技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

細胞培養品質管理 2日間コース

細胞培養品質管理 2日間コース

オンライン 開催

開催日

  • 2023年2月7日(火) 14時00分 2023年2月21日(火) 16時30分
  • 2023年4月6日(木) 14時00分 2023年4月19日(水) 16時30分

修得知識

  • 細胞特性の基礎
  • 細胞特性についての評価方法
  • 細胞増殖能の測定方法
  • 細胞接着能の評価方法
  • 未分化性と分化能の評価方法
  • iPS/ES細胞のゲノム不安定性
  • ゲノム安定性の検査方法
  • 現場でできる簡単な染色体検査方法
  • 浮遊細胞の品質管理技術のアップデート
  • 安全性管理ガイドラインのアップデート
  • NGSを用いたプロジェクトを管理するための基礎知識
  • NGSを用いたウイルス管理プロジェクトの失敗予知
  • 浮遊細胞の品質管理技術をキャッチアップするために取り掛かるべきこと

プログラム

アーカイブ配信セミナー「培養細胞における細胞特性とゲノム安定性及び特性測定・評価の基礎と実践」

(視聴期間: 2023年2月7日〜21日 / 2023年2月7日までお申し込みを受付)

 培養細胞には、元の組織由来の特性があります。しかし、in vitroで培養することによる様々なストレスにより、その特性が変化してしまうことがよくあります。そのため、細胞特性が変化していないことを確認して、実験を行う必要があります。また、培養中のゲノムの不安定性についても注目されています。特に、iPS/ES細胞のゲノム不安定性については課題となっています。
 そこで、本ウェビナーでは、培養細胞における細胞特性の評価方法、ゲノム安定性についての評価方法について、その基本と実作業について、ご説明します。

  1. 培養細胞の品質とは
  2. 細胞の特性とは
  3. 細胞特性維持と品質管理方法
  4. 細胞特性:細胞増殖能の測定方法
  5. 細胞特性:細胞接着能の評価方法
  6. 細胞特性:未分化性と分化能の評価方法
  7. 各種細胞の実際
    1. 間葉系幹細胞
    2. 多能性幹細胞
    3. 肝細胞
    4. 神経系細胞
    5. 唾液腺由来幹細胞
    6. ケラチノサイト
  8. ゲノム不安定性とは
  9. 各種細胞のゲノム不安定性
    1. マウス線維芽細胞
    2. 多能性幹細胞
    3. ヒト上皮系細胞
  10. ゲノム安定性の検査方法
  11. 現場でできる染色体検査
    • 質疑応答

アーカイブ配信セミナー「浮遊細胞培養における品質管理」

(視聴期間: 2023年4月6日〜19日 / 2023年4月6日までお申し込みを受付)

 バイオ医薬品の大量生産のために浮遊細胞の培養が普及しています。これらの品質管理においては安全性の観点からガイドラインが整備・運用されてきました。近年発展してきた新しい生物分析手法を品質管理に適用することでより安全性を高めることができるため、それらを含めたガイドラインの改定が始まっています。
 本講座では特に難易度の高いNGS技術に焦点を当て、実装方法を議論します。

  1. トラディショナルな浮遊細胞分析手法
    1. 安全性管理のための分析手法
    2. 生産性管理のための分析手法
  2. ICH Guideline Q5A (R2) Final Concept Paper
    1. ICH Q5A (R2) FCPの概要
    2. 新しいモダリティ
    3. 新しい製造技術
    4. 新しい分析技術
  3. ICH Guideline Q5A (R2) step2b
    1. ICH Q5A (R2) step2bの概要
    2. ICH Q5A (R2) step2bの論点
    3. NGSに代替されるトラディショナルな分析手法
  4. Next Generation Sequencing (NGS)
    1. 塩基配列の長さと本数
    2. NGS技術の費用と期間
    3. 公共データベース
  5. NGSを用いたウイルス管理
    1. 塩基配列に基づくウイルスの分析手法
    2. NGSを用いたウイルス管理の概要
    3. ウイルス解析の障害
    4. NGSを用いたウイルス分析手法
  6. NGSを用いた細胞品質管理
    1. 生産物モノクローナリティの分析手法
    2. 細胞Liberality の利用
    3. 浮遊細胞の細胞不均一性分析手法
    4. 細胞モノクローナリティの検証方法
  7. どこから手をつけるか
    • 質疑応答

講師

  • 古江 美保
    株式会社セルミミック
    代表取締役
  • 緒方 法親
    株式会社日本バイオデータ
    CEO and Founder

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 34,200円 (税別) / 37,620円 (税込)
複数名
: 25,000円 (税別) / 27,500円 (税込)

複数名受講割引

  • 2名様以上でお申込みの場合、1名あたり 25,000円(税別) / 27,500円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 34,200円(税別) / 37,620円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 50,000円(税別) / 55,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 75,000円(税別) / 82,500円(税込)
  • 同一法人内 (グループ会社でも可) による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。
    申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」とご記入ください。
  • 他の割引は併用できません。
  • サイエンス&テクノロジー社の「2名同時申込みで1名分無料」価格を適用しています。

アカデミー割引

教員、学生および医療従事者はアカデミー割引価格にて受講いただけます。

  • 1名様あたり 10,000円(税別) / 11,000円(税込)
  • 企業に属している方(出向または派遣の方も含む)は、対象外です。
  • お申込み者が大学所属名でも企業名義でお支払いの場合、対象外です。

アーカイブ配信セミナー

  • 「ビデオグ」を使ったアーカイブ配信セミナーとなります。
  • 当日のセミナーを、後日にお手元のPCなどからご視聴ができます。
  • お申し込み前に、 視聴環境 をご確認いただき、 視聴テスト にて動作確認をお願いいたします。
  • 後日(開催終了後から10日以内を目途)に、ID,パスワードをメールにてご連絡申し上げます。
  • 視聴期間は、それぞれ 2023年2月7日〜21日、2023年4月6日〜19日を予定しております。ご視聴いただけなかった場合でも期間延長いたしませんのでご注意ください。
  • セミナー資料は、PDFファイルをダウンロードいただきます。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2024/6/19 はじめての品質対応 / なんとか改善したい品質対応 5つのポイント オンライン
2024/6/21 品質管理の基礎 (4日間) オンライン
2024/6/21 品質管理の基礎 (3) オンライン
2024/6/24 半導体産業入門と開発、製造の実務 (2日間) オンライン
2024/6/24 半導体産業入門と開発、製造の実務 (前工程) オンライン
2024/6/24 GCTPに対応した再生医療等製品の品質マネジメントシステム構築 オンライン
2024/6/24 バイオ医薬品製造におけるGMP対応をふまえたプロセス開発からの設備設計・スケールアップ オンライン
2024/6/25 半導体産業入門と開発、製造の実務 (後工程) オンライン
2024/6/25 品質管理の基礎 (4) オンライン
2024/6/27 新規モダリティ医薬の市場規模/薬価/売上予測と事業性評価 オンライン
2024/6/27 mRNA/LNP (脂質ナノ粒子) 医薬品コース オンライン
2024/6/27 mRNA-LNP医薬品における製剤化・製造・品質管理と品質審査の論点 オンライン
2024/7/4 バイオ医薬品製造におけるGMP対応をふまえたプロセス開発からの設備設計・スケールアップ オンライン
2024/7/8 新規モダリティ医薬の市場規模/薬価/売上予測と事業性評価 オンライン
2024/7/8 mRNA/LNP (脂質ナノ粒子) 医薬品コース オンライン
2024/7/8 mRNA-LNP医薬品における製剤化・製造・品質管理と品質審査の論点 オンライン
2024/7/16 QC (試験部門) における効果的な電子化、電子化後のデータファイルの保管・管理における実務ポイント オンライン
2024/7/18 電子系向けに特化したDRBFM (Design Review based on Failure Mode) 東京都 会場・オンライン
2024/7/25 機械学習による細胞培養の培地改良および開発のポイント オンライン
2024/7/25 バイオ医薬品 原薬製造工程・セルバンク管理/申請コース オンライン