技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

高分子複合材料のレオロジーの基礎と応用

高分子複合材料のレオロジーの基礎と応用

~複合化に関わるメカニズムとレオロジー物性との関係 / 高分子の粘弾性的現象論と分子論的メカニズムとの関係 / 材料設計に反映できる複合化による粘弾性的性質の改善 / レオロジーを技術として高分子複合材料の設計・制御への活用~
オンライン 開催

概要

本セミナーでは、レオロジーの基礎から解説し、高分子の粘弾性的現象論と分子論的メカニズムとの関係、、材料設計に反映できる複合化による粘弾性的性質の改善、レオロジーを技術として高分子複合材料の設計・制御への活用について詳解いたします。

開催日

  • 2022年5月31日(火) 13時00分 16時30分

受講対象者

  • 固体・液体を問わず高分子に関連する技術者

修得知識

  • 高分子の粘弾性的現象論と分子論的メカニズムとの関係
  • 複合化による粘弾性的性質の改善に基づき材料設計に反映するための知識
  • レオロジーを技術として活用するためのコツ

プログラム

 レオロジーが主に扱うのは粘弾性という力学挙動であり、典型的な対象物質は高分子です。高分子は、単純化するとひものように長い分子であり、この分子運動と粘弾性との関係解明を基盤としてレオロジーは発展してきました。
 本セミナーのテーマは高分子複合材料ですが、まずは無定形単一高分子の粘弾性につき概説します。工業材料として多くの高分子が多様な形態で使用されていますが、単一高分子に対して付加的な分子間相互作用の導入あるいは他の材料との混合などにより性能向上が図られております。これらの効果を本セミナーでは複合という言葉に含め、後半では技術的応用という観点から複合化に関わるメカニズムとレオロジー物性との関係について説明します。

  1. レオロジーの基礎
    1. 連続体力学の基礎
      1. ひずみ
      2. ひずみ速度
      3. 応力
    2. 粘度と非ニュートン流動
      1. 剪断粘度の定義
      2. 擬塑性流動
      3. ダイラタント流動
      4. 降伏挙動
    3. 粘弾性モデル
      1. 粘性と弾性の熱力学的意味
      2. マックスウェルモデルと応力緩和
      3. フォークトモデルと遅延弾性
    4. 動的粘弾性
      1. 振動ひずみと振動応力
      2. 貯蔵弾性率と損失弾性率
      3. 動的粘弾性関数の周波数依存性
      4. 動的粘弾性曲線からの流体と固体の判別
  2. 無定形単一高分子の粘弾性
    1. 高分子溶液の粘度挙動
      1. 高分子鎖の統計的性質
      2. 低濃度高分子溶液のニュートン流動
      3. 粘度と高分子コイルの体積効果
      4. 分子量と固有粘度との関係
      5. 濃厚高分子溶液の擬塑性流動
      6. 粘度曲線の普遍性
      7. 高分子の分子量と粘度挙動との関係
    2. 高分子固体および溶融体の粘弾性挙動
      1. 高分子のガラス状態とガラス転移
      2. 高分子のガラス状態における粘弾性挙動
      3. 高分子鎖のミクロブラウン運動
      4. 時間 – 温度換算則
      5. シフトファクターの温度依存性
      6. からみあいと緩和時間
      7. 高分子の分子量とマスターカーブとの関係
      8. Cox – Merzの経験則
  3. 高分子複合材料における高次構造および不均一構造と粘弾性
    1. 会合性高分子溶液の粘度挙動
      1. 会合による過渡的分子間結合
      2. 会合性高分子水溶液のダイラタント流動
    2. 結晶性高分子の粘弾性挙動
      1. 高分子鎖の結晶形態
      2. 結晶性高分子の粘弾性挙動と温度
    3. ゴムの粘弾性挙動
      1. ゴムの架橋構造と粘弾性
      2. 重合硬化反応とゲル化
      3. 弾むゴムの粘弾性
    4. 高分子ブレンドの粘弾性挙動
      1. 非相溶性高分子ブレンドの粘弾性挙動
      2. 高分子の相分離構造と粘弾性挙動
      3. ブロック共重合体の相分離構造と力学物性
    5. 微粒子-高分子複合系固体材料の粘弾性挙動
      1. 粘弾性挙動に及ぼす微粒子の充填効果
      2. 高分子複合材料の破壊挙動
      3. ナノ粒子分散高分子の粘弾性挙動
    6. 高分子の伸長流動
      1. 伸長流動の幾何学と伸長粘度
      2. 高分子の紡糸性と分子量分布
      3. 液晶高分子の伸長流動
    • 質疑応答

講師

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 30,400円 (税別) / 33,440円 (税込)
複数名
: 20,000円 (税別) / 22,000円 (税込)

複数名同時受講の割引特典について

  • 2名様以上でお申込みの場合、
    1名あたり 20,000円(税別) / 22,000円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 30,400円(税別) / 33,440円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 40,000円(税別) / 44,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 60,000円(税別) / 66,000円(税込)
  • 同一法人内 (グループ会社でも可) による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。
    申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」と記入ください。
  • 他の割引は併用できません。

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • セミナー資料は、PDFファイルをダウンロードいただきます。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2022/7/8 ゴムの配合設計力向上のための技術と情報 東京都 会場・オンライン
2022/7/11 車載用プラスチックの基礎と最新動向 オンライン
2022/7/11 日本のPETボトルリサイクル / PETボトルリサイクルビジネス オンライン
2022/7/12 分子シミュレーションの基礎と高分子材料開発の効率化への展開 オンライン
2022/7/13 高分子レオロジーの基礎と粘弾性測定解析 オンライン
2022/7/13 二酸化炭素・二硫化炭素をもちいる高分子材料の合成 オンライン
2022/7/14 シランカップリング剤の効果的活用法 オンライン
2022/7/14 生分解性プラスチック入門講座 オンライン
2022/7/15 プラスチック用添加剤の作用機構と使い方 オンライン
2022/7/15 ポリマーアロイにおける分散構造、界面構造、モルフォロジーの観察・解析手法 オンライン
2022/7/15 プラスチック用添加剤の基礎と活用のポイント オンライン
2022/7/15 微生物により合成する生分解性プラスチック材料の基礎 オンライン
2022/7/19 ヒートシールの基礎、接合のメカニズムと品質管理・不具合対策 オンライン
2022/7/19 エポキシ樹脂の耐熱性向上と機能性両立への分子デザイン設計および用途展開における最新動向 オンライン
2022/7/19 ゴムの配合設計力向上のための技術と情報 東京都 オンライン
2022/7/19 発泡成形技術の基礎と発泡剤の使い方 オンライン
2022/7/19 高分子結晶化の基礎と高次構造制御 オンライン
2022/7/20 熱分析による高分子材料の測定ノウハウと分析・解析事例 オンライン
2022/7/20 乳化重合・ソープフリー乳化重合によるポリマー微粒子の合成と粒子径・形状制御 オンライン
2022/7/21 導電性コンポジットの開発に向けたフィラーの種類、特性と配合・分散技術 オンライン