技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

自動車のEV化で期待されるプラスチックの電磁波シールドめっき

自動車のEV化で期待されるプラスチックの電磁波シールドめっき

オンライン 開催

開催日

  • 2022年2月22日(火) 13時00分 16時30分

受講対象者

  • 自動車メーカー、自動車部品メーカー、プラスチック素材メーカー等の方

プログラム

 通信技術の高速化、自動車のEV化、それらの部品には多くのプラスチック素材が使われています。プラスチックは複雑な形状で大量生産ができ、部品の軽量化ができますが電磁波シールド効果がありません。コネクター等に量産が始まったガラス強化PBTの電磁波シールドめっき、5GのMID部品に使われるSPS (シンジオスタチックポリスチレン等装飾めっきでは使われなかったプラスチックのめっきが実用化されています。
 金属との複合化、銅鉄合金の放熱、低周波磁界波のシールドめっき、プラスチックめっきを応用した電磁波吸収部品に応用について述べてみたい。

  1. 電磁波シールドの目的、イミュニティとエミッション、ESD
  2. プラスチックの電磁波シールドめっきの歴史
    1. 電磁波規制と無電解めっきによる電磁波シールドめっき
    2. OA電子機器の電磁波規制と波長 (30MHz-1GHz)
    3. 範囲の広い自動車における電磁波規制波長 (100kHz-6GHz)
    4. 電磁波シールドめっきの量産実績
    5. 本格的に始まったPBTGF30%のシールドめっき
  3. 電磁波シールド効果の測定法と理論
    1. 近傍界、遠方界の概念
    2. シールド効果
      • 反射効果
      • 吸収効果
      • 内部効果
    3. シールド効果dBと減衰率
    4. 近傍界の測定法、KEC法と電磁波シールドめっき
    5. 遠方界の測定法、同軸法と電磁波シールドめっき
  4. 無電解めっきの電磁波シールド効果と特徴
    1. 遠方界のシールド効果 1GHz-6GHz3mmのアルミ板と同等のシール
    2. 近傍界のシールド効果 30MHz-1GHz高いシールド効果
    3. 均一で入り組んだ部分でもめっきできる良好なグランド性
    4. 高い生産性、装飾プラスチックめっきの3倍以上の高い生産性
    5. ASTMの電磁波シールドめっきの規格
  5. 低周波磁界波にシールド対策
    1. 電気銅+パーマロイめっき低周波磁界波のシールド対策 (100-200Hz)
    2. 500-100kHzのシールド効果の測定
    3. 厚膜電気銅めっきの放熱効果
  6. 高周波部分めっき、5Gに使われる片面シールドめっき
    1. プラスチックめっきを利用した電磁波吸収
    2. プラスチックめっきを利用したMID技術
  7. 片面シールドめっきの概要 (プライマー塗装-めっき)
    1. 片面シールド高周波1-6GHzのシール
    2. 片面シールドとプラスチック素材
  8. シールドめっきできるプラスチック材料
    1. PPベースシールドめっき材料 (長繊維ガラス強化グレードを含む)
    2. コネクターに量産実績がガラス30%強化PBTへのめっき
    3. フィラー強化-ナイロンのシールドめっき
    4. ガラス50%強化芳香族ナイロンのめっき
    5. 自動車内装に使う超耐熱ABS、PC/ABSのめっき
    6. 高周波特性のいいSPS (シンジオスタチックポリスチレン) のめっき
    7. ガラス強化フィラー強化LCPのめっき
    8. ポリエーテルイミドのめっき
    9. 熱硬化フェノール樹脂のめっき
    10. 繊維のシールドめっき (ポリエステル繊維。アラミド繊維)
  9. 電磁波シールドめっきの品質
    1. 無電解めっきの抵抗の測定と膜厚の関係、
    2. 無電解めっき-テープによる密着試験、
    3. 長期熱サイクル試験、 (無電解めっきの展性が悪いワレ)
    4. 耐食性試験-長期湿度試験
  10. 金属の電磁波シールドめっき
    1. マグネシウム合金のシールドめっき
    2. アルミダイキャストのシールドめっき
    3. 薄肉で低周波のシールドができ放熱効果が優れた銅鉄合金
  11. 金属をインサートしたプラスチックのシールドめっき
    1. 真鍮、銅鉄合金の前処理-無電解ニッケル、無電解パーマロイのめっき
    2. インサートする金属への接着剤塗布
    • 質疑応答

講師

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 45,000円 (税別) / 49,500円 (税込)
複数名
: 22,500円 (税別) / 24,750円 (税込) (案内をご希望の場合に限ります)

案内割引・複数名同時申込割引について

R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。

「案内の希望」をご選択いただいた場合、1名様 35,000円(税別) / 38,500円(税込) で受講いただけます。
複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 22,500円(税別) / 24,750円(税込) で受講いただけます。

  • R&D支援センターからの案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 35,000円(税別) / 38,500円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 67,500円(税別) / 74,250円(税込)
  • R&D支援センターからの案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 90,000円(税別) / 99,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 135,000円(税別) / 148,500円(税込)

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2022/1/24 電子機器・回路のノイズ対策基礎講座 オンライン
2022/1/24 バイオプラスチックの基礎と応用が分かる半日速習セミナー オンライン
2022/1/25 UV硬化の基礎と不良対策Q&A オンライン
2022/1/25 車載電子製品・部品における熱設計・実装、放熱・耐熱技術と将来動向 オンライン
2022/1/25 自動車産業における樹脂材料・高分子複合材料の "これから" を考える オンライン
2022/1/25 自動車電動化動向: 欧州EVシフトの思惑と日本企業の対応、将来の差別化技術 オンライン
2022/1/26 スラリー中粒子の分散・凝集状態の制御に向けた評価技術と実応用 オンライン
2022/1/27 防汚コーティングの基礎 オンライン
2022/1/27 LiDARによる自己位置推定技術 オンライン
2022/1/27 エポキシ樹脂の化学構造と硬化剤および副資材の使い方 オンライン
2022/1/28 5G/Beyond 5Gで求められるノイズ対策・電磁波シールド・吸収材料の設計・技術 オンライン
2022/1/28 国内外における食品用容器包装および器具・接触材料の法規制の動向と必要な対応 オンライン
2022/1/28 電鋳の基礎技術と最新状況と新たな可能性 オンライン
2022/1/28 バイオミメティクスの基礎知識と超撥水・超親水化などへの応用 オンライン
2022/1/31 大気圧プラズマの基礎と最新応用技術 オンライン
2022/1/31 バイオマスプラスチックの開発、環境負荷の低減とその評価技術 オンライン
2022/2/1 熱力学・電気化学・金属材料学とめっき膜観察・分析方法 オンライン
2022/2/1 プラスチック・ゴム・粘/接着製品の劣化メカニズムと寿命予測・劣化加速条件の設定手法 オンライン
2022/2/1 空飛ぶクルマの実現可能性と将来性 東京都 会場・オンライン
2022/2/2 高周波回路・EMC設計の基礎技術 会場

関連する出版物

発行年月
2021/9/30 自動車室内の静粛性向上と、防音・防振技術、材料の開発
2021/2/26 高速・高周波対応部材の最新開発動向
2021/1/31 次世代EV/HEV用モータの高出力化と関連材料の開発
2020/12/25 次世代自動車の熱マネジメント
2020/6/19 2020年版 EMC・ノイズ対策市場の実態と将来展望
2020/1/17 最新プラスチック加飾技術の動向と今後の展望
2019/12/20 高分子の表面処理・改質と接着性向上
2019/12/13 2020年版 次世代自動車市場・技術の実態と将来展望
2019/6/21 2019年版 EMC・ノイズ対策市場の実態と将来展望
2019/3/29 電磁波シールド・電波吸収体の設計・開発・評価法
2019/1/31 センサフュージョン技術の開発と応用事例
2018/12/14 2019年版 次世代自動車市場・技術の実態と将来展望
2018/11/30 EV・HEV向け電子部品、電装品開発とその最新事例
2018/8/31 防汚・防水・防曇性向上のための材料とコーティング、評価・応用
2018/4/12 自動車用プラスチック部品の開発・採用の最新動向 2018
2018/3/29 超親水・親油性表面の技術
2018/3/19 射出成形機〔2018年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2018/3/18 射出成形機〔2018年版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2017/11/17 2018年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2017/7/31 機能性モノマーの選び方・使い方 事例集