技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

化学プロセスにおける速度式の求め方と設計・スケールアップへの応用

化学プロセスにおける速度式の求め方と設計・スケールアップへの応用

オンライン 開催

アーカイブ配信で受講をご希望の場合、視聴期間は2023年6月7日〜30日を予定しております。
アーカイブ配信のお申し込みは2023年6月26日まで承ります。

概要

本セミナーでは、反応や分離の装置設計に関する基本・原理から、装置を大型化する際のスケールアップのポイントまで事例を交えて解説いたします。

開催日

  • 2023年6月26日(月) 12時30分 2023年6月30日(金) 16時30分

修得知識

  • 化学プロセスを構成する輸送現象と単位操作
  • 反応および分離における装置設計の理論とシミュレーション
  • スケールアップ時の装置設計と留意点

プログラム

 化学プロセスは、目的に応じて反応や蒸留、吸着など各種単位操作の組み合わせから構成され、それらについての技術が開発されてきました。そして、これらの単位操作毎に、各々基礎となる平衡計算やモデル化による理論が体系化されてきました。一方で、実験室やベンチレベルの小スケールでは上手く解析できていた系を、連続化・大型化しようとする際に理論と実際の現象が一致しないと感じられることが少なくない。
 この講義では反応や分離の装置設計に関する基本・原理を解説し、装置を大型化する際の小スケール装置での実験結果の解釈からスケールアップの考え方までを講義します。

  1. 反応装置内での輸送に関する現象
    1. 輸送現象の基本
    2. 支配方程式
    3. 無次元数とは?
  2. 反応器の装置設計
    1. 反応器の基本
    2. 反応器の種類
  3. 分離プロセスの装置設計
    1. 分離単位操作の基本
    2. 単位操作の選択と設計
  4. 反応速度式の求め方とその応用
    1. 反応速度解析のためのデータの取得方法
    2. 反応速度データの解析
    3. 反応器設計への応用
  5. 反応と分離の複合プロセスの設計
    1. 反応・分離プロセスの基本
    2. 速度データの解析方法
    3. 反応・分離プロセス設計への応用
  6. プロセスのスケールアップにおける操作条件の設定方法
    1. スケールアップのための速度式の解析方法
    2. スケールアップトラブル対処への速度式の応用
    3. 事例紹介

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 45,000円 (税別) / 49,500円 (税込)
複数名
: 22,500円 (税別) / 24,750円 (税込) (案内をご希望の場合に限ります)

案内割引・複数名同時申込割引について

R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。

「案内の希望」をご選択いただいた場合、1名様 40,000円(税別) / 44,000円(税込) で受講いただけます。
複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 22,500円(税別) / 24,750円(税込) で受講いただけます。

  • R&D支援センターからの案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 40,000円(税別) / 44,000円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 67,500円(税別) / 74,250円(税込)
  • R&D支援センターからの案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 90,000円(税別) / 99,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 135,000円(税別) / 148,500円(税込)

アーカイブ配信セミナー

  • 当日のセミナーを、後日にお手元のPCやスマホ・タブレッドなどからご視聴・学習することができます。
  • 配信開始となりましたら、改めてメールでご案内いたします。
  • 視聴サイトにログインしていただき、ご視聴いただきます。
  • 視聴期間は2023年6月7日〜30日を予定しております。
    ご視聴いただけなかった場合でも期間延長いたしませんのでご注意ください。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2024/6/26 化学プロセスにおける速度式の求め方と設計・スケールアップへの応用 オンライン
2024/6/28 CO2固体吸収剤へ向けた担体の調製と特性評価 オンライン
2024/6/28 ふるい分け操作の最適化とトラブル対策および応用技術 オンライン
2024/6/28 CCUS (CO2分離回収・有効利用・貯留) の基礎知識および各種課題点と今後の展望 オンライン
2024/7/3 CO2吸着分離材料の開発と選択性の向上 オンライン
2024/7/5 CCUS (CO2分離回収・有効利用・貯留) の基礎知識および各種課題点と今後の展望 オンライン
2024/7/12 結晶化による分離精製の基礎と晶析プロセスでの実践、スケールアップ、トラブル解決事例 オンライン
2024/7/12 化学吸収法による二酸化炭素 (CO2) 分離回収技術の最前線 オンライン
2024/7/18 イオン交換樹脂の基礎知識と利用・応用のポイント オンライン
2024/7/19 バッチ化学合成プロセスのスケールアップによる化学品・医薬原薬の製造のポイントとトラブル対策 東京都 会場・オンライン
2024/7/24 化学吸収法による二酸化炭素 (CO2) 分離回収技術の最前線 オンライン
2024/7/26 化学プロセスにおける研究開発時のコスト試算と事業採算性検討 オンライン
2024/7/29 イオン交換樹脂の基礎知識と利用・応用のポイント オンライン
2024/7/31 医薬品・部外品・化粧品分野で必要な品質管理/検査に役立つ化学分析の基礎 オンライン
2024/8/5 固液分離の小実験検討、スケールアップとトラブル対策 オンライン
2024/8/5 CO2回収用アミンの設計、長寿命化技術と分離回収プロセスの開発 オンライン
2024/8/5 フロー精密有機合成の基礎と機能性化学品製造への応用・今後の展望 東京都 会場・オンライン
2024/8/6 分離工学の基礎と装置設計法 オンライン
2024/8/9 医薬品・部外品・化粧品分野で必要な品質管理/検査に役立つ化学分析の基礎 オンライン
2024/8/16 分離工学の基礎と装置設計法 オンライン