技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

FCV・水素エネルギービジネスの最新動向

FCV・水素エネルギービジネスの最新動向

オンライン 開催

概要

本セミナーでは、世界のFCV開発の最新動向、水素社会実現に向けたわが国の取り組み状況や主要プレーヤーの動向について解説いたします。

開催日

  • 2022年1月18日(火) 13時30分 16時30分

受講対象者

  • 水素エネルギー関連ビジネスに携わる方
  • 今後進出を考えておられる企業の方
  • 水素エネルギーに関心のある方

修得知識

  • 主要国の水素戦略
  • FCV開発の最新動向
  • 水素の新たな用途の研究開発動向
  • 水素関連ビジネスの現状と今後の可能性
  • 主要プレーヤーのビジネス戦略

プログラム

 いま世界で水素エネルギーへの取り組みが本格化しています。欧州諸国や中国では、国家主導で水素実用化に向けた技術開発やインフラ整備がダイナミックに動き始め、民間ベースの大規模プロジェクトも活発化しています。
 本セミナーでは、世界のFCV開発・商用化プロジェクト、発電部門・産業部門への水素利用技術の最新動向、日本の取り組み状況、将来展望等、技術面とビジネス面の両面から水素エネルギーの全体像を解説します。

  1. 総論 ~ 2050カーボンニュートラル実現の鍵握る「水素」
    • 水素需要の将来展望
    • 水素関連ビジネスの市場規模
  2. モビリティー
    • 世界で大型重量車両FCVの商用化プロジェクトが続々と
    • FCV以外にも広がる水素燃料
      • フォークリフト
      • トラクター
      • 鉄道
      • 船舶
      • 航空機
  3. 発電部門
    • 定置式燃料電池
    • 水素発電
    • アンモニア発電
  4. 産業部門の脱炭素化
    • 製鉄
    • 化学工業
  5. 水素の製造・輸送・貯蔵
  6. エネルギーキャリアとして期待される役割
    • 再エネ導入拡大を可能にするP2G
    • 水素エネルギーサプライチェーンの構築
  7. 主要国の水素戦略とキープレーヤーの動向

講師

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 40,000円 (税別) / 44,000円 (税込)
複数名
: 18,000円 (税別) / 19,800円 (税込) (案内をご希望の場合に限ります)

案内割引・複数名同時申込割引について

シーエムシーリサーチからの案内をご希望の方は、割引特典を受けられます。
また、2名以上同時申込で全員案内登録をしていただいた場合、1名様あたり半額の 18,000円(税別) / 19,800円(税込)となります。

  • Eメール案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 36,000円(税別) / 39,600円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 36,000円(税別) / 39,600円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 54,000円(税別) / 59,400円(税込)
  • Eメール案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 40,000円(税別) / 44,000円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 80,000円(税別) / 88,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 120,000円(税別) / 132,000円(税込)

アカデミック割引

  • 1名様あたり 24,000円(税別) / 26,400円(税込)

学校教育法にて規定された国、地方公共団体、および学校法人格を有する大学、大学院の教員、学生に限ります。

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2022/5/27 基礎・入門として学ぶ、サーマルデバイス技術 オンライン
2022/5/27 微生物燃料電池の基礎と応用および電気化学活性菌利用の最新動向 オンライン
2022/5/30 電気自動車をはじめとした次世代自動車の普及展望とLiB資源 (リチウム資源、コバルト資源) の今後 東京都 会場・オンライン
2022/6/2 バイオガスから新エネルギー オンライン
2022/6/7 ギ酸の合成技術と水素・エネルギーキャリアの可能性 オンライン
2022/6/9 燃料電池用触媒の非白金化、低白金化技術 オンライン
2022/6/9 ロシアによるウクライナへの軍事侵攻のエネルギー情勢への影響と原油価格、天然ガス価格見通し オンライン
2022/6/13 電気自動車をはじめとした次世代自動車の普及展望とLiB資源 (リチウム資源、コバルト資源) の今後 オンライン
2022/6/16 洋上風力発電における設備や部材の設計、騒音対策、国内外実用化の動き オンライン
2022/6/16 固体イオニクス入門 オンライン
2022/6/17 燃料電池技術 パワエレ技術者のための燃料電池講座 オンライン
2022/6/21 バッテリーマネジメント用リチウムイオン電池のインピーダンス測定の考え方 オンライン
2022/6/21 次世代キャパシタの基礎・応用・最新動向 オンライン
2022/6/22 電気化学の基礎から学ぶ燃料電池と水電解技術の基本速習セミナー オンライン
2022/6/23 CO2排出量の削減技術動向と火力発電における省エネ・高効率化技術 オンライン
2022/6/23 脱炭素におけるバイオマスの最新動向と今後のビジネス・チャンス オンライン
2022/6/24 水素キャリアおよび脱炭素燃料としてのアンモニア オンライン
2022/6/27 微生物を用いた発電、水素生産、有用物質生産 オンライン
2022/7/4 EVをはじめとした次世代自動車と電池資源 (リチウム、コバルト、ニッケル) の見通し オンライン
2022/7/6 水素エネルギーの最新動向と有機ハイドライドを用いた水素貯蔵・運搬システムの最前線 オンライン

関連する出版物

発行年月
2016/8/26 2016年版 リチウムイオン電池市場の実態と将来展望
2016/7/22 2016年版 スマートグリッド市場の実態と将来展望
2016/5/27 2016年版 スマートコミュニティ市場の実態と将来展望
2016/2/26 2016年版 車載用・産業用蓄電池市場の実態と将来展望
2016/1/29 2016年版 太陽光発電市場・技術の実態と将来展望
2015/12/18 2015年〜2016年版 電力自由化市場総覧 (2016年 新春号)
2015/12/8 2016年版 二次電池市場・技術の実態と将来展望
2015/11/20 2016年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2015/10/30 2015年〜2016年版 電力自由化市場総覧 (2015年 秋号)
2015/9/18 2015年版 次世代自動車市場・技術の実態と将来展望
2015/8/21 2015年版 リチウムイオン電池市場の実態と将来展望
2015/8/17 バッテリー関連技術〔2015年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2015/8/17 バッテリー関連技術〔2015年版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2015/7/24 2015年版 電力自由化市場・関連技術の実態と将来展望
2015/6/30 導電性フィラー、導電助剤の分散性向上、評価、応用
2015/6/26 2015年版 民生機器用蓄電池市場の実態と将来展望
2015/6/26 2015年版 蓄電池・キャパシタ市場の実態と将来展望
2015/5/29 2015年版 水素燃料市場・関連技術の実態と将来展望
2015/4/24 2015年版 HEMS市場・関連機器の実態と将来展望
2015/3/27 2015年版 再生可能エネルギー市場の実態と将来展望