技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

共同研究/開発契約の進め方と秘密保持契約の対応ノウハウ

技術者、研究者のための

共同研究/開発契約の進め方と秘密保持契約の対応ノウハウ

オンライン 開催

概要

本セミナーでは、契約の基本的なことや、実体験に基づくトラブル事例などを交え、共同開発契約や秘密保持契約への具体的な対処方法を初心者にも分かりやすく説明いたします。

開催日

  • 2021年12月22日(水) 13時00分 17時00分

修得知識

  • 契約の基礎知識
    • 共同開発契約
    • 秘密保持契約
    • 共同出願契約
    • 実施許諾契約
  • 契約書で確認しておかねばならないこと
  • 契約によるリスクとその回避について

プログラム

 共同研究は、「●●大学と共同開発!」とか「○○社と夢のコラボレーション!」など、一見華やかな成功事例に見えますが、ちょっとしたトラブルで、数億円規模の損害賠償請求訴訟に巻き込まれたり、数年先まで事業の足かせとなってしまったりする可能性を秘めたリスクを伴う行為でもあります。
 本セミナーでは、契約の基本的なことや、実体験に基づくトラブル事例などを交え、共同開発契約や秘密保持契約への具体的な対処方法を初心者にも分かりやすく説明します。特に、共同開発契約などの書類例で想定されるリスクを一緒に考えていただきながら、講師の実体験をお伝えしたいと考えています。

  1. 共同開発とは
  2. 共同開発のメリット
  3. 共同開発の例
    1. 得意技術分野を持つ企業同士の共同開発
    2. 大学と企業の共同開発
    3. 技術を持つ企業と投資する企業の共同開発
  4. 共同開発する際の契約書
    1. 秘密保持契約
    2. 共同開発契約
    3. 共同出願契約
    4. 実施許諾契約
    5. 契約の重要性
  5. 共同開発契約書におけるチェックポイント、一般的な契約書の例
  6. トラブル例 (契約書をきっちり作っただけで満足してはいけない)
    1. 共同出願相手が勝手に特許出願した
    2. 共同開発相手から金銭要求された
    3. 途中で特許手続きが進められなくなった
    4. 審査過程の方針が合わない
    5. 秘密保持契約の交渉が進まず、商談を始めることができなかった
    6. 法律相談を受けるだけなのに、秘密保持契約の同意を求められた
    7. 過去の共同開発相手とのトラブルで発明品を実施できなくなった
    8. さらに怖~い事例
  7. 契約について
    1. 契約の成立条件 (契約書がなくても、契約は成立する?)
    2. 契約が有効と認められる条件
    3. 契約で定めても無効になることがある?
    4. 都合が悪いことを隠して契約すると後々面倒
    5. 代表者のサインが無くても大丈夫?
    6. 契約後に都合が悪くなったら解除出来る?
    7. 捨て印は危険
    8. 割り印は居るの?印紙代は居るの?
    9. 契約内容が守られない場合は、損害賠償請求出来る?
    10. ひな形の活用と限界
  8. 実際の契約書例を見て問題点を見つけよう
    1. 秘密保持契約書
    2. 共同開発契約書
    3. 共同出願契約書
    4. 実施許諾契約書
  9. 共同出願の問題点
    1. 決定に時間がかかる/企業風土が違う
    2. いつまでも共同出願への情熱が続くとは限らない
    3. 知的財産権の共有期間は長い
    4. 知的財産権の共有はものすごく注意が必要
    5. 商標権の共有に関する問題点
    6. プログラムなどの著作権の共有に関する問題点
    7. 外国で特許を共有することのリスク
  10. 契約の限界
    1. 文言の解釈の違いからくる抜け道
    2. 契約時に想定していなかったトラブル
    3. 情報漏洩は、お金で解決しきれない
    4. 不正競争防止法違反に注意
  11. 契約書に加えておきたい項目 応用編
  12. 契約書作成についての提案

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 45,000円 (税別) / 49,500円 (税込)
複数名
: 22,500円 (税別) / 24,750円 (税込) (案内をご希望の場合に限ります)

案内割引・複数名同時申込割引について

R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。
複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 22,500円(税別) / 24,750円(税込) で受講いただけます。

  • R&D支援センターからの案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 40,000円(税別) / 44,000円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 67,500円(税別) / 74,250円(税込)
  • R&D支援センターからの案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 90,000円(税別) / 99,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 135,000円(税別) / 148,500円(税込)

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2022/1/31 化学・材料分野における拒絶理由通知への対応力向上セミナー オンライン
2022/1/31 技術の事業化シリーズ (5日間講座) オンライン
2022/2/2 研究開発・技術部門が行う情報収集とそのセオリー、ノウハウ オンライン
2022/2/3 出口戦略に基づく研究開発テーマの発掘と事業化への繋げ方 オンライン
2022/2/3 研究者・技術者による骨太の事業戦略の策定法 オンライン
2022/2/4 ステージゲート法によるR&Dテーマ管理と運用のポイント オンライン
2022/2/9 化学プラントへのDX導入による異常予知への応用、自動化システムの構築 オンライン
2022/2/14 研究開発におけるアジャイル型マネジメントの導入と運用方法 オンライン
2022/2/15 ビジネス契約書の基礎知識と実践 (全2回) 東京都 会場・オンライン
2022/2/15 ビジネス契約書の基礎知識と実践 (第1回 / 全2回) 東京都 会場・オンライン
2022/2/17 進歩性の意味、理解できていますか? オンライン
2022/2/17 AI/デジタルヘルスにおける特許戦略で考慮すべき事項と最新動向 オンライン
2022/2/18 ラボでの電子実験ノート管理・運用における経験からわかった電子情報管理の問題点・解決とDXの進め方 オンライン
2022/2/18 データサイエンスで導くイノベーションと研究開発マネジメント オンライン
2022/2/21 R&D成果のスムーズな事業化のための研究開発部門と事業部門の壁の壊し方、協力体制の築き方 オンライン
2022/2/21 研究開発部門が実行する革新的なR&Dテーマの創出とその評価方法 (2日間) オンライン
2022/2/21 革新的テーマ・アイデアを継続的に多数創出する体系的・組織的な仕組みづくりと方策・活動 オンライン
2022/2/21 新規事業創出のための発想法と技術ロードマップの作成法と技術・知財戦略の実践方法 オンライン
2022/2/21 共同研究契約等の契約実務の基礎とトラブル防止策 オンライン
2022/2/22 研究開発テーマの (定量的) 評価、選択方法とそのプロセス オンライン

関連する出版物

発行年月
2021/10/29 “未来予測”による研究開発テーマ創出の仕方
2021/8/31 研究開発の "見える化" によるR&Dテーマ評価、進捗管理と進め方
2021/3/31 研究開発テーマの評価と中止/撤退判断の仕方
2021/3/31 経営・事業戦略に貢献する知財価値評価と効果的な活用法
2018/12/27 R&D部門の“働き方改革”とその進め方
2018/10/8 P&G 技術開発実態分析調査報告書
2018/10/8 P&G 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2018/9/28 コア技術を活用した新規事業テーマの発掘、進め方
2014/7/30 キヤノン〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/7/30 キヤノン〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/7/25 有機EL〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/7/25 有機EL〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/7/15 化粧品13社〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/7/15 化粧品13社〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/7/10 芳香剤 技術開発実態分析調査報告書
2014/7/10 芳香剤 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/6/1 パテントマップの全知識 (増刷改訂版)
2013/12/20 紙おむつ〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2013/12/20 紙おむつ〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/9/25 マシニングセンタ 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)