技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

誘電体: 高分子絶縁材料の基礎と絶縁破壊・絶縁劣化の測定・対策および劣化診断と高機能化

誘電体: 高分子絶縁材料の基礎と絶縁破壊・絶縁劣化の測定・対策および劣化診断と高機能化

~高分子絶縁材料 (誘電体) のすべて~
オンライン 開催

概要

本セミナーでは、高分子絶縁体 (誘電体) の性質について基礎的な考え方を講義した後、高分子の絶縁性 (絶縁破壊と絶縁劣化) 、中でも絶縁破壊や劣化のメカニズムや絶縁特性の計測や対策 (防止方法) に焦点を当てて詳解いたします。

開催日

  • 2021年7月26日(月) 10時30分 16時30分

受講対象者

  • 電力、電気、電子、材料、化学メーカーの開発・研究担当者
  • 電気に関する保全・保守担当者、管理者

修得知識

  • 絶縁破壊や劣化のメカニズム
  • 絶縁特性の計測法
  • 絶縁破壊や劣化の対策 (防止方法)
  • 高分子の電気絶縁特性の実例
  • 汎用高分子・エンジニアリングプラスチック・スーパーエンプラ・生分解性高分子の電気的物性
  • ナノコンポジット化による機能性向上

プログラム

 電気を使用する全ての機器やデバイスにとって、必須の絶縁を担っているのは、多くの場合、高分子である。機器の小型化や高機能化に伴い、高分子絶縁体はますます苛酷な環境に置かれるようになって来ており、絶縁破壊や絶縁劣化の懸念が避けられない。本セミナーでは、高分子絶縁体 (誘電体) の性質について基礎的な考え方を講義した後、高分子の絶縁性 (絶縁破壊と絶縁劣化) 、中でも絶縁破壊や劣化のメカニズムや絶縁特性の計測や対策 (防止方法) に焦点を当てて分かり易く講義していきます。
 最後に、時間が許す限り、汎用高分子とエンジニアリングプラスチック・スーパーエンプラ、さらに、最近の話題となっている高分子である生分解性高分子の電気的物性を詳しく紹介していきます。世界的に大きな話題となっているナノコンポジット化による更なる機能性向上を目指す研究の現状についてもできるだけ詳しくお話しします。また、報告例の少ない高周波領域での複素誘電率の周波数依存性の実測例も詳しく紹介していきます。

  1. 誘電体とは?
    1. 誘電体の重要性 (誘電体の性質と用途)
      ~電気の時代にも、光の時代にも重要~
    2. 誘電体 (絶縁体) のエネルギー構造
      ~導体、半導体、絶縁体のちがい~
    3. 誘電分極
      ~サブナノ秒から日以上まで~
  2. 高分子の導電性
    1. 電気絶縁材料としての高分子
      ~「高分子ならでは」の長所と欠点~
    2. 電気伝導の基礎理論
      ~イオン、電子、正孔はどのように運ばれるか~
    3. 電極よりの電荷注入
      ~熱、光、電界はどのように作用するか~
    4. 誘電体内での電荷の発生
      ~電子、正孔はどのように発生するか~
    5. 空間電荷
      ~厄介な空間電荷 ~
    6. 高分子の導電性
      ~「高分子ならでは」の電気伝導~
  3. 絶縁破壊・劣化とその理論 ~絶縁破壊は何故起こってしまうのか~
    1. 絶縁破壊メカニズムの種類と破壊過程の違い
      ~電子的破壊から純熱的破壊まで~
    2. 絶縁劣化の種類とそのメカニズム
      ~部分放電劣化からトラッキングまで~
  4. 用途に応じた絶縁破壊や劣化の対策~こうすれば絶縁破壊は防げる~
    1. 電界集中の防止
      ~電界を下げる工夫~
    2. 電極配置/機器構造の最適化
      ~破壊を防ぐ知恵~
    3. 材料・材質の選択
      ~材料選択の考え方~
  5. 導電性・絶縁性の測定と劣化診断の技術
    1. 導電率
      ~導電率を正しく測るためには~
    2. 絶縁破壊電界
      ~簡単には測れない真の値~
      部分放電、沿面放電の防止
    3. 空間電荷
      ~最近可能となった空間電荷測定~
    4. ケーブルの劣化診断の一手法
      ~高感度なFDR法~
  6. 特殊環境下で使用される高分子絶縁材料
    1. 耐熱性
      ~耐熱性に対する1つの視点~
    2. 耐放射線性
      ~意外な材料が放射線に弱い~
  7. 高分子の複素誘電率の周波数・温度依存性の実測例
    1. 汎用高分子とエンジニアリングプラスチック・スーパーエンプラ
    2. 各種高分子の高周波領域での複素誘電率
    3. 各種高分子のTHz領域での複素誘電率
    4. 生分解性高分子の高周波領域での複素誘電率特性
    5. 生分解性高分子の他の特性
  8. 高分子絶縁材料の高機能化の実例
    1. 高分子ナノコンポジット (有機・無機ナノコンポジット)
    2. 我が国における実用化例
    3. 高機能化を可能としたメカニズム
    • 質疑応答・名刺交換

講師

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 30,400円 (税別) / 33,440円 (税込)
複数名
: 22,500円 (税別) / 24,750円 (税込)

複数名受講割引

  • 2名様以上でお申込みの場合、1名あたり 22,500円(税別) / 24,750円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 30,400円(税別) / 33,440円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 67,500円(税別) / 74,250円(税込)
  • 同一法人内 (グループ会社でも可) による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。
    申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」とご記入ください。
  • 他の割引は併用できません。
  • サイエンス&テクノロジー社の「2名同時申込みで1名分無料」価格を適用しています。

アカデミー割引

教員、学生および医療従事者はアカデミー割引価格にて受講いただけます。

  • 1名様あたり 10,000円(税別) / 11,000円(税込)
  • 企業に属している方(出向または派遣の方も含む)は、対象外です。
  • お申込み者が大学所属名でも企業名義でお支払いの場合、対象外です。

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • セミナー資料は郵送にて前日までにお送りいたします。
  • 開催まで4営業日を過ぎたお申込みの場合、セミナー資料の到着が、開講日に間に合わない可能性がありますこと、ご了承下さい。
    ライブ配信の画面上でスライド資料は表示されますので、セミナー視聴には差し支えございません。
    印刷物は後日お手元に届くことになります。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2024/6/17 ブリードアウト・ブルームの基礎と制御方法 オンライン
2024/6/17 プラスチック・ゴムの劣化メカニズムと劣化評価法および高耐久性設計 オンライン
2024/6/17 分子動力学 (MD) 法の基本原理・具体的な技法から高分子材料開発への応用 オンライン
2024/6/18 高分子絶縁材料の劣化メカニズムと部分放電計測ならびに寿命評価 オンライン
2024/6/19 粘弾性測定を用いた材料物性評価 オンライン
2024/6/19 ポリウレタン技術 入門講座 オンライン
2024/6/20 高分子結晶化の基礎と制御および分析技術 オンライン
2024/6/20 架橋剤を使うための総合知識 オンライン
2024/6/21 熱分析入門 オンライン
2024/6/21 エポキシ樹脂の耐熱性向上と機能性両立への分子デザイン設計および用途展開における最新動向 オンライン
2024/6/21 ゴム・高分子材料のトライボロジー特性と接触面の観察および評価方法 オンライン
2024/6/21 アニオン重合の基礎知識と高分子の精密制御 オンライン
2024/6/21 分子動力学 (MD) 法の基本原理・具体的な技法から高分子材料開発への応用 オンライン
2024/6/24 粘着剤の基礎知識と評価法 オンライン
2024/6/25 界面・表面、応力影響、剥離・破壊の基本知識と密着性の改善技術と評価方法 東京都 会場・オンライン
2024/6/25 フィラーの分散・充填技術およびナノコンポジットの研究開発動向 オンライン
2024/6/25 高分子の粘弾性挙動と時間-温度換算則の活用事例 オンライン
2024/6/25 チタン酸バリウムの誘電物性と積層セラミックスコンデンサの課題 オンライン
2024/6/27 信頼性の基礎と加速試験の進め方および試験結果の活用法 オンライン
2024/6/27 フィルム製膜における延伸・配向制御、その評価と応用 オンライン