続に加え、カーボンニュートラルの考えがますます具体化されるにつれて、再生可能エネルギーやクリーンエネルギー利用の潮流がさらに強くなり、風力発電、水素ガス利用の社会的要請に対応するCFRPの採用増が進む環境が整ってきている。さらに、空飛ぶクルマのような新しいCFRP市場も具体化に向けて進んでいる。また、量産乗用車へのCFRP採用が視野に入ってきた現在、CFRPのリサイクルの重要性が強く求められるにようになってきている。このような状況に対応する、CFRPの需要家・サプライチェーンの動向をまとめた。

目次

第1章 はじめに

  • 1. 新型コロナウイルス感染症の影響
  • 2. CFRPを取り巻く環境
    • 2.1 風力発電
    • 2.2 航空宇宙
    • 2.3 自動車
    • 2.4 土木建築
    • 2.5 圧力容器
    • 2.6 スポーツ・レジャー
    • 2.7 電線
    • 2.8 海底油田
    • 2.9 船舶
    • 2.10 コンポジットロール
    • 2.11 医療機器
  • 3. ニュースリリース
  • 参考文献

第2章 CFRP業界の動向

  • 1. 素材メーカー (炭素繊維)
    • 1.1 生産能力
    • 1.2 2020年度の業績変化
    • 1.3 ニュースリリース
  • 2. 素材メーカー (プラスチック)
    • 2.1 熱硬化性樹脂
      • 2.1.1 エポキシ樹脂
        • ① Dow Automotive Systems (スイス)
        • ② Hexion (米)
        • ③ Hexcel (米)
        • ④ Sicomin (仏)
        • ⑤ Entropy Resins (米)
        • ⑥ Huntsman (米)
      • 2.1.2 ビニルエステル樹脂
      • 2.1.3 フェノール樹脂
      • 2.1.4 シアネートエステル樹脂
      • 2.1.5 ビスマレイミド樹脂
      • 2.1.6 ポリイミド樹脂
      • 2.1.7 ベンゾオキサジン樹脂
      • 2.1.8 フタロニトリル樹脂
    • 2.2 熱可塑性樹脂
      • 2.2.1 ポリアミド
      • 2.2.2 ポリフェニレンサルファイド (PPS)
      • 2.2.3 ポリエーテルスルホン (PES)
      • 2.2.4 ポリエーテルエーテルケトン (PEEK)
      • 2.2.5 ポリエーテルイミド (PEI)
      • 2.2.6 ポリエーテルケトンケトン (PEKK)
  • 3. 中間材料メーカー
    • 3.1 熱硬化性プラスチック系SMC
    • 3.2 熱硬化性プラスチック系プリプレグ
      • ① Toray Advanced Composites (米)
      • ② Hexcel (米)
      • ③ Solvay (仏)
      • ④ Renegade Materials Corp (米)
    • 3.3 熱可塑性プラスチック系プリプレグ (テープ)
    • 3.4 その他
      • ① Cevotec (独) のFPP (Fiber Patch Placement) プロセス
      • NAWA Technologies (仏) のNAWAStitch (VACNTフィルム:垂直配向カーボンナノチューブフィルム)
    • 3.5 ニュースリリース
  • 4. 成形・加工メーカー
    • 4.1 成形法と中間基材
    • 4.2 可変軸複合材料
      • 4.2.1 連続繊維三次元造形法 (Continuous Fiber Printing:CFP)
      • 4.2.2 Tailored Fiber Placement (TFP)
      • 4.2.3 Automated Fiber Placement (AFP)
    • 4.3 ニュースリリース
  • 参考文献

第3章 CFRP需要分野の動向

  • 1. 自動車
    • 1.1 環境
      • 1.1.1 温室効果ガス排出量の削減
      • 1.1.2 燃費規制・CO2排出規制
      • 1.1.3 EV化を推進するための支援策
    • 1.2 自動車業界の対応
    • 1.3 CFRPに関連する動
      • 1.3.1 車両構造
      • 1.3.2 バッテリー
        • TRB Lightweight Structures (英)
        • SGL Carbon社 (独)
        • SHD Composites (英)
        • ④ Continental Structural Plastics (米)
    • 1.4 ニュースリリース
  • 2. 航空宇宙
    • 2.1 民間航空機
      • 2.1.1 ボーイング
      • 2.1.2 エアバス
      • 2.1.3 エンブラエル (Embraer) (ブラジル)
    • 2.2 防衛
      • 2.2.1 ボーイング
    • 2.3 技術開発動向
    • 2.4 水素を動力源とする航空機
    • 2.5 ニュースリリース
  • 3. エネルギー
    • 3.1 風力発電
      • 3.1.1 風力発電機メーカー
      • 3.1.2 風力発電機の構造とCFRPの採用
      • 3.1.3 ローター直径と発電容量
      • 3.1.4 CFRPスパーキャップ
  • 参考文献

第4章 トピックス

  • 1. 熱可塑性樹脂 (CFRTP)
  • 2. 自動車・運輸
    • 2.1 燃料電池車 (FCV)
      • 2.1.1 燃料電池
      • 2.1.2 水素タンク
    • 2.2 持ち運べるクルマ
    • 2.3 鉄道
    • 2.4 ニュースリリース
  • 3. 航空宇宙・防衛 (空飛ぶクルマ)
    • 3.1 はじめに
    • 3.2 機体の開発状況
    • 3.3 主要参入企業
      • ① Beta Technologies
      • ② Joby Aviation
      • ③ Volocopter
      • ④ Ehang216
      • ⑤ Lilium
      • ⑥ SkyDrive (SD-XX SkyDriveコンセプトモデル)
      • ⑦ Pipistrel (Nuuva V300)
      • ⑧ Wisk (ボーイング社とキティホーク社の合弁会社)
    • 3.4 許認可・標準化の動向
    • 3.5 日本での実用化検討状況
    • 3.6 ニュースリリース
  • 4. 風力エネルギー
  • 5. 建設・インフラ
  • 6. タンク (圧力容器)
    • 6.1 水素用圧力容器に関連する動き
      • ① Universal Hydrogen
      • ② SpaceTech4Sea (航空宇宙技術を海上で使用できるように改良するプロジェクト)
      • ③ Cimarron Composites (米)
    • 6.2 LNG用圧力容器に関連する動き
    • 6.3 ニュースリリース
  • 7. 海洋・船舶
  • 8. 電気・電子製品
  • 9. 医療
    • 9.1 医療機器
    • 9.2 福祉・介護機器
    • 9.3 ニュースリリース
  • 10. スポーツ・レジャー
  • 参考文献

第5章 リサイクル

  • 1. 初めに
  • 2. CFRPのリサイクル
  • 3. ニュースリリース
  • 参考文献

第6章 まとめと今後の課題

執筆者

平野 康雄

神戸技術オフィス

出版社

お支払い方法、返品の可否は、必ず注文前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本出版物に関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(出版社への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

体裁・ページ数

A4判 並製本 127ページ

ISBNコード

978-4-910581-03-3

発行年月

2021年6月

販売元

tech-seminar.jp

価格

70,000円 (税別) / 77,000円 (税込)

案内割引について

シーエムシーリサーチからの案内をご希望の方は、割引特典を受けられます。

  • Eメール案内を希望する方 :
    • 冊子版: 63,000円(税別) / 69,300円(税込)
    • 冊子版 + PDF版 (CD) セット: 81,000円(税別) / 89,100円(税込)
  • Eメール案内を希望しない方 :
    • 冊子版: 70,000円(税別) / 77,000円(税込)
    • 冊子版 + PDF版 (CD) セット: 90,000円(税別) / 99,000円(税込)

これから開催される関連セミナー