技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

液晶ポリマー (LCP) の開発動向最前線

特許情報から読み解く

液晶ポリマー (LCP) の開発動向最前線

~液晶ポリマーの特徴・種類・成形加工技術・世界の市場動向から、注目される5G用途での応用展開まで~
オンライン 開催

概要

本セミナーでは、優れた低誘電率、低誘電正接特性から5G用途でますます注目されるLCPを取り上げ、LCP材料の基礎 (特徴・種類・成形加工技術) から世界の市場動向、さらにフレキシブルプリント配線板 (FPC) 用の絶縁材料として開発が進むLCPのフィルム化技術とその量産化に向けた各社の取り組み事例について解説いたします。

開催日

  • 2022年3月9日(水) 13時00分 16時30分

修得知識

  • LCPおよびフィルムの市場動向、将来動向
  • 5G向けFCCL⽤フィルムの成形加⼯技術
  • LCP射出成形技術、LCP紡⽷技術などの知⾒

プログラム

 液晶ポリマー (LCP) は電気・電⼦分野や通信分野などの精密部品を中⼼として、世界的に需要が⼤きく伸びつつある耐熱性⾼分⼦材料である。⼀般にスーパーエンジニアリングプラスチックと呼ばれる分野に属し、鉛フリー半⽥にも耐えうる⾼い耐熱性をはじめ、射出成形時の優れた⼨法安定性や⾼い流動性、さらにはバリなどが発⽣しにくいことなどから、精密・微細化などを⽬的とする⽤途に適している。また、近年では、これまでの通信⽅式と⽐べ⾼速・⼤容量化などの特徴を有する第5世代移動通信システム (5G) への適⽤が始まり、⾼周波・⾼速伝達回路による伝達損失を抑えることのできる材料としても期待されている。しかしながら、5G向けの⽤途としてはフィルム化が要求されており、LCPの持つ⾼い配向性が原因でフィルム加⼯しにくい⽋点を有していた。そこで、各LCPメーカーは独⾃の加⼯技術で、この⽋点を克服し、フイルム化とその量産化を試みている。
 本セミナーでは、LCPについて材料の特徴・種類・成形加⼯などの基礎や世界の市場動向から、5G⽤途への適⽤拡⼤に伴うフィルム化技術とその量産化の開発動向について、特許情報を中心に幅広く解説する。

  1. はじめに
  2. 世界の液晶ポリマー (LCP) の市場
    1. LCPの市場動向
    2. 市場を⽀配する中国
  3. 液晶とは
    1. 液晶分⼦の特徴
    2. 液晶構造の主な種類
  4. 液晶ポリマーとは
    1. 液晶ポリマーの特徴
    2. 液晶ポリマーの種類
      1. サーモトロピック液晶ポリマー
      2. リオトロピック液晶ポリマー
  5. グローバルLCP市場の主要プレーヤー
  6. LCPのモノマー
  7. LCPの⽤途
  8. LCPの成形加⼯
    1. リオトロピックLCPの成形⽅法
    2. サーモトロピックLCPの成形⽅法
      1. 射出成形
      2. 押出成形
      3. 溶液キャスト法
  9. 特許情報から見る5G技術を⽀えるLCPの動向
    1. LCPフィルム市場動向
    2. LCPフィルムの現状と課題
    3. LCPフィルムの量産化に向けた技術動向
      1. 新規押出成形
        1. Tダイ成形
        2. インフレーション成形
      2. 新規溶液キャスト法
    4. LCPフィルムを使ったFCCLの製造技術
  10. LCPの今後の展望
  11. おわりに
    • 質疑応答

講師

  • 八角 克夫
    八角コンサルティンググループ
    代表

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 30,400円 (税別) / 33,440円 (税込)
複数名
: 20,000円 (税別) / 22,000円 (税込)

複数名受講割引

  • 2名様以上でお申込みの場合、1名あたり 20,000円(税別) / 22,000円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 30,400円(税別) / 33,440円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 40,000円(税別) / 44,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 60,000円(税別) / 66,000円(税込)
  • 同一法人内 (グループ会社でも可) による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。
    申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」とご記入ください。
  • 他の割引は併用できません。
  • サイエンス&テクノロジー社の「2名同時申込みで1名分無料」価格を適用しています。

アカデミー割引

教員、学生および医療従事者はアカデミー割引価格にて受講いただけます。

  • 1名様あたり 10,000円(税別) / 11,000円(税込)
  • 企業に属している方(出向または派遣の方も含む)は、対象外です。
  • お申込み者が大学所属名でも企業名義でお支払いの場合、対象外です。

オンデマンドセミナーの留意点

  • 申込み後、すぐに視聴可能なため、本セミナーのキャンセルは承りかねます。 予めご了承ください。
  • 録画セミナーの動画をお手元のPCやスマホ・タブレッドなどからご視聴・学習することができます。
  • お申し込み前に、 視聴環境 をご確認いただき、 視聴テスト にて動作確認をお願いいたします。
  • 3営業日後までに、メールをお送りいたします。
  • 視聴期間は申込日より14日間です。
    ご視聴いただけなかった場合でも期間延長いたしませんのでご注意ください。
  • セミナー資料は、PDFファイルをダウンロードいただきます。
  • 動画視聴・インターネット環境をご確認ください
    • セキュリティの設定や、動作環境によってはご視聴いただけない場合がございます。
    • サンプル動画が閲覧できるかを事前にご確認いただいたうえで、お申し込みください。
  • 本セミナーの録音・撮影、複製は固くお断りいたします。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2022/1/20 ゴム材料のトライボロジー入門講座 オンライン
2022/1/21 プラスチックスのリサイクルやバイオマス利用などの環境対策の現状と技術動向、および今後の展望 オンライン
2022/1/21 ゲル化剤・増粘剤の基礎・特性・評価法 大阪府 オンライン
2022/1/24 CO2を用いた化学品、高分子材料の合成とその応用 オンライン
2022/1/24 ポリビニルアルコール (PVA) の構造、物性およびその応用展開 オンライン
2022/1/24 医用高分子材料の基礎と応用 オンライン
2022/1/24 バイオプラスチックの基礎と応用が分かる半日速習セミナー オンライン
2022/1/25 UV硬化の基礎と不良対策Q&A オンライン
2022/1/25 高電圧機器における高分子絶縁材料の劣化診断技術 オンライン
2022/1/25 自動車産業における樹脂材料・高分子複合材料の "これから" を考える オンライン
2022/1/26 架橋技術 オンライン
2022/1/27 ゾル-ゲル法の基礎と材料合成、(新規) 材料開発で活用するための実用的な総合知識 オンライン
2022/1/27 射出成形を事例にしたプラスチック加工の基礎と最新の加工技術 オンライン
2022/1/27 エポキシ樹脂の化学構造と硬化剤および副資材の使い方 オンライン
2022/1/28 プラスチック/ゴムの劣化・破壊メカニズムとその事例および寿命予測法 オンライン
2022/1/28 高分子の熱分析 オンライン
2022/1/31 高分子フィルム・繊維の延伸プロセスにおける分子配向形成と制御技術 オンライン
2022/1/31 バイオマスプラスチックの開発、環境負荷の低減とその評価技術 オンライン
2022/1/31 EUVレジスト材料開発と評価・プロセス技術 オンライン
2022/2/1 プラスチック・ゴム・粘/接着製品の劣化メカニズムと寿命予測・劣化加速条件の設定手法 オンライン