技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

海洋生分解性プラスチックの開発と評価

海洋生分解性プラスチックの開発と評価

オンライン 開催

概要

本セミナーでは、海洋生分解性プラスチックについて取り上げ、海洋中での分解メカニズム、分解スイッチ機能の付与、分解性の評価について解説いたします。

開催日

  • 2021年6月11日(金) 10時00分 17時00分

修得知識

  • バイオマスプラスチックの原料由来と性能の分類
  • 生分解性プラスチックの性能分類例
  • 微生物産生ポリエステルの基礎
  • ナイロン合成法
  • 生体分子の構造の読み方
  • ヘテロ環を持つ高分子の特徴
  • 分解性とは
  • OECD、JIS、ISO及びASTMの生分解性試験法に関する基礎知識

プログラム

第1部 バイオマスプラスチックの概要及び海洋生分解性バイオマス複合プラスチックの開発

(2021年6月11日 10:00〜11:30)

  1. 世界の環境課題への取組み
    1. SDGs
    2. 温室効果ガス その他
    3. 世界のバイオマスプラ・生分解プラの動き
    4. 日本のバイオプラスチックの現状
  2. バイオマスプラスチックとは?
    1. 天然バイオマス由来プラスチック
    2. 生分解性プラスチックのメカニズム
    3. バイオマスプラ≠生分解性プラ
    4. 生分解性プラスチックの規格・分類
    5. バイオマス複合プラスチックとは?
    6. 欧州のバイオマス複合プラの現状
    7. 日本のバイオマス複合プラの位置づけ
  3. アイ – コンポロジー 株式会社 の事業
    1. バイオマス複合プラスチック「i – WPC」
    2. 海洋生分解性バイオ複合材料「Biofade」
    3. 海水中生分解性試験
    • 質疑応答

第2部 海洋分解性繊維の開発と生分解性スイッチ機能の付与

(2021年6月11日 12:10〜13:40)

 石油資源の枯渇、プラスチック焼却に伴う地球温暖化、海洋マイクロプラスチックに代表されるプラスチックごみ問題など、プラスチックと環境および人類との共存・共栄を様々な観点から考える必要があります。
 バイオプラスチックとは、石油を原料とせず、再生産可能なバイオマスを出発原料した「バイオマスプラスチック」と環境中で二酸化炭素と水にまで完全に分解される「生分解性プラスチック」の総称です。
 本講では、バイオマスから生産され、環境中で分解する「生分解性バイオマスプラスチック」から当研究室で開発した高強度繊維・伸縮性繊維の物性、大型放射光を用いた構造解析、環境および酵素分解性について紹介します。さらに、最近開発に成功した生分解性開始スイッチ機能についても紹介します。

  1. 微生物産生ポリエステルの基礎物性
  2. 微生物産生ポリエステルからの高強度繊維および伸縮性繊維の開発
  3. 生分解性繊維の物性および大型放射光を用いた構造解析
  4. 生分解性繊維の環境及び酵素分解性
  5. ミドリムシが生合成するパラミロンからの高強度繊維の開発
  6. パラミロン高強度繊維の物性および構造解析
  7. 様々な高分子多糖類からの高性能部材の開発
  8. 多糖類エステル誘導体の環境分解性評価
  9. 生分解性スイッチ機能の開発
    • 質疑応答

第3部 イタコン酸を用いたバイオナイロンの合成とその分解性

(2021年6月11日 13:50〜15:20)

 アメリカエネルギー省の掲げる重要物質の一つであるイタコン酸への付加反応と縮合反応を同時に誘起することでピロリドン環を主鎖中に有するナイロンを合成した。このナイロンは一般のナイロンよりも高い熱的力学的物性を示すだけでなく、土壌分解性や光誘起加水分解性などの特徴的な分解性を示した。

  1. プラスチックごみ問題の本当の問題点は?
  2. 生体分子の構造と可能性
    1. 高分子科学者から見た分類
    2. 多官能性分子種としての生体分子
    3. 生体分子の構造を致した高分子設計の例
  3. 一般的なナイロンの合成と分解性
    1. 従来のナイロン
    2. 従来のバイオナイロン
    3. ナイロンの合成法
  4. イタコン酸とは
    1. イタコン酸の従来の分野
    2. イタコン酸の生産に関して
    3. イタコン酸の重合の例
  5. イタコン酸由来バイオナイロン
    1. 塩モノマーを用いた合成法
    2. 特異な熱力学的物性
    3. 従来ナイロンへの活用
    4. スイッチ型分解性
  6. 今後の展望
    1. プラスチックごみ問題解決への貢献
    2. SDGsへの貢献
    3. ムーンショット課題としての展望
    4. ポストムーンショットを見据えて
    • 質疑応答

第4部 プラスチックの生分解性試験法

(2021年6月11日 15:30〜17:00)

 プラスチックの生分解性を評価するための試験法の概要及び特徴を理解する。

  1. 生分解とは
  2. 生分解性試験法の体系
  3. 生分解性試験法の概要及び特徴
    1. 水系の生分解性試験法
      • OECD TG 301F
      • JIS K 6950 (ISO 14851) 等
    2. 土壌中の生分解性試験法
      • JIS K 6955 (ISO 17556)
    3. コンポスト中の生分解性試験法
      • JIS K 6953-1 (ISO 14855-1)
    4. 海洋中の生分解性試験法
      • OECD TG 306
      • ISO 19679
      • ASTM D 6691等
  4. プラスチックの生分解性試験の実例紹介
    1. 水系の生分解性試験
    2. 微生物を濃縮した海水を用いた生分解性試験
    • 質疑応答

講師

  • 三宅 仁
    アイ-コンポロジー株式会社
    代表取締役
  • 岩田 忠久
    東京大学 大学院 農学生命科学研究科 生物材料科学専攻
    教授
  • 金子 達雄
    北陸先端科学技術大学院大学 先端科学技術研究科 環境・エネルギー領域
    教授
  • 鍋岡 良介
    化学物質評価研究機構 久留米事業所 試験第三課
    副長

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 60,000円 (税別) / 66,000円 (税込)
複数名
: 55,000円 (税別) / 60,500円 (税込)

複数名同時受講割引について

  • 2名様以上でお申込みの場合、1名あたり 55,000円(税別) / 60,500円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 60,000円(税別) / 66,000円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 110,000円(税別) / 121,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 165,000円(税別) / 181,500円(税込)
  • 同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 他の割引は併用できません。

アカデミック割引

  • 1名様あたり 30,000円(税別) / 33,000円(税込)

日本国内に所在しており、以下に該当する方は、アカデミック割引が適用いただけます。

  • 学校教育法にて規定された国、地方公共団体、および学校法人格を有する大学、大学院、短期大学、附属病院、高等専門学校および各種学校の教員、生徒
  • 病院などの医療機関・医療関連機関に勤務する医療従事者
  • 文部科学省、経済産業省が設置した独立行政法人に勤務する研究者。理化学研究所、産業技術総合研究所など
  • 公設試験研究機関。地方公共団体に置かれる試験所、研究センター、技術センターなどの機関で、試験研究および企業支援に関する業務に従事する方

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • セミナー資料は郵送にて前日までにお送りいたします。
  • 開催まで4営業日を過ぎたお申込みの場合、セミナー資料の到着が、開講日に間に合わない可能性がありますこと、ご了承下さい。
    ライブ配信の画面上でスライド資料は表示されますので、セミナー視聴には差し支えございません。
    印刷物は後日お手元に届くことになります。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2021/10/20 ゲル化・増粘剤を活用するための総合知識 オンライン
2021/10/20 廃プラスチックのリサイクルの基本と最新動向 オンライン
2021/10/21 ゴム材料の摩擦摩耗現象の理解 オンライン
2021/10/21 プラスチック射出成型の基礎知識とトラブルシューティング オンライン
2021/10/21 濃厚系/非水系/多成分系における微粒子・ナノ粒子の分散・凝集制御技術 オンライン
2021/10/22 PVA (ポリビニルアルコール) の基礎知識と機能化設計 オンライン
2021/10/25 セルロースナノファイバーの複合化、配向制御と分散安定化技術 オンライン
2021/10/25 樹脂の破面解析と破壊メカニズム、寿命予測と破損トラブルの再発防止策 オンライン
2021/10/25 ナノカーボンの分散技術と高分子複合材料の設計技術 オンライン
2021/10/26 自動車用プラスチックの要求特性、課題、活用例と新材料の売り込み方 オンライン
2021/10/26 高剪断成形加工法の基礎と新規材料創出への応用 オンライン
2021/10/27 ポリウレタンの材料設計と物性制御、劣化対策、構造解析 オンライン
2021/10/27 アクリル樹脂入門 オンライン
2021/10/27 高分子材料の総合解析 オンライン
2021/10/28 ベンゾオキサジン系材料の反応メカニズム、分子設計、複合化、その応用 オンライン
2021/10/28 プラスチック・ゴム・粘/接着製品の劣化メカニズムと寿命予測・劣化加速条件の設定手法 オンライン
2021/10/28 ブロック共重合体の基礎とエレクトロニクス分野への応用 オンライン
2021/10/28 高吸水性樹脂 (SAP) の基礎と応用・今後の課題 オンライン
2021/10/28 熱膨張の基礎とその制御・評価法 オンライン
2021/10/29 生分解性プラスチックの高性能・高機能化 最先端技術講座 オンライン

関連する出版物