技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

水素、合成燃料、CCU、カーボンリサイクルの取組と実現性

水素、合成燃料、CCU、カーボンリサイクルの取組と実現性

オンライン 開催

開催日

  • 2022年1月28日(金) 13時00分 16時30分

プログラム

 世界で脱炭素化の流れが加速する中、水素が期待されている。短期的にはブルー水素 (化石燃料+CCS) の活用が見込まれるが、長期的にはグリーン水素 (再エネ由来) も求められる。グリーン水素は主にPower to Gasによって製造されるが、Power to Gasはまずは再エネの系統統合の文脈で捉える必要がある。水素の利用形態としては、水素の直接利用の他に、水素を合成燃料に変換して利用するオプションもある。合成燃料がCO2を必要とする場合、CCU (Carbon Capture and Utilization) やカーボンリサイクルとも関係する。カーボンニュートラル実現に向けて、Power to Gas、合成燃料、CCUに関する国内外の動向を紹介しつつ、これらの技術の可能性や課題を展望する。
 水素は必要であるが万能ではない。適材適所を見つけた水素の合理的な製造・輸送・貯蔵・利用を考える必要がある。現在のエネルギーインフラは化石燃料を基盤として構築されていることから、水素を利用し易くするために水素とCO2から合成燃料を製造するというアイデアも生まれる。しかしながら、そのアイデアから派生して、CO2を利用・循環しさえすればCO2排出削減につながるという誤解も生まれる。カーボンニュートラルに向けて、再エネ、水素、CO2利用・循環の適切な姿について理解することが重要となる。

  1. 水素を巡る最近の動向
    1. 海外での取組状況
    2. 我が国の取組状況
  2. グリーン水素とブルー水素
    1. 各々の可能性と課題
    2. カーボンフットプリントと経済性
    3. グリーン水素の重要性
  3. Power to Gas成立に求められる条件
    1. Power to Gasの分類・整理・再考
    2. 再エネの系統統合とPower to Gas
    3. ビジネス化の障壁
    4. ビジネス化に向けた制度設計の役割
    5. Power to Gasが求められる背景:Energy System Integration
  4. 水素の用途
    1. 現在と将来のエネルギー需要構造
    2. 適材適所を見極めることが重要
    3. どのようにして水素を輸送するのか
    4. Beyond Electricity
  5. 合成燃料は成立するのか
    1. e-gas, e-fuelとは
    2. 国内外におけるe-gas, e-fuelに関する取組み
    3. 経済的成立条件
    4. なぜ合成燃料なのか:合成燃料製造が目的ではない
    5. 合成燃料の可能性と課題
    6. 合成燃料とCCU・カーボンリサイクルの関係性
  6. CCUやカーボンリサイクル
    1. CCU・カーボンリサイクル技術の分類
    2. リサイクルの本当の意味:なんのためにカーボンをリサイクルするのか
    3. やってはいけないカーボンリサイクル技術の例
    4. CCUやカーボンリサイクルの成立条件
  7. 長期的展望
    1. 水素とは何か・なぜ必要なのか・本当に必要なのか
    2. 水素は何処で何から製造し、何処の何に使うべきなのか
    3. 絶対に忘れてはならない脱炭素化以外の視点

講師

  • 柴田 善朗
    一般財団法人 日本エネルギー経済研究所 電力・新エネルギーユニット 新エネルギーグループ
    マネージャー 研究主幹

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 41,000円 (税別) / 45,100円 (税込)
複数名
: 18,000円 (税別) / 19,800円 (税込)

案内割引・複数名同時申込割引について

S&T出版からの案内をご希望の方は、割引特典を受けられます。
また、4名様以上同時申込で全員案内登録をしていただいた場合、3名様受講料 + 3名様を超える人数 × 19,800円(税込)でご受講いただけます。

  • Eメール案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 36,000円(税別) / 39,600円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 41,000円(税別) / 45,100円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 60,000円(税別) / 66,000円(税込)
    • 4名様でお申し込みの場合 : 4名で 78,000円(税別) / 85,800円(税込)
    • 5名様でお申し込みの場合 : 5名で 96,000円(税別) / 105,600円(税込)
  • Eメール案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 41,000円(税別) / 45,100円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 82,000円(税別) / 90,200円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 123,000円(税別) / 135,300円(税込)
    • 4名様でお申し込みの場合 : 4名で 164,000円(税別) / 180,400円(税込)
    • 5名様でお申し込みの場合 : 5名で 205,000円(税別) / 225,500円(税込)

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2022/5/24 地熱発電の最新動向と課題および普及拡大に向けた取り組みと技術開発 オンライン
2022/5/27 基礎・入門として学ぶ、サーマルデバイス技術 オンライン
2022/5/27 微生物燃料電池の基礎と応用および電気化学活性菌利用の最新動向 オンライン
2022/5/30 電気自動車をはじめとした次世代自動車の普及展望とLiB資源 (リチウム資源、コバルト資源) の今後 東京都 会場・オンライン
2022/6/2 バイオガスから新エネルギー オンライン
2022/6/7 ギ酸の合成技術と水素・エネルギーキャリアの可能性 オンライン
2022/6/9 ロシアによるウクライナへの軍事侵攻のエネルギー情勢への影響と原油価格、天然ガス価格見通し オンライン
2022/6/13 電気自動車をはじめとした次世代自動車の普及展望とLiB資源 (リチウム資源、コバルト資源) の今後 オンライン
2022/6/16 洋上風力発電における設備や部材の設計、騒音対策、国内外実用化の動き オンライン
2022/6/21 バッテリーマネジメント用リチウムイオン電池のインピーダンス測定の考え方 オンライン
2022/6/21 次世代キャパシタの基礎・応用・最新動向 オンライン
2022/6/23 CO2排出量の削減技術動向と火力発電における省エネ・高効率化技術 オンライン
2022/6/23 脱炭素におけるバイオマスの最新動向と今後のビジネス・チャンス オンライン
2022/6/24 水素キャリアおよび脱炭素燃料としてのアンモニア オンライン
2022/6/27 微生物を用いた発電、水素生産、有用物質生産 オンライン
2022/7/4 EVをはじめとした次世代自動車と電池資源 (リチウム、コバルト、ニッケル) の見通し オンライン
2022/7/6 水素エネルギーの最新動向と有機ハイドライドを用いた水素貯蔵・運搬システムの最前線 オンライン
2022/7/28 水素貯蔵材料の基礎と今後の展望 オンライン
2022/8/31 脱炭素・再生可能エネルギー超大量導入時代の「エネルギー貯蔵」 オンライン

関連する出版物

発行年月
2022/2/18 2022年版 二次電池市場・技術の実態と将来展望
2022/1/21 2022年版 太陽光発電市場・技術の実態と将来展望
2021/12/16 カーボンニュートラルに向けた中低温産業排熱の最新利用技術と実践例
2021/12/10 2022年版 スマートデバイス市場の実態と将来展望
2021/11/19 世界のカーボンニュートラル燃料 最新業界レポート
2021/9/17 2021年版 スマートグリッド市場の実態と将来展望
2021/7/16 2021年版 スマートエネルギー市場の実態と将来展望
2021/4/30 世界の燃料電池・水素産業 最新業界レポート
2021/2/19 2021年版 二次電池市場・技術の実態と将来展望
2021/1/22 2021年版 太陽光発電市場・技術の実態と将来展望
2020/12/11 2021年版 スマートデバイス市場の実態と将来展望
2020/11/13 2021年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2020/9/18 2020年版 スマートグリッド市場の実態と将来展望
2020/5/22 2020年版 スマートエネルギー市場の実態と将来展望
2020/3/19 2020年版 スマート住宅市場・技術の実態と将来展望
2020/1/24 2020年版 太陽光発電市場・技術の実態と将来展望
2019/11/15 2020年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2019/9/20 2019年版 スマートグリッド市場の実態と将来展望
2019/4/19 2019年版 スマートエネルギー市場の実態と将来展望
2019/1/25 2019年版 太陽光発電市場・技術の実態と将来展望