技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

ギ酸の合成技術と水素・エネルギーキャリアの可能性

ギ酸の合成技術と水素・エネルギーキャリアの可能性

オンライン 開催

概要

本セミナーでは、安価で爆発性のないエネルギーキャリア、水素キャリアとして注目されているギ酸について取り上げ、ギ酸の基礎から、ギ酸の脱水素化、水素製造技術、CO2の水素化によるギ酸合成技術までを詳解いたします。

開催日

  • 2022年6月7日(火) 10時30分 16時15分

修得知識

  • 新たなエネルギーの輸送貯蔵方法
  • エネルギー変換技術に関する最新の研究開発動向
  • ギ酸からの水素製造方法に関する基本的な知識・技術
  • ギ酸からの水素製造および発電に関するメリット・デメリット
  • その他、水素貯蔵・水素製造に関する全体の流れ
  • 金属触媒・金属ナノ粒子触媒の基礎概念
  • 構造制御した金属ナノ粒子触媒の設計と各種調製法
  • ギ酸の分解・合成反応における最先端の金属ナノ粒子触媒応用技術

プログラム

第1部 ギ酸のエネルギーキャリアとしての可能性

~ ギ酸の合成技術、ギ酸燃料電池の開発 ~

(2022年6月7日 10:30〜12:00)

 地球温暖化問題の解決に向けてCO2の排出削減・有効活用技術開発や再生可能エネルギーの利用促進が求められています。これらの達成に向けて、解決すべき課題が数多く残されています。その中で、私達は「ギ酸」をエネルギーキャリアとした再生可能エネルギーの輸送・貯蔵方法を提案しています。このエネルギーの変換方法を実現するため「CO2の電気化学還元によるギ酸の合成」と「直接ギ酸形燃料電池」の高性能化が必要となり、本研究室ではこれらの技術開発を進めています。
 本講座では、あまり耳にすることがない、エネルギーキャリアとしての「ギ酸」の将来性や可能性について紹介したあとに、上記2つの要素技術の国内・国外における技術開発動向を説明します。その後、本研究室での高性能化に向けた取り組みを紹介します。本講座では、新たなエネルギーキャリアとして「ギ酸」が大きな可能性を秘めていることをお伝えできればと思います。

  1. はじめに
    1. 地球温暖化とCO2排出
    2. 再生可能エネルギーの導入と課題
    3. エネルギーキャリア
    4. エネルギーキャリアとしてのギ酸
    5. ギ酸を中心とした循環型社会
  2. 直接ギ酸形燃料電池
    1. 直接形燃料電池
    2. 直接ギ酸形燃料電池
    3. 直接ギ酸形燃料電池の課題
    4. 直接ギ酸形燃料電池の高性能化に向けた本研究の取り組み (触媒)
    5. 直接ギ酸形燃料電池の高性能化に向けた本研究の取り組み (電極構造)
  3. CO2の電気化学還元によるギ酸の合成
    1. CO2回収・有効利用技術開発の動向
    2. 電気化学還元によるCO2からの有用物質の生成
    3. CO2の電気化学還元によるギ酸合成の研究動向と課題
    4. CO2の電気化学還元によるギ酸合成に関する本研究の取り組み
  4. まとめおよび今後の展望
    • 質疑応答

第2部 ギ酸の水素キャリアとしての可能性とギ酸からの高圧水素製造技術の開発

(2022年6月7日 13:00〜14:30)

 ギ酸は液体水素、アンモニア、メチルシクロヘキサンと同様に、水素キャリアとして有望な物質の一つとして、私達は考えています。そのギ酸を使った発電は、まだまだ解決・改良する点を多く含むものの、既に欧州で試験運用が始まっています。
 一方、日本では、研究レベルでは、十分な研究成果を有している自負しておりますが、製品化へのレベルでは、そのステージにすら達していません。そういった事情もあり、私達は、2030年位までを目標に、各種技術を使ってギ酸発電の製品化を目指しています。
 今回のセミナーでは、ギ酸からの水素製造に興味のある方や、ギ酸発電機の開発を考えてみたいと思う方々にむけて、小職の有する成果を紹介する予定です。

  1. はじめに
  2. 昨今の水素エネルギー・水素キャリアに関する状況について
  3. ギ酸に関する状況
  4. ギ酸の脱水素化および、脱水素化のための触媒
  5. ギ酸からの水素製造
  6. 高圧ガス (超臨界流体も含む) に関する基本的な知識
  7. ギ酸からの高圧ガス製造
  8. 高圧水素と高圧二酸化炭素の分離
  9. 高圧水素と高圧二酸化炭素の精製
  10. 高圧水素に関する状況
  11. 高圧二酸化炭素に関する状況
  12. ギ酸からの水素燃料発電による発電
  13. ギ酸を用いた燃料電池発電に関する世界の状況
  14. ギ酸を用いた燃料電池発電に関する課題等
  15. おわりに
    • 質疑応答

第3部 ギ酸/CO2相互変換を利用した水素の貯蔵/製造を駆動するPd合金ナノ粒子触媒の開発

(2022年6月7日 14:45〜16:15)

 安価で爆発性がなく、二酸化炭素 (CO2) の水素化により再生可能なギ酸 (HCOOH) は水素エネルギーキャリアとして高いポテンシャルをもつ。
 本講座では、ギ酸を水素エネルギーキャリアとして利用すべく、ギ酸脱水素による水素製造、およびCO2の水素化によるギ酸合成反応に基づく化学的水素貯蔵放出システム構築をターゲットとし独自に開発した金属触媒を紹介する。特に触媒設計指針、調製法、担体の影響に加え、様々な分光学的手法により明らかにした原子・分子レベルのナノ構造の触媒機能への影響について概説する。本講座で紹介する触媒設計概念は、様々な物質変換反応における金属触媒開発の一助となる。

  1. 水素エネルギーキャリアとしてのギ酸 – なぜギ酸か? –
  2. ギ酸からの水素製造
    1. PdCu二元系合金ナノ粒子触媒
    2. PdCuCr三元系合金ナノ粒子触媒
    3. PdAg二元系合金ナノ粒子触媒
    4. ギ酸分解反応における担体の役割
  3. ギ酸からの重水素製造
  4. CO2水素化反応によるギ酸合成
    1. シングルサイトRu触媒
    2. PdAg二元系合金ナノ粒子触媒
    3. PdAg触媒の高機能化
  5. ギ酸/CO2相互変換反応
    1. pHスイッチング駆動触媒
    2. 光スイッチング駆動触媒
    • 質疑応答

講師

  • 辻口 拓也
    金沢大学 理工研究域 機械工学系
    准教授
  • 川波 肇
    産業技術総合研究所 触媒化学融合研究センター
    上級主任研究員
  • 森 浩亮
    大阪大学 大学院 工学研究科
    准教授

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 55,000円 (税別) / 60,500円 (税込)
複数名
: 50,000円 (税別) / 55,000円 (税込)

複数名同時受講割引について

  • 2名様以上でお申込みの場合、1名あたり 50,000円(税別) / 55,000円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 55,000円(税別) / 60,500円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 100,000円(税別) / 110,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 150,000円(税別) / 165,000円(税込)
  • 同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 他の割引は併用できません。

アカデミック割引

  • 1名様あたり 30,000円(税別) / 33,000円(税込)

日本国内に所在しており、以下に該当する方は、アカデミック割引が適用いただけます。

  • 学校教育法にて規定された国、地方公共団体、および学校法人格を有する大学、大学院、短期大学、附属病院、高等専門学校および各種学校の教員、生徒
  • 病院などの医療機関・医療関連機関に勤務する医療従事者
  • 文部科学省、経済産業省が設置した独立行政法人に勤務する研究者。理化学研究所、産業技術総合研究所など
  • 公設試験研究機関。地方公共団体に置かれる試験所、研究センター、技術センターなどの機関で、試験研究および企業支援に関する業務に従事する方

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2022/7/12 2050年カーボンニュートラルに向けた水素関連・二酸化炭素資源化関連技術の現状と今後 オンライン
2022/7/20 蓄熱蓄冷・熱エネルギー搬送技術の基礎とそのシステム化技術および最新研究の動向とその新展開 オンライン
2022/7/21 水素社会を展望するための基礎と関連デバイス オンライン
2022/7/27 炭素循環 (カーボンリサイクル) 技術 オンライン
2022/7/28 CO2排出量削減のための電化、再エネ技術の導入と進め方 オンライン
2022/7/28 水素貯蔵材料の基礎と今後の展望 オンライン
2022/8/2 燃料アンモニア製造技術と将来展望 オンライン
2022/8/4 国際エネルギー情勢の危機と原油価格・LNG価格展望、および日本企業がとるべき経営戦略 オンライン
2022/8/9 脱炭素社会実現に向け期待される"バイオものづくり" 微生物の有効活用技術とその未来 オンライン
2022/8/19 EVをはじめとした次世代自動車の最新動向とリチウム、コバルト、ニッケル等のレアメタルと希ガスの今後の見通し オンライン
2022/8/24 グリーン水素製造・輸送における要素技術および実用化に向けた課題・動向 オンライン
2022/8/24 グリーン水素製造のための光触媒を用いた「人工光合成」の基礎と応用、課題、最新動向 オンライン
2022/8/26 グリーン燃料と化学品製造技術と動向 オンライン
2022/8/26 水素脆化のプロセスと評価・解析手法、耐水素脆化特性に優れた材料の開発 オンライン
2022/8/26 水素キャリアおよび脱炭素燃料としてのアンモニア オンライン
2022/8/29 脱炭素におけるバイオマスの最新動向と今後のビジネス・チャンス オンライン
2022/8/29 メタネーション技術の過去・現在・未来 オンライン
2022/8/31 脱炭素・再生可能エネルギー超大量導入時代の「エネルギー貯蔵」 オンライン
2022/9/1 バッテリーマネジメント用リチウムイオン電池のインピーダンス測定の考え方 オンライン
2022/9/5 アルカリ水電解の開発状況・課題と国内外の動向 オンライン

関連する出版物

発行年月
2022/4/15 2022年版 スマートモビリティ市場の実態と将来展望
2022/2/18 2022年版 二次電池市場・技術の実態と将来展望
2022/1/21 2022年版 太陽光発電市場・技術の実態と将来展望
2021/12/16 カーボンニュートラルに向けた中低温産業排熱の最新利用技術と実践例
2021/12/10 2022年版 スマートデバイス市場の実態と将来展望
2021/11/19 世界のカーボンニュートラル燃料 最新業界レポート
2021/9/17 2021年版 スマートグリッド市場の実態と将来展望
2021/7/16 2021年版 スマートエネルギー市場の実態と将来展望
2021/4/30 世界の燃料電池・水素産業 最新業界レポート
2021/2/19 2021年版 二次電池市場・技術の実態と将来展望
2021/1/22 2021年版 太陽光発電市場・技術の実態と将来展望
2020/12/11 2021年版 スマートデバイス市場の実態と将来展望
2020/11/13 2021年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2020/9/18 2020年版 スマートグリッド市場の実態と将来展望
2020/5/22 2020年版 スマートエネルギー市場の実態と将来展望
2020/1/24 2020年版 太陽光発電市場・技術の実態と将来展望
2019/11/15 2020年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2019/9/20 2019年版 スマートグリッド市場の実態と将来展望
2019/4/19 2019年版 スマートエネルギー市場の実態と将来展望
2019/1/25 2019年版 太陽光発電市場・技術の実態と将来展望