技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

全固体電池に関する試験評価、構造解析の進め方

全固体電池に関する試験評価、構造解析の進め方

~内部抵抗の発生箇所の特定 / 実験中の「硫化水素」対策、安全管理のポイント / 全固体電池における試験法「国際標準化」の動向 / 車載用途への要求特性~
オンライン 開催

概要

本セミナーでは、全固体電池に関する試験評価・構造解析について基礎から解説いたします。
内部抵抗の発生箇所の特定、実験中の「硫化水素」対策、安全管理のポイント、全固体電池における試験法「国際標準化」の動向、車載用途への要求特性について詳解いたします。

開催日

  • 2021年10月15日(金) 10時00分 17時00分

修得知識

  • 全固体電池の試験評価の基礎
  • 全固体電池の構造解析の基礎
  • 内部抵抗の発生箇所の特定
  • 実験中の「硫化水素」対策、安全管理のポイント
  • 全固体電池における試験法「国際標準化」の動向
  • 車載用途への要求特性

プログラム

第1部 全固体電池開発における評価解析の進め方について

(2021年10月15日 10:00〜11:30)

 今、注目を集める全固体電解質電池の魅力と課題を紹介し、開発に必要な設備・環境及び電解質/電池設計/電池開発/工程開発に必要な評価について解説する。

  1. 何故、全固体電池なのか ~期待と課題~
  2. 全固体電池開発における試作・評価
    1. 試作・評価環境 (水分管理)
    2. 必要となる装置・設備
  3. 全固体電池開発における評価解析
    1. 電解質評価
    2. 電極設計及び評価
      • バインダー
      • 導電材
      • 配合比
    3. 電池特性評価
    4. 全固体電池における試作工程検討
  4. 全固体電池開発の課題解決に向けた取り組み
    • 質疑応答

第2部 全固体電池の内部抵抗解析及び評価解析技術について

(2021年10月15日 11:40〜13:00)

 環境規制の強化やカーボンニュートラル達成のために開発が盛んに行われている全固体電池について、インピーダンス測定による内部抵抗解析事例について紹介するとともに、当社における全固体電池の評価・解析技術について解説する。

  1. 全固体電池開発の課題
    1. 全固体電池とは
    2. 全固体電池の開発の課題
  2. 全固体電池におけるインピーダンス測定、内部抵抗解析事例
    1. 固体電解質のイオン伝導率測定
    2. 交流インピーダンス法を用いた内部抵抗解析
    3. 対称セル法と伝送線モデルを用いたRion解析
  3. コベルコ科研における全固体電池評価技術
    1. 固体電解質の最適化へのソリューション
    2. コーティング層の最適化へのソリューション
    3. 電極・セル構造の最適化へのソリューション
    4. 電池特性制御・管理の最適化へのソリューション
    • 質疑応答

第3部 全固体電池の断面微細構造観察を用いたバインダーの電子染色による可視化および正極活物質の表面コーティング層のSEM観察

(2021年10月15日 14:00〜15:20)

 全固体電池の解析について、SEM分析を中心とした分析技術を紹介する。電子染色法によるバインダー成分の可視化や、正極活物質のNbコート層の分析例について解説する。

  1. 全固体電池の解析法
    1. 断面SEM分析
    2. 薄膜TEM分析やその他分析例
  2. SEM分析の応用例
    1. バインダーの電子染色法
    2. Nbコート層の可視化
  3. その他の分析例
    1. 薄膜TEM分析
    2. LA-ICP-MS分析
    3. X線CT測定技術
  4. 取得データの高度解析
    1. 機械学習を用いたセグメンテーション技術
    • 質疑応答

第4部 In situ/operando透過型電子顕微鏡法による全固体電池内部のLi濃度変化について

(2021年10月15日 15:40〜17:00)

 全固体電池の電池反応は電極と固体電解質の界面近傍で起こっており、そのメカニズムを解明するためには、局所的な分析が必須である。
 本講座では、透過型電子顕微鏡内で電池を充放電させ、Li濃度や電位の変化をオペランドで観察した結果について解説する。

  1. はじめに
    1. 透過型電子顕微鏡による電池解析の意義
    2. 透過型電子顕微鏡の種類と観察例
  2. その場電子顕微鏡技術
    1. 試料作製法
    2. その場観察用装置など
  3. 電子線ホログラフィーによる電池内部の電位分布のその場観察
    1. 電子線ホログラフィーの原理
    2. 電子線ホログラフィーによる局所領域の電位分布その場観察
  4. 位置分解電子エネルギー損失分光法によるその場観察
    1. 位置分解電子エネルギー損失分光法の原理
    2. 位置分解電子エネルギー損失分光法によるLi分布、遷移元素の電子状態観察
  5. まとめ
    • 質疑応答

講師

  • 木下 肇
    株式会社 KRI エネルギー変換研究部
    取締役 常務執行役員 エネルギー変換研究部長
  • 阿知波 敬
    株式会社コベルコ科研 材料ソリューション事業部 エレクトロニクス技術部
  • 大森 滋和
    JFEテクノリサーチ株式会社 機能材料ソリューション本部 電池試作・解析センター
    課長
  • 山本 和生
    一般財団法人 ファインセラミックスセンター ナノ構造研究所 電子線ホログラフィーグループ
    グループ長 / 主任研究員

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 60,000円 (税別) / 66,000円 (税込)
複数名
: 55,000円 (税別) / 60,500円 (税込)

複数名同時受講割引について

  • 2名様以上でお申込みの場合、1名あたり 55,000円(税別) / 60,500円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 60,000円(税別) / 66,000円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 110,000円(税別) / 121,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 165,000円(税別) / 181,500円(税込)
  • 同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 他の割引は併用できません。

アカデミック割引

  • 1名様あたり 30,000円(税別) / 33,000円(税込)

日本国内に所在しており、以下に該当する方は、アカデミック割引が適用いただけます。

  • 学校教育法にて規定された国、地方公共団体、および学校法人格を有する大学、大学院、短期大学、附属病院、高等専門学校および各種学校の教員、生徒
  • 病院などの医療機関・医療関連機関に勤務する医療従事者
  • 文部科学省、経済産業省が設置した独立行政法人に勤務する研究者。理化学研究所、産業技術総合研究所など
  • 公設試験研究機関。地方公共団体に置かれる試験所、研究センター、技術センターなどの機関で、試験研究および企業支援に関する業務に従事する方

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • セミナー資料は郵送にて前日までにお送りいたします。
  • 開催まで4営業日を過ぎたお申込みの場合、セミナー資料の到着が、開講日に間に合わない可能性がありますこと、ご了承下さい。
    ライブ配信の画面上でスライド資料は表示されますので、セミナー視聴には差し支えございません。
    印刷物は後日お手元に届くことになります。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2021/10/28 リチウムイオン電池の劣化メカニズムと解析、安全性試験 オンライン
2021/10/29 EVにおける超急速充電の課題と対応 オンライン
2021/11/1 EV用リチウムイオン電池のリユース/リサイクルに関わる技術とビジネス オンライン
2021/11/12 火災事故に学ぶ、LiB電池の安全対策 オンライン
2021/11/29 バッテリマネジメント、及びセルバランス技術の基礎と応用 オンライン
2021/12/2 EV用リチウムイオン電池のリユース、リサイクル オンライン
2021/12/6 HEV/EVにおけるエネルギー・マネジメント技術 オンライン
2021/12/8 汎用リチウムイオン電池の性能・劣化・寿命評価 オンライン
2021/12/8 リチウムイオン二次電池特性の測定・評価・推定法 オンライン
2021/12/10 バッテリーマネジメント用リチウムイオン電池のインピーダンス測定の考え方 オンライン
2021/12/14 全固体リチウム二次電池の開発状況と展望 オンライン
2021/12/15 パワーデバイス 半導体物性・デバイス特性・回路応用をつなげて学ぶ オンライン
2021/12/16 カルマンフィルタ/逐次最小二乗法によるリチウムイオン蓄電池の残量と劣化状態推定法 オンライン
2021/12/24 インピーダンス測定・解析 オンライン
2021/12/24 リチウムイオン電池の効率劣化診断 オンライン
2022/1/24 鉛蓄電池の劣化メカニズムとバッテリマネジメント オンライン
2022/1/25 EVとEV電池におけるサプライ・チェーンSCの課題と対応 オンライン
2022/1/26 リチウムイオン電池のBMS設計と高精度残量推定手法・劣化予測手法 オンライン
2022/1/26 ダイヤモンド電極の応用展開 オンライン
2022/2/1 測定技術 実測を通して学ぶパワエレ回路・デバイス・計測技術 オンライン

関連する出版物

発行年月
2021/8/20 2021年版 リチウムイオン電池市場の実態と将来展望
2021/6/22 EV用リチウムイオン電池のリユース・リサイクル2021
2021/4/16 2021年版 蓄電池・蓄電部品市場の実態と将来展望
2021/3/19 2021年版 モビリティ市場・技術の実態と将来展望
2021/2/19 2021年版 二次電池市場・技術の実態と将来展望
2020/12/11 2021年版 スマートデバイス市場の実態と将来展望
2020/12/1 リチウムイオン電池の安全性確保と関連する規制・規格と表示ルール 2021
2020/11/13 2021年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2020/8/21 2020年版 リチウムイオン電池市場の実態と将来展望
2020/4/17 2020年版 蓄電池・キャパシタ市場の実態と将来展望
2020/3/19 低炭素社会とバッテリーアグリゲーション
2019/12/13 2020年版 次世代自動車市場・技術の実態と将来展望
2019/11/29 リチウムイオン電池の分析、解析と評価技術 事例集
2019/11/15 2020年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2019/9/20 2019年版 リチウムイオン電池市場の実態と将来展望
2019/5/24 2019年版 蓄電池・キャパシタ市場の実態と将来展望
2019/4/1 車載用LIBの急速充電性能・耐久性と市場
2019/3/22 2019年版 二次電池市場・技術の実態と将来展望
2019/3/22 2020年版 二次電池市場・技術の実態と将来展望
2019/2/22 2019年版 車載用・産業用蓄電池市場の実態と将来展望