技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

再生医療 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)

特許情報分析(パテントマップ)から見た

再生医療 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)

~注目技術別動向予測シリーズ~
再生医療 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)の画像

概要

本調査報告書は、「再生医療」に関するパテントマップ、パテントチャートを作成し、技術開発動向、最近の注目技術など具体的なデータを提供しております。
再生医療 技術開発実態分析調査報告書の書籍版 もご用意しております。

ご案内

1. 調査目的

京都大学の山中伸弥教授のノーベル賞受賞で一躍脚光を浴びたiPS細胞を始めとした再生医療について、特許件数、出願人、発明者、特許分類などに対し、時系列推移、技術分布、技術相関など様々な観点から分析したパテントマップを作成し、

  • (1). どのような出願人が再生医療発明を行っているか、
  • (2). 出願人がどのような技術を保有しているか、
  • (3). 出願人の技術開発動向はどのように推移しているか、
  • (4). 上位出願人、及び山中教授の出願動向や共同出願人との連携状況はどうなっているか、
    等を明確にして、日本の再生医療の現状について知財情報を可視化して、今後の技術開発の参考に供する。

2. 特許情報の収集方法

本調査報告書は、2012年12月31日以前に出願され、2013年9月30日までに公開、公表、再公表、および国際公開された日本特許について、検索・収集した。また、報告書作成には、パテントマップ作成支援ソフト「パテントマップEXZ」(インパテック(株)製)を使用した。
特許情報公報の総数は10,519件である。
尚、検索に利用した国際公報検索は、発明者の検索は可能であるが、データとして出力されないため、山中伸弥教授の発明の分析に漏れを出さないため別途検索を行った。また、山中伸弥教授の上位3共同発明者のチャート分析を行うため、及び最近2年間の動向分析のため、別途検索を行った。

3. 報告書の構成

本報告書は、以下の3つの部分から構成されている。

  • 1. パテントマップ編
    • A. 技術開発成果(特許取得の推移)
    • B. 技術開発リソース(発明者の活動状況)
    • C. 技術開発分野(特許分類およびキーワード分析)
    • D. 主要出願人出願動向(特許状況分析)※下記主要4出願人について分析を行った。
      • ① 独立行政法人科学技術振興機構
      • ② 独立行政法人産業技術総合研究所
      • ③ 国立大学法人京都大学
      • ④ オリンパス(株)
    • E. 発明者個別分析 ※下記主要4発明者について分析を行った。
      • ① 山中伸弥教授
      • ② 山中伸弥教授の共同発明者・発明件数上位3
    • F. 最近2年間の動向分析(2011年10月~2013年9月公開)
    • G. 弁理士(特許事務所)の動向分析
  • 2. パテントチャート編
  • 3. 総括コメント

4. 本報告書の特徴

  • 「再生医療」に関する技術動向が分かりやすく把握できる
  • 主要出願人の特許動向が読み取れる。
  • パテントマップおよびパテントチャートで視覚的に理解しやすい

パテントマップ実例、および本文中の実際のページ例


目次

はじめに

調査分析結果

1. パテントマップ編

  • A. 技術開発成果(特許出願の推移等)
    • 1. 出願件数の推移(年次、累計)
    • 2. 出願人の推移(年次、累計)
    • 3. 新規出願人の推移(年次、累計)
    • 4. 出願人別特許件数(上位50)
    • 5. 出願人別シェア(上位4)
    • 6. 出願人別勢力図(上位7)
    • 7. 出願人別件数推移(上位15)
    • 8. 出願人別参入撤退(上位20)
    • 9. 早期参入出願人(5件以上・上位30)
    • 10. 早期撤退出願人(10件以上・上位30)
    • 11. 遅く参入した出願人(10件以上・上位40)
  • B. 技術開発リソース(発明者の活動状況)
    • B-1. 発明者数
      • 1.発明者数の推移(年次、累計)
      • 2.新規発明者数の推移(年次、累計)
    • B-2. 発明者別特許件数
      • 1.発明者別特許件数ランキング(上位50)
      • 2.発明者別特許件数の伸長率(上位50)
    • B-3. 発明者活動実態
      • 1.発明者別登場・退場状況(上位40)
      • 2.発明者別登場・退場状況(最近40・3件以上)
      • 3.発明者別登場・退場状況(早期参入40)
  • C. 技術開発分野(特許分類およびキーワード分析)
    • C-1. 特許分類数
      • 1.新規IPCおよび新規FI分類数の推移(年次、累計)
      • 2.新規Fターム分類数の推移(年次、累計)
    • C-2. 特許分類別特許件数
      • 1.IPC分類別特許件数ランキング(上位50)
      • 2.FI(IPC記号)分類別特許件数ランキング(上位50)
      • 3.FI(IPC+展開+分類識別・記号)分類別特許件数ランキング(上位50)
      • 4.Fターム分類別特許件数ランキング(上位50)
      • 表1:IPC分類リスト(上位50)
      • 表2:FI(IPC記号)分類リスト(上位50)
      • 表3:FI(IPC+展開+分冊識別・記号)分類リスト(上位50)
      • 表4:Fターム分類リスト(上位50)
      • 5.特許分類(IPC,FI)別特許件数の推移(上位10、年次)
      • 6.特許分類(Fターム)別特許件数の推移(上位10、年次)
      • 7.特許分類(FI展開記号)別特許件数の推移(上位10、年次)
      • 8.IPC vs FIの相関件数(上位15、累計)
      • 9.IPC分類別特許件数の伸長率(上位50)
      • 10.FI(IPC記号)分類別特許件数の伸長率(上位50)
      • 11.FI(IPC+展開+分冊識別・記号)分類別特許件数の伸長率(上位50)
      • 12.Fターム分類別特許件数の伸長率(上位50)
    • C-3. キーワード別特許件数
      • 1.キーワード別件数(累計)
      • 2.キーワード別件数の推移(幹細胞・ES細胞・iPS細胞、年次)
      • 3.幹細胞・出願人別件数(上位50、累計)
      • 4.ES細胞・出願人別件数(上位20、累計)
      • 5.iPS細胞・出願人別件数(上位20、累計)
    • C-4. キーワード別展開
      • 1.幹細胞・出願人別出現・消失状況(上位20)
      • 2.ES細胞・出願人別出現・消失状況(上位20)
      • 3.iPS細胞・出願人別出現・消失状況(上位20)
      • 4.幹細胞・発明者別出現・消失状況(上位20)
      • 5.ES細胞・発明者別出現・消失状況(上位20)
      • 6.iPS細胞・発明者別出現・消失状況(上位20)
    • C-5. キーワード別特許分類推移
      • 1.幹細胞・IPC分類推移(上位10、年次)
      • 2.幹細胞・FI分類推移(上位10、年次)
      • 3.幹細胞・Fターム分類推移(上位10、年次)
      • 4.ES細胞・IPC分類推移(上位10、年次)
      • 5.iPC細胞・IPC分類推移(上位10、年次)
    • C-6. キーワード別IPC件数比較
      • 1.幹細胞vs. ES細胞・IPC件数比較(上位20、累計)
      • 2.幹細胞vs. iPS細胞・IPC件数比較(上位20、累計)
      • 3.iPS細胞vs.ES細胞・IPC件数比較(上位20、累計)
  • D. 上位4出願人個別分析
    • D-1. 科学技術振興機構
      • 1.科学技術振興機構 特許件数推移(年次、累計)
      • 2.科学技術振興機構 発明者・新規発明者数推移(年次、累計)
      • 3.科学技術振興機構 発明者特許件数(累計)
      • 4.科学技術振興機構 発明者別出現・消失状況(上位30)
      • 5.科学技術振興機構 発明者別出現・消失状況(早期参入30)
      • 6.科学技術振興機構 発明者別出現・消失状況(最近参入30)
      • 7.科学技術振興機構 特許分類別特許件数の推移(IPC・FI上位15、年次)
      • 8.科学技術振興機構 特許分類特許件数の推移(Fターム上位15、年次)
      • 9.科学技術振興機構 特許分類別件数の伸長率(IPC・FI上位15)
      • 10.科学技術振興機構 特許分類別件数の伸長率(Fターム上位15)
      • 11.科学技術振興機構 キーワード別特許件数の伸長率(上位15)
      • 12.科学技術振興機構 研究開発ライフサイクル
      • 13.科学技術振興機構 共同出願人との出願件数(上位20)
    • D-2. 産業技術総合研究所
      • 1.産業技術総合研究所 特許件数推移(年次、累計)
      • 2.産業技術総合研究所 発明者・新規発明者数推移(年次、累計)
      • 3.産業技術総合研究所 発明者特許件数(累計)
      • 4.産業技術総合研究所 発明者出現・消失状況(上位30)
      • 5.産業技術総合研究所 発明者出現・消失状況(早期参入30)
      • 6.産業技術総合研究所 発明者出現・消失状況(最近参入30)
      • 7.産業技術総合研究所 特許分類別 特許件数推移(IPC・FI上位15、年次)
      • 8.産業技術総合研究所 特許分類別 特許件数推移(Fターム上位15、年次)
      • 9.産業技術総合研究所 特許分類別件数の伸長率(IPC・FI上位15)
      • 10.産業技術総合研究所 特許分類別件数の伸長率(Fターム上位15)
      • 11.産業技術総合研究所 キーワード別特許件数の伸長率(上位15)
      • 12.産業技術総合研究所 研究開発ライフサイクル
      • 13.産業技術総合研究所 共同出願人との出願件数(上位20)
      • 14.科学技術振興機構vs.産業技術総合研究所 キーワード比較
    • D-3. 京都大学
      • 1.京都大学 特許件数推移(年次、累計)
      • 2.京都大学 発明者・新規発明者数推移(年次、累計)
      • 3.京都大学 発明者特許件数(累計)
      • 4.京都大学 発明者出現・消失状況(上位30)
      • 5.京都大学 発明者出現・消失状況(早期参入30)
      • 6.京都大学 発明者出現・消失状況(最近参入30、最近出願30)
      • 7.京都大学 特許分類別特許件数の推移(IPC,FI上位10、年次)
      • 8.京都大学 特許分類特許件数の推移(Fターム上位10、年次)
      • 9.京都大学 キーワード別特許件数の推移(上位10、年次)
      • 10.京都大学 特許分類別件数の伸長率(IPC,FI上位15)
      • 11.京都大学 特許分類別件数の伸長率(Fターム上位15)
      • 12.京都大学 キーワード別特許件数の伸長率(上位15)
      • 13.京都大学 研究開発ライフサイクル
      • 14.京都大学 共同出願人との出願件数(上位20)
    • D-4. オリンパス(株)
      • 1.オリンパス 特許件数推移(年次、累計)
      • 2.オリンパス 発明者・新規発明者数推移(年次、累計)
      • 3.オリンパス 発明者特許件数(累計)
      • 4.オリンパス 発明者別出現・消失状況(上位30)
      • 5.オリンパス 発明者別出現・消失状況(早期参入30)
      • 6.オリンパス 発明者別出現・消失状況(最近参入30、最近出願30)
      • 7.オリンパス 特許分類別特許件数の推移(IPC・FI上位15、年次)
      • 8.オリンパス 特許分類特許件数の推移(Fターム上位15、年次)
      • 9.オリンパス キーワード別特許件数の推移(上位15、年次)
      • 10.オリンパス 特許分類別件数の伸長率(IPC・FI上位15)
      • 11.オリンパス 特許分類別件数の伸長率(Fターム上位15)
      • 12.オリンパス キーワード別特許件数の伸長率(上位15)
      • 13.オリンパス 研究開発ライフサイクル
      • 14.オリンパス 共同出願人との出願件数(上位20)
  • E. 発明者個別分析
    • E-1. 山中伸弥教授
      • 1.山中伸弥教授 特許件数推移(年次、累計)
      • 2.山中伸弥教授 出願人・新規出願人数推移(年次、累計)
      • 3.山中伸弥教授 共同発明者・新規共同発明者数推移(年次、累計)
      • 4.山中伸弥教授 出願人別特許件数(累計)
      • 5.山中伸弥教授 出願人別件数推移(年次)
      • 6.山中伸弥教授 出願人別共同発明件数(累計)
      • 7.山中伸弥教授 出願人別出現・消失状況
      • 8.山中伸弥教授 共同発明者別出願数
      • 9.山中伸弥教授 共同発明者別出現・消失状況
      • 10.山中伸弥教授 共同発明者別出願数推移
      • 11.山中伸弥教授 出願人*共同発明者件数(共同発明2件以上)
      • 12.山中伸弥教授 特許分類別特許件数(IPC,FI上位20,累計)
      • 13.山中伸弥教授 特許分類特許件数(Fターム 上位20,累計)
      • 14.山中伸弥教授 特許分類別特許件数推移(IPC,FI上位15,年次)
      • 15.山中伸弥教授 特許分類特許件数推移(Fターム、上位15、年次)
      • 16.山中伸弥教授 特許分類特許件数の伸長率(IPC,上位10)
      • 17.山中伸弥教授 特許分類特許件数の伸長率(FI,上位15)
      • 18.山中伸弥教授 特許分類特許件数の伸長率(Fターム、上位15)
      • 19.山中伸弥教授 キーワード別特許件数(上位20,累計)
      • 20.山中伸弥教授 キーワード別特許件数推移(上位15,年次)
      • 21.山中伸弥教授 キーワード別特許件数の伸長率(上位15)
      • 22.山中伸弥教授 研究開発ライフサイクル
    • E-2. 山中教授の共同発明者
      • 1.山中教授の共同発明者 特許件数推移(年次、累計)
      • 2.山中教授の共同発明者 発明者別件数(累計)
      • 3.山中教授の共同発明者 発明者別出現・消失状況(上位30)
      • 4.山中教授の共同発明者 発明件数推移
      • 5.山中教授の共同発明者 所属団体の推定
      • 6.山中教授の共同発明者 特許分類別件数推移(IPC,FI 上位15、年次)
      • 7.山中教授の共同発明者 特許分類別件数推移(Fターム 上位15、年次)
      • 8.山中教授の共同発明者 キーワード別件数推移(上位15、年次)
      • 9.山中教授の共同発明者 特許分類別件数の伸長率(IPC,FI 上位15)
      • 10.山中教授の共同発明者 特許分類別件数の伸長率(FI 上位15)
      • 11.山中教授の共同発明者 特許分類別件数の伸長率(Fターム 上位15)
      • 12.山中教授の共同発明者 キーワード別件数の伸長率(上位15)
      • 13.山中教授の共同発明者 研究開発ライフサイクル
  • F. 最近2年間の動向分析(2011年10月~2013年9月公開)
    • 1. 出願人別公開件数(上位20、累計)
    • 2. 出願人別公開件数推移(上位20、年次)
    • 3. 出願人別公開件数占有率(上位20、累計)
    • 4. IPCサブグループ別公開件数ランキング(上位20、累計)
    • 5. FI別公開件数ランキング(上位20、累計)
    • 6. Fターム別公開件数ランキング(上位20、累計)
    • 7. キーワード別公開件数ランキング(上位20、累計)
    • 8. 上位20出願人と上位20IPCサブグループ分類との公開件数相関
    • 9. 上位20出願人と上位20FI(IPC+展開+分冊識別・記号)との公開件数相関
    • 10. 上位20出願人と上位20Fタームとの公開件数相関
    • 11. 上位15出願人と上位15キーワードとの公開件数相関
    • 12. 上位15IPCと上位15キーワードの相関件数
    • 13. 上位15FIと上位15キーワードの相関件数
    • 14. 上位15Fタームと上位15キーワードの相関件数
    • 15. 上位15キーワードの相互相関件数
  • G. 弁理士(特許事務所)の動向分析
    • 1. 弁理士(特許事務所)別(上位40)公開件数ランキング
    • 2. 弁理士(特許事務所)別公開件数の推移(上位40)
    • 3. 弁理士(特許事務所)(上位40)と出願人(上位20)の公開件数相関
    • 4. 弁理士(特許事務所)の相互相関件数(上位20)

2. パテントチャート編

  • 1. 山中教授の時系列(出願)チャート分析
  • 2. 山中教授の上位3共同発明者とキーワードのマトリクスチャート分析

3. 総括コメント

参考資料

  • 資料1 : 出願人統合リスト

出版社

お支払い方法、返品の可否は、必ず注文前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本出版物に関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(出版社への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

体裁・ページ数

CD-ROM (PDF版書籍、Viewerソフトウェア、パテントマップ・チャート添付) 194ページ

ISBNコード

ISBN978-4-86483-320-2

発行年月

2014年1月

販売元

tech-seminar.jp

価格

47,727円 (税別) / 52,500円 (税込)

同時購入割引

書籍版・CD-ROM版 の同時購入で 82,500円(税込) (通常価格 105,000円 税込) でご購入いただけます。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2021/12/2 再生医療等製品におけるCMC薬事・申請の主な課題とそのポイント オンライン
2021/12/7 バイオリアクターの装置および操作の設計、スケールアップ オンライン
2021/12/14 抗体医薬品の特許戦略 オンライン
2021/12/15 基礎から理解する細胞培養とその応用・産業活用のポイント解説 オンライン
2021/12/17 中分子医薬品の特許クリアランス調査と特許戦略 オンライン
2021/12/20 再生医療等製品・遺伝子治療薬における費用対効果評価と薬価戦略・申請 オンライン
2021/12/21 バイオ医薬品・再生医療製造におけるクリーンルームの除染バリデーション オンライン
2021/12/23 再生医療のための機能性高分子バイオマテリアルおよび、足場材料の基礎と最新動向 オンライン
2022/1/13 再生医療用機能性高分子足場材料の最新動向 オンライン
2022/1/14 ベクター・プラスミドDNAのCMC規制/GMP対応と最新の分析技術 オンライン
2022/1/17 再生医療等製造施設におけるGCTP (製造管理・品質管理) 対応のポイントと査察対応 オンライン
2022/1/18 再生医療の国内法規制動向と開発からビジネスのポイント オンライン
2022/1/19 再生医療ビジネス及び周辺ビジネスの実際と参入戦略 オンライン
2022/1/26 再生医療等製品・遺伝子治療薬開発のための生物由来原料基準/カルタヘナ法 徹底解説 オンライン
2022/1/28 遺伝子改変マウス作製技術の基礎と応用 オンライン
2022/2/15 Injectable ハイドロゲルが分かる一日速習セミナー オンライン
2022/2/25 医療・ヘルスケア分野参入に向けた新規事業・研究開発テーマ企画の心得と戦略 オンライン
2022/2/25 医療・ヘルスケア分野参入に向けた新規事業・研究開発テーマ企画のための応用別ニーズ・課題動向 オンライン
2022/2/25 医療・ヘルスケア分野参入に向けた新規事業・研究開発テーマ 全2コースセット オンライン
2022/3/24 再生医療等製品の保険償還価格申請・原価計算方法の実際と交渉で有効なデータ取得・資料作成のポイント オンライン