技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

ヒューマンセンシングの基礎知識と実践ノウハウ

受講特典: アーカイブ配信付き

ヒューマンセンシングの基礎知識と実践ノウハウ

~「何を知りたいか」「何を測るか」「何がわかるか」を見誤らないために~
オンライン 開催

開催日

  • 2023年4月19日(水) 13時00分 16時30分
  • 2023年4月26日(水) 13時00分 16時30分

修得知識

  • ユーザ中心の製品開発の進め方
  • ヒューマンセンシング (特に生理心理計測) の基礎知識
  • 人を対象とした実験・評価の実践の際に注意すべきこと
  • 生理心理計測の指標やデバイス、解析手法の選び方

プログラム

 ウェアラブルデバイスを用いたストレスマネジメントアプリなど生体計測を利用した製品・サービスが増えていますが、生体信号の処理や解釈が単純化されすぎのものもあります。生体信号は複雑な生体の制御システムの1つの変数を見ているにすぎません。同じ心拍数でもそのときのその人の身体的・心理的な状態は様々です。この講演では、ヒューマンセンシングを製品・サービスの開発に適切に役立てていただくために、ヒューマンセンシングの基礎と実践方法を学んでいただくことを目的としています。
 初日は、ヒューマンセンシングの考え方と概論をお話した後に、主に生理心理的手法について、生理メカニズム、計測手法と原理、データ解析・解釈において注意すべきことについて詳しく説明します。人の状態を単一指標で捉えることが難しいことも説明します。2日目は、初日の質問に答える内容を入れつつ、生理心理計測を製品開発に利活用する際に注意すべきことを具体的な事例を取り上げて説明します。また、生活・産業場面での計測を可能にする低負担計測手法の紹介、ウェアラブルデバイスの開発、ヘルスケアサービスの提要を企画されている方へにぜひ配慮していただきたいことをお話しします。

  1. 1日目: はじめに
  2. ヒューマンセンシング (人をはかるとは)
    1. ヒューマンセンシングの3側面
      • 心理
      • 生理
      • 行動
    2. ヒューマンセンシングの活用例
      • 何のために測るか
      • 何を測るか
  3. 生理心理的手法 (何を測るか、どうやって測るか、何がわかるか)
    1. 脳波など中枢系指標 ※α波の誤解釈
    2. 心拍 (脈拍) ・心拍変動・呼吸など自律神経系指標 ※LF/HFの誤解釈
    3. 眼球運動・瞬目など視覚系指標 ※周辺視問題
    4. 筋電・重心動揺など筋骨格系指標
    • 質疑応答
    • 2日目: ヒューマンセンシングの実践
      1. 実験 (データ収集) 計画 (含、倫理審査)
      2. 個人差・個人内変動への対応
      3. 多面的・多次元計測の必要性 ※主観評定と生理指標の乖離
      4. フィールド (生活・産業場面) での計測の課題
    • ヒューマンセンシングの利活用に向けて
      1. 低負担計測の必要性とトレンド
      2. ウェアラブル、道具・環境組込み型、カメラ映像利用
      3. 事例紹介 (開発中のものも含む)
    • おわりに
    • 質疑応答

講師

  • 大須賀 美恵子
    大阪工業大学 ロボティクス&デザイン工学部 システムデザイン工学科
    特任教授

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 42,700円 (税別) / 46,970円 (税込)
複数名
: 30,000円 (税別) / 33,000円 (税込)

複数名受講割引

  • 2名様以上でお申込みの場合、1名あたり 30,000円(税別) / 33,000円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 42,700円(税別) / 46,970円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 60,000円(税別) / 66,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 90,000円(税別) / 99,000円(税込)
  • 同一法人内 (グループ会社でも可) による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。
    申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」とご記入ください。
  • 他の割引は併用できません。
  • サイエンス&テクノロジー社の「2名同時申込みで1名分無料」価格を適用しています。

アカデミー割引

教員、学生および医療従事者はアカデミー割引価格にて受講いただけます。

  • 1名様あたり 20,000円(税別) / 22,000円(税込)
  • 企業に属している方(出向または派遣の方も含む)は、対象外です。
  • お申込み者が大学所属名でも企業名義でお支払いの場合、対象外です。

ライブ配信対応セミナー / アーカイブ配信対応セミナー

ライブ配信またはアーカイブ配信セミナーのいずれかをご選択いただけます。

ライブ配信セミナーをご希望の場合

  • 「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • セミナー資料は、PDFファイルをダウンロードいただきます。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。

アーカイブ配信セミナーをご希望の場合

  • 「ビデオグ」を使ったアーカイブ配信セミナーとなります。
  • 当日のセミナーを、後日にお手元のPCなどからご視聴ができます。
  • お申し込み前に、 視聴環境 をご確認いただき、 視聴テスト にて動作確認をお願いいたします。
  • 後日(開催終了後から10日以内を目途)に、ID,パスワードをメールにてご連絡申し上げます。
  • 視聴期間は10日間です。ご視聴いただけなかった場合でも期間延長いたしませんのでご注意ください。
  • セミナー資料は、PDFファイルをダウンロードいただきます。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2024/5/29 ディジタル信号処理による雑音・ノイズの低減/除去技術とその応用 オンライン
2024/5/29 非侵襲脳機能計測法を用いた神経科学の基礎とウェアラブル脳波計の最新動向・脳波の計測手法 オンライン
2024/5/31 人間工学を応用した製品デザインの進め方 オンライン
2024/6/3 車載半導体の最新技術と今後の動向 オンライン
2024/6/14 システム同定によるデータ駆動モデリングの基礎とカルマンフィルタとの関係 会場・オンライン
2024/6/19 アナログとディジタルのフーリエ変換と信号処理 オンライン
2024/6/20 においの姿・正体の見える化 オンライン
2024/6/25 ミリ波・マイクロ波レーダによる非接触生体センシング技術 オンライン
2024/6/26 生体計測による感情推定技術と応用事例 オンライン
2024/6/26 ライトフィールドカメラ/ライトフィールドディスプレイの基礎と最新技術動向 オンライン
2024/7/2 カルマンフィルタの基礎理論 オンライン
2024/7/4 車載エクステリアセンサー市場とAI デファインド型車両開発動向2024 オンライン
2024/7/5 手触り感・触覚認知のメカニズムと触感評価ノウハウおよび材料・商品開発への落とし込み オンライン
2024/7/16 においの姿・正体の見える化 オンライン
2024/7/22 画像認識技術入門 オンライン
2024/7/23 カルマンフィルタの実践 オンライン
2024/8/6 メカトロニクスの5つのコア要素技術と技術動向 会場・オンライン
2024/8/23 においの見える化 東京都 会場・オンライン
2024/9/2 音による故障検知および故障予知 オンライン

関連する出版物

発行年月
2024/4/30 生体センシング技術の開発とヘルスケア、遠隔診断への応用
2023/6/30 生産プロセスにおけるIoT、ローカル5Gの活用
2023/3/31 “使いやすさ”の定量評価と製品設計への落とし込み方
2022/4/6 Society 5.0 時代を切り開くデバイス・部材・製造装置
2021/6/30 人工知能を用いた五感・認知機能の可視化とメカニズム解明
2021/6/30 VR/AR技術における感覚の提示、拡張技術と最新応用事例
2020/7/31 生体情報センシングと人の状態推定への応用
2020/4/30 生体情報計測による感情の可視化技術
2019/1/31 センサフュージョン技術の開発と応用事例
2018/6/30 ヒトの感性に訴える製品開発とその評価
2018/5/31 最先端医療機器の病院への普及展望と今後の製品開発
2017/6/30 生体情報センシングとヘルスケアへの最新応用
2017/5/31 車載センシング技術の開発とADAS、自動運転システムへの応用
2016/4/28 ドライバ状態の検出、推定技術と自動運転、運転支援システムへの応用
2014/6/30 マイクロセンサ 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/5/10 生体信号処理技術(脳波) 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/5/10 生体信号処理技術(脳波) 技術開発実態分析調査報告書
2014/3/19 触覚認識メカニズムと応用技術 (増補版)
2013/9/15 カプセル内視鏡 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/9/15 カプセル内視鏡 技術開発実態分析調査報告書