技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

粉体における付着・凝集・流動の原理と評価法

粉体における付着・凝集・流動の原理と評価法

オンライン 開催

概要

本セミナーでは、粉体の付着・凝集・流動の原理から、粉体ハンドリングの技術阻害対策について静電気帯電の問題を含めて基礎から解説いたします。

開催日

  • 2021年11月11日(木) 10時30分 16時30分

受講対象者

  • 粉体に関連する技術者
    • 医薬品
    • 食品
    • 化粧品
    • セラミックス
    • トナー
    • 肥料
    • 化学原料
    • 電子材料
    • 金属材料
    • 電池材料
    • 粉末治金 など
  • 粉体・造粒で課題を抱えている方

修得知識

  • 粉体の基礎
  • 性能を引き出すポイント
  • 粉体技術のノウハウ

プログラム

 粉の技術は古来より人類が生きていくために必須とされ、現代の工業・産業でもその必要性は大きいものの「粉は魔物」と言われて怖がられてきた。しかし、最近はいろいろな産業を支える基盤技術として、必須の技術に変わりつつある。先端産業に関わる技術者も一般工業技術者も今は粉を嫌がっている場合ではないと言える。
 粉体の操作、すなわち粉砕、分級、輸送、貯蔵など、気相中で粒子を扱う乾式操作では、粒子が装置の壁面に付着し、あるいは粒子どうしが凝集して本来の操作や性能の確保が難しくなるなどの問題がよく起こる。また、いろいろな粉体操作によって粒子が帯電することも非常に多く、いろいろな生産障害や災害の原因になっている。ここでは、粉体機器・プロセスで起きる根本的な問題に対処するため、粉体における付着・凝集・流動の原理・原因とその評価方法ならびに技術阻害対策を静電気帯電の問題を含めて基礎から解説する。粉体分野における開発・設計や営業においても必須の情報として役立つはずである。

  1. 粉体と粒子
    1. 粉の技術
    2. 粉は魔物?
    3. 粉体工学の体系
    4. 先端技術と粉体工学
  2. 粒子の付着・凝集
    1. 付着の原理
    2. ファン・デア・ワールス力
    3. 静電気力
      1. 静電付着の原因とクーロン力
      2. 電気影像力
      3. 接触帯電付着力
    4. 液架橋力
    5. 付着力を下げる方法
  3. 粒子の帯電と静電気
    1. 応用分野と概要
    2. 接触・衝突による帯電
      1. 粒子はなぜ帯電するのか?
      2. どのくらい帯電するのか?
      3. 多数粒子・粉体の帯電
      4. 粉体操作による帯電プロセス
    3. 静電気の測定
      1. 帯電量
      2. 帯電量分布
      3. 発生電流
      4. 接触電位差
      5. 分子構造と帯電量
  4. 粉体の流動性
    1. なぜ粉体は流動するのか?
    2. 粉体のいろいろな流動
      1. 粉体はどの方向に移動するのか?
      2. 粉体になぜ力が伝わらないのか?
    3. 粉体の流動性
      1. 流動性を決める粒子物性
      2. 操作条件による流動性の変化
    4. 粉体流動性測定法の変遷
  5. 付着防止技術

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 50,000円 (税別) / 55,000円 (税込)
複数名
: 25,000円 (税別) / 27,500円 (税込) (案内をご希望の場合に限ります)

案内割引・複数名同時申込割引について

R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。

「案内の希望」をご選択いただいた場合、1名様 45,000円(税別) / 49,500円(税込) で受講いただけます。
複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 25,000円(税別) / 27,500円(税込) で受講いただけます。

  • R&D支援センターからの案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 50,000円(税別) / 55,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 75,000円(税別) / 82,500円(税込)
  • R&D支援センターからの案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 50,000円(税別) / 55,000円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 100,000円(税別) / 110,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 150,000円(税別) / 165,000円(税込)

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • セミナー資料は、PDFファイルをダウンロードいただきます。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2021/12/10 粘度、粘弾性の測定法とデータの読み方、活用例 オンライン
2021/12/14 ナノフィラーの分散・充填技術、コンポジット材料の開発動向 オンライン
2021/12/16 材料開発のためのナノ粒子の合成・活用・評価法 オンライン
2021/12/16 乳化・分散・攪拌の基礎と操作およびスケールアップ オンライン
2021/12/16 チクソ性 (チキソ性) の基礎、制御、測定・評価と実用系への活用方法 オンライン
2021/12/20 スラリー評価の基礎 オンライン
2021/12/20 ビーズミルによる分散・粉砕の基礎と最適化、スケールアップ・トラブル対策 オンライン
2021/12/23 溶解度パラメータ (SP値・HSP値) の基礎と活用術 オンライン
2022/1/12 シリカフィラーの分散・凝集制御とポリマーとの複合化技術 オンライン
2022/1/14 ガスの吸着・脱着の基礎と効果的な活用法 オンライン
2022/1/17 高濃度スラリーの分散・凝集状態の基礎と安定性評価 オンライン
2022/1/19 粉粒体へのコーティング・表面改質技術の勘どころ オンライン
2022/1/19 パウダー化粧品の処方設計のポイントと粉体物性の機器評価方法 オンライン
2022/1/19 高剪断成形加工法の基礎と新規材料創出への応用 オンライン
2022/1/21 実例を踏まえたスプレードライ技術の基礎とスケールアップ手法 オンライン
2022/1/25 ナノ粒子分散・凝集の基礎と分散安定化手法およびその評価 オンライン
2022/1/26 スラリー中粒子の分散・凝集状態の制御に向けた評価技術と実応用 オンライン
2022/1/31 粉体・微粒子における帯電・付着力とコントロールおよびその評価 オンライン
2022/2/18 スラリーの挙動理解と評価・制御の勘どころ オンライン
2022/4/14 粉体における付着・凝集・流動の原理と評価法 オンライン