技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

車載電池の熱マネジメントに向けた周辺材料開発

車載電池の熱マネジメントに向けた周辺材料開発

オンライン 開催

開催日

  • 2023年1月31日(火) 10時30分 16時15分

修得知識

  • FRTPへの遮燃性付与
  • 車載電池周辺部材への応用
  • リチウムイオン電池用断熱材、熱拡散材の開発と応用
  • 熱膨張断熱ゴムの特徴
  • 自動車用リチウムイオン電池の熱暴走抑制への応用

プログラム

第1部 FRTPへの遮燃性付与と車載電池周辺部材への応用

(2023年1月31日 10:30〜12:00)

  1. 車載電池に求められる安全性
    1. セルの発火リスクの増大
    2. セルの種類と発火リスク
    3. 熱暴走と熱連鎖
    4. 安全規格
  2. バッテリーケースとFRPTP
    1. バッテリーケースの材質
    2. FRPの可能性
    3. FRTP
    4. FRTPへの遮炎性の付与
    5. FRTPへの遮燃性付与と車載電池周辺部材への応用
    • 質疑応答

第2部 リチウムイオン電池用断熱材、熱拡散材の開発とその可能性

(2023年1月31日 13:00〜14:30)

 近年、リチウムイオン電池 (LiB) は自動車の電動化に向けて駆動用モーターやインバーターモジュールとともに基幹部品として重要な役割を果たしつつある。BEVでは航続距離を伸ばすために電池容量を相応に大きくし,かつ自動車としてのパッケージを最適化するよう高密度にモジュール化され適切な場所に設置する必要がある。そのため,LiBのサーマルマネジメント対策が重要な役割を果たしてくることになり,通常使用時の経時劣化を極力抑えるだけでなく,万が一の延焼防止対策を行い車両火災につながる大事故を回避するなど安全で快適な電動車両の提供につながるBMS (バッテリーマネジメントシステム) を担う保安技術の一つである。
 本講では車載LiB用のサーマルマネジメント材として供される断熱材、熱拡散材について現状と今後の課題と可能性を解説する。

  1. どの部分に断熱材、熱拡散材が使われるか?
  2. 特許情報から見た技術トレンド
  3. 阿波製紙の断熱材、熱拡散材について
  4. 断熱材、熱拡散材の課題と今後の可能性について
    • 質疑応答

第3部 熱膨張断熱ゴムの特徴と自動車用リチウムイオン電池の熱暴走、発火抑制への応用

(2023年1月31日 14:45〜16:15)

 LIBは、可燃性の有機溶剤を使用しているため過充電やショートによる発熱で電解質が揮発すると高熱 (熱暴走が発生) ショートによる火花で引火する危険性が高まる。さらに、強い衝撃が加わることで電池ケースの破損が発生し、 漏れた有機溶剤が発火を起こしている。 LIBの発火事故については自動車メーカ各社では、衝撃対策を含めた各種の対応が既にとられている。
 本講では国産のEVに搭載されているLIBの熱暴走発生時の対応 (抑制) として使用されている熱膨張断熱ゴムの内容、特性を含めた諸物性について述べる。さらに、熱膨張断熱ゴムの他使用例についても述べる。

  1. はじめに
  2. LIBの安全性向上ための熱膨張断熱ゴムの役割り
  3. 熱膨張断熱ゴムとは
  4. 熱膨張断熱ゴムの膨張特性
    1. 膨張率
    2. 膨張時の反力
    3. 熱伝導性
  5. 熱膨張断熱ゴムのゴム材質について
    1. 耐電解液性
    2. 難燃性
  6. その他の使用例
    • 質疑応答

講師

  • 高田 信暁
    三菱ケミカル株式会社 アドバンストソリューションズドメイン アドバンストソリューションズ企画本部 戦略部 事業開発セクション
  • 横田 博
    阿波製紙株式会社
    執行役員 事業開発部長
  • 堀田 透
    藤倉コンポジット株式会社
    技術顧問

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 55,000円 (税別) / 60,500円 (税込)
複数名
: 50,000円 (税別) / 55,000円 (税込)

複数名同時受講割引について

  • 2名様以上でお申込みの場合、1名あたり 50,000円(税別) / 55,000円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 55,000円(税別) / 60,500円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 100,000円(税別) / 110,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 150,000円(税別) / 165,000円(税込)
  • 同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 他の割引は併用できません。

アカデミック割引

  • 1名様あたり 30,000円(税別) / 33,000円(税込)

日本国内に所在しており、以下に該当する方は、アカデミック割引が適用いただけます。

  • 学校教育法にて規定された国、地方公共団体、および学校法人格を有する大学、大学院、短期大学、附属病院、高等専門学校および各種学校の教員、生徒
  • 病院などの医療機関・医療関連機関に勤務する医療従事者
  • 文部科学省、経済産業省が設置した独立行政法人に勤務する研究者。理化学研究所、産業技術総合研究所など
  • 公設試験研究機関。地方公共団体に置かれる試験所、研究センター、技術センターなどの機関で、試験研究および企業支援に関する業務に従事する方
  • 支払名義が企業の場合は対象外とさせていただきます。
  • 企業に属し、大学、公的機関に派遣または出向されている方は対象外とさせていただきます。

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2023/1/30 電気自動車におけるバッテリーマネジメントの基礎知識 オンライン
2023/1/31 半導体実装の各種材料・プロセスの基礎ならびにポイント オンライン
2023/2/2 リチウムイオン電池の基礎とパワーエレクトロニクス技術 オンライン
2023/2/8 リチウムイオン蓄電池の種類と使われ方、課題と対処 入門編 オンライン
2023/2/17 燃料電池、水素・アンモニアエネルギーの最新動向と今後のビジネスチャンス 東京都 会場・オンライン
2023/2/20 電気二重層キャパシタの基礎と自動車への応用技術、今後の可能性 オンライン
2023/2/21 知っておきたい伝熱計算の基礎知識 オンライン
2023/2/21 全固体リチウム二次電池の開発動向と実用化への課題 オンライン
2023/2/21 ベーパーチャンバーとTIM材 オンライン
2023/2/22 バッテリーマネジメント用リチウムイオン電池のインピーダンス測定の考え方 オンライン
2023/2/22 有機リチウムイオン二次電池における技術・研究開発の現状と今後の動向 オンライン
2023/2/24 EV用リチウムイオン電池のリユース、リサイクル オンライン
2023/2/24 バッテリマネジメントシステムの基礎とバッテリパックの設計手法 オンライン
2023/2/27 マイクロ波加熱を用いた使用済みリチウムイオンバッテリーからのニッケル・コバルト回収 オンライン
2023/2/28 自動車における熱マネジメント技術と求められる技術・部品・材料 オンライン
2023/2/28 車載用電池事業のグローバル競争と次世代電池に対する産学官の役割 オンライン
2023/3/1 自動車用ワイヤレス給電の基礎と実用化に向けた法整備・標準化、及び技術的課題 オンライン
2023/3/2 スラリーの分散・調製技術と分散状態評価 オンライン
2023/3/2 電気自動車市場の成長とリチウムイオン電池のリユース・リサイクルの動向 オンライン
2023/3/6 EV / HEV用 主機モータとPCUの冷却・放熱技術 会場

関連する出版物

発行年月
2022/10/17 リチウムイオン電池の拡大と正極材のコスト & サプライ (書籍 + PDF版)
2022/10/17 リチウムイオン電池の拡大と正極材のコスト & サプライ
2022/9/16 2022年版 蓄電池・蓄電部品市場の実態と将来展望
2022/9/14 リチウムイオン電池の製造プロセス & コスト総合技術2022 (進歩編)
2022/9/8 リチウムイオン電池の製造プロセス & コスト総合技術2022 (基礎編)
2022/9/8 リチウムイオン電池の製造プロセス & コスト総合技術2022 (基礎編 + 進歩編)
2022/8/19 2022年版 リチウムイオン電池市場の実態と将来展望
2022/6/30 二次電池の材料に関する最新技術開発
2022/6/13 LiBメーカー主要7社 (CD-ROM版)
2022/6/13 LiBメーカー主要7社
2022/5/6 EV、PHEV、HEVと燃料電池車の環境・走行性能分析 (書籍+PDF版)
2022/5/6 EV、PHEV、HEVと燃料電池車の環境・走行性能分析 (書籍版)
2022/4/15 2022年版 スマートモビリティ市場の実態と将来展望
2022/4/11 世界の車載用LIBのリユース・リサイクル 最新業界レポート
2022/3/9 EV用リチウムイオン電池と原材料・部材のサプライチェーン (書籍版)
2022/3/9 EV用リチウムイオン電池と原材料・部材のサプライチェーン (書籍 + PDF版)
2022/2/18 2022年版 二次電池市場・技術の実態と将来展望
2022/2/4 世界のxEV、車載用LIB・LIB材料 最新業界レポート
2022/1/20 脱炭素へ、EVの役割と電池・原材料の安定供給 2030/35年モデルと諸問題の検証
2021/12/10 2022年版 スマートデバイス市場の実態と将来展望