技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

半導体過剰投資による価格大暴落&大不況への警鐘とその対策の羅針盤

半導体過剰投資による価格大暴落&大不況への警鐘とその対策の羅針盤

~日本にもTSMCの新工場建設~
東京都 開催 オンライン 開催

アーカイブ配信は、2021年12月20日ごろ配信開始予定 (視聴可能期間:約10日間)
2021年11月16日: 会場受講は受付終了となりました

開催日

  • 2021年12月8日(水) 13時00分 16時30分

受講対象者

  • 半導体関連企業の経営者、営業、マーケティング、技術者
    • デバイスメーカー
    • 装置メーカー
    • 部品メーカー
    • 材料メーカー
    • 設備メーカー
    • 半導体材料メーカー
  • 半導体を搭載しているセットメーカーの経営者、営業、マーケテイング、技術者
    • PC
    • サーバー
    • クラウド
    • スマホ
    • デジタル家電
    • 自動車 等

修得知識

  • なぜ半導体不足が続いているのか
  • 大増産が続く世界半導体市場動向
  • TSMC, Samsung, SK hynix, インテルなどの微細化や投資動向
  • 日米韓欧の各地域の半導体強化策
  • 世界半導体過剰投資の状況
  • 半導体価格大暴落の危機および半導体大不況到来の可能性
  • TSMCが日本に新工場を建設することの影響と懸念

プログラム

 2021年の正月早々発覚した世界的な半導体不足は、その後より深刻化し、クルマや各種電子機器がつくれない状態が続いている。そのため世界中の半導体工場がフル稼働で大増産を行うとともに、狂気的な設備投資が始まった。TSMCが3年間で約11兆円、サムスン電子とSK hynixが10年間で約50兆円、インテルが3年間で約2.7兆円に加えて10年間で欧州に約10兆円を投資する。そして、米国、中国、韓国、欧州、日本が、国策で自国内の半導体製造の供給網を強化しようと躍起になっている。これは、消費者の市場ニーズを無視した、各企業と国のメンツをかけた不毛な投資合戦である。その結果、2021年だけで12兆円が投資され、29工場が着工されており、その工場が稼働する2023~24年頃には、供給が需要を遥かに上回り、価格大暴落が起きて半導体業界が大不況に突入するだろう。その有様は、ハーメルンの笛吹きに踊らされて一斉に断崖絶壁に向かって走り出したネズミたちを髣髴とする。
 本セミナーでは、業界関係者がこの狂気的な過剰投資にどう対処するべきかを論じる。最後に、TSMCが日本に新工場を建設することの影響と懸念について言及したい。

  1. はじめに
    1. 自己紹介
    2. 本セミナーの概要と結論
  2. 深刻化する半導体不足
    1. 世界的な半導体不足の原因
    2. 世界中のクルマメーカーが減産
    3. アップルの新型iPhoneも半導体不足で発売が遅延
    4. ニューノーマルの定着でコンシューマー向け半導体不足が加速
  3. 世界半導体市場と製造装置市場
    1. 過去最高を記録する半導体市場と製造装置市場
    2. 2000年のITバブル時で規格化した半導体市場と装置市場の分析
    3. 各種の製造装置市場の分析
  4. 世界中の半導体工場がフル稼働で大増産
    1. 過去最高を記録し続ける世界半導体出荷額と出荷個数
    2. 地域別半導体市場でアジア、中国、米国が過去最高を記録
    3. 種類別半導体市場でロジック、プロセッサ、アナログが過去最高
    4. コンシューマー用ASIC市場の拡大が続く
    5. 過去のスーパーサイクルとは事情が違うメモリ市場
      1. DRAMの出荷額、出荷個数、価格の分析
      2. NANDの出荷額、出荷個数、価格の分析
      3. NOR市場が急激に拡大
  5. 世界最先端の微細化を独走するTSMCの状況
    1. TSMCの7nm、5nm、3nm、2nmの状況
    2. レガシーな0.5μmから最先端の5nmまで全てを量産
    3. ファンドリ分野で過半を超える圧倒的なシェア
    4. 今後3年間で11兆円を投資
  6. 驚愕の韓国「K半導体ベルト」構想
    1. 韓国内にメモリ、ファブレス、ファンドリ、装置・部素材の拠点を形成
    2. 韓国政府が世界最強かつ最先端の半導体立国を全面支援
    3. SamsungはVision2030を掲げて10年間で約40兆円を投資
    4. インテルのNAND事業を買収するSK hynixも10年間で12兆円を投資
  7. CEOが交代したインテルの逆襲
    1. インテルはどこで躓いたのか?
    2. 新CEOの元でインテルの逆襲が始まる
    3. インテルの新しいロードマップ
    4. TSMCを招致する米国政府は5.7兆円の補助金で国内の半導体製造を強化
  8. 「中国製造2025」のその後
    1. SMICが1兆円を投資して新工場を建設
    2. 紫光集団が経営破綻した影響
    3. 中国の大規模な停電の被害
    4. 「中国製造2025」の行方
  9. 欧州も半導体製造の強化に動く
    1. 欧州半導体法「European Chips Act」を策定へ
    2. 欧州がTSMCの誘致に動く
    3. EU加盟国17か国が今後数年で約18兆円を投資して2nmを量産へ
    4. インフィニオンがパワー半導体の12インチ工場稼働へ
  10. 日本がTSMCを誘致
    1. TSMCがつくばに後工程の研究開発拠点を設立
    2. TSMCとソニーが熊本に新工場を建設
    3. なぜTSMCが日本に新工場をつくることになったのか?
  11. 世界半導体過剰投資の行方
    1. ハーメルンの笛吹きに踊らされるネズミたち
    2. 過剰投資の行方に待ち構える断崖絶壁
    3. その後にやってくる半導体価格大暴落と大不況
    4. 半導体、装置 (部品と設備) 、材料メーカーへの警告
    • 質疑応答

講師

会場

品川区立総合区民会館 きゅりあん

5F 第2講習室

東京都 品川区 東大井5丁目18-1
品川区立総合区民会館 きゅりあんの地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 38,000円 (税別) / 41,800円 (税込)
複数名
: 22,500円 (税別) / 24,750円 (税込)

複数名受講割引

  • 2名様以上でお申込みの場合、1名あたり 22,500円(税別) / 24,750円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 30,400円(税別) / 33,440円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 67,500円(税別) / 74,250円(税込)
  • 同一法人内 (グループ会社でも可) による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。
    申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」とご記入ください。
  • 他の割引は併用できません。
  • サイエンス&テクノロジー社の「2名同時申込みで1名分無料」価格を適用しています。

アカデミー割引

教員、学生および医療従事者はアカデミー割引価格にて受講いただけます。

  • 1名様あたり 10,000円(税別) / 11,000円(税込)
  • 企業に属している方(出向または派遣の方も含む)は、対象外です。
  • お申込み者が大学所属名でも企業名義でお支払いの場合、対象外です。

会場受講 / ライブ配信対応セミナー / アーカイブ配信対応セミナー

会場受講、ライブ配信、アーカイブ配信のいずれかをご選択いただけます。

会場受講をご希望の場合

お申し込みの際、受講方法から「会場受講」をご選択ください。
会場受講をご希望の場合、以下の流れ・受講内容となります。

  • ライブ配信、アーカイブ配信のサービスは受けられません。
  • 翌営業日までに、請求書、受講票、会場までの地図を発送させていただきます。

ライブ配信をご希望の場合

お申し込みの際、受講方法から「オンライン受講」をご選択いただき、通信欄に「ライブ配信希望」の旨を記載ください。
ライブ配信セミナーをご希望の場合、以下の流れ・受講内容となります。

  • 「ビデオグ」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • 当日のセミナーを、リアルタイムでお手元のPCやスマートフォン・タブレットなどからご視聴・学習することができます。
  • お申し込み前に、 視聴環境 をご確認いただき、 視聴テスト にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催当日、マイページにログインいただき、ご視聴ください。
  • 開催日時にリアルタイムで講師へのご質問も可能です。
  • セミナー資料は、PDFファイルをダウンロードいただきます。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。

アーカイブ配信をご希望の場合

お申し込みの際、受講方法から「オンライン受講」をご選択いただき、通信欄に「アーカイブ配信希望」の旨を記載ください。
アーカイブ配信セミナーをご希望の場合、以下の流れ・受講内容となります。

  • 「ビデオグ」を使ったアーカイブ配信セミナーとなります。
  • 当日のセミナーを、後日にお手元のPCなどからご視聴ができます。
  • お申し込み前に、 視聴環境 をご確認いただき、 視聴テスト にて動作確認をお願いいたします。
  • 後日(開催終了後から10日以内を目途)に、ID,パスワードをメールにてご連絡申し上げます。
  • 視聴期間は10日間です。ご視聴いただけなかった場合でも期間延長いたしませんのでご注意ください。
  • セミナー資料は、PDFファイルをダウンロードいただきます。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2021/12/9 半導体封止材料の設計・製造技術 総合解説 (2日間) オンライン
2021/12/9 半導体封止材料の基礎から組成・原料、製造・評価方法まで オンライン
2021/12/15 パワーデバイス 半導体物性・デバイス特性・回路応用をつなげて学ぶ オンライン
2021/12/15 半導体パッケージ技術の基礎とFOWLP等の最新技術動向 オンライン
2021/12/16 半導体封止材料の配合設計・製造応用技術と先端パッケージ対応 オンライン
2021/12/20 ALD (原子層堆積) /ALE (原子層エッチング) 技術の基礎と応用 オンライン
2021/12/20 半導体ドライエッチングの基礎と最新技術 オンライン
2021/12/22 電子機器におけるさまざまな放熱方法とその効果 オンライン
2021/12/22 半導体洗浄の工学的基礎と要点、トラブル対策の視点 オンライン
2021/12/22 GaNパワーデバイスの基礎と最新動向 オンライン
2022/1/13 半導体製造プロセス技術 入門講座 オンライン
2022/1/18 半導体パッケージ・実装技術の最新動向と技術課題・今後の展望 オンライン
2022/1/19 5G・次世代自動車に対応するSiC/GaNパワーデバイスの技術動向と課題 オンライン
2022/1/19 CMPの研磨メカニズムと消耗部材への要求特性、応用プロセス オンライン
2022/1/26 EVシフト・カーボンニュートラルに向けたSi・SiC・GaNパワーデバイス技術ロードマップと業界展望 オンライン
2022/1/27 3次元集積実装技術の最新研究開発動向 オンライン
2022/1/28 半導体技術におけるウェットプロセスの基礎、制御とトラブル対策 オンライン
2022/2/1 測定技術 実測を通して学ぶパワエレ回路・デバイス・計測技術 オンライン
2022/2/10 半導体洗浄のメカニズムと微小パーティクルの除去、清浄度評価 オンライン
2022/2/22 電子機器の熱設計と放熱技術 オンライン

関連する出版物

発行年月
2021/6/18 2021年版 電子部品・デバイス市場の実態と将来展望
2020/7/17 2020年版 電子部品・デバイス市場の実態と将来展望
2019/7/19 2019年版 電子部品・デバイス市場の実態と将来展望
2018/3/20 レジスト材料・プロセスの使い方ノウハウとトラブル解決
2018/1/10 SiC/GaNパワーエレクトロニクス普及のポイント
2014/10/31 炭化ケイ素半導体 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/10/31 炭化ケイ素半導体 技術開発実態分析調査報告書
2013/12/15 パワー半導体 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/12/15 パワー半導体 技術開発実態分析調査報告書
2013/2/10 酸化物半導体 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/2/10 酸化物半導体 技術開発実態分析調査報告書
2012/6/15 半導体・液晶パネル製造装置9社 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2012/6/15 半導体・液晶パネル製造装置9社 技術開発実態分析調査報告書
2012/4/15 Intel 【米国特許版】 技術開発実態分析調査報告書
2011/11/15 半導体露光装置 技術開発実態分析調査報告書
2010/6/5 半導体技術10社 技術開発実態分析調査報告書
2008/9/1 半導体製造用炭化ケイ素 技術開発実態分析調査報告書 (PDF版)
2008/9/1 半導体製造用炭化ケイ素 技術開発実態分析調査報告書
1999/10/29 DRAM混載システムLSI技術
1992/11/11 VLSI試験/故障解析技術